ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1011607 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

山伏・大谷嶺・八紘嶺・十枚山(日没との闘い。山梨100残すは鋸だけ!)

日程 2016年11月20日(日) [日帰り]
メンバー yama-ari(CL), reg(食事)
天候■山伏 04:31 晴れ 2℃ 無風
■大谷嶺 06:02 晴れ 2℃ 無風
■八紘嶺 07:53 晴れ 15℃ 無風
■十枚山 13:59 晴れ 15℃ 風速2〜3m(体感)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
十枚山登山口の下にある駐車場に一台をデポして、もう一台で百畳平に向かいました(ちなみに県民の森周辺の林道は12月から冬期閉鎖です)。前日仕込みで早朝出発に対応しました。百畳平には簡易トイレがあります。水場はありません。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間3分
休憩
2時間13分
合計
11時間16分
S百畳峠04:0304:07百畳平04:0804:14山伏小屋04:23西日影沢分岐04:31山伏04:3205:17大平沢ノ頭05:31新窪乗越05:3306:02大谷嶺06:4406:57アザミ次郎の頭06:5807:11五色の頭07:53八紘嶺08:0508:17八紘沢の頭08:49富士見台08:5009:16八紘嶺登山口(安倍峠)09:1709:52バラの段10:1910:50ワサビ沢の頭10:5111:08大笹ノ頭11:1011:34奥大光山11:5212:14大光山12:2512:46刈安峠12:4713:59十枚山14:0814:49直登分岐14:5015:01十枚山登山口15:16十枚山駐車スペース15:1815:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
○全体として標識多数で危険個所はありません。ガレや細尾根も、ロープなどで整備されています。
○安倍峠〜ワサビ沢の頭の区間は、アップダウンが激しく、地図で見る以上に疲れます。
○このエリアはクマが多数生息しているので、熊鈴必携です。
その他周辺情報コンヤ温泉 大野木荘
http://o-nogi.jp/
大人540円。とてもいい温泉でした!

装備

個人装備 ツエルト(2人用) 救急セット ヘッドライトPETZL ZIPKA PLUS2 非常用防寒シート 手袋・フェイスマスク(1) レインウェアTHE NORTH FACEマウンテンレインテックス(1) ガスカートリッジPRIMUS IP-110(1) バーナーPRIMUS P-153(1) イグニッションスチール(1) カートリッジホルダーPRIMUS P-CH(1) コッヘルセットsnow peak(1) 手拭・ハンカチ・ティッシュ(1) 地図・コンパス(1) 高度計・時計Suunto Core Glacier Gray(1) GPS GARMIN etrex20(1) カメラOLINPUS TOUGH TG-1(1) 無線機STANDARD VX3(1) 携帯食 水2.0L

写真

前日に車で到着。山梨100名山99座目の十枚山を目指して、百畳平から出発します。日没が早いので、4時出発(泣)。CTも2時間巻きが目標です。
2016年11月20日 04:02撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日に車で到着。山梨100名山99座目の十枚山を目指して、百畳平から出発します。日没が早いので、4時出発(泣)。CTも2時間巻きが目標です。
2
30分で山伏に到着。月明かりで富士山や南アが見えましたが、カメラの性能が悪く、写っていませんでした。
2016年11月20日 04:31撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分で山伏に到着。月明かりで富士山や南アが見えましたが、カメラの性能が悪く、写っていませんでした。
2
ということで、山伏の景色はこちらをどうぞ(2015年2月撮影)。
2015年02月11日 12:58撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ということで、山伏の景色はこちらをどうぞ(2015年2月撮影)。
3
大谷嶺(行田山)の手前で、東の空が明るくなってきました。
2016年11月20日 05:36撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷嶺(行田山)の手前で、東の空が明るくなってきました。
2
大谷嶺(行田山)に到着。夜明けを待ちます。
2016年11月20日 06:02撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷嶺(行田山)に到着。夜明けを待ちます。
2
待っている間に、regさんのヤマ飯。十枚そば。蕎麦シリーズでは、最高の出来栄えでした(笑)。
2016年11月20日 06:22撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
待っている間に、regさんのヤマ飯。十枚そば。蕎麦シリーズでは、最高の出来栄えでした(笑)。
8
ヤマ飯完成と同時に、御来光! 左は富士山ですが、木々が邪魔しているのがおしい。
2016年11月20日 06:24撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマ飯完成と同時に、御来光! 左は富士山ですが、木々が邪魔しているのがおしい。
4
赤石岳が赤く染まっていきます。大谷嶺山頂より。
2016年11月20日 06:26撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石岳が赤く染まっていきます。大谷嶺山頂より。
5
悪沢岳(左)と布引山・笊ヶ岳(右)。
2016年11月20日 06:26撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪沢岳(左)と布引山・笊ヶ岳(右)。
4
上河内岳(左)と頭だけの聖岳(右)。真ん中手前は、青笹山。
2016年11月20日 06:26撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上河内岳(左)と頭だけの聖岳(右)。真ん中手前は、青笹山。
4
駿河湾と大無間山の山々(と思われる)。
2016年11月20日 06:27撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駿河湾と大無間山の山々(と思われる)。
1
山伏(右)もオレンジに染まります。
2016年11月20日 06:27撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山伏(右)もオレンジに染まります。
3
日が登ってきて、歩きやすくなりました。
2016年11月20日 06:51撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が登ってきて、歩きやすくなりました。
1
十枚山(中央の尖がり)も見えてきました。あの尾根を縦走します。奥には伊豆半島(左奥)
2016年11月20日 07:22撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十枚山(中央の尖がり)も見えてきました。あの尾根を縦走します。奥には伊豆半島(左奥)
3
北岳(右)と農鳥岳(左)。南ア北部も快晴ですね〜〜
2016年11月20日 07:31撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳(右)と農鳥岳(左)。南ア北部も快晴ですね〜〜
5
八紘嶺手前のやせ尾根巻道。
2016年11月20日 07:33撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八紘嶺手前のやせ尾根巻道。
1
八紘嶺到着。もうすこし伐採してもらえれば、富士山も見えていい場所なんですが。前回は、ここから七面山を目指しました。
2016年11月20日 07:54撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八紘嶺到着。もうすこし伐採してもらえれば、富士山も見えていい場所なんですが。前回は、ここから七面山を目指しました。
3
八紘嶺を下っていきます。安倍奥が一望できていい場所です。正面は八紘沢の頭。
2016年11月20日 08:09撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八紘嶺を下っていきます。安倍奥が一望できていい場所です。正面は八紘沢の頭。
3
横を見ると、大谷嶺(右)と間から山伏。
2016年11月20日 08:09撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横を見ると、大谷嶺(右)と間から山伏。
2
富士見台からの富士山。やっと秀麗が綺麗に見えました。
2016年11月20日 08:49撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見台からの富士山。やっと秀麗が綺麗に見えました。
8
コケもえ〜。安倍峠に向かう途中にて。
2016年11月20日 08:56撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケもえ〜。安倍峠に向かう途中にて。
3
安倍峠駐車場。たくさんの登山者が出発準備をしてました。降りてきた私たちを不思議そうに見ていました。
2016年11月20日 09:20撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安倍峠駐車場。たくさんの登山者が出発準備をしてました。降りてきた私たちを不思議そうに見ていました。
1
安倍峠駐車場から林道を進むと、この看板。ここを下ると旧安倍峠。
2016年11月20日 09:27撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安倍峠駐車場から林道を進むと、この看板。ここを下ると旧安倍峠。
2
安倍峠からバラの段までは、これでもかというほどの急登。鬼頬レベルではありませんが。
2016年11月20日 09:46撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安倍峠からバラの段までは、これでもかというほどの急登。鬼頬レベルではありませんが。
3
加えて、安倍峠〜バラの段〜ワサビ沢の頭は、やせ尾根のアップダウン。危険というほどではありませんが。
2016年11月20日 09:53撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
加えて、安倍峠〜バラの段〜ワサビ沢の頭は、やせ尾根のアップダウン。危険というほどではありませんが。
3
バラの段手前で、素敵なフレーム発見。木がなんとなくハート形!?
2016年11月20日 09:55撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バラの段手前で、素敵なフレーム発見。木がなんとなくハート形!?
16
バラの段に到着。絶景のとてもいい場所です。
2016年11月20日 09:57撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バラの段に到着。絶景のとてもいい場所です。
1
絶景ポイントでランチをされていた方がいっらしゃいました。写ってくださいとお願いしたのですが・・・物だけならと許可をいただきました。
2016年11月20日 09:56撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶景ポイントでランチをされていた方がいっらしゃいました。写ってくださいとお願いしたのですが・・・物だけならと許可をいただきました。
1
富士山をみながら、稜線をすすみます。
2016年11月20日 10:26撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山をみながら、稜線をすすみます。
3
崩落地がいたるところにあります。この山域は多いですね。
2016年11月20日 10:41撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落地がいたるところにあります。この山域は多いですね。
1
崩落地からみた甲府盆地。ホイップクリームに沈んでいますね(笑)。
2016年11月20日 10:41撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落地からみた甲府盆地。ホイップクリームに沈んでいますね(笑)。
6
ワサビ沢の頭に到着。展望なし。
2016年11月20日 10:43撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワサビ沢の頭に到着。展望なし。
1
ワサビ沢の頭〜大笹の頭には、檜の大木がありました。
2016年11月20日 10:58撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワサビ沢の頭〜大笹の頭には、檜の大木がありました。
1
富士山の下に厚い雲が出てきました。大笹の頭の手前にて。
2016年11月20日 11:00撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山の下に厚い雲が出てきました。大笹の頭の手前にて。
3
大笹の頭、奥大光山とも、展望なし。いずれも通過点といった感じです。
2016年11月20日 11:34撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大笹の頭、奥大光山とも、展望なし。いずれも通過点といった感じです。
2
この稜線には、いたるところにヌタ場がありました。獣が多いのが分かります。
2016年11月20日 12:06撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この稜線には、いたるところにヌタ場がありました。獣が多いのが分かります。
1
大光山(おおぴっかりやま)山頂。ここも展望なし。期待していましたが、すこし残念。
2016年11月20日 12:14撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大光山(おおぴっかりやま)山頂。ここも展望なし。期待していましたが、すこし残念。
3
大光山先の分岐を少しだけ草木方面に進むと、南アを一望できる絶景ポイントがあります。左の山伏から大谷嶺、八紘嶺。右の雲がかかっているのは七面山南の希望峰あたりです。
2016年11月20日 12:22撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大光山先の分岐を少しだけ草木方面に進むと、南アを一望できる絶景ポイントがあります。左の山伏から大谷嶺、八紘嶺。右の雲がかかっているのは七面山南の希望峰あたりです。
2
分岐点を刈安峠方面へ。正面の十枚山には、雲がかかってきました。なんとか天気がもってほしい。
2016年11月20日 12:20撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐点を刈安峠方面へ。正面の十枚山には、雲がかかってきました。なんとか天気がもってほしい。
1
最初は気持ちいい下りですが、このあと刈安峠までは、鬼頬レベルの急坂になります。
2016年11月20日 12:25撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は気持ちいい下りですが、このあと刈安峠までは、鬼頬レベルの急坂になります。
1
刈安峠。昔を思わせる石仏がありました。今も使えて、南部から登山できれば、随分、安倍奥が近くなるんですが。
2016年11月20日 12:47撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刈安峠。昔を思わせる石仏がありました。今も使えて、南部から登山できれば、随分、安倍奥が近くなるんですが。
2
十枚山が完全にガスに包まれてきました(>_<)
2016年11月20日 12:49撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十枚山が完全にガスに包まれてきました(>_<)
1
目標の2時間巻で十枚山に到着!! 遠かった〜〜〜。これで山梨100名山99座目。り〜〜〜〜ち!
2016年11月20日 14:00撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目標の2時間巻で十枚山に到着!! 遠かった〜〜〜。これで山梨100名山99座目。り〜〜〜〜ち!
12
今回の縦走を締めくくるには、とてもいい場所です。regさん感慨にふける。下界が確認できる程度に、ガスがとれましたヽ(^。^)ノ
2016年11月20日 14:01撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の縦走を締めくくるには、とてもいい場所です。regさん感慨にふける。下界が確認できる程度に、ガスがとれましたヽ(^。^)ノ
1
山梨方面には、篠井山と左端に富士山。ここから1100m下山します。
2016年11月20日 14:04撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山梨方面には、篠井山と左端に富士山。ここから1100m下山します。
2
下界に降りると、紅葉真っ盛り。
2016年11月20日 14:43撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界に降りると、紅葉真っ盛り。
5
静岡方面からの十枚峠経由ルートは、現在通行できません。直登コースだけ通行可です。
2016年11月20日 14:49撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静岡方面からの十枚峠経由ルートは、現在通行できません。直登コースだけ通行可です。
1
日没前に駐車場に到着。安倍奥、楽しめました。
2016年11月20日 15:19撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日没前に駐車場に到着。安倍奥、楽しめました。
3

感想/記録

■日没との闘い。山梨100残すは鋸だけ!
 山梨100名山99座目の十枚山は、2年前から、この縦走でやっつけることは決まっていました。けれど、見ての通りの超ロングコース。しかも安倍奥は夏場だとヒルがいる。やるなら、GW前か11月以降しかありません。
 11月になっての週末好天スパイラルのおかげで、来年と思っていたこのプランを実施する機会がやってきました。今回は、hirokさんレコの逆バージョン、2台の車を駆使したちょい楽プランでいくことにしました。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-452789.html
 それでも、問題は日没。4時に百畳平を出発したとしても、標準CTだと下山が18時になってしまいます。暗い中、十枚の急坂下りはしたくないので、十枚山で2時間の貯金を目標に、頑張りました。
 結果、目標としていた2時間巻を十枚で達成。ガスも少しとれて、辛うじて眺望もきく山梨100名山99座目となりました。山梨100名山も、残すは鋸だけ(上手い!)。終わってほしくない気持ちと、早く終わらせたい気持ち。雪降っていますが、来週に終わらせちゃいますか(冗談です)。

感想/記録
by reg

前々から考えていた「まぐろ十枚」の出番がやってきました。
あわせるのは、あたたかいそばです。
また、このあたりはワサビの産地ですので、
なんとかワサビを使いたいと思っていました。
前日の車仕込みの時に、道路沿いで見つけた「山下商店」で、
おばちゃん自家製の「わさびのり」を購入し、
スーパーのワサビを使う予定からちょっとグレードアップしました。
「山下商店」は梅ケ島方面に車を走らせていると、
道路沿い右側にあるお店です。わさびのり、おいしいですよ。

十枚山そば 男2人分
<材料>
東洋水産の「天ぷらそば」 3食分(揚げ玉ははずす)
青ねぎ たくさん
まぐろの刺身 20枚
わさびのり 適量
みりん、酒、しょうゆ


<前日準備>
1 みりん、酒、しょうゆを適当に合わせて沸騰させる
2 まぐろにたれをぬって、ジップロック
3 山下商店でわさびのりを買う

<山で>
1 そばをゆでてトッピングする
訪問者数:249人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/7/13
投稿数: 2053
2016/11/21 18:59
 十枚山行って無かったずらか
yama-ariさん
regさん   コンばんはpaper

くそーまたこの場所でクマと遭遇しなかったか!悔しー
襲って貰いたかったのに非常に残念
なんか、レコが過去写真掲載などコメントが… 
オッサンのパクリ?影響か? 自身のレコ見ているかのヨーダ
yama-ariさんって背が高いずらか?regさんが小さいのか身長差あるような?
最近阪神の帽子ねーからワカランの〜
あと、鋸だけ(これもオッサンの影響か)の様なので
是非極寒時の山行を楽しみにしているずらhappy01
そういえば、オッサンがいた時雨乞にいましたね〜
登録日: 2011/8/26
投稿数: 1991
2016/11/21 21:40
 リーチ
yama-ariさん、regさん、こんばんは

ついに来ましたね、99座目。
しかも日の短い季節に欲張り縦走コース。
この季節に4時スタートは、すごい気迫を感じます。

このルート、ちょっと地味な感じがしますが、
縦走するとなかなか楽しめるルートですよね。
崩壊地があって、富士山や南アもちょくちょく見れますし。
安倍奥の魅力を知った懐かしのルートです。
安倍峠までの道がずっと通行止めなので、アクセスが遠いですが。

来年?いよいよ鋸岳ですね。
やはり最後はビック4でフィナーレを迎えたくなりますね。
どのルートで登るのか、今から楽しみです。
登録日: 2011/5/5
投稿数: 1759
2016/11/21 22:47
 先に通過!
yama-ariさん、regさん、こんばんは!
富士見山以来の遭遇?かと思いましたが何と大分前に通過していたんですね
この日は雲ひとつないピーカンで富士山もバッチリでしたね!
それにしても長い距離歩かれましたね
お疲れ様でした。
登録日: 2012/12/5
投稿数: 525
2016/11/22 12:38
 Re: 十枚山行って無かったずらか
Kazuhagiさん。コメントありがとうございます。
クマ、楽しみにしていたんですけどね。
「森のクマさん」歌っていても、出てきてくれませんでした。
クマの糞はたくさんあったんですけど。

過去写真も冴えないギャグも、Kazuhagiさん譲りです。
影響受けちゃいますね〜〜〜感謝しています(笑)

極寒の鋸岳、検討してみます。捜索時には是非ご協力ください<m(__)m>
登録日: 2012/12/5
投稿数: 525
2016/11/22 12:42
 Re: リーチ
hirokさん。コメントありがとうございます。
今回も hirokさんのレコ、参考にさせてもらいました。
いろいろ山レコで調べていると、いい山行が
あって、「やった〜!」と思って名前を見ると大抵はhirokさん。
完全な真似はできませんが、いつも、レコを活用させてもらっています。
ありがとうございます。

それにしても、今回の逆コース(しかも山伏からの下りあり)を
よく、踏破したものだと、つくづく、regさんと感心しましたよ。
ご指摘の通り、楽しい山行でしたが、むしろ行きかえりと、
車の仕込みの方が疲れちゃいました(>_<)

残りの鋸岳。単純に釜無川からピストンしたいregさんと、
ハードなコースを提案する私とで、現在もめています(笑)。
regさんに負けて、単純コースになっても怒らないでくださいね。
登録日: 2012/12/5
投稿数: 525
2016/11/22 12:44
 Re: 先に通過!
daishohさん。コメントありがとうございます。
ニアミスだったんですね〜〜。残念です。
静岡にいったときには、いつも、daishohさんのことが頭をよぎります。
今回ももしかしてと思いながらの山行でしたが、まさか山伏・大谷嶺に
いらっしゃたとは・・・ 逆コースならお会いできたかもしれませんね。
また、どこかでお会いできるのを楽しみにしています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ