ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1008343 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

美ヶ原→霧が峰→蓼科山→荒船山の4座日帰り登山

日程 2016年11月15日(火) [日帰り]
メンバー crz4649
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間10分
休憩
1時間10分
合計
9時間20分
S美ヶ原山本小屋駐車場06:1006:50王ケ頭07:0007:30美ヶ原山本小屋駐車場08:00車山肩駐車場08:30車山山頂08:4009:00車山肩駐車場09:30蓼科山7合目登山口駐車場09:4010:20蓼科山山荘10:40蓼科山10:5011:30蓼科山7合目登山口駐車場11:4013:20荒船不動駐車場14:20トモ岩14:3015:00京塚山15:1015:30荒船不動駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
蓼科山は積雪の為、登山道は凍っている所も多く、軽アイゼンが欲しいところだった。
その他周辺情報この時期の平日のビーナスラインは、交通量はほぼ無いに等しく、快適なドライブが楽しめた。

装備

備考 持って行けばよかったもの=軽アイゼン

写真

群馬県の自宅を午前3時30分に出発し、上信越道を佐久ICで降り、山本小屋前駐車場へ6時頃着。車から降りて歩きだす。写真は美ヶ原のシンボル「美しの塔」。本来はここから王ケ頭に向けた風景が良く見えるのだろうが、ガスで全く見えない。
2016年11月15日 06:35撮影 by PENTAX Optio E80, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
群馬県の自宅を午前3時30分に出発し、上信越道を佐久ICで降り、山本小屋前駐車場へ6時頃着。車から降りて歩きだす。写真は美ヶ原のシンボル「美しの塔」。本来はここから王ケ頭に向けた風景が良く見えるのだろうが、ガスで全く見えない。
1
美ヶ原最高峰である王ケ頭へ。ガスの為展望無し。
2016年11月15日 06:59撮影 by PENTAX Optio E80, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美ヶ原最高峰である王ケ頭へ。ガスの為展望無し。
1
王ケ頭に隣接している王ケ頭ホテル。このホテルに泊まれれば贅沢だ。日本で一番100名山に近いホテルなんではないだろうか。
2016年11月15日 07:03撮影 by PENTAX Optio E80, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
王ケ頭に隣接している王ケ頭ホテル。このホテルに泊まれれば贅沢だ。日本で一番100名山に近いホテルなんではないだろうか。
1
王ケ頭から山本小屋前駐車場に戻る途中。相変わらず霧が濃いが、太陽がうっすらと出てきた。
2016年11月15日 07:26撮影 by PENTAX Optio E80, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
王ケ頭から山本小屋前駐車場に戻る途中。相変わらず霧が濃いが、太陽がうっすらと出てきた。
紅葉の時期は終わっており、交通量のほぼ無いビーナスラインを、快速で南下。車山肩に駐車。20分程度で霧が峰最高峰である車山頂上へ。下山は車山乗越から車山湿原を右手に見るコースでさっさと下山。ガスで相変わらず展望は無し。コースタイムは90分だが、40分程度で登下山した。
2016年11月15日 08:28撮影 by PENTAX Optio E80, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の時期は終わっており、交通量のほぼ無いビーナスラインを、快速で南下。車山肩に駐車。20分程度で霧が峰最高峰である車山頂上へ。下山は車山乗越から車山湿原を右手に見るコースでさっさと下山。ガスで相変わらず展望は無し。コースタイムは90分だが、40分程度で登下山した。
1
ビーナスラインから白樺湖を望む。ようやくガスが切れた。
2016年11月15日 09:16撮影 by PENTAX Optio E80, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビーナスラインから白樺湖を望む。ようやくガスが切れた。
2
7合目登山口駐車場。前2座はスニーカーで踏破したが、ここで登山靴に履き替える。車が2台駐車してあった。
2016年11月15日 09:42撮影 by PENTAX Optio E80, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7合目登山口駐車場。前2座はスニーカーで踏破したが、ここで登山靴に履き替える。車が2台駐車してあった。
1
蓼科山荘に至る急登。馬返し以降で積雪が見られ、所々凍っている箇所もあった。先行の2パーティー(2人×2)に追いつき情報交換。2パーティーともにアイゼン保有者はゼロ。
2016年11月15日 10:18撮影 by PENTAX Optio E80, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山荘に至る急登。馬返し以降で積雪が見られ、所々凍っている箇所もあった。先行の2パーティー(2人×2)に追いつき情報交換。2パーティーともにアイゼン保有者はゼロ。
蓼科山荘着。冬季のため、既に営業していない。
2016年11月15日 10:19撮影 by PENTAX Optio E80, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山荘着。冬季のため、既に営業していない。
1
蓼科山頂ヒュッテ。やはり営業終了。
2016年11月15日 10:35撮影 by PENTAX Optio E80, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山頂ヒュッテ。やはり営業終了。
1
蓼科神社奥宮。山の安全を祈願。
もと来た道を11時30分には下山し、次の目的地に向かう。
2016年11月15日 10:46撮影 by PENTAX Optio E80, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科神社奥宮。山の安全を祈願。
もと来た道を11時30分には下山し、次の目的地に向かう。
2
山頂はやや広め。大きい岩がゴツゴツしていて、ここといった休憩場所が無い。
2016年11月15日 10:51撮影 by PENTAX Optio E80, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂はやや広め。大きい岩がゴツゴツしていて、ここといった休憩場所が無い。
1
荒船不動に駐車し、13時30分、荒船山登山開始。まずはトモ岩に向かった。誤ってここから落ちてお亡くなりになっている人が多数いるが、柵等はなく、危険極まりない。ここからは浅間山がちらりと見えた。
2016年11月15日 14:25撮影 by PENTAX Optio E80, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒船不動に駐車し、13時30分、荒船山登山開始。まずはトモ岩に向かった。誤ってここから落ちてお亡くなりになっている人が多数いるが、柵等はなく、危険極まりない。ここからは浅間山がちらりと見えた。
4
荒船山最高峰の京塚山(径塚山・行塚山)。トモ岩と違って、寂しい雰囲気。
2016年11月15日 15:05撮影 by PENTAX Optio E80, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒船山最高峰の京塚山(径塚山・行塚山)。トモ岩と違って、寂しい雰囲気。
1
撮影機材:

感想/記録

平日休みを利用した登山&ドライブ。山は全て初級者コースだが、4座も行けば、合計距離や獲得標高はそれなりのものとなった(歩行距離約20km、獲得標高1,260m)。
案の定蓼科山は積雪しており、アイゼン無しの登山は、この時期が限界のようである。
紅葉シーズンも終了しており、交通量のほとんど無いビーナスラインのドライブは快適。
荒船山から帰りも、上信越道下仁田ICまでの道のりは楽。ガスが晴れず、展望は無かったものの、首都圏から日帰りで手軽に踏破できる100名山&200名山の旅となった。
訪問者数:386人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ