ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 756248 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走霊仙・伊吹・藤原

釈迦ヶ岳から御在所岳縦走

日程 2015年11月01日(日) [日帰り]
メンバー beckham(CL), その他メンバー1人
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間0分
休憩
1時間10分
合計
11時間10分
S朝明駐車場06:0006:50庵座の滝06:50大蔭08:50釈迦ヶ岳09:0009:35猫岳10:20羽鳥峰10:3010:55金山11:15中峠11:35水晶岳11:55根の平峠12:40青岳12:55国見岳13:40御在所岳14:2015:10国見岳15:30きのこ岩16:20ハライド16:3017:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
釈迦ヶ岳(松尾尾根頭)手前が急騰となりますが危険というほどではありません。
ハライドへの下り(腰越峠への下り)が急なくだりです。ここは危険といっても良いでしょう。

写真

今回は前夜泊。道の駅「菰野」で車中泊です。ここは車中泊で用も駐車場は満杯です。写真は朝明駐車場の朝焼けです。朝焼けは好天を示さないことがありますが、今回はなんとかもちました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は前夜泊。道の駅「菰野」で車中泊です。ここは車中泊で用も駐車場は満杯です。写真は朝明駐車場の朝焼けです。朝焼けは好天を示さないことがありますが、今回はなんとかもちました。
2
朝明駐車場の手前の方右側(北側)が登山口です。登山ポストがあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝明駐車場の手前の方右側(北側)が登山口です。登山ポストがあります。
すぐに林道に出るのでびっくり!しばらく林道歩きです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに林道に出るのでびっくり!しばらく林道歩きです。
林道を歩いていると「渡渉」を示す標識があります。渡渉後左岸を少し歩くと上の段へ上がるところで少し迷いました。(横木あり)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を歩いていると「渡渉」を示す標識があります。渡渉後左岸を少し歩くと上の段へ上がるところで少し迷いました。(横木あり)
2
そのあとはずっと左岸をへつります。(トラバース)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのあとはずっと左岸をへつります。(トラバース)
3
お月見と紅葉狩りを同時に行うことは初めてかもしれません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お月見と紅葉狩りを同時に行うことは初めてかもしれません。
1
スタートから1時間で「庵座の滝」です。なかなかの高さがあります。水量はさほどではありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタートから1時間で「庵座の滝」です。なかなかの高さがあります。水量はさほどではありません。
5
紅葉の世界にどっぷり!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の世界にどっぷり!
1
三段の滝が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三段の滝が見えてきました。
2
パイプ堰堤は巨大なのに破損し衛います自然の驚異を感じずにいられません。ハト峰の方のでれーけの作った砂防ダムも見たかったな・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パイプ堰堤は巨大なのに破損し衛います自然の驚異を感じずにいられません。ハト峰の方のでれーけの作った砂防ダムも見たかったな・・・。
「釈迦ヶ岳はあれかな」なんて思っていましたが、猫岳でしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「釈迦ヶ岳はあれかな」なんて思っていましたが、猫岳でしょうか?
3
松尾尾根の頭が近づくと急登となります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松尾尾根の頭が近づくと急登となります。
1
松尾尾根の頭が釈迦ヶ岳最高点だそうです。ここからの展望は見ごたえがあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松尾尾根の頭が釈迦ヶ岳最高点だそうです。ここからの展望は見ごたえがあります。
6
白山は雪をかぶっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白山は雪をかぶっていました。
7
山友「山さん」は、今日恵那山に登っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山友「山さん」は、今日恵那山に登っています。
2
ハト峰分岐を越えて「釈迦ヶ岳」山頂(三角点)へ行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハト峰分岐を越えて「釈迦ヶ岳」山頂(三角点)へ行きます。
「釈迦ヶ岳」山頂北アルプスから南アルプスまで見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「釈迦ヶ岳」山頂北アルプスから南アルプスまで見えます。
4
秋の以外の何物でもありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋の以外の何物でもありません。
5
山頂からハト峰を目指していると先行していた妻が親しげに誰かと話しています。Chisatoさんでした。わざわざ逆回りで会えるように考えてきてくださったそうです。すごくエネルギーをもらいました。御在所まで行くか!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からハト峰を目指していると先行していた妻が親しげに誰かと話しています。Chisatoさんでした。わざわざ逆回りで会えるように考えてきてくださったそうです。すごくエネルギーをもらいました。御在所まで行くか!
9
この後ずっと稜線歩きなので気分は最高です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この後ずっと稜線歩きなので気分は最高です。
5
一番高いところが「釈迦ヶ岳最高点」だと思います。良い山でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番高いところが「釈迦ヶ岳最高点」だと思います。良い山でした。
3
ハト峰の砂山のようなところ。ここでパンを食べました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハト峰の砂山のようなところ。ここでパンを食べました。
5
反対から写真を撮るとこんな感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対から写真を撮るとこんな感じ。
2
いろんな秋があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いろんな秋があります。
2
根の平峠はイブネの帰りに通りました。
ここからは国見まで登りが1時間20分続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根の平峠はイブネの帰りに通りました。
ここからは国見まで登りが1時間20分続きます。
1
青岳と山頂らしくプレートがありますが・・・山か?という感じのところです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青岳と山頂らしくプレートがありますが・・・山か?という感じのところです。
2
どうしてこんな岩が?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうしてこんな岩が?
5
御在所が近づいてきた感じがします。右の岩はミイラ男岩と命名しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所が近づいてきた感じがします。右の岩はミイラ男岩と命名しました。
7
国見岳は通過点。前はここだけ登りに来ていたのに、今日は頑張り過ぎです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見岳は通過点。前はここだけ登りに来ていたのに、今日は頑張り過ぎです。
1
御在所山頂が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所山頂が見えました。
1
こっちが山頂でしょうか。すごくたくさんの人がいて・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちが山頂でしょうか。すごくたくさんの人がいて・・・
写真を撮るにも一苦労です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真を撮るにも一苦労です。
4
鎌ガ岳は良い形です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ガ岳は良い形です。
4
今日の昼食はベジータ。コンソメ味でした。妻は気に行ったそうです。でももう2時です。下山予定は5時ぎりぎりです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の昼食はベジータ。コンソメ味でした。妻は気に行ったそうです。でももう2時です。下山予定は5時ぎりぎりです。
急いで国見岳に戻り、ハライド方向へ。写真はきのこ岩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急いで国見岳に戻り、ハライド方向へ。写真はきのこ岩。
5
ハライド前の腰越峠へ降りる道が急で危険でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハライド前の腰越峠へ降りる道が急で危険でした。
2
ハライドは前にも来ています。その時より「簡単に登れた」と妻。たくましく成長しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハライドは前にも来ています。その時より「簡単に登れた」と妻。たくましく成長しています。
6
最後は17時10分。ヘッドライトを使いました。ちょっとだけ遅くなりました。ブナ清水コースで降りたら良かったかなと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は17時10分。ヘッドライトを使いました。ちょっとだけ遅くなりました。ブナ清水コースで降りたら良かったかなと思います。
6

感想/記録

Chisatoさんと会えたので頑張ることにしました。
エネルギーありがとうございます。
ハライド手前の腰越峠への下りが激下りで危ないです。

私のホームページは
http://beckham3180.web.fc2.com/
です。
よろしければ訪問してください。
訪問者数:1395人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/9/9
投稿数: 489
2015/11/2 9:47
 うらやましい
素敵な稜線歩きのようですね
歩いてみたいです♡
登録日: 2014/2/23
投稿数: 294
2015/11/2 21:26
 訪問ありがとうございます。
僕らにとっては必死な行程ですが、山さんならお茶の子さいさいだと思います。同じ朝明から出発するなら、 やまさんには「イブネ・クラシ」がお似合いだと思います。
登録日: 2014/2/4
投稿数: 383
2015/11/2 23:10
 御嵩発山歩き(♂)
ベッカムさんこんばんは
鈴鹿は最初のイメージが悪く、山を決める時は東か北から考えてしまいます。
今回のレコみて行きたくなりました。
特にお勧めのコースなど教えて下さい。
登録日: 2014/2/23
投稿数: 294
2015/11/3 0:42
 Re: 御嵩発山歩き(♂)
最初の印象が大切ということがよくわかりますね。
私の場合の「恵那山」と同じですね。(笑)
テーブルランドの「御池岳」は独特の景観を持っています。池めぐりもたのしいです。
「花の藤原岳」は春が良いかもしれませんが、避難小屋のある安心感が初冬もうれしいです。
国見岳は「ブナ清水」の湧水でコーヒータイム。
「イブネ」は鈴鹿深部の別天地。
「鎌ガ岳」は、アルプス並みの迫力。鈴鹿の槍ヶ岳です。
「御在所」は一般人が多すぎお勧めしません。
ヒルの時期(5月中旬から10月中旬)と厳冬期を避けると意外に登れる時期は限られます。
標高946Mの宮指路岳と仙ヶ岳と鬼ヶ牙はくっついていて、体力に合わせてコースが組めます。
あー、雨乞と竜ヶ岳は、私達の記録も残っています。
参考になるとよいのですが・・・
けっこうはまったりして。(笑)
ただし鈴鹿は歩かれ過ぎていて、ルートが多く、迷うときがあります。
油断しないようにお願いいたします。
登録日: 2015/9/9
投稿数: 489
2015/11/3 19:54
 アドバイスありがとうございます。
「イブネ・クラシ」
リサーチしてみます!

-chisato-さんが待ち伏せしてくれるような所でしょうか?(笑)
登録日: 2014/2/23
投稿数: 294
2015/11/3 20:13
 イブネ・クラシは・・・
今回の釈迦ヶ岳の駐車場「朝明」から行くのが一般的です。っていうかイブネは一般的ではないのですが、20kmを平気に歩く人ならOKです。エプソンのGPSあればなおさらです。Chisatoさんが出没しそうなところは・・・「鎌ガ岳」「入道ヶ岳」縦走辺りが一番可能性があると思います。(笑)「御所平〜鬼ヶ牙」あたりも予告しておけば待ち伏せの可能性大です。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ