ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 645000 全員に公開 ハイキング近畿

賤ヶ岳、八幡山〜ヒッキー、いざ聖地へ…滋賀のヤマノススメ

日程 2015年11月29日(日) [日帰り]
メンバー edus4100noriko0724
天候11月29日の天気:曇り時々晴れ

【賤ヶ岳の天気】http://www.mapion.co.jp/weather/spot/L25203020000000000001/
【八幡山の天気】http://www.mapion.co.jp/weather/spot/L25203010100000000007/
【日本気象協会】http://tenki.jp
アクセス
利用交通機関
電車
■経路📆
【行き】
名古屋(7:36)=JR新幹線ひかり495号・広島行🚄=米原(7:59)(8:09)=JR北陸本線特急しらさぎ51号・金沢行🚃=長浜(8:16)=JR北陸本線近江塩津行🚃=余呉(8:40)…🚶…木ノ本(14:14)=JR北陸本線新快速・姫路行🚃=近江八幡(15:09)

【帰り】
近江八幡(19:06)=JR琵琶湖線新快速・長浜行🚃=米原(19:25)(19:34)=JR東海道本線新快速・豊橋行🚃=名古屋(20:41)

▼交通機関👛
┣JR 名古屋→余呉 ¥1940+¥1730
┣JR 余呉→近江八幡 ¥970
┣JR 近江八幡→名古屋 ¥1750(チケットショップ利用)
┗JR 名古屋→金山 ¥170

■参考サイト🔍
▼鉄道🚃
【JR CYBER STATION】http://www.jr.cyberstation.ne.jp/
【JRおでかけネット】https://www.jr-odekake.net/ ※ICカードが使えません。
▼バス🚌
山本山
【長浜市コミュニティバス】http://www.city.nagahama.shiga.jp/index.cfm/9,33706,90,518,html
【長浜市コミュニティバスびわこ線】http://www.city.nagahama.shiga.jp/index.cfm/9,33706,c,html/33706/20150320-175301.pdf ※JR河毛駅から長浜市コミュニティバスで“山本山登山口”下車。
近江八幡
【近江鉄道バス・湖国バス】http://www.ohmitetudo.co.jp/bus/
【長命寺行】http://time.khobho.co.jp/ohmi_bus/tim_dsp.asp?projCd=2&eigCd=5&teicd=8020&KaiKbn=NOW&pole=6 ※近江八幡駅北口から6番、長命寺もしくは長命寺経由国民休暇村行で大杉町八幡山ロープウェイ口下車
▼ロープウェイ・リフト
【賤ヶ岳リフト/近江鉄道】http://www.ohmitetudo.co.jp/shizugatake/
【八幡山ロープウェー/近江鉄道】http://www.ohmitetudo.co.jp/hachimanyama/
【紅葉ライトアップ『LOVEイルミネーション』夜間特別営業/八幡山ロープウェー】http://www.ohmitetudo.co.jp/hachimanyama/news/kouyou2015/index.html ※期間 2015年11月14日(土)〜11月29日(日) 9:00〜20:30 八幡ドルの夜景が見れます(笑)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間21分
休憩
46分
合計
9時間7分
Sスタート地点08:4509:22大岩山10:09賤ヶ岳10:5517:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■道の状況👣
▼余呉駅から周回
余呉駅から岩崎山登山口から岩崎山、大岩山を経て賤ヶ岳へ。下山は、飯浦切通しから国民宿舎へ向けて降り、余呉湖の湖畔を歩いて余呉駅へ。CT3時間。今回は、ヤマノススメルートでリフト(の下を歩いて)から木ノ本方面へ下山。
▼山本山から縦走
河毛駅下車。バスもしくは徒歩で移動。山本山登山口から朝日神社の石段を登り、極楽寺の脇を通っていきます。基本尾根筋になので道迷いはありません。さくさくすすめるコース。アップダウンも数なく危険箇所はないですが山本山から賤ヶ岳はロングコースです。ヒルはいません。地元の人は地形的にいないとのことです。
▼八幡山(近江八幡市)
危険箇所なし。登山口は八幡神社の横のたねや付近に小さく看板があり。片道20〜30分。山頂にはレストハウスやトイレあり。

■地形図🗾
【竹生島】http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?b=352630&l=1361222
【木之本】http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?b=353022&l=1361135

■登山ポスト📮
ないです。ですが…必要な人は出すといいと思います。
【登山届/滋賀県警察本部】 https://s-kantan.com/pref-shiga-u/profile/userLogin_initDisplay.action?nextURL=CqTLFdO4voYlCt4TF0KUrTQ9f2VYJzSnhE2Jm0OX6YkRbXbMo%2FfQrMZaj0QeB12jaSxI26Fva8fj%0D%0Al7fQcrqDs4EXzqYf08jEEeYa1t%2B3gak%3DkWR2Y8m1lRk%3D%0D%0A

■トイレ🚻
賤ヶ岳山頂にあります。他余呉湖周辺に3ヶ所(未確認)。
その他周辺情報■関係ウェブサイト💻
【賤ヶ岳/Wikipedia】http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%A4%E3%83%B6%E5%B2%B3
【賤ヶ岳リフト/近江鉄道】http://www.ohmitetudo.co.jp/shizugatake/
【八幡山ロープウェー/近江鉄道】http://www.ohmitetudo.co.jp/hachimanyama/
【伊吹山/滋賀県観光情報】http://www.biwako-visitors.jp/search/spot_all_3775.html
【ウォッちず】http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?b=352504&l=1362423
【ドライブウェイ沿道の史跡マップ】http://www.ds-j.com/nature/ibuki/Information/shisekimap/shisekimap-dw.html
【登山道の史跡マップ】http://www.ds-j.com/nature/ibuki/Information/shisekimap/shisekimap1.html
【伊吹山ネイチャーネットワーク】http://www.ds-j.com/nature/ibuki/
【伊吹山もりびとの会】http://mt-ibuki.jp/
【日本自然保護協会】 https://www.nacsj.or.jp/
【日本のレッドデータ検索システム/環境省】 http://www.jpnrdb.com/

■小屋などの営業状況🏠
【ウッディパル余呉】http://woodypal.jp/

■前泊の宿泊情報など🏨
▼米原
【ホテル東横INN米原駅新幹線西口】https://www.toyoko-inn.com/hotel/00250/index.html 米原駅のまん前。
▼彦根
【ひこねステーションホテル】http://hikone-sth.com/ ヤマノススメであおいとあおいパパ、ママが泊まっていました→和室。
【ホテルルートイン彦根】http://www.route-inn.co.jp/search/hotel/index_hotel_id_570
【アパホテル彦根南】http://www.apahotel.com/hotel/kansai/01_hikone-minami/
【ホテルサンルート彦根】http://www.sunroute.jp/HotelInfo/kinki/hikone/
▼野洲
【近江富士花緑公園】http://www.ohmitetudo.co.jp/karyoku/index.html

■観光案内📷
【北国街道木之本宿/滋賀県長浜市】http://www.sushikei.com/kinomoto/kaido/kaido.htm
【北国街道きのもと宿まつり〜秋の陣〜】http://kitabiwako.jp/event/event_20013/? 10月24日〜11月29日 11月29日七本槍祭り
【SL北びわこ号】http://kitabiwako.jp/event/event_14986/
【長浜・米原・奥びわ湖を楽しむ観光情報サイト】http://kitabiwako.jp/
【近江八幡観光物産協会】http://www.omi8.com/

■温泉♨
【北近江温泉/北近江リゾート】http://kitaoumi.com/
【須賀谷温泉】http://www.sugatani.co.jp/ ¥1000,10:00ー21:00, 長浜市浅井町須賀谷36, 長浜I・Cから車で20分
【尾上温泉/旅館紅鮎】http://www.beniayu.com/ ¥735, 13:00-20:00, 長浜市湖北町尾上312, 長浜I・Cから車で20分
【長浜太閤温泉/豊公荘】http://www.houkousou.com/onsen_lunch 12:00-18:00, ¥600, 長浜市公園町10ー1, JR北陸本線長浜駅から徒歩5分 その他日帰り入浴ができるとこあり。
【ジョイいぶき/公益財団法人 伊吹山麓スポーツ文化振興事業団】http://joyibuki.info/ibuki.php ¥600 12:30ー19:30 月曜休 無料休憩室有 ※薬草風呂がおすすめ。温泉ではないです。→あおいたちは下山後にここで入浴。
【グリーンパーク山東】http://greenpark-santo.com/ 13:00ー22:00 ※温泉ではないです。
【養老温泉ゆせんの里】http://www.natural-co.com/ 10:00ー22:00 第4木曜休
【池田温泉】http://ikedaonsen.jp/ ¥500 10:00-22:00 月曜休

■食事🍴
▼木ノ本〜長浜
【つるやパン】http://tabelog.com/shiga/A2504/A250403/25000813/ 【サラダパン】https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%80%E3%83%91%E3%83%B3
【翼果楼】http://www.jalan.net/gourmet/grm_alikejpA000108217/ 鯖そうめん
彦根〜近江八幡
【ラーメン にっこう】https://www.facebook.com/la.men.nico 湖国ブラックラーメン
【古株牧場】http://tabelog.com/shiga/A2503/A250301/25001345/ ジェラート
【池田牧場】http://www.ikeboku.com/tempo/annai.html ジェラート
【CLUB HARIE】http://www.clubharie.jp/shop/himure/index.html バームクーヘン
▼米原〜伊吹
【道の駅伊吹の里】http://www.kkr.mlit.go.jp/road/michi_no_eki/contents/eki/s13_ibukinosato/
▼養老
【やきにく藤太/藤太精肉本店】http://www.hidagyu-tohta.com/ おいしくて安い!
ですが人気の店でめっちゃ混みます。
【養老焼肉街道を往く/大垣地域ポータルサイト西美濃】http://www.nisimino.com/nisimino/tokusyu/yakinikukaido/
▼その他
【とりやさいみそ/びわこ食堂】http://www.biwa-oumi.com/torimiso/ とりやさいみそといえば金沢の“まつや”が有名ですが、近江湖北の定番味噌鍋「とりやさいみそ」は金沢の“まつや”なんかより数倍おいしい調味味噌。大量に買ってきてもすぐになくなってしまいます。鍋だけでなく、豚バラ炒めやちゃんちゃん焼き風にしてもおいしい♪
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

備考 ■建築マップ 見所
木ノ本
【江北図書館】http://shigamania2.shiga-saku.net/e390856.html
【木之本町きのもと交遊館】http://koyukankinomoto.shiga-saku.net/
草津
【琵琶湖博物館】http://www.lbm.go.jp/ 開館時間: 9:30-17:00 (最終16:30), 月曜休館, 滋賀県草津市下物町1091

写真

【しろ, ヤマノススメ 9巻, アース・スターエンターテイメント, 2015.7】
※帰ってから写真がぜんぶ消えたので、こちらでお楽しみください。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【しろ, ヤマノススメ 9巻, アース・スターエンターテイメント, 2015.7】
※帰ってから写真がぜんぶ消えたので、こちらでお楽しみください。
このとおりです。長浜まではいいですが、大垣〜米原の比ではないです。なんにもない。人がいない。電車は1時間に1本。降りる人もいない…。木ノ本の駅はけっこう大きくて、歩いて10分ほどにコンビニ🏪もあり、けっこう賑やかなんですが、余呉はなんにもないです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このとおりです。長浜まではいいですが、大垣〜米原の比ではないです。なんにもない。人がいない。電車は1時間に1本。降りる人もいない…。木ノ本の駅はけっこう大きくて、歩いて10分ほどにコンビニ🏪もあり、けっこう賑やかなんですが、余呉はなんにもないです。
人すらいませんでした…ボソッ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人すらいませんでした…ボソッ
駅の前にあるのは駐車場だけ。一応自販機はあり。駅舎はあります。駅舎にはドアもあり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅の前にあるのは駐車場だけ。一応自販機はあり。駅舎はあります。駅舎にはドアもあり。
はい。なんにもないです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はい。なんにもないです。
最初は、夏場は虫が多そうな道のりだけど、途中からいい感じの登山道になります。これで、岩場が有れば、萌え。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は、夏場は虫が多そうな道のりだけど、途中からいい感じの登山道になります。これで、岩場が有れば、萌え。
こういうのは気がつかんかった…ボソッ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういうのは気がつかんかった…ボソッ
城跡なんだか、けっこう広々とした山頂で、解放感あり。バイオトイレあり。発電機の音に、一瞬、こんなとこに山小屋かなぁって思いましたって ナイナイ(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城跡なんだか、けっこう広々とした山頂で、解放感あり。バイオトイレあり。発電機の音に、一瞬、こんなとこに山小屋かなぁって思いましたって ナイナイ(笑)
右側の東屋で、ホットチョコレート🍫とプレミアどら焼きのお茶タイム。あんまり使い勝手のよろしくない東屋。でも、1時間ほどまったりしてました😁✋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側の東屋で、ホットチョコレート🍫とプレミアどら焼きのお茶タイム。あんまり使い勝手のよろしくない東屋。でも、1時間ほどまったりしてました😁✋
1
街並みよか、琵琶湖と余呉湖のほうがきれい。
この日は伊吹にガスがかかってましたが、伊吹の山頂から賤ヶ岳は見えるんで、ほんとはきれいなんだろうなぁ😃
この後、旧街道の街並みを堪能。
駅ではSLが止まってました〜岩場に萌えられませんでしたが、SLに萌え♥
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
街並みよか、琵琶湖と余呉湖のほうがきれい。
この日は伊吹にガスがかかってましたが、伊吹の山頂から賤ヶ岳は見えるんで、ほんとはきれいなんだろうなぁ😃
この後、旧街道の街並みを堪能。
駅ではSLが止まってました〜岩場に萌えられませんでしたが、SLに萌え♥
場所は移って、近江八幡。
日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)にきました。ロープウェイ乗り場の横にあります。由緒がある神社だそうです。登山口は神社横から。“たねや”が目印。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
場所は移って、近江八幡。
日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)にきました。ロープウェイ乗り場の横にあります。由緒がある神社だそうです。登山口は神社横から。“たねや”が目印。
1
こちらは山頂の降り場ですね。
神社口から歩いても20分ほど。ロープウェイに乗っても往復¥800ほど。どっちをとるかはあなた次第。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは山頂の降り場ですね。
神社口から歩いても20分ほど。ロープウェイに乗っても往復¥800ほど。どっちをとるかはあなた次第。
恋人の聖地
実際、はこんなに広くはないです。横にハートの野暮ったいイルミネーションあり。ナイター営業がなくても17時には真っ暗になるんで、ヘッデンで降りればいいかな♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恋人の聖地
実際、はこんなに広くはないです。横にハートの野暮ったいイルミネーションあり。ナイター営業がなくても17時には真っ暗になるんで、ヘッデンで降りればいいかな♪
琵琶湖のほうは真っ暗ですが、いい雰囲気。八幡ドルの夜景🌃🌉✨ 君の瞳にヤッホー👋😃
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琵琶湖のほうは真っ暗ですが、いい雰囲気。八幡ドルの夜景🌃🌉✨ 君の瞳にヤッホー👋😃
【山と高原地図, 御在所・霊仙・伊吹, 昭文社 マップル, 2014.3】¥1080
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【山と高原地図, 御在所・霊仙・伊吹, 昭文社 マップル, 2014.3】¥1080
【山本 武人・竹内 康之: 滋賀県の山, 山と渓谷社, 2010.4】¥ 2052
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【山本 武人・竹内 康之: 滋賀県の山, 山と渓谷社, 2010.4】¥ 2052
【賤ケ岳合戦図屏風 左隻, 江戸時代中期, 馬の博物館蔵】
2010年11月11日 14:53撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【賤ケ岳合戦図屏風 左隻, 江戸時代中期, 馬の博物館蔵】
【賤ケ岳合戦図屏風 右隻, 江戸時代中期, 馬の博物館蔵】
2010年11月12日 13:46撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【賤ケ岳合戦図屏風 右隻, 江戸時代中期, 馬の博物館蔵】

感想/記録

■低山のロングコース。冬山、本格的に始動する前にトレーニング。
滋賀のヤマノススメ。ヤマノススメのコミック9巻に1日目を賤ヶ岳と八幡山、2日目で伊吹山が登場。何回もこのルートを計画していましたが、なかなかいけず…ボソッ 今回は冬山にむけた復帰トレーニングで出かけてきました(観光つき)。調べるとハイキングコースとしてはけっこう知られているみたいで、しかも整備された登山道があるみたい。さらにリフトまである。誘っておいて、ダブルヘッダーになることがわかって後悔した僕でしたが、文明の利器は使う主義なので、ヤマノススメのように賤ヶ岳はリフトで降りて、八幡山はロープウェイで往復しようと計画。当初は、山本山からの縦走を考えていましたが、この日は八幡山のナイター営業最終日ということで、半ば無理やり八幡山をお誘い。「きっと八幡ドルの夜景がきれいだよー♪」と話は拡大。

《このときは、まだ賤ヶ岳を400mとなめきっているヒッキー…。》

▼賤ヶ岳…滋賀の山1座目 ヤマノススメの滋賀のヤマノススメ
そして登山当日。この日は曇りがちではあったものの、天気は回復傾向。朝は、ちゃんと起きたけど、時間の感覚を間違えて、新幹線+在来線の特急で移動。新幹線には山行の方も数名乗り込んでこられました。新幹線移動とは豪華な…ボソッ→オマエモナ(笑) 8:40に余呉に到着(この時点で20分の遅刻)。駅に着くとなにもないとこです。そもそも人がいない。登山口まで5分くらい。登山口はすぐにわかります。ふもとは晴れていたんですが、てっぺんにはガスがかかってました。出だしに、ベテランらしく登山歴4年のnorikoさんに「お先にどうぞ」というものの、スタスタ歩いていかれ、ゼーゼーいいながら「待ってー」という自称ベテランのedusはみごとにヒッキーであることを自覚したのでした。山頂まではピークをいくつか越えますが、出だしはどろどろだったりしていやな感じでも、尾根道になると気分はよくなります。山頂が近くなるといい感じ。最初の出だしはいったいなんだったんでしょうね(笑) 山頂まではなんだかんだで、あっという間に到着。山頂は城跡みたいです。ひらけた場所に発電機つきのりっぱなトイレ🚻あり、展望台あり、東屋あり。ただし、東屋はベンチが座りにくく…。東屋で、ホットチョコレートとどら焼きでお茶休憩をしてるとガスも晴れてきました(^-^) →日頃のおこないがよいですね♪ 山頂の東屋には絵馬がいっぱいかけられていて、ヤマノススメの聖地巡礼者の臭いがプンプン漂ってました〜💦→オマエモナ(笑) 原作第9巻では、ここからあおいとあおいパパはリフトで降りて、あおいママがレンタカーでリフト乗場の駐車場🅿まで迎えに来るのですが…。結果、急登もなく、標高差も200mくらいなので、そんなにしんどい山ではないですが、復帰してからすぐなので、ある意味しんどい。しかも、リフト乗場から木ノ本の駅まで面白くない道のりをひたすら直進するんである意味、登り降りよかしんどかったです〜か

《賤ヶ岳からリフトを使用せず、近江八幡からバスに乗らなかったのに、パートナーの「歩こう♪」の一言で、なぜか歩き出すヒッキー…》

▼八幡山…滋賀の山2座目 8万(八幡)ドルの夜景にナイトハイク初体験
15時くらいに近江八幡につき、八幡山まで徒歩で移動。計画ではバス🚌で移動のはずだったけど、見えてる山を目指して直登ならぬ直進。ふもとは近江八幡の水郷や街並みが残る名所あり。ロープウェイを目指してロープウェイ入口まできたけど、文明の利器を利用せず。登るのに例えれば近所の裏山という感じ。賤ヶ岳と比べれば面白味はないし、夕方なので、薄暗い。途中で休憩している若者2人がこっちゃをみて「みんなさくさく登ってすごいなぁ」と言ってたけど、いや、そんなこと…ナイナイ(汗)30分ほどで山頂というか、ヤマノススメであおいパパとあおいママが眺めてたビュースポットに到着。ナイター営業最終日とはいえ、そんなに人は多くなく。ただし、そこらで“火気厳禁”の張り紙があり、たまたま、ビュースポットに喫煙場所があったんで、ここならいいだろうと、お湯を沸かしてコーヒー☕タイム。ちょうど写真を撮るのにはいい時間でしたよ♪ レストハウスではヤマノススメのグッズがいっぱいで、ここでもヤマノススメの聖地巡礼者の気配がプンプン漂ってました。ヤマノススメに大キレットがでてましたが、大キレットでは聖地巡礼者はさすがにいないですね💦→アニメヲタがいっぱい墜ちるだろうなぁ⁉ 帰りは真っ暗だけどロープウェイを使わずに歩いて下山。ヘッデンをつけながらのナイトハイク。ヘッデンは1個なので、「どうぞ」とジェントルマンをアピールしましたが、みごとにこけてしまいました。ちょっとかっこつけるとたいがいこうなります💦 お約束かもです。

《ナイトハイクはしない主義だが、パートナーの「ヘッデンをつけたい♪」の一言で、真っ暗な中を下山+駅まで歩くヒッキー》

※norikoさん、口とは逆にペースの速いこと速いこと。聞けば、「私も足いたいー」と軽やかに言われましたが、顔色は変わらず…。ひさびさの山行で、足は痛かったけど、楽しかったです♪ ホントは復帰祝でふたりで晩餐になるとこでしたが、足がいたくって終了。帰ってからまめはを2ヶ所見つけて、それからネットでお買い上げの天然湯の花を湯船に混ぜて、なんちゃって温泉♨気分を満喫(というか湯治)しています…。楽しかったけど、自宅でタブレットに写真のデータをうつしていたらなぜか翌日にぜんぶ消えていました💦 楽しい思い出は心のなかってやつかいな〜💦

■車での移動は✏
山本山に縦走するときは車の回収計画が難しいのでJR河毛駅において公共交通機関で登山口まで移動。余呉からJRで河毛まで移動したほうがいいかと思います。徒歩で河毛駅から山本山登山口まで歩くことも可能。
【JR河毛駅駐車場 無料・24時間入出庫OK!】http://carlife.nagahamacity.com/kohoku/jr24ok-1.html

■その他
▼賤ヶ岳
【清洲会議】https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85%E6%B4%B2%E4%BC%9A%E8%AD%B0
三谷幸喜監督の予告編。賤ヶ岳の戦いの前にこんなことがあったと。



【賤ヶ岳の戦い】https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%A4%E3%83%B6%E5%B2%B3%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

▼ヤマノススメ
しろ:ヤマノススメ 59合目 滋賀ってどんなとこ? コミックアース
http://comicearthstar.sakura.ne.jp/comicdata01/yamanosusume/059yamanosusume
訪問者数:660人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/8/10
投稿数: 1039
2015/12/1 18:03
 遠征・・お疲れ様でした(^^♪
ようこそ、滋賀の山へ‣・
レコお初にお目にかかります<(_ _)>

大変丁寧で素晴らしいレコ拝見しました・・
タブレットの写真データー消失・・残念ですね

しかし、後のフォロー(山のススメ漫画での紹介)が素晴らしいです
また、季節のいい春などに余呉湖から賤ヶ岳・・山本山迄の縦走に是非お越しください

今後もお互い、楽しい安全登山を~
登録日: 2012/4/28
投稿数: 767
2015/12/1 19:07
 Re: 遠征・・お疲れ様でした(^^♪
こんばんは🌙😃❗
レコをご覧いただき恐縮です。

3000m級の山からいきなり200m級になりましたが、賤ヶ岳はいい山でしたよ♪ 写真をお見せできず、残念です💦 タブレットの調子が悪かったのでまさかとは思いましたが、翌日にぜんぶ消えているとは。ヤマレコにあげるまで元データは消さず(カット&ペーストではなくコピペ)にいたほうがよいですね✏

冬山にむけた復帰第1段でしたが、みごとに疲れました💦燕岳に登った以上にしんどかったです〜。

山本山〜次は縦走かなぁ(笑)
登録日: 2012/6/23
投稿数: 1957
2015/12/1 21:34
 謎の山行
edusさん
こんばんは
noriko0724
はじめまして
なかなか謎ですね。
珍しくコラボされてますから
そのわりには何か呆気ない?
まずは久々のレコアップと言うことで
お疲れ様でした。
edusさんにしては
女性との山行記録ですからね勘繰ってしまうのは私だけ?
登録日: 2012/4/28
投稿数: 767
2015/12/1 21:53
 Re: 謎の山行
kazuさん、こんばんは♪
謎は謎をよびます。
いままでもコラボはあったのですがのせてませんからねえ。
今回はあっけないようで、実は濃かったりしますよー(笑)
ホントは日記でもよかったんですが…。
ひさしぶりのレコアップまでの道のりのほうがドラマだったりします💦
女性からの依頼は以前は結構あったんですけどねえ(〜ボランティアガイド)
勘繰って…。なぞめいた山行で想像して楽しんでください。

朝、ちゃんと起きて
めげて引き返さず
文明の利器を使わず
バスで移動せず
夜にへっでんで下りる

という、普段ではない体験はいっぱいあり

※コラボ募集ナウ(笑)

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ