ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1006917 全員に公開 沢登り日光・那須・筑波

稲荷川アカナ沢〜大鹿落しにエスケープ。

日程 2016年11月13日(日) [日帰り]
メンバー jaian37
天候晴天
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・雲竜渓谷登山口に駐車しました。
・大鹿落しにエスケープ〜霧降高原に下山。
バスで霧降大橋まで710円、降車後雲竜渓谷登山口まで徒歩。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間21分
休憩
6時間45分
合計
15時間6分
S雲竜渓谷登山口駐車場03:2604:23洞門岩04:50雲竜渓谷入口05:5506:01友不知06:05燕岩06:09雲竜瀑06:14胎内滝06:41大岩滝07:15Y字峡07:38大鹿滝09:4910:46支沢出合(右岸)10:58鉄鉱泉滝(右岸)11:11本沢滝(アカナ滝)11:13大鹿落し14:2214:40奥社跡15:40赤薙山16:30霧降高原駐車場16:5017:15霧降大橋18:31雲竜渓谷登山口駐車場18:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ガーミンでログ取失敗(tmpファイル?)のため雲竜渓谷登山口〜Y字峡〜本沢滝〜大鹿落しまではジオグラフィカ(途中でスマホ電池切れ)大鹿落し〜奥社跡から赤薙山〜霧降高原駐車場は手入力で歩行距離は約17km、CTは画像からなので大体です。
コース状況/
危険箇所等
2016年11月13日の状況。
・数日前に小規模な土石流が発生したのか分かりませんが土砂の堆積がありました。
・靴はゴムソール(ハイパーv)で歩きました。ヌメリ無しです。
・雲竜渓谷登山口〜早川谷堰堤広場
作業道を歩きました。
・早川谷堰堤広場からは落石注意です。
・大鹿滝の高巻きはコンパクトに。
中途半端に高巻きし過ぎると樹林帯の上のリッジに乗り上げてしまい懸垂支点がありません。
・本沢滝(アカナ滝)左岸高巻きはトラバースルートが崩壊著しく不可能に思われます。
右岸高巻き出来そうな気がしました。
※右岸の見えない裏側は100m級の断崖ですが^^;

・エケープルート
1、大鹿落しへのエスケープは落石多くて命懸けです。
大鹿落しは大崩壊地のため日中地表が暖められて水蒸気がガスになり易いとの情報あり。ガスっているときは前方の落石が見えないので要注意。
大鹿落しのリッジを歩き奥社跡西の樹林帯へ抜けましたが土のリッジにバランス岩が乗っていてリッジごと崩壊する恐れがありました。
リッジに乗るのは最後の最後にした方が安全です。
2、Y字峡の黒岩滝右岸の鉄製ハシゴから右岸テラスに登り〜七滝沢〜黒岩廃道〜雲竜渓谷に下れる。
3、大鹿滝〜右岸の凄いゴルジュ(鉱泉滝?)出合の間に右岸(樹林帯)に登り懸垂下降で反対側に下りると大鹿滝右岸のガレ場。
4、右岸の凄いゴルジュ(鉱泉滝?)出合〜右岸鉄鉱泉滝出合の間に左岸の壁が登れそう。登ると雲竜瀑上流右岸尾根に行きつく。雲竜瀑上流を渡渉して内ノ外山尾根や山椒魚谷右岸尾根(懸垂下降推奨)経由で雲竜渓谷に下れる。

装備

個人装備 ハイパーv フェルト靴(未使用) クライミングシューズ(未使用) グローブ(防寒テムレス フリース 強姦ゴムを各1) 3mm/2mmウェットスーツ(ロングスリーブスプリング) 8.5×60mダブルロープ ハンマー ハーケン ハーネス ヘルメット 軽アイゼン エイト環 カム0.3〜0.75各1(全て未使用) 沢用スパッツ レインウェア ハードシェルパンツ GPS コンパス 地形図 遡行図 ナイフ ヘッデン2個 カメラ スリング 捨て縄 カラビナ

写真

おはようございます。
稜線は完全に雪山だけどあえて沢登りします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おはようございます。
稜線は完全に雪山だけどあえて沢登りします。
4
早川谷砂防堰堤広場の階段を降りたところ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早川谷砂防堰堤広場の階段を降りたところ。
山椒魚谷出合にある土石流センサー。
無駄な知識だけど山椒魚谷右岸尾根を登って雲竜瀑を高巻き出来ます(^-^;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山椒魚谷出合にある土石流センサー。
無駄な知識だけど山椒魚谷右岸尾根を登って雲竜瀑を高巻き出来ます(^-^;
2
氷柱で有名な燕岩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷柱で有名な燕岩。
3
このチョロチョロが氷柱に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このチョロチョロが氷柱に。
4
氷瀑シーズンに向けて整備されている感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷瀑シーズンに向けて整備されている感じ。
雲竜瀑(右)と本流の胎内滝の大岩(左奥)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲竜瀑(右)と本流の胎内滝の大岩(左奥)。
4
雲竜瀑、今シーズンは立派な氷瀑に期待(*^-^*)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲竜瀑、今シーズンは立派な氷瀑に期待(*^-^*)
2
雲竜瀑はスルーして胎内滝に向かいます。
ゴルジュなんですけど雲竜渓谷〜アカナ沢は基本水チョロチョロです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲竜瀑はスルーして胎内滝に向かいます。
ゴルジュなんですけど雲竜渓谷〜アカナ沢は基本水チョロチョロです。
1
胎内滝の大岩です。
8月に来たときと地形が変わっていて緊張が走る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
胎内滝の大岩です。
8月に来たときと地形が変わっていて緊張が走る。
2
大岩の胎内滝。8月は滝の奥にある岩がありませんでした (;・∀・)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩の胎内滝。8月は滝の奥にある岩がありませんでした (;・∀・)
4
参考:8月の胎内滝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
参考:8月の胎内滝。
3
大岩の右を巻きます。
8月は中央の赤い岩(2×4×1.5m)もありませんでした(;・∀・)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩の右を巻きます。
8月は中央の赤い岩(2×4×1.5m)もありませんでした(;・∀・)
巻きました。非常に悪かったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻きました。非常に悪かったです。
2
4m滝、左に巻きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4m滝、左に巻きます。
1
大岩滝4m(;^ω^)
前回直登した右は思いっきり水流あるので右に巻きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩滝4m(;^ω^)
前回直登した右は思いっきり水流あるので右に巻きました。
4
参考:8月の大岩滝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
参考:8月の大岩滝。
1
前回と同じく滝の右にあるリッジを登りました。
土砂が乗っていて緊張しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回と同じく滝の右にあるリッジを登りました。
土砂が乗っていて緊張しました。
4
参考:8月のヒョングリ滝。
この時はザックを背負っても楽勝でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
参考:8月のヒョングリ滝。
この時はザックを背負っても楽勝でした。
1
黒岩滝が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒岩滝が見えてきました。
4
七滝沢出合のF1黒岩滝15m。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七滝沢出合のF1黒岩滝15m。
6
黒岩滝の右岸テラス。備え付けの鉄製階段で登れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒岩滝の右岸テラス。備え付けの鉄製階段で登れます。
1
中央の立木のところが黒岩滝右岸テラス。
背後の崖の上に雲竜瀑方面からつづく黒岩旧道(廃道)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央の立木のところが黒岩滝右岸テラス。
背後の崖の上に雲竜瀑方面からつづく黒岩旧道(廃道)。
1
Y字峡でY脚。
これのためだけに1年間Y脚の練習をしてきました(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Y字峡でY脚。
これのためだけに1年間Y脚の練習をしてきました(笑)
9
Y字峡からのゴルジュを抜けると大崩壊地。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Y字峡からのゴルジュを抜けると大崩壊地。
3
右岸のガレ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸のガレ。
3
大鹿滝の下段8mと中段15m。
上段はここから見えません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大鹿滝の下段8mと中段15m。
上段はここから見えません。
3
下段を巻きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下段を巻きます。
1
中段、奥にちょこっと上段が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中段、奥にちょこっと上段が見えます。
4
中段を直登しようと思いましたがやめました。
逆層に土砂が乗っていて萎えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中段を直登しようと思いましたがやめました。
逆層に土砂が乗っていて萎えました。
3
滝の斜度はそれほどでもないかも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝の斜度はそれほどでもないかも。
2
中段のテラスを拡大。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中段のテラスを拡大。
1
中段の上部を拡大。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中段の上部を拡大。
2
前回は高巻きし過ぎて失敗したので今回はコンパクトに高巻きします(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回は高巻きし過ぎて失敗したので今回はコンパクトに高巻きします(笑)
3
崩壊地のガレを登って
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊地のガレを登って
4
中段の滝を高巻き中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中段の滝を高巻き中。
2
立木がいっぱい♡
前回はその先のリッジに乗り上げて支点が取れず降りられず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立木がいっぱい♡
前回はその先のリッジに乗り上げて支点が取れず降りられず。
3
高巻き成功して大鹿滝上段の上流に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高巻き成功して大鹿滝上段の上流に
1
大鹿滝上段10m・・・もしかしたら大鹿滝じゃなくてヒョングリ10m滝かも^^;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大鹿滝上段10m・・・もしかしたら大鹿滝じゃなくてヒョングリ10m滝かも^^;
4
大鹿滝中段の落ち口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大鹿滝中段の落ち口。
1
懸垂のロープは抜かず空身で上流の下見。
CS滝4m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
懸垂のロープは抜かず空身で上流の下見。
CS滝4m
2
6m滝、左に巻く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6m滝、左に巻く。
1
ロープとザックを回収して遡行を再開。
とにかく土砂が多くて汚い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープとザックを回収して遡行を再開。
とにかく土砂が多くて汚い。
2
松木渓谷を超えるグランドキャニオン状態^^;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松木渓谷を超えるグランドキャニオン状態^^;
4
振り返ると奥に見えるのはバカ尾根の黒岩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると奥に見えるのはバカ尾根の黒岩。
4
右岸出合の滝。水の色がほんのり薄茶。
もしかしたら鉱泉滝?だったような・・・
気がしましたが違っていた様です。
鉱泉滝は大鹿滝と鉄鉱泉滝(右岸出合)の間にある滝らしいけどどれだか分かりませんでしたー^^;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸出合の滝。水の色がほんのり薄茶。
もしかしたら鉱泉滝?だったような・・・
気がしましたが違っていた様です。
鉱泉滝は大鹿滝と鉄鉱泉滝(右岸出合)の間にある滝らしいけどどれだか分かりませんでしたー^^;
4
冬本番じゃなくてもデブリ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬本番じゃなくてもデブリ。
3
曲がり廊下を行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曲がり廊下を行く。
3
周りは100m級の土壁。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周りは100m級の土壁。
3
雲竜瀑右岸尾根に唯一エスケープ出来そうな斜面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲竜瀑右岸尾根に唯一エスケープ出来そうな斜面。
2
右岸出合の鉄鉱泉滝120m位
ピンボケ( ノД`)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸出合の鉄鉱泉滝120m位
ピンボケ( ノД`)
2
これもピンボケ(´;ω;`)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これもピンボケ(´;ω;`)
2
鉄鉱泉滝、下段は60m位のナメ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄鉱泉滝、下段は60m位のナメ。
3
本流も可愛いナメ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本流も可愛いナメ。
1
左岸出合の滝、氷瀑でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸出合の滝、氷瀑でした。
3
水流を行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水流を行く。
1
本沢滝(アカナ滝)右岸尾根。
もしかしたら高巻き出来るかもしれない。
※見えない裏側は100m級の断崖ですが^^;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本沢滝(アカナ滝)右岸尾根。
もしかしたら高巻き出来るかもしれない。
※見えない裏側は100m級の断崖ですが^^;
4
本沢滝右岸。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本沢滝右岸。
本沢滝(アカナ滝)40m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本沢滝(アカナ滝)40m
5
あなたに会いたかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あなたに会いたかった。
8
ハイパーv新色(茶)でました〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイパーv新色(茶)でました〜。
7
大鹿落し。
ここからが核心です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大鹿落し。
ここからが核心です。
5
地形的にガスり易い場所なので本当に幸運。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形的にガスり易い場所なので本当に幸運。
5
左の壁。
分かり難いけど壁の上が恐怖の本沢滝高巻きルート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の壁。
分かり難いけど壁の上が恐怖の本沢滝高巻きルート。
5
振り返ると奥にバカ尾根の竜巻山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると奥にバカ尾根の竜巻山。
1
中間尾根を右に行くか左に行くか運命の分かれ目。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中間尾根を右に行くか左に行くか運命の分かれ目。
3
雪の乗った右を歩く。
右奥に赤薙バットレス。
踏み跡じゃなくて落石の跡にビビる(;´Д`)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の乗った右を歩く。
右奥に赤薙バットレス。
踏み跡じゃなくて落石の跡にビビる(;´Д`)
6
右手にハンマーのピック、左手は手刀、キックステップで登る。
顔面大フレークの落石が左腕にヒットしましたが幸運にも打撲で済みました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手にハンマーのピック、左手は手刀、キックステップで登る。
顔面大フレークの落石が左腕にヒットしましたが幸運にも打撲で済みました。
4
ガレ露出の左ルートは絶え間なく落石祭り。
詳しくは動画を・・・^^;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ露出の左ルートは絶え間なく落石祭り。
詳しくは動画を・・・^^;
4
本沢滝高巻きルート。
落石をかわしながらのトラバース。
過去の記録は過去のこと。崩壊進んだ現在十中八九滑落する斜度です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本沢滝高巻きルート。
落石をかわしながらのトラバース。
過去の記録は過去のこと。崩壊進んだ現在十中八九滑落する斜度です。
6
赤薙バットレス。
昔はバットレスと大鹿落しの間に雲竜瀑上流から奥社跡を繋ぐ『トナカイルート』が存在しましたが大鹿落しの崩壊がバットレスまで進み幻のルートとなってしまったみたいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤薙バットレス。
昔はバットレスと大鹿落しの間に雲竜瀑上流から奥社跡を繋ぐ『トナカイルート』が存在しましたが大鹿落しの崩壊がバットレスまで進み幻のルートとなってしまったみたいです。
4
大鹿落し右岸、立木の大きさから大鹿落しを登るという事がどれだけ絶望的な事か分かります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大鹿落し右岸、立木の大きさから大鹿落しを登るという事がどれだけ絶望的な事か分かります。
5
リッジ歩き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リッジ歩き。
3
もう少しで大鹿落しを脱出。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しで大鹿落しを脱出。
3
土のリッジにバランス岩、こんなのが3か所程あり泣けた〜(T_T)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土のリッジにバランス岩、こんなのが3か所程あり泣けた〜(T_T)
6
リッジを抜けて樹林帯に・・・もう安全です。
内ノ外山を見下ろす。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リッジを抜けて樹林帯に・・・もう安全です。
内ノ外山を見下ろす。
4
奥社跡、ハイカーさんに撮って頂きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥社跡、ハイカーさんに撮って頂きました。
7
計画は内ノ外山経由での下山でしたが時間が押しているので霧降高原に下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
計画は内ノ外山経由での下山でしたが時間が押しているので霧降高原に下ります。
1
幸運にも霧降高原から日光行のバスにギリギリ間に合う。
お疲れ様でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幸運にも霧降高原から日光行のバスにギリギリ間に合う。
お疲れ様でした。
7

感想/記録

年内最後の個人山行でした。
女峰山のバカ尾根ルート、霧降からのルート、雲竜渓谷に囲まれたカオス地帯のアカナ沢。
今回は大鹿落しにエスケープしましたがチャンスがあれば本沢滝右岸高巻きで再挑戦したいです。



自然落石です。
訪問者数:250人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/2/18
投稿数: 233
2016/11/15 0:47
 もはや冒険家としか…
jaian37さん今回もお疲れ様でした。そしてご無事でなによりです。

人には多少なりとも好奇心はあり、自分が絶対に行けないような場所でも見てみたいという願望はあります。ありがとうございました。 しかし今回のこの遡行の模様はNHK-BSの番組として見たかった(*´∀`) それぐらい凄すぎる…
私今回拝見させて頂いて悟りました。Y字境ですら無理!(>_<)

腕、酷くないといいのですがお大事に。
登録日: 2009/5/8
投稿数: 1248
2016/11/15 5:59
 ふと気になって・・
おはようございます。

アカナ沢ですか・・
ここは4級程度と聞きます。

以前谷川のマチホド沢が厳しそうと言っていたと記憶していますが、ここはせいぜい3級上です。経験的に3級の域と4級の域は格段の差があるように思いました。
再び挑戦される際は十分にお気を付け下さい(失礼な物言いに感じたらすみません)
登録日: 2014/5/10
投稿数: 1229
2016/11/15 7:51
 いろいろとヤベー(ToT)
jaianさん、おはようございます〜

まさかのアカナ沢!?
この日は嘘みたいに天気よくて暖かかかったから、沢登りいけたかもなーって仕事しながら思ってました。
が!同じ空の下で、こんな大きなチャレンジをされていたとは……
いやはや、こりゃ大変な遡行ですね💦
群発落石も恐ろしい…恐ろしい…

ハイパーVの新色、いい色ですね(笑)
アカナモデルといったところでしょうか。
ご無事でなによりでした!
腕の打撲、お大事にしてくださいm(_ _)m
登録日: 2011/11/8
投稿数: 476
2016/11/15 17:57
 恐るべし
jaianさん、こんにちは。
最近色々とレベルアップ加速してるんじゃないですか。
沢の4級ルートですか・・・
私、4級の沢って、20代の頃、オジカ沢のソロくらいしかないし、
しかもあんなボロボロの谷を遡行していくなんて考えられません。

女峰山付近はまったく足を踏み入れたことないので、
イメージが湧きませんがすごいとこそうですね。
動画みると、シチュエーションは違いますが、まるでチリ雪崩のなかルンゼスラブに突っ込んでいくような感じです。
でもソロの場合、十分気をつけてくださいね。
登録日: 2013/1/3
投稿数: 832
2016/11/15 20:57
 Re: K-azmさん
3か月前に訪れた時とは状況が違っていて自然の脅威でした。
氷瀑シーズンは土壁も氷結して安定していますが雲竜渓谷周辺の壁は基本土ですから考えただけでも恐ろしいですね

本日腕立て伏せ42回出来ましたから腕の方は大丈夫です
登録日: 2013/1/3
投稿数: 832
2016/11/15 21:54
 Re: yoshi629さん
こんばんは、コメント&ご心配いただきありがとうございます。
私個人的な感覚だと遡行敗退しておいて書き難いのですがアカナ沢で4級は盛り過ぎだと思いました。

その理由として
1、遡行距離が短い。登山口から本沢滝上流の左俣を詰めて稜線までの距離が約8.6km
2、本沢滝まではほぼゴルジュ帯だが水が少なく泳ぎは一切無い。
3、大滝の登攀は大鹿滝(己佞)のみ
4、たまたま幸運な事に登攀が困難なCS滝が存在しなかった。
5、隣の七滝沢F3で6月中旬に雪渓を見たが8月以降雪渓は無さそう。

本沢滝の高巻きで大鹿落し〜滝左岸トラバースが困難なので含めて総合的に4級?
グレードが付けられたときは4級だったかもしれませんが本沢滝の高巻きを除くと現在は3級上もないかも知れません。
でも今回たまたま運が良かったのかも

技術も経験も足りないので来年は沢登りを増やしたいと考えています。
再挑戦のときはソロではなくパーティで遡行したいと思っていますが一緒に遡行してくれる方がいるとは思えませんが
登録日: 2013/1/3
投稿数: 832
2016/11/15 22:13
 Re: bicycleさん
泳ぎ必須の沢だったら凍死していたかも知れないけど水流チョロチョロで風の影響もなく遡行できました。
大鹿落しと本沢滝高巻きトラバースは2月と4月に上から眺める機会がありましてその時も頻繁に落石が発生していました〜
行ってしまう自分が怖い(笑)
今のハイパーv3回ほどしか履いてないのに穴が開いてしまいました。
次は茶色かなぁ
登録日: 2013/1/3
投稿数: 832
2016/11/15 22:28
 Re: nukaboshiさん
アカナ沢はオジカ沢ほど大滝の登攀とか無いです
そしてオジカ沢の稜線に突き上げるような登りも・・・ない。
・・・敗退しているので計画の標高グラフで確認しました(笑)
ソロ山行何かあったら大変なので気を付けたいと思います。
登録日: 2011/11/8
投稿数: 476
2016/11/17 17:36
 オジカ沢トライしたことあるの?
オジカの大滝(検砲世吋蹇璽彌个靴董△修両紊離船爛法爾賄喘罎ら巻きました。
その他は特に難しくなかった記憶があります。
稜線直下は突き上げるほどでもなかったような。
ヤバイのがタカノスCの稜線直下です。
あそこは地獄の草付きでした。
ここはぜひジャイさんに登ってもらってシンセン右俣と比較してもらいたいなあ〜
登録日: 2013/1/3
投稿数: 832
2016/11/19 20:18
 Re: nukaboshiさん
オジカ沢トライしたことありません
記録で確認しただけです。
タカノスCですか!?
調べなきゃいけないことが沢山です

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ