ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 755645 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

阿弥陀岳(御小屋尾根)・赤岳

日程 2015年11月01日(日) [日帰り]
メンバー sugi013
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・横浜発→横浜町田IC(東名)→海老名JCT(圏央)→八王子JCT(中央道)→諏訪南IC→美濃戸口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間23分
休憩
20分
合計
7時間43分
S八ヶ岳山荘06:4508:08御小屋山10:04阿弥陀岳10:1511:05文三郎尾根分岐11:26赤岳11:3512:08赤岳天望荘12:44行者小屋13:55美濃戸山荘14:28八ヶ岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルート手書き
コース状況/
危険箇所等
明瞭
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

開けてくる。
2015年11月01日 08:14撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開けてくる。
あれのちょい先
2015年11月01日 09:09撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれのちょい先
蓼科、天狗、硫黄
2015年11月01日 09:20撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科、天狗、硫黄
1
蓼科、北ア、もう冬だね。
2015年11月01日 09:20撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科、北ア、もう冬だね。
お、富士
2015年11月01日 09:56撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お、富士
2
硫黄、横岳
2015年11月01日 09:58撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄、横岳
1
阿弥陀岳山頂。横岳、赤岳。
2015年11月01日 10:04撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳山頂。横岳、赤岳。
1
赤岳の展望台。
2015年11月01日 10:04撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳の展望台。
2
ごんげん、富士。
2015年11月01日 10:05撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ごんげん、富士。
2
ごんげん、編笠、南ア
2015年11月01日 10:05撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ごんげん、編笠、南ア
2
ついでに赤岳のぼっとく。
2015年11月01日 10:47撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついでに赤岳のぼっとく。
3
赤岳山頂。すんごい晴れた。
2015年11月01日 11:26撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳山頂。すんごい晴れた。
4
こっちもよく見える。金峰とか。
2015年11月01日 11:29撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちもよく見える。金峰とか。
撮影機材:

感想/記録

以前に赤岳に日帰りしたとき、体力の都合で阿弥陀岳はスルーしてしまった。
やり残した感がずっとあったので、冬になる前にいくことに。

登りは人の少なそうな御小屋尾根を使うことにした。
11月ともなるとかなり寒い。樹林帯を抜けると絶景だが、風が吹くときつい。
寒さと標高のせいかペースはあまり上がらず。
しかしながら、左手には蓼科、硫黄、右側には権現、南ア、振り返れば北ア
という状況はいやがうえにもテンションがあがる。

阿弥陀岳山頂からは赤岳、横岳が目の前に。八ヶ岳の主稜線を一望、まさに展望台。
晴れっぷりも自分の八ヶ岳史上最高といっていいかもしれない。

今回は阿弥陀岳だけで下るつもりだったが、天気が良いし、
余力もあるので、ついでに赤岳も登っておくことにした。
実は前登ったときはちょっとガスっちゃてたし。

前に赤岳にいったときはちょっとチャレンジ山行で、かなり疲れた記憶があるが、
今日は楽々だった。体力ついてきた気がする。
訪問者数:584人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス テン 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ