ヤマレコ

記録ID: 75684 全員に公開 沢登り丹沢

中川川水系 箱根屋沢〜箱根屋沢左岸尾根

日程 2010年08月29日(日) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
 sawadon(SL)
天候晴れ(暑い)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
県道/箱根橋
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

箱根橋8:45-
箱根屋沢入渓-
9:00標高480m2段15m滝-
9:25標高520m5m壊れた梯子が左手前にある滝-
9:38標高540m12m滝-
10:00標高550m12m滝-
10:40標高590m8m滝-
10:55標高640m2段15m滝-
11:38標高660m2段20m滝-
12:22標高680m15m(人工)滝-
12:56標高720m10m(人工)滝-
14:00標高750m7m滝-
14:30屏風岩山東尾根 標高910m稜線-
15:24箱根屋沢左岸尾根 標高650m-
15:42県道-
15:50箱根橋
コース状況/
危険箇所等
■箱根屋沢

  遡行グレード:2級上(上部の滝直登含む)

  |鷦屬聾道/箱根橋あたりに数台。バスなどの通行があるので
   邪魔にならないよう。土日は時期柄、河原のデイキャンパーが
   多い。

  箱根橋の左側から容易に入渓する。

  Fってすぐに2つの堰堤。右脇の梯子から巻ける。
   3つ目の堰堤は埋まっており真ん中から越せる。

  ず検右から涸れ沢を見送ると標高480mで2段15m滝。
   当日は水量少なく水流沿いを直登。ハーケン3つあり。卦-。
   水量があるときは左壁をヘツるように登るが落ち口手前が悪い。
   または手前の右からの涸れ沢手前から梯子とロープに沿って少し
   大きく巻く。

  ズ犬3段25m涸棚を見送り、標高500mで一見3段に見える滝が
   あるが、中段は石積み堰堤。上段に見えた倒木のある5m滝は水流右壁から
   登れるが落ち口がやや悪い(卦+)。
   壊れた左手の梯子の先から小さく巻けるが、足場となる岩の上に
   土が溜まっておりこちらもやや悪い。

  ι弦530mの12m滝は水流左から登れる。卦蕁L擇鮖拇世砲垢襦
   続く3m滝を越せば12m滝。右壁を直登。卦+。落ち口に支点が
   あるが、確保体勢が悪いので、この支点はランニング使用し左の木で確保。

  標高580mで長さ15mナメ滝、590mで8m滝を越すと左から涸れ沢。
   続いて5m、2m、7m下部樋状滝を越し、2段15m滝が現れる。
   水流左側に古い残置があるが中間部の乗り越しがやや難。
   または右隅のコーナー状を登り、落ち口少し上に向けトラバースできる。
   こちらは卦+。(左側は元蕕らい?)

  標高670m2段20mは左の乾いた岩から登り、下段落ち口に向かい
   残置沿いに登る。ハーケンは数箇所ある。元-。
   上段は樋状で水流は滑りやすい。終了点は岩に古いリングボルト3個。

  すぐに標高690mでほぼ垂直の15m滝。ここは右壁のリス沿いに
   ハーケンが多数打ち込まれておりアブミの架け替えになるが
   すべて古いものばかり。使用は十分注意。
   ここではドコモFOMAが通じた。
   高巻きは右側からで、落ち口の上5mほど登ったら沢に向かい
   トラバースして戻れる。

  標高710mの10m滝も直登ならA0またはアブミとなる。
   水流左側の残置を使用するが架かっているスリングは古い。
   リードは控A0くらいのクライミングとなる。

  標高725mの3m滝は左壁。卦蕁
   標高730m二俣は水量比1:5。
   右俣に進むと7m滝(卦-)、5m滝、ナメ滝がありフリーで越す。

  標高830m奥の二俣も右の苔岩状の右コーナーを登る。
   あとは上部に見える稜線に向かい植林帯を詰めると標高910〜920mで
   屏風岩山から東に伸びる尾根に飛び出す。踏み跡は明瞭だ。

  下降は屏風岩山まで西に登り、北の大滝峠から東海自然歩道を大滝橋か、
   詰めあげた箇所から箱根屋沢左岸尾根を作業径路を使って
   大滝キャンプ場南側の県道が岬状に膨らんだあたりに降りられる。
   この尾根の途中650mあたりは見晴らしがよいが、柵の左側は所々藪。
   また尾根末端も時期柄藪を掻き分ける。(踏み跡に藪が被っている程度)

   
ファイル 20100829計画書(箱根屋沢).xls (更新時刻:2010/08/28 15:11)
20100829hakoneyasawa.xls (更新時刻:2010/08/28 23:18)
過去天気図(気象庁) 2010年08月の天気図 [pdf]

写真

kamogとsawadon
2010年08月29日 08:27撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
kamogとsawadon
sawadonさんニッカとオレンジのダボシャツ?
2010年08月29日 08:44撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
sawadonさんニッカとオレンジのダボシャツ?
sawadonさんリード
F1問題なし、安全第一です。
2010年08月29日 09:06撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
sawadonさんリード
F1問題なし、安全第一です。
sawadonフリーで取り付いたら一手が悪くチョッとセミ。
2010年08月29日 09:25撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
sawadonフリーで取り付いたら一手が悪くチョッとセミ。
ん?シュリンゲ回収中?
2010年08月29日 09:31撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ん?シュリンゲ回収中?
左から直登します。
2010年08月29日 09:33撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から直登します。
F4 12m凸凹滝
2010年08月29日 09:38撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F4 12m凸凹滝
左壁より登る。
2010年08月29日 09:40撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左壁より登る。
これは右壁から
2010年08月29日 10:11撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは右壁から
ステミング中
2010年08月29日 10:14撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ステミング中
落ち口のアンカーは確保体勢があまりよくないので、ランニングとして左の木でビレイ
2010年08月29日 10:35撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち口のアンカーは確保体勢があまりよくないので、ランニングとして左の木でビレイ
sawadonさんF6 8m上部の残置シュリンゲ弱々しく一歩が出ず、
右壁より巻き!
2010年08月29日 11:00撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
sawadonさんF6 8m上部の残置シュリンゲ弱々しく一歩が出ず、
右壁より巻き!
F7 8m 左側乾いた岩より残置に沿って落ち口へ
2010年08月29日 11:30撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F7 8m 左側乾いた岩より残置に沿って落ち口へ
F7リード中のkamog
2010年08月29日 11:51撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F7リード中のkamog
下段落ち口より上段流心はスベスベのスラブ。
2010年08月29日 11:56撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下段落ち口より上段流心はスベスベのスラブ。
F8 人工登攀ルート。
縦リスにハーケン連打、ボルトはリングが朽ち落ちてる。とっても取り付く気にならず。
左岸より簡単に巻ける。
2010年08月29日 12:22撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F8 人工登攀ルート。
縦リスにハーケン連打、ボルトはリングが朽ち落ちてる。とっても取り付く気にならず。
左岸より簡単に巻ける。
F9 10m スラブ滝
2010年08月29日 12:50撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F9 10m スラブ滝
せっかくアブミ持ってきたし...
ハーケンは首がヒコヒコ動くしリングは朽ち落ちてる。
2010年08月29日 12:52撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっかくアブミ持ってきたし...
ハーケンは首がヒコヒコ動くしリングは朽ち落ちてる。
残置ピンにシュリンゲ巻きつけ、アブミを掛ける。sawadonさんよく頑張ってます。
2010年08月29日 13:17撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残置ピンにシュリンゲ巻きつけ、アブミを掛ける。sawadonさんよく頑張ってます。
F11かF12 7mスラブ、フリーで上がる。
2010年08月29日 13:56撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F11かF12 7mスラブ、フリーで上がる。
源頭です。
2010年08月29日 14:03撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源頭です。
詰めでひ〜こら、藪はありません。
2010年08月29日 14:31撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
詰めでひ〜こら、藪はありません。
P650のポコン
鹿除けの二重柵で右支尾根に入れず。
(手前の梯子から入ればよかった〜)
2010年08月29日 15:24撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P650のポコン
鹿除けの二重柵で右支尾根に入れず。
(手前の梯子から入ればよかった〜)
お疲れさまでした。
2010年08月29日 15:44撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お疲れさまでした。

感想/記録
by kamog

十数年ぶりの箱根屋沢。
過去の記録もあまり取っていなくて記憶も曖昧だったので
遡行図をあらためて取りにいった。
当時はヒマラヤに散った加藤泰平氏や佐藤達也氏と同行した。
今日は遡行しながら二人を懐かしむ。

箱根屋沢は入渓点からは想像できないほど
癖のある滝を特に上流に架けている。
中間部までの滝は当時小難しく感じたが
今日は水量もやや少ないせいか易しく感じた。
(こんなに簡単だったっけなぁ・・・)
掘銑元蘢度といったところ。

上流部の滝はアブミ登攀が2箇所ほど出てくる。
(こんなに(滝が)立っていたっけな・・・)
人工登攀になる最初の15m滝は今日は右から高巻いた。
続く10m滝は水流左をアブミ使用。
フリーで登ると細かく見た目より難しい。

隣の悪沢と同様、短いながらも全体的に登り応えのある滝が連続する
おもしろい沢だとあらためて思った。
訪問者数:2037人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ