ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1003849 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中央アルプス

木曽駒ケ岳 北御所登山口から周回(テント1泊2日)

日程 2016年10月15日(土) 〜 2016年10月16日(日)
メンバー libra, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間18分
休憩
14分
合計
6時間32分
S北御所登山道入り口バス停08:3811:05うどんや峠14:10伊那前岳14:2415:10頂上山荘テン場
2日目
山行
4時間22分
休憩
2時間16分
合計
6時間38分
頂上山荘テン場05:3205:41中岳06:0506:32宝剣岳06:4708:00濃ヶ池08:3710:04木曽駒ヶ岳10:1510:24頂上山荘テン場11:1312:10千畳敷駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

今日は明るくなってからの出発なので、バス待ち行列のかなり後ろに並びました
2016年10月15日 07:50撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は明るくなってからの出発なので、バス待ち行列のかなり後ろに並びました
すぐに北御所登山口に到着。紅葉時期で満員のバスでしたが、降りたのは自分達含めて二組四人だけでした。
2016年10月15日 08:38撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに北御所登山口に到着。紅葉時期で満員のバスでしたが、降りたのは自分達含めて二組四人だけでした。
最初は緩い林道歩き。天気最高!
2016年10月15日 09:24撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は緩い林道歩き。天気最高!
沢が気持ち良い〜
2016年10月15日 09:30撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢が気持ち良い〜
蛇腹沢登山口の看板があります。
2016年10月15日 09:34撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛇腹沢登山口の看板があります。
ここから林道を離れて本格的な登山道。
2016年10月15日 09:34撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから林道を離れて本格的な登山道。
先入観でこのコースはもっと荒れた道を想像してましたが、実際は整備された広くて快適な登山道でした。
2016年10月15日 09:51撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先入観でこのコースはもっと荒れた道を想像してましたが、実際は整備された広くて快適な登山道でした。
清水平は広くて休憩適地。沢もあります。
2016年10月15日 10:37撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清水平は広くて休憩適地。沢もあります。
うどんや峠に到着。ここから尾根歩き。
2016年10月15日 11:05撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うどんや峠に到着。ここから尾根歩き。
峠から見えるのは空木岳?
2016年10月15日 11:06撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠から見えるのは空木岳?
小屋場通過。ここも休憩適地。
2016年10月15日 12:08撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋場通過。ここも休憩適地。
樹林帯を抜けて見えるのは伊那前岳?うどんや峠から森林限界を越えるまで想像より距離有りました。
2016年10月15日 13:14撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けて見えるのは伊那前岳?うどんや峠から森林限界を越えるまで想像より距離有りました。
石碑を通過。この辺は快適な稜線歩きです。
2016年10月15日 13:58撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石碑を通過。この辺は快適な稜線歩きです。
伊那前岳到着!
2016年10月15日 14:10撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊那前岳到着!
伊那前岳の少し手前で千畳敷が見えるようになります。
2016年10月15日 14:31撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊那前岳の少し手前で千畳敷が見えるようになります。
乗越までは観光客気分で歩けます。
2016年10月15日 14:35撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗越までは観光客気分で歩けます。
中岳から木曽駒とテント場。小屋はまだ営業しててテントもたくさんありました。
2016年10月15日 15:06撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳から木曽駒とテント場。小屋はまだ営業しててテントもたくさんありました。
秋は冷えるのが早いので早速テント張って乾杯しつつ晩飯。
2016年10月15日 16:03撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋は冷えるのが早いので早速テント張って乾杯しつつ晩飯。
夕焼けのシルエットも良い感じ。
2016年10月15日 17:15撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕焼けのシルエットも良い感じ。
山頂へ散歩。御嶽も見えました。風が吹き抜けるテン場と違って山頂は無風だったので寒くなかったです。
2016年10月15日 17:51撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂へ散歩。御嶽も見えました。風が吹き抜けるテン場と違って山頂は無風だったので寒くなかったです。
満月の月明かりが凄かったので、ヘッドランプ無しでも山頂からテン場まで下れました。
2016年10月15日 18:18撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
満月の月明かりが凄かったので、ヘッドランプ無しでも山頂からテン場まで下れました。
翌朝は日の出前に出発し、中岳で御来光待機。
2016年10月16日 05:48撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝は日の出前に出発し、中岳で御来光待機。
富士山もハッキリ見えました。
2016年10月16日 05:49撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山もハッキリ見えました。
雲の隙間から御来光。
2016年10月16日 06:00撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の隙間から御来光。
木曽駒も少し染まりました。
2016年10月16日 06:00撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽駒も少し染まりました。
三の沢岳と空木岳に続く稜線。
2016年10月16日 06:36撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三の沢岳と空木岳に続く稜線。
すっかり陽が昇りました。南アルプスもよく見えました
2016年10月16日 06:36撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すっかり陽が昇りました。南アルプスもよく見えました
宝剣岳山頂は360度の絶景。朝早いので山頂独占でした
2016年10月16日 06:47撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝剣岳山頂は360度の絶景。朝早いので山頂独占でした
宝剣岳の後は濃ヶ池へ。
2016年10月16日 07:03撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝剣岳の後は濃ヶ池へ。
沢沿いの登山道はツルツルで摩擦ゼロでした
2016年10月16日 07:22撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いの登山道はツルツルで摩擦ゼロでした
千畳敷ほどでは無いにしても、ここもカール地形。
2016年10月16日 07:28撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千畳敷ほどでは無いにしても、ここもカール地形。
沢を何度か横切りますが…
2016年10月16日 07:39撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を何度か横切りますが…
撥ねた水が凍って、石の表面に氷のコーティングが出来てました。
2016年10月16日 07:39撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
撥ねた水が凍って、石の表面に氷のコーティングが出来てました。
紅葉は終わってましたが、秋の名残。
2016年10月16日 07:44撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉は終わってましたが、秋の名残。
鹿の生息数調査用に何ヶ所か設置されてました。
2016年10月16日 07:47撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿の生息数調査用に何ヶ所か設置されてました。
濃ヶ池の前後はこの様な気持ちの良いトラバース道が続きます
2016年10月16日 07:51撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濃ヶ池の前後はこの様な気持ちの良いトラバース道が続きます
ここは数年前の紅葉最盛期に来て感動した場所。今回は紅葉終わってるけど青空が良い感じ。
2016年10月16日 08:01撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは数年前の紅葉最盛期に来て感動した場所。今回は紅葉終わってるけど青空が良い感じ。
霜柱が盛大に成長してました。
2016年10月16日 08:04撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霜柱が盛大に成長してました。
濃ヶ池に到着。宝剣岳も少し見える。
2016年10月16日 08:36撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濃ヶ池に到着。宝剣岳も少し見える。
将棋頭山へ続く稜線との合流地点。
2016年10月16日 08:50撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
将棋頭山へ続く稜線との合流地点。
今回はここから木曽駒方面へ向かいます。
2016年10月16日 09:05撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回はここから木曽駒方面へ向かいます。
こっちは将棋頭方面。
2016年10月16日 09:09撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちは将棋頭方面。
これは御嶽か
2016年10月16日 09:12撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは御嶽か
こっちは乗鞍岳か
2016年10月16日 09:12撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちは乗鞍岳か
そして槍ヶ岳と穂高連峰
2016年10月16日 09:12撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして槍ヶ岳と穂高連峰
上から濃ヶ池を見下ろす。背後には南ア、富士山、八ヶ岳。
2016年10月16日 09:30撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上から濃ヶ池を見下ろす。背後には南ア、富士山、八ヶ岳。
稜線に合流してから木曽駒山頂まで結構距離と標高差ありました。
2016年10月16日 09:58撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に合流してから木曽駒山頂まで結構距離と標高差ありました。
山頂には二つ神社があります。こっちが伊那で
2016年10月16日 10:04撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には二つ神社があります。こっちが伊那で
こっちが木曽かな
2016年10月16日 10:06撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちが木曽かな
いやー絶景かな。木曽の御嶽方面。
2016年10月16日 10:07撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いやー絶景かな。木曽の御嶽方面。
八ヶ岳方面。
2016年10月16日 10:13撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳方面。
宝剣岳方面。朝一のロープウェイで上がってきた観光客がたくさん歩いてます。
2016年10月16日 10:18撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝剣岳方面。朝一のロープウェイで上がってきた観光客がたくさん歩いてます。
振り返って最後の木曽駒。空が青い!
2016年10月16日 11:19撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って最後の木曽駒。空が青い!
帰りは中岳の巻き道を通りました。
2016年10月16日 11:19撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは中岳の巻き道を通りました。
帰りはロープウェイを使うので千畳敷へ下ります。空気が澄んでいるのか、遠くの方までよく見える。
2016年10月16日 11:42撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りはロープウェイを使うので千畳敷へ下ります。空気が澄んでいるのか、遠くの方までよく見える。
観光客で登山道は大渋滞してましたが、何とか下れました。
2016年10月16日 12:03撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観光客で登山道は大渋滞してましたが、何とか下れました。
帰りの道の駅にあったコスモス畑。綺麗でした。
2016年10月16日 14:28撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの道の駅にあったコスモス畑。綺麗でした。

感想/記録
by libra

会社の人のテント泊デビューに同行して木曽駒ケ岳に登りました。
紅葉ハイシーズンの超超激混み状態よりは少ないですが、
数週間振りの晴れの週末だったので観光客はたくさんいました。
(紅葉は終わっていましたが)

北御所登山口からのコースは林道歩き後に本格的な登山道に入ります。
通常このコースはロープウェイで上がる人が多いので
登山道は荒れていると考えていたのですが、
実際はかなり整備されていて広く、明るい登山道だったので楽しく歩けました。

うどんや峠から伊那前岳までは鼻歌まじりの尾根歩きを勝手に想像していましたが、
実際は結構距離があって登りが続くので疲れました。
10月のテント泊ということで寒いのは予想していましたが、
想像よりは寒くなかったので助かりました。

予報どおり二日間とも秋晴れだったので、360度景色が見渡せてよかったです。
訪問者数:23人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ