ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1010885 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

御池岳

日程 2016年11月20日(日) [日帰り]
メンバー anappleaday
天候曇り一時雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
コグルミ谷登山口付近の路肩に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間7分
休憩
21分
合計
3時間28分
Sコグルミ谷登山口10:2010:32コグルミ谷・タテ谷分岐10:3310:40長命水10:4411:05天ケ平(カタクリ峠)11:0611:31御池岳・鈴北岳分岐11:53御池岳12:0112:30日本庭園12:3212:43鈴北岳12:4613:20鞍掛峠13:30鞍掛トンネル東登山口13:3213:48コグルミ谷登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

装備

個人装備 ぶらさげリラックマ

写真

コグルミ谷登山口から歩き始めます。
2016年11月20日 10:20撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コグルミ谷登山口から歩き始めます。
1
斜面を黄色く染めるのは、サワグルミでしょうか?
2016年11月20日 10:25撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面を黄色く染めるのは、サワグルミでしょうか?
伏流する沢の右手の斜面を登っていきます。
2016年11月20日 10:31撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伏流する沢の右手の斜面を登っていきます。
1
タテ谷道を見送り、苔むしたカレンフェルトと黄葉の道を進みます。シマリスはいずこ?
2016年11月20日 10:38撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タテ谷道を見送り、苔むしたカレンフェルトと黄葉の道を進みます。シマリスはいずこ?
こんこんと湧き出る長命水に達します。
2016年11月20日 10:50撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんこんと湧き出る長命水に達します。
1
この先は急斜面を高巻きます。五合目を通過し、ジグザグを切りながら登り切ると、
2016年11月20日 10:54撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先は急斜面を高巻きます。五合目を通過し、ジグザグを切りながら登り切ると、
六合目の天ヶ平(カタクリ峠)で県境尾根の上に出ます。
2016年11月20日 11:08撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六合目の天ヶ平(カタクリ峠)で県境尾根の上に出ます。
県境尾根を進み、七合目に差し掛かります。
2016年11月20日 11:17撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境尾根を進み、七合目に差し掛かります。
真ノ谷に下って八合目。この辺りから、ぽつりぽつりと雨が降り始めます。
2016年11月20日 11:28撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ノ谷に下って八合目。この辺りから、ぽつりぽつりと雨が降り始めます。
鈴北岳に向かう道を見送り左手に進みます。雨が本降りになってきました。
2016年11月20日 11:31撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴北岳に向かう道を見送り左手に進みます。雨が本降りになってきました。
雨のせいで足下は泥濘の道となり、滑りやすいことこの上なし。
2016年11月20日 11:39撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨のせいで足下は泥濘の道となり、滑りやすいことこの上なし。
滑らないように気を払いながら黙々と進んで、御池岳最高点の丸山の頂上に到着しますが、雨が降り続き落ち着いていられないので、足早に頂上を後にします。
2016年11月20日 12:00撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑らないように気を払いながら黙々と進んで、御池岳最高点の丸山の頂上に到着しますが、雨が降り続き落ち着いていられないので、足早に頂上を後にします。
1
泥濘の道を辿って、真ノ谷へと下ります。
2016年11月20日 12:16撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
泥濘の道を辿って、真ノ谷へと下ります。
静かに水を湛える真ノ池。点在するドリーネを横目に見ながら進むと、
2016年11月20日 12:25撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静かに水を湛える真ノ池。点在するドリーネを横目に見ながら進むと、
苔が敷き詰められた日本庭園に差し掛かります。見通しは利きませんが、ガスにけぶる石灰岩台地というのも風情があります。
2016年11月20日 12:34撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔が敷き詰められた日本庭園に差し掛かります。見通しは利きませんが、ガスにけぶる石灰岩台地というのも風情があります。
1
元池には立ち寄らずに、にょきにょきと生えたカレンフェルトの合間を通り抜けながら緩やかに登って、
2016年11月20日 12:40撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元池には立ち寄らずに、にょきにょきと生えたカレンフェルトの合間を通り抜けながら緩やかに登って、
3
鈴北岳に達します。いつの間にか雨は降り止んだ様子ですが、相変わらず視界もないので、先に進みます。
2016年11月20日 12:46撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴北岳に達します。いつの間にか雨は降り止んだ様子ですが、相変わらず視界もないので、先に進みます。
泥濘状で滑りやすい急坂を何とかやり過ごし、1056mピークを通過。
2016年11月20日 12:59撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
泥濘状で滑りやすい急坂を何とかやり過ごし、1056mピークを通過。
1
灌木の中を下って、
2016年11月20日 13:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
灌木の中を下って、
1
祠が祀られた鞍掛峠に達します。右手に折れ、
2016年11月20日 13:21撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠が祀られた鞍掛峠に達します。右手に折れ、
ザレた山腹の道を下ると、黄葉がぽつりぽつりと現れます。
2016年11月20日 13:23撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレた山腹の道を下ると、黄葉がぽつりぽつりと現れます。
1
橙色から赤色へと変化するカエデを仰ぎ見て、
2016年11月20日 13:31撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橙色から赤色へと変化するカエデを仰ぎ見て、
鞍掛トンネル東口に降り立ちます。坑口はバリケードで封鎖され、この先滋賀県側には通り抜けできません。
2016年11月20日 13:34撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍掛トンネル東口に降り立ちます。坑口はバリケードで封鎖され、この先滋賀県側には通り抜けできません。
1
色づく木々を眺めながら、国道306号を歩いてコグルミ谷登山口に戻ります。
2016年11月20日 13:41撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色づく木々を眺めながら、国道306号を歩いてコグルミ谷登山口に戻ります。
1
撮影機材:

感想/記録

シマリス目当てに訪れた御池岳。コグルミ谷で「いぢめるいぢめない」をして遊ぶという妄想に耽りながら歩き始めたものの、一向にリスを見かけることはなく、そればかりか稜線上では予想外の雨にたたられ泥濘の道に難儀することになり、リスどころではありませんでした。お天気のときに再訪したいものです。
訪問者数:262人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ