また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 76784 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大峰山脈

山上ヶ岳〜稲村ヶ岳、快速登山

日程 1997年10月10日(金) 〜 1997年10月11日(土)
メンバー , その他メンバー1人
天候(10日)晴れ
(11日)曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
【往路】近鉄大和上市駅(奈良交通バス)洞川バス停
【復路】洞川(奈良交通バス)近鉄大和上市駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

(10日)10:00洞川バス停…11:10法力峠11:20…12:20稲村小屋14:35…15:17稲村ヶ岳山頂15:45…16:05稲村小屋
(11日)7:15稲村小屋…7:45レンゲ辻分岐7:50…8:20山上ヶ岳8:30…9:43洞辻茶屋10:16…11:20女人大橋11:40…13:10洞川
コース状況/
危険箇所等
・コース全体に危険な箇所は少ないが、梯子の通過は雨の後等に必要。
・山上ヶ岳の下りには何箇所か休憩所のようなものがある。
・登山口の洞川温泉には、温泉旅館等多数。

感想/記録
by satobo

 夏の中央アルプスが不調で終わったこの年、また同じ職場のmakotohanから山のお誘い。「なあ、ぼくにもどこかの山、登れないかな。」このmakotohan、自分をマラソンの世界に引きずり込んだいわば師匠的存在なのである。当時からウルトラマラソンをすでに完走しており、体力には自信がある。
「もちろんですよ。」と答え、ただ10月という日程であり、信州の山は危険ということで、大峰の主峰、山上ヶ岳と稲村ヶ岳を登ることにした。
夏の中央アルプスとは違い、天候に恵まれる。ただ、makotohanにとって山はトレーニングの場所になっていた。このころは『トレイルラン』という言葉も一般的ではなかったが、この登山道を何回も往復するように遊んでいた。
こちらはのんびりとカメラを持ちながらゆっくりと追いかけるように登っていた。その日のうちに稲村ヶ岳の山頂を往復。小屋に戻ってゆっくりした。
 2日目のメインは山上ヶ岳。この山、国内唯一の女人禁制の山である。レンゲ辻の分岐等女人結界という場所が数か所あり、信者が監視しているらしいが、この日はシーズンからはずれていたためか誰もいなかった。山上ヶ岳の山頂付近は多くの宿坊があり、独特の雰囲気である。相変わらず元気なmakotohanは途中何度も出てくる梯子にもひるむことなくテンポよく下っていった。
訪問者数:1365人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

テン 温泉 縦走

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ