また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 864613 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 道東・知床

知西別岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2016年05月03日(火) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

9:15出発ー11:52スキーデポ(標高1090m附近)12:14ー13:27知西別岳13:43ー14:07スキーデポ地14:29ー15:46帰着
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

前夕、羅臼町の有線放送で今日の開通を知った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前夕、羅臼町の有線放送で今日の開通を知った。
少し進むと目指す知西別岳が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し進むと目指す知西別岳が見えてきた。
ここから見る、知西別岳は穏やかな山容。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから見る、知西別岳は穏やかな山容。
振り返ると羅臼岳が聳えていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると羅臼岳が聳えていた。
羅臼湖のそばまで来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羅臼湖のそばまで来ました。
羅臼湖の北岸を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羅臼湖の北岸を進みます。
小さな川をスノーブリッジで越える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな川をスノーブリッジで越える。
羅臼湖を背に大沢を登って行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羅臼湖を背に大沢を登って行きます。
先行パーティーは大沢の上部を登っていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行パーティーは大沢の上部を登っていました。
標高1090m附近でスキーをデポ、アイゼン、ピッケルに替えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1090m附近でスキーをデポ、アイゼン、ピッケルに替えました。
羅臼岳、カッコイイな〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羅臼岳、カッコイイな〜。
大沢は急なところで傾斜は30度位でしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢は急なところで傾斜は30度位でしょう。
羆の足跡、今日一番で大沢を抜けた人は、逃げて行く羆を見たそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羆の足跡、今日一番で大沢を抜けた人は、逃げて行く羆を見たそうです。
大沢を抜け、羅臼湖を見下ろす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢を抜け、羅臼湖を見下ろす。
良い眺めでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い眺めでした。
這い松漕ぎ覚悟の計画でしたが、雪が繋がっていて大儲けでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
這い松漕ぎ覚悟の計画でしたが、雪が繋がっていて大儲けでした。
知西別岳頂上、全員初山でした。
視線の先の山は、遠音別岳です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
知西別岳頂上、全員初山でした。
視線の先の山は、遠音別岳です。
2
私達を追い越して行った藻琴の人、スキーで滑って行くのを見送りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私達を追い越して行った藻琴の人、スキーで滑って行くのを見送りました。
さて、私達も下ります。この先でスライドした美瑛の方は、天頂山を越えて来たとのことでした。下山は相前後していました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、私達も下ります。この先でスライドした美瑛の方は、天頂山を越えて来たとのことでした。下山は相前後していました。
太陽を背に急なところを下っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽を背に急なところを下っています。
スキーデポ附近。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーデポ附近。
お楽しみタイム。
hakurou-4さん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お楽しみタイム。
hakurou-4さん。
山キチのッマさん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山キチのッマさん。
プチ山キチ。
hakurou-4さん撮影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プチ山キチ。
hakurou-4さん撮影。
自分達のトレースとシュプールを残してきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分達のトレースとシュプールを残してきました。
それぞれが自由に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それぞれが自由に。
羅臼湖に向かって下っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羅臼湖に向かって下っています。
美瑛からの方、スノーシューなのに足が早く一緒になっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美瑛からの方、スノーシューなのに足が早く一緒になっています。
羅臼湖から知西別岳を振り返っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羅臼湖から知西別岳を振り返っています。
ここまで来たらゴールは近い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来たらゴールは近い。
ごくろうさまでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ごくろうさまでした。

感想/記録

メンバー:takeuraさん、hakurou-4さん、nakkorinさん、nokkorinさん、山キチのッマさん、yamakichiことプチ山キチ。
出発準備をしていたら、地元の登山グループより車の駐車は知床峠以外は地元ルールに違反すると指導を受けた。
地元ルール?道路には道路交通法が・・・?
地元ルールを知らないパーティは私たちだけではなかった、それで入山を止めたパーティーもいた。
私の脚力では知床峠に車を移動してからの入山では、道路の閉鎖時間に間に合わなくなる可能性があった。この山を第一目標に遠路はるばる来た自分達は多いに戸惑った。
知西別岳は諦め、天頂山にしようかと車を移動中、某所に電話することが出来た。その結果、羅臼湖入り口から200m弱離れた路外に車を止めることが出来ました。この一件でドッと疲れての入山でした。
4月30日に降った雪のお陰か、大沢を抜けてからの這い松漕ぎが無かったのが幸いして何とか登れた感じです。
空は晴れていましたが心は曇天での登山でした。


感想/記録

知床へ山スキー、とても魅力的なお誘いです。
あまり深く考えもせず参加の返事をしたものの、調べてみたら結構な斜面のある山でそれからは何とはなく心が落ち着かない状態でした。
知床峠から見る知西別岳は羅臼湖を抱く様に優しい姿をしていて峠をはさんで聳え立つ羅臼岳とは対照的な感じでした。羅臼湖周辺の広い雪原を通って目指すはまず大沢。斜度が増してくると、それはまるで嫋やかな山容の内に秘めた強さの様に思われました。急斜面を上りきると後はなだらかな尾根上を辿って山頂へ、そこには世界遺産を見渡せる壮大な風景が拡がっていました。
皆さんにサポートして頂いて無事山行を終える事が出来ました。心より感謝してお礼申し上げます。

※遠音別...オンネベツ しっかり覚えました、笑って許して♬yamakichiさん。

感想/記録

羅臼湖経由での知西別岳、小川のスノーブリッジには亀裂が入っており、注意をして渡りました。眼前にはこれから登る斜度のきつそうな斜面があり、どのコースをとるのかなあと思っていたら、「今日は雪崩の心配がないので、中央大沢を登ります。」と。シールで大沢の直登、頑張れるところまで登りました。その後スキーをデポして、アイゼン・ピッケル・ストック1本で稜線上に上がりました。頂上までは雪が付いており、心配されたハイ松こぎはありません。全員初初登頂で嬉しさがこみあげました。頂上からは夏に縦走したことがある羅臼岳〜硫黄山が良く見え、まだ登ったことがない山も見えていました。宿題ができた感じです。下山時の大沢下りでは、私はアンザイレンして頂き、スキーデポ地まで安心して下りることができました。、スキーの滑りは、最初のターンをどこでと思う間もなく滑りだしてしまい、大斜面を目一杯使って滑り降りました。大・大満足でした。
ヤマキチさんリダー始め、タケウラさん・ハクロウさん、サポートありがとうございました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:330人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ