ヤマレコ

記録ID: 872204 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

美濃戸〜天狗岳

日程 2016年05月14日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ曇り晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間8分
休憩
3時間1分
合計
12時間9分
S八ヶ岳山荘06:2907:05やまのこ村07:0807:09赤岳山荘07:14美濃戸山荘07:1607:43堰堤広場08:23赤岳鉱泉08:3908:43大同心沢(大同心ルンゼ)分岐08:4408:47ジョウゴ沢09:40赤岩の頭09:4510:08硫黄岳10:2810:58ヒュッテ夏沢10:5911:01山びこ荘11:0211:36箕冠山11:3711:41根石山荘11:4211:47根石岳11:5011:56白砂新道入口12:11東天狗岳13:1213:21天狗岳13:3013:43東天狗岳13:4513:55白砂新道入口14:03根石岳14:0414:08根石山荘14:13箕冠山14:35オーレン小屋14:5215:44赤岩の頭15:5916:30ジョウゴ沢16:33大同心沢(大同心ルンゼ)分岐16:3416:40赤岳鉱泉16:5417:23堰堤広場17:50美濃戸山荘17:55赤岳山荘18:0118:03やまのこ村18:0418:38八ヶ岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

咲いています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
咲いています
2
北沢へ向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北沢へ向かいます
晴れてきたか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れてきたか?
2
硫黄岳到着。この後ガスに覆われる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳到着。この後ガスに覆われる
1
東天狗岳山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳山頂
3
根石方面振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根石方面振り返る
2
雲が取れてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が取れてきた
少し雪あります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し雪あります
1
オーレン小屋到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オーレン小屋到着
1
鉱泉テント場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉱泉テント場
1

感想/記録
by Yammut

体力のなくなってきているのを感じ、久しぶりのガッツリ歩きに八ヶ岳をチョイス。美濃戸口からいつもとは逆の、天狗岳を目指し歩行開始。ゆっくりペースで歩きながらいつもの道進む。するとすぐに赤岳山荘に到着。意外に早く着いた。そして少し歩き!北沢ルートへと向かう。川沿いを歩きながら橋を何度も渡り、赤岳鉱泉へと向かうとても整備された歩きやすいルート、歩いていて気持ちいいので、好きである。川のせせらぎを感じながら歩けば、すぐに赤岳鉱泉へ到着した。しばし休憩をとる。曇っているのと、少し標高を上げたからか肌寒い。赤岳鉱泉まで鈍っていると思われるカラダで、さほど、時間はかかっていなかった。驚きである。赤岳鉱泉を後にする!ここからは硫黄岳へ登るルート、さっきまでと違い勾配がキツくなる。雲の間から見えそうで見えない八ヶ岳の山々に心躍らせながら、赤岩の頭に到着。硫黄岳の上は、青空があったが、他の山々は帽子をかぶったままだった。帽子がとれるのを願いつつ、硫黄岳山頂へ最後の登りを登る。程なくして山頂に到着。少しずつ雲に覆われてきて、硫黄岳山頂も雲の中に入ってしまった。
山頂からの展望がなく残念だったが、先を目指す。夏沢峠方面は、雲の中。数人の登山者が登って来た。挨拶を交わして進む。ガレた下りを下り夏沢ヒュッテに到着。夏沢ヒュッテはまだ開いていなかった。箕冠山まで少し泥濘んだ登山道を歩く。その先根石山荘への下り数十メートル程残雪あり。慎重に歩けば問題ない。根石岳に登り本日の目標、天狗岳を雲の切れ間に確認した。根石を下り、気持ちの良い稜線を歩き、登り返し東天狗岳に到着。ここで、12時を回り食事。風が冷たく防寒着を着た。時々姿をあらわす太陽が、暖かい。ずっと太陽が出ていれば防寒着はいらなかっただろう。食事を終えると、13時を少し回っていた。下山時刻を考えると戻ろうと思ったが、西天狗岳に行かなければ今回の目標が達成しない。ってなわけで、西天狗に向かう。東から往復30分くらいだが登り返すので疲れた。冬季でない時に登るのは初めてだったので新鮮だった。午後になり雲が取れてきて山頂も見えるようになってきた。根石岳まで戻って振り返ると。稜線から天狗まで姿を見せてくれた。緑とのコントラストが綺麗だった。箕冠山から、泥濘んでいたり残雪で若干歩きにくい樹林帯を抜けてオーレン小屋に到着。小屋前でしばし休憩。テン場には数張りテントが張られていた。オーレン小屋から本日最後となる登りを進む。疲れが蓄積足取りが重くなっていた。おまけに残雪が残っていて歩きにくい。赤岩の頭が遠く感じた。だが登りきると感激が待っていた。八ヶ岳の山々が姿を見せてくれていたのだ。疲れを忘れて景色を眺めていた。


訪問者数:530人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ