ヤマレコ

記録ID: 801048 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走四国

阿波国見山 『バリルートで霧氷満喫☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.』

日程 2016年01月23日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ後ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間24分
休憩
1時間13分
合計
6時間37分
S平家屋敷民族資料館07:1710:40国見山11:1111:15避難小屋11:5713:54平家屋敷民族資料館G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

40分ほどで林道に出ました。
2016年01月23日 07:51撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
40分ほどで林道に出ました。
国見山メイン登山口のいわゆる上の登山口を越えた所に出ました。
2016年01月23日 09:03撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見山メイン登山口のいわゆる上の登山口を越えた所に出ました。
林業作業道跡があります。
ここら辺で10cmほど積もっていました。
2016年01月23日 09:38撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林業作業道跡があります。
ここら辺で10cmほど積もっていました。
2時間半かかってようやく縦走路に合流。
今日の一番乗りみたいだ。
2016年01月23日 09:44撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2時間半かかってようやく縦走路に合流。
今日の一番乗りみたいだ。
これこれ青空!
2016年01月23日 09:51撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これこれ青空!
2
15cmほど積もっていました。
2016年01月23日 09:55撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15cmほど積もっていました。
おお キタヨキタヨヽ(゜∀゜=゜∀゜)ノキチャッタヨ-!!!!!!
青空とブナの霧氷が見たかったんだよ!
2016年01月23日 10:08撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお キタヨキタヨヽ(゜∀゜=゜∀゜)ノキチャッタヨ-!!!!!!
青空とブナの霧氷が見たかったんだよ!
1
うっとり。
2016年01月23日 10:08撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うっとり。
1
素晴らしい!
2016年01月23日 10:10撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしい!
巨木はおさまりきらないので残念。
2016年01月23日 10:13撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨木はおさまりきらないので残念。
やっぱり巨木は迫力あります。
2016年01月23日 10:15撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり巨木は迫力あります。
青空があるうちに何枚でも撮りまくる。
2016年01月23日 10:17撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空があるうちに何枚でも撮りまくる。
素晴らしいのが撮れたけど、後方は有名どころじゃなくて、1343P。
2016年01月23日 10:18撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしいのが撮れたけど、後方は有名どころじゃなくて、1343P。
美しい!
2016年01月23日 10:30撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい!
おおこれが噂の避難小屋。
2016年01月23日 10:36撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おおこれが噂の避難小屋。
うわぁ綺麗!
2016年01月23日 10:40撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うわぁ綺麗!
1
山頂には素晴らしいブナが二本並んでいます。
2016年01月23日 10:40撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には素晴らしいブナが二本並んでいます。
1
3時間半かかりました。
方位盤があります。
2016年01月23日 10:41撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3時間半かかりました。
方位盤があります。
1
後山と書いておうどうと読みます。
こんな人気の山に山名板がないなんて寂しいなあ。
2016年01月23日 10:41撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後山と書いておうどうと読みます。
こんな人気の山に山名板がないなんて寂しいなあ。
2
矢筈山、烏帽子辺りかな。
2016年01月23日 10:42撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢筈山、烏帽子辺りかな。
剣山と次郎笈。右に三嶺。
2016年01月23日 10:42撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣山と次郎笈。右に三嶺。
1
手前が中津山。左に塔ノ丸、真ん中後方に丸笹山。
2016年01月23日 10:42撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前が中津山。左に塔ノ丸、真ん中後方に丸笹山。
牛の背から三嶺まで。
2016年01月23日 10:43撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛の背から三嶺まで。
今のうちに撮りだめ。
2016年01月23日 10:47撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今のうちに撮りだめ。
避難小屋は本当にありがたい。感謝!
2016年01月23日 11:33撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋は本当にありがたい。感謝!
行きに見た廃屋の林道挟んだ前の廃屋。
でも微妙に廃屋なようで廃屋でないような。
2016年01月23日 13:28撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きに見た廃屋の林道挟んだ前の廃屋。
でも微妙に廃屋なようで廃屋でないような。
平家屋敷民族資料館。
2016年01月23日 13:50撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平家屋敷民族資料館。
撮影機材:

感想/記録

24(日)は15年に一度とかの大寒波がやって来る。
なので土曜に行くことにしていたのに、際になってまた予報が変わって60%に。

一気にテンションが下がってしまった。

単独山行のときは、何から何まで気ままでいいんだけど、あまりに気ままになりすぎて、最近はよく計画を大幅に縮小する傾向になっている。

香川の山も白くなっているし、竜王山でも朝一に行って昼に帰って来ようかな。

しかし、重い腰を上げて、国見山に行くかあとなった。

あとは目覚まし通りに起きられるかどうかでまた変わる。

少し寝坊したけど、国見山に行くテンションが保たれていた。

国見山と言えば、メインルートは後山(おうどう)峠の上の登山口。
少数派で下の登山口。

北からのルートもあるけど、積雪期に行くにはちょっと情報不足で自信がない。

大歩危駅からの道もあるけど、急だとゆうのでパス。

地形図とにらめっこしていると、南東尾根が比較的緩やかに見える。

祖谷トンネルの手前から途中の林道まで破線もある。

破線のスタート地点はどうやら平家屋敷民族資料館のようだ。

平家屋敷民族資料館駐車場は無料だけど、利用しないので駐車するわけにはいかない。

ストリートビューを見ると、真ん前に広い待避場がある。

そこに駐車して、300mほど破線をたどって、あとは尾根伝いに登り、1320m付近で登山道に合流する予定だ。

最初の林道に出る手前で累計2本目となるシカくんのツノをGET!

これは幸先いいじゃないか。

しかし、お墓の横を登った先でつまづく。

木が密集している。

エントツ山さんなら喜んで飛び込むんだろうが、大きなガタイでザックパンパンなもんで物凄く躊躇した。

しかし、進むしかない。
でもどこまでこの密集地帯があるかもわからない。

意を決して?飛び込む。

案の定、色んな所が木にひっかかって、体は前に進んでいるのに、背中がついてこないこと多数。

久しぶりに山でキレそうになる。

しかも何の罪もない木を相手に本気でイラつく (^^;;

15分ほど格闘してようやく脱出した。

振り返ってよく見ると、右に巻けばジャングルを回避できたようだ (゜▽゜;)

まあこうゆうことはよくあることだ。

積雪していたので、定かではないが、道らしいものはなかった。

あったのは林業作業道跡。

テープ類も一切ナシ。

これは本当のバリルートだな。

メインルートの上の登山口を何百mか過ぎた林道に飛び出した。

その後も、急登りを繰り返して、メインルート登山道に2時間半で合流した。

そこから20分ほど進むと、お目当の霧氷が現れた。

しかも青空とブナの霧氷だ。

これが見たかった。

登山道からはあまり見えないので、尾根に上がって撮りまくる。

あまりに素晴らしいので、撮影に忙しくてなかなか前に進まない。

山頂には見栄えのするブナが2本並んでいた。

方位盤もある。

だが、寂しいことに山名板がない。
こんなに人気の山なのに。

しばらくするとガスがかかり出す。

急いで写真を撮りまくっていると、下から声が聞こえてきた。

2番手のグループがいらしたときは、3分ほどの差でガスってしまった。

これでは山頂で食べるのも楽しくないので、避難小屋で食べることに。

軽快にスタスタと下ろうとしたその瞬間、ストックが雪面から20cmぐらいの場所で止まる予定が何もなくて1mぐらい入ってしまった。

その弾みで急な斜面をおもっきし転がってしまった。

とっさに防御態勢をとって5回転ほどして止まった。

幸い軽傷で、すぐに立ち上がって何事もなかったかのように歩き出す。

怖かった。

実をゆうと、国見山をナメていた。
滑るように降りて余裕と思ったのがいけなかった。

こうゆう気の緩みから大きな事故につながるんだと猛省。

幸い、このとき山頂には8人ほどいらしたので、救助はされていただろうが、本当に怖かった。

ちなみに今回のルートは全エリアで電波受信できた(au)。

避難小屋で雪だるまになった体をはらって落ち着いた。

避難小屋にいらした松山からの2人組の他に、四国中央からの5人組と他に3人組が今日会った方々だった。

帰りは2時間で帰ってきた。

でも最後にまた反省することに。

平家屋敷民族資料館にさしかかったときに、資料館の方が出ていらして、挨拶をする。

怪訝そうにしていらしたので、国見山に登ってきたことを伝えた。

もしかして、下の駐車場の前に止めている方ですか?と聞かれた。

なんでもあの場所はバス停だとおっしゃるではないか!

まったく気がつかなかった。

バス会社から問い合わせがあって、姿もなかなか見えないし心配していたとのこと。

国見山に行っていたと言っても、そんな人は初めてだとビックリされていた。

本当に申し訳ないことをしてしまった。

重ね重ねお詫びをしてスゴスゴとゴールした。

よく見ると思いっきりバス停だった。

色々あった国見山だけど、ブナの霧氷がとても素晴らしかった。

雨はゴール手前で降りだしたけど、無事下山。

お山よ今日も素敵な1日をありがとうございました。
訪問者数:328人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/24
投稿数: 415
2016/1/23 22:58
 エエオチで^ ^
バス停に停めてんぢゃねーよ!
とツッコみたいとこですがやめておきます。

霧氷ゴッツイですねー
登録日: 2014/12/9
投稿数: 158
2016/1/23 23:26
 Re: エエオチで^ ^
いやここはシッカリ突っ込まんとアカンやろ。

でもマジで気がつかなかったのさ (^^;;

しかしあの資料館の奥様、なんべんも呼び止めてさあ、ビビっと来たんかなあ (*^^*)

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ