また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 92256 全員に公開 沢登り丹沢

水無川本谷(残置補修)

日程 2010年12月28日(火) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
戸沢

コースタイム [注]

戸沢10:20-
10:40水無川本谷F1-2条8m10:53-
11:00F2-5m
流芯左側の破断鎖に沿いFIXロープ張り(暫定補修)
-戸沢13:50
ファイル 20101228mizunashihondani.xls (更新時刻:2010/12/27 23:50)
過去天気図(気象庁) 2010年12月の天気図 [pdf]

写真

戸沢
今日はウインターキャンプの人たちが多かった
2010年12月28日 10:11撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸沢
今日はウインターキャンプの人たちが多かった
水無川に入り最初の堰堤にかかる残置スリング
だいぶん古いがいつもお世話になっています
2010年12月28日 10:23撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水無川に入り最初の堰堤にかかる残置スリング
だいぶん古いがいつもお世話になっています
F1-2条8m
ここの鎖も古いから使用には気をつけましょう
2010年12月28日 10:38撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F1-2条8m
ここの鎖も古いから使用には気をつけましょう
セドノ沢との出合で左が本谷
F2が見える
2010年12月28日 10:45撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セドノ沢との出合で左が本谷
F2が見える
2年前の12月この看板修正もやったっけな
2010年12月28日 10:53撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2年前の12月この看板修正もやったっけな
F2流芯左側にかかる鎖が今年破断しました
2010年12月28日 10:53撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F2流芯左側にかかる鎖が今年破断しました
F2の鎖を上から
2010年12月28日 12:00撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F2の鎖を上から
暫定的にFIXロープを張らせていただきました
2010年12月28日 12:02撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫定的にFIXロープを張らせていただきました
こんな感じ
2010年12月28日 12:03撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じ
一応注意書きも
2010年12月28日 12:45撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応注意書きも
水無川を下降中、最初の堰堤の下流部右岸には湧水がある。
この水が源次郎沢出合上の石段まで流れている。
2010年12月28日 13:30撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水無川を下降中、最初の堰堤の下流部右岸には湧水がある。
この水が源次郎沢出合上の石段まで流れている。

感想/記録
by kamog

水無川本谷F2-5mの左側に緊急時の下降用として付けられた鎖が
下部2mで切れてしまっていた(市からも報告あり)ため
ダイナミックロープを固定した。
あくまで暫定的措置。
そもそもこの鎖は緊急時に下降できるよう数十年前に
遭対協で作られたものらしい。
もしこの鎖を下降に使う方がいらしたら転落の危険もありうるので
鎖に沿うような形でのロープ張りだ。
上部は残置アンカーにエイトノット+ラウンドターン、クローブヒッチで固定し
下部は手がかりになるようインラインフィギュアエイトノットを3箇所作成。
滝の飛沫を浴びながらであったので手足が次第にしびれてしんどかった。

F2は流芯左右とも登れる。
鎖のある左側は滝の飛沫を浴びるうえ、下部2mは一部岩がぬめっている。
右側は乾いた壁でせいぜいクライミンググレード(RCCで)卦蕕らいだから
右の方が登りやすいかもしれない。
落ち口とその2m上部に古い残置ハーケンも打たれてはいる。

冬の間、谷に入る人はそうはいないと思うが、一応お知らせまで。
訪問者数:1361人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ