また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 783322 全員に公開 沢登り 丹沢

寄沢水系 ダルマ沢左俣(沢登り講習)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2015年12月23日(水) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
, その他メンバー1人
天候曇りのち小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
林道虫沢線/虫沢橋
・3−4台程度駐車可
経路を調べる(Google Transit)
GPS
--:--
距離
3.3 km
登り
434 m
下り
419 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
コース状況/
危険箇所等
■ダルマ沢
  寄沢水系の下流部に注ぐ支流で、それほど入渓者もいないマイナー沢だが
  意外に滝があり楽しめる。
  Co450m二俣より右俣、左俣に分かれ、前者は遡行グレード1級、後者は
  1級上だが、一部直登細かく高巻きも悪い。初心者同士はもちろん不可。

ヾ鵝覆笋匹蠅)方面の田代向から県道を左折し虫沢林道へ。ダルマ沢に架かる
 虫沢橋を渡るとゲートで車両進入禁止なので、大畑(おおばた)と呼ばれる
 虫沢橋脇のスペースに車を停める。
 すぐにある虫沢大畑ダムと書かれた堰堤は左側から越えると、単管で作られた
 作業径路が2つ目の堰堤先まで続いている。
 Co435mで左から合わさる支沢には2段20m滝が架かっていて、ここで沢は
 北西から北北東に向きを変える。
 堰堤を2つ越え少しでCo450m、この沢の二俣となり水量比3:2。

Co500m二俣は水量比1:3で、左沢には2mと2段3m小滝が、右沢には
 8mの垂瀑が合わさり核心部となる。
 右沢に入るには、まず左沢の2m小滝を越えて、右壁から垂れているビニール
 コード沿いに登るが、このコードをお助けに使うには右側を使う。左側のコード
 を引くと荷重は架けられないので注意が必要。このコード沿いの巻きは苔壁と
 ガレ登りで意外と悪い。(卦蕁棔
 その後、小滝と小ゴルジュがあり、ふと上空を見上げると送電線が横断している。

B瑤北北東から北西に向きを変え少しで8m滝。
 30m手前左岸の急なナメ状壁を登り8m滝への落ち口に向けトラバースする。
 次のトイ状4×6m滝も一緒に巻く。
 続く2段2.5m滝は右の凹角から登る。(卦蕁檗
 しばらく進み左から6m+5mの2段滝で合わさる支流を見送ると、本流には
 6m滝が架かっている。右壁をクライミングするが少々細かい。(卦蕁棔
 すぐの堰堤は左から巻く。

い修両紊Co585m二俣。水量比はほぼ1:1。ここは西向きの左沢に進む。
 容易な3m小滝を越すと4m滝。右壁をクライミングする。(卦蕁
 右(北西)から植林帯内を少々深い窪状涸沢を合わせると、ナメと2条2×4m、
 そして赤茶色壁の4m滝。これも右壁をクライミングする。(卦蕁
 なお、当たり前だがこの沢のすべての滝にはボルト等一切ないので、フリーで
 登り切る力を持つ人がいなければ遡行自体無理である。
 石積み堰堤を右に見送り、少し先の3m滝は右流芯を登るか(卦蕁望さく巻く。

イ修両紊Co645m二俣状となり、今回は雨も危惧されたので、ここからガレ気味
 の左沢を詰め700m支尾根のコルに上がって遡行終了。
 右の主尾根に向かい高度差30mほど登り高松山に向かう登山道に出た。
 そのまま南下し西ケ尾(805m)へ登り返して、このピークから東南東へ派生する
 支尾根を読図しながら降下して、ちょうど虫沢橋に戻った。

■沢登り講習(年中開催予定)
 http://mt-farm.info/
 ※丹沢は大雪でも降らない限り一年中ある程度の沢登りは可能です。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

虫沢橋から一番目の堰堤「虫沢大畑ダム」を左から越える
2015年12月23日 09:42撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
虫沢橋から一番目の堰堤「虫沢大畑ダム」を左から越える
単管径路がある
2015年12月23日 09:48撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
単管径路がある
Co500m二俣
一旦左沢の小滝を登り、右のビニールコード沿いに巻き上がる
2015年12月23日 10:25撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Co500m二俣
一旦左沢の小滝を登り、右のビニールコード沿いに巻き上がる
巻いて登るchocotanさん
2015年12月23日 10:44撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻いて登るchocotanさん
2
先に8m滝が見えてきた
この滝は直登シャワーで難しいので30m手前右側の・・・
2015年12月23日 11:53撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先に8m滝が見えてきた
この滝は直登シャワーで難しいので30m手前右側の・・・
・・・この3段ナメ棚から巻いてトラバースする
2015年12月23日 11:53撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・・・この3段ナメ棚から巻いてトラバースする
3段ナメ棚を登る
2015年12月23日 12:00撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3段ナメ棚を登る
1
巻きトラバース途中から8m滝
2015年12月23日 12:06撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻きトラバース途中から8m滝
その上も連瀑になっている
2015年12月23日 12:11撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その上も連瀑になっている
左から6+5m滝で合わさる支流を迎え、本流には6m滝が架かる。
6m滝は右壁を登るが少々クライミング力が必要。
2015年12月23日 12:29撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から6+5m滝で合わさる支流を迎え、本流には6m滝が架かる。
6m滝は右壁を登るが少々クライミング力が必要。
Co585m二俣
左へ進む
2015年12月23日 12:44撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Co585m二俣
左へ進む
4m赤茶滝
右壁、倒木右を登る
2015年12月23日 13:26撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4m赤茶滝
右壁、倒木右を登る
4m赤茶滝登るchocotanさん
2015年12月23日 13:31撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4m赤茶滝登るchocotanさん
1
この3m滝を右から登る
2015年12月23日 13:35撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この3m滝を右から登る
Co645m二俣状を今回は左へ入る
2015年12月23日 13:39撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Co645m二俣状を今回は左へ入る
ちょっと荒れ気味の詰め
2015年12月23日 13:43撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと荒れ気味の詰め
さらに主尾根に上がる
2015年12月23日 13:52撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに主尾根に上がる
鉄塔のある731mピーク
2015年12月23日 14:04撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔のある731mピーク
805m西ケ尾山頂
2015年12月23日 14:29撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
805m西ケ尾山頂
東南東尾根へ
2015年12月23日 15:03撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東南東尾根へ
1
全般的にやや急な尾根であった
2015年12月23日 15:45撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全般的にやや急な尾根であった
どんぴしゃ!虫沢橋に戻った
2015年12月23日 15:46撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんぴしゃ!虫沢橋に戻った
2

感想/記録
by kamog

3年振りのダルマ沢で冬季沢登り講習。
朝は寒いかな?と危惧していたが遡行中は寒さなど微塵も感じさせず
快適な沢登りができました。
ダルマ沢は左俣も右俣も意外に小滝が続き楽しい沢です。
chocotanさん、遠路お疲れ様でした。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:1483人

コメント

お世話になりました。
PC無駄(無知で)に格闘?でコメント遅くなりm(__)m
冬でも沢・・・やりたかった〜・・・楽しかった〜・・・(^^♪
苦手の地図読みやっぱりまだまだ・・・(^^;
でもめげずに苦老眼で頑張りま〜す。

思い出に残る沢やかBirthday!となりました。
ありがとうございました。
2015/12/25 22:00
Re: お世話になりました。
お疲れ様でした
地図読み習得すればもっと山の世界広がりますよぉ
頑張ってください
2015/12/26 5:37
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ