また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 923276 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 尾瀬・奥利根

水場も健在 平ヶ岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2016年07月22日(金) ~ 2016年07月23日(土)
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鷹ノ巣登山口の駐車場は合わせると50台ほど。
7/23は少し離れた駐車スペースも満車状態。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
07:06
距離
9.8 km
登り
1,439 m
下り
231 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間48分
休憩
15分
合計
6時間3分
S鷹ノ巣登山口05:4708:09下台倉山08:1809:07台倉山10:20白沢清水10:2111:36池ノ岳11:4111:50平ヶ岳キャンプ指定地
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
データは、1日目のみで池ノ岳の先まで取得。
コース状況/
危険箇所等
特筆すべき危険個所はなし。
最近、登山道が刈り払いされていて、ありがたい。
それでも朝露での濡れは半端ではない。
アブが酷い。夕方はヌカカの猛襲があり、蚊取り線香必携。

【重要】
「水場は枯れている」と思っている人が多かった。ネット情報の取捨選択は難しい。
 台倉清水・白沢清水・姫池から玉子石に抜ける途中・左に降りる水場の3か所とも水量あり。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

駐車場で寝付いて1時間、爆睡中に窓ガラスをノックされ「スモールが点いているよ。」・・・、これで眠れなくなり仕方なく出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場で寝付いて1時間、爆睡中に窓ガラスをノックされ「スモールが点いているよ。」・・・、これで眠れなくなり仕方なく出発。
姫池。
ここまでの道は、熱射地獄。
この時期は奥多摩の山の方が1.5倍いい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫池。
ここまでの道は、熱射地獄。
この時期は奥多摩の山の方が1.5倍いい!
3
木道脇の指定地に張ります。
出発時「遅くのが遅いのでスペース空けといて」と頼んだ人たちに先行して到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道脇の指定地に張ります。
出発時「遅くのが遅いのでスペース空けといて」と頼んだ人たちに先行して到着。
2
この日は5人だったので、お互いぎりぎりに接近して設営。これ以上は無理。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日は5人だったので、お互いぎりぎりに接近して設営。これ以上は無理。
4
午前3時30分、平ヶ岳頂上へ。ガスで視界なし。
テント撤収し姫池へ。トレラン人種が堂々とテン泊中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前3時30分、平ヶ岳頂上へ。ガスで視界なし。
テント撤収し姫池へ。トレラン人種が堂々とテン泊中。
1
【重要】姫池〜平ヶ岳中間の沢の水場
豊富な流れ。
文句なし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【重要】姫池〜平ヶ岳中間の沢の水場
豊富な流れ。
文句なし。
5
【重要】白沢清水
湧水が豊富、手は1分とは入れてはいられないほどの冷たさ。ネット上で「汚い」との書き込みは思い過ごし。水の流れの先の落ち葉などを取り去り流れを作ってやればいいだけのこと。コップ持参がよし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【重要】白沢清水
湧水が豊富、手は1分とは入れてはいられないほどの冷たさ。ネット上で「汚い」との書き込みは思い過ごし。水の流れの先の落ち葉などを取り去り流れを作ってやればいいだけのこと。コップ持参がよし。
5
【重要】台倉清水
これだけの流れがあれば文句なし。
雫があるだけで感謝すべきところ、しっかり取水可。(コンビニで水をかったつもりがポカリだったので、ここで水を得た。ただし、水を受けるのはプラティパス必須。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【重要】台倉清水
これだけの流れがあれば文句なし。
雫があるだけで感謝すべきところ、しっかり取水可。(コンビニで水をかったつもりがポカリだったので、ここで水を得た。ただし、水を受けるのはプラティパス必須。)
5
台倉清水
水は2方面の沢状のくぼみから細々と流れてきて1か所に集まる。水たまりに落ち葉や木の枝がたまっていたので、清掃してきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台倉清水
水は2方面の沢状のくぼみから細々と流れてきて1か所に集まる。水たまりに落ち葉や木の枝がたまっていたので、清掃してきた。
3
この時期に咲いている花は、池塘のタテヤマリンドウを除けば、この花ぐらい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期に咲いている花は、池塘のタテヤマリンドウを除けば、この花ぐらい。
1
馬の背。
とにかく暑かった!のでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背。
とにかく暑かった!のでした。
1

感想/記録

 テント泊を計画し、唯一予報がよさそうだったのが平ヶ岳。 
 この歳で、テント装備で山地図どおりの6時間というコースタイムは誉めてやりたい。
 テン場では、ほかの4人の方と多くを語り楽しい時間を過ごすことができました。皆さま、ありがとうございました。
 帰路、ガーミンのナビに従って道を進むと田代山登山口から日光に出る道で、砂利の「超」悪路。パンクしないように時速20kmほどで走ったから、時間はかかるし疲れ切ってしまった。
 ホームページ「やま旅・はな旅 北海道」もご愛読を!
 http://yamatabi-hanatabi.com/
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:3799人

コメント

「やま旅・はな旅 北海道」でピンと来ました(^-^*)/
こんにちは!御無沙汰しておりました。「やま旅・はな旅 北海道」でピンと来て拝読したら、2012年に穂高縦走時にお会いした者です。相変わらずお元気で活発に活動していらっしゃる姿に当人も貴殿のような熟年世代になりたいと思いますよ。新潟まで遠征に来られていたんですね。また何処かのお山でお会いしましたら宜しくどうぞm(__)m
2016/7/24 16:23
人生を楽しむ〜今が一番そのときのようです!
sinmyoさん、私の憧れだった「ジャンダルム」では大変お世話になりました。あの時はsinmyoさんやZAWAさん、SNOOPYさん、リーダーの方の後ろを追わせていただいて、初めてなし得たのでした。私が間ノ岳を必死の思いで登っている姿をSNOOPYさんが撮ってくれましたが、それは私の一生の宝物です。あれほど怖い縦走路はありませんでした。今でも皆さまに感謝、感謝です。
おかげさまで年金を満額いただける歳になりましたが、山と同様に大好きな「農」に関する仕事に就き、広い農地を借りて野菜を育て65以降の人生を楽しんでいます。またどこかでお会いしましたら、よろしくお願いします。
2016/7/24 20:54
平ヶ岳テント泊
先日平ヶ岳、テント泊の時は大変お世話になりました。楽しい山行でした、コースタイム6時間は団塊世代の人と思いません。我々もかなりの時間を掛けて無事下山しました。
2016/7/25 14:31
Re: 平ヶ岳テント泊
5459さん、こんばんは!
絶好過ぎるいい天気の中、平ヶ岳テント場でお会いし、楽しい時間を共有させていただき、大変ありがとうございました。詰めて5張り分しかない貴重なテント場で日が傾きかけるまで皆さんと仲良くしていただき、いい思い出になりました。山はいいですね。
2016/7/25 20:53
ありがとうございました
平ヶ岳でお世話になりました、青年と呼んでいただいた黄色いテントの者です。経験豊富な山の大先輩のお話が聞けて大変勉強になると同時に、ものすごく刺激になりました。とても素敵な山での一期一会でした。またどこかの山でお会いできるのを楽しみにしています!ありがとうございました!
2016/7/26 12:06
苦しくも楽しい平ヶ岳でした!
mikosuzuさん、お疲れさまでした。
山で楽なところなんてありませんね。いつも、登りは辛く、下りでは登ってくる人のゼイゼイ・ハーハーの息遣いが聞こえてきます。
私が初めて山を始めた年に「六甲山全山56km縦走大会」に参加し14時間かかって歩き切ったときには、いい歳をして思わず目からも汗が出てしまいました。そのほかに感動したのは槍ヶ岳の朝焼けを見たとき、北岳で雲海に浮かぶ富士山を見たときで、そのときも目に汗をかきました。日高の山を歩き切ったときは、大袈裟ですが無事に生きていてよかったといつも思います。
今ではどんなに辛い山をやっても、下山の日には次の山に思いをはせています。それは山自体の面白さもあるし、今回の平ヶ岳でのmikosuzuさんやお友達、5459さんやそのお友達の方々との出会いに象徴されるような楽しい出来事があるからだと思っています。
六甲山には約30回登りました。縦走大会の練習のためですが、「足に山を覚えさせるのだ。」と引っ張って行ってくれる人に言われました。私の山登りの原点です。
お忙しい仕事と家庭の合い間に登られるmikosuzuさん、マイペースでいつまでも山を楽しんでくださいね。私も凝りもせず昨年テントを買い増しし3つにもなったので、もう少しはテント泊でがんばらなければなりません(泣)。
2016/7/26 23:01
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ