ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 993110 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

谷川岳〜茂倉岳

日程 2016年10月27日(木) [日帰り]
メンバー white-fairy(CL), chirottone(感想)
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
関越自動車道 水上インターから国道291号で谷川岳方面へ
谷川岳ロープウェイ乗場1F駐車場(1日500円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
[登山道]天神尾根登山道:整備され歩き易いです。
オキノ耳〜茂倉岳にかけ、北側から風が吹き上げて、霧氷が見られた。大岩が滑り易いのです。
[登山ポスト]ロープウエイ乗り場にあります。
[ロープウエイ乗り場]土合駅(標高746m)は6階。天神平駅(1319m)は2階にあります。登山後は、靴やズボンなど、洗い場で洗い乾かしてから、乗車する張り紙がありました。
[ロープウエイ料金]往復 大人2060円。子供1030円。
[営業時間]平日:8時〜17時。土日祭日:7時〜17時。
その他周辺情報[温泉]鈴森の湯 0278-72-4696
http://suzumorinoyu.com/
道の駅 みなかみ水紀行館(足湯有り)

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ カイロ 熊鈴

写真

ロープウェイ乗り場
天神平ゲレンデ内では
熊さんが出没してるようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイ乗り場
天神平ゲレンデ内では
熊さんが出没してるようです
ロープウェイ乗り場に
有ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイ乗り場に
有ります
2番目に乗ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2番目に乗ります
ロープウェイの中から
光が幻想的
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイの中から
光が幻想的
紅葉も終盤です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉も終盤です
ロープウェイ終点
天神平に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイ終点
天神平に到着
ここから
登山開始します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから
登山開始します
登山口付近から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口付近から
田尻尾根下山入り口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田尻尾根下山入り口
空模様が微妙
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空模様が微妙
微妙な光の差し込み
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
微妙な光の差し込み
熊穴沢避難小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊穴沢避難小屋
いよいよこの先
急勾配、本当の登りが待ってます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよこの先
急勾配、本当の登りが待ってます
天狗のトマリ場付近での光芒
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗のトマリ場付近での光芒
山肌を光が移動
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山肌を光が移動
まだまだこれから
登りが続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだこれから
登りが続きます
熊穴沢避難小屋が
はるか下に見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊穴沢避難小屋が
はるか下に見えます
ロープウェイ天神平も
見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイ天神平も
見える
肩ノ小屋に着きました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩ノ小屋に着きました
トマの耳へ向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマの耳へ向かいます
三大急登の西黒尾根への
下山道分岐点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三大急登の西黒尾根への
下山道分岐点
左は西黒尾根へ
右は肩ノ小屋に行きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左は西黒尾根へ
右は肩ノ小屋に行きます
トマの耳に着きました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマの耳に着きました
1
1963m
トマの耳山頂です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1963m
トマの耳山頂です
1
もうエビの尻尾が出来てる
これからオキの耳に向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうエビの尻尾が出来てる
これからオキの耳に向かいます
2
1977m
オキの耳山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1977m
オキの耳山頂
1
奥の院
次はノゾキに向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の院
次はノゾキに向かいます
奥の院の鳥居
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の院の鳥居
急に冬模様です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急に冬模様です
霧氷が出来てる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷が出来てる
1
風が吹き付けてます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が吹き付けてます
1
一瞬、ガスが切れましたが
この程度しか見えません^^;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬、ガスが切れましたが
この程度しか見えません^^;
1
なかなかガスが取れません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかガスが取れません
ノゾキに着きました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ノゾキに着きました
ガスで何にも見えない
のぞくのも怖いけど!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスで何にも見えない
のぞくのも怖いけど!
一ノ倉岳避難小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳避難小屋
1
一ノ倉岳到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳到着
1
一ノ倉岳
これから茂倉岳へ向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳
これから茂倉岳へ向かいます
苔ですが
名前が分かりません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔ですが
名前が分かりません
1
1977m
オキの耳と同じ標高の
茂倉岳山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1977m
オキの耳と同じ標高の
茂倉岳山頂
茂倉岳、ロープウェイ
最終時間が17時なので
ここで折り返します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳、ロープウェイ
最終時間が17時なので
ここで折り返します
滑る岩と新しい鎖
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑る岩と新しい鎖
下山中に再度
光芒を撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山中に再度
光芒を撮影
光芒が射し込んで
幻想的に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光芒が射し込んで
幻想的に
1
車中泊後、翌朝5時から
一の倉沢へ 残念ながら
モルゲンにはなりません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車中泊後、翌朝5時から
一の倉沢へ 残念ながら
モルゲンにはなりません
4
クライマーの聖地
今年は雪渓も無かった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クライマーの聖地
今年は雪渓も無かった
1
紅葉は綺麗でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉は綺麗でした
3

感想/記録

秋の紅葉観に、10月上旬に来たかった 谷川岳。
登山よりも、クライマ一の聖地 一の倉沢!約800人の命を奪った、絶壁や巻き込んで登る岩場。
クライミングの姿を楽しみに来たが、1人もいなかった。
ハーネスの当たる音が登山中に、ガスの中から聞こえたのは、単なる幻聴だったのか?

私にとっては、やっと来れた山・°°・(>_<)・°°・。
ピークハント、時間ギリギリまで出来ました。
急登からマイペースで登り、1人で茂倉岳行きました。
この日は、足跡すらありません。殆ど、谷川岳で帰られていました。
相方には今回も、寝ずの運転と登山で、いつも 申し訳なさと感謝です。
ガスが晴れ、ノゾキから一ノ倉の絶壁見たかった。
実は、電波が悪く、Docmoでも携帯とiPhone電話しても話せず、険悪でしたが、ロープウェイ乗り場で会えた時は、安堵しました。背ノ小屋前でガスが濃く、標識確認不足で、西尾根へ降りてました。急な下りと見覚えの無い鎖場で、やっと道間違いに気づいた。急いで解る場所へ戻りました。
電波悪いとヤマレコの「今ココ」は使用できず、持参した登山地図は、現在地確認に助かりました。

霧氷は、予想外の景色で嬉かった。綺麗でした😊

感想/記録

2年前は晴天で紅葉の真っ盛りの時期に登ったので人の数が半端ではなかったが
今回、紅葉時期を過ぎて天候も今一だったので駐車場もロープウェイ乗り場も
人が少なくてゆっくりと撮影しながら登れた
残念ながら山頂と尾根は風とガスが出て何にも見えないが霧氷出来ており
撮影には充実出来ました。

温泉に浸かり食事、相方と車中泊時には満点の星空、薄い冬の銀河が見えてる
明朝、一の倉沢のモルゲンを期待したが残念ながら
朝4時の時点で星が雲で見えなかった^^;
一応クライマーの聖地一の倉岳まで行ったけれど紅葉は見事でした^^
訪問者数:653人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ