ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 782263 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

蝶ヶ岳 辛い思いも、景色のすばらしさに・・・

日程 2015年12月19日(土) 〜 2015年12月20日(日)
メンバー Hide-G
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

1日目 鳥川林道ゲート07:00−09:10三股09:15−タイム取らず・・・ −12:00 2100m−15:30 2550m−17:50蝶が岳ヒュッテ  2日目 蝶ヶ岳07:00−09:15三股登山口09:20−11:00鳥川林道入り口
コース状況/
危険箇所等
本日の入山者以外のトレースは無し(新雪)
2300m辺りからは、部分的には腰まで踏み抜くことも
下山時の2000m程から出てくる階段と、林道の凍結に注意

写真

出発時の天候 雪がちらほら
2015年12月19日 09:28撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発時の天候 雪がちらほら
いきなり宿泊地の写真に飛びますが
ヒュッテにて穂高連峰とカメラマン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり宿泊地の写真に飛びますが
ヒュッテにて穂高連峰とカメラマン
4
左下が冬季入口
2015年12月19日 18:46撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左下が冬季入口
2
翌朝は最高の晴天
2015年12月20日 07:06撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝は最高の晴天
16
穂高連峰とキレット
2015年12月20日 07:06撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高連峰とキレット
4
常念岳
2015年12月20日 07:06撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念岳
8
穂高アップ
2015年12月20日 07:09撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高アップ
10
景色に圧倒され、これ撮るの忘れるとこだった・・・
2015年12月20日 07:12撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色に圧倒され、これ撮るの忘れるとこだった・・・
5
蝶ヶ岳ヒュッテ お世話になりました!!
2015年12月20日 07:13撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳ヒュッテ お世話になりました!!
7
焼岳方面?
2015年12月20日 07:16撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳方面?
6
点を突き刺す 槍ヶ岳
2015年12月20日 07:17撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
点を突き刺す 槍ヶ岳
22
富士山とご来光
2015年12月20日 07:18撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山とご来光
8
穂高アップ
2015年12月20日 07:22撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高アップ
22
穂高のモルゲンに燃える2
2015年12月20日 07:22撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高のモルゲンに燃える2
11
槍が岳アップ
2015年12月20日 07:26撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍が岳アップ
4
気温
2015年12月20日 07:33撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気温
1
振り返る。 右が昨日のトレース、左が下ってきたトレース
ちょっと格好いい。
2015年12月20日 07:41撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返る。 右が昨日のトレース、左が下ってきたトレース
ちょっと格好いい。
10
下山時、昨日は頑張ったもんだと改めて思う
2015年12月20日 07:45撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山時、昨日は頑張ったもんだと改めて思う
2
これ、滑る、危ない
2015年12月20日 09:12撮影 by X20, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これ、滑る、危ない
セルフで一枚
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
セルフで一枚
4
お疲れ様でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした
3

感想/記録
by Hide-G

蝶ヶ岳、常念岳の登山口となる三股へのアクセスである鳥川林道は12/1より閉鎖...どちらの山に登るにせよ冬季は10kmの舗装林道歩きと成る。雪さえ少なければ常念から蝶の周遊、積雪の状態によって常念ピストンを第2候補、蝶ヶ岳ピストンを第3候補でいずれにせよテント1泊2日で臨む。 今回は新調したザック(グレゴリーのバルトロ65)と冬靴(アゾロ 6B+GV)のトライアルでもある。小雪の中林道ゲートを通過し、どのコースにしようかと悩みながら歩みを進める。 新雪の林道上トレースを見ると先行者が数名、駐車場にて準備している3名のみが本日の入山者の様子。 先行者の楽しそうなトレースを追いながら、人数は5人で一組のパーティー、たぶん女性が1人含まれるのかな?等々考えながら歩くが、しかし10kmは長すぎる。 登山道と違い林道歩きは疲れる・・・右の股関節辺りに痛み感じちょっと弱気になる。常念から回ると、一座もこなせず敗退と成るかも・・・ ここは蝶から回りあわよくば常念周りで下山にしよう、最悪は蝶ピストンでいい。先行者もおそらく蝶だ、新雪でもあるしトレースを追わせてもらおうと決める。 林道終点のゲートを通過し、三股登山口へ到着。 やはりトレースは蝶ヶ岳方面へ有る。 念のため常念方面を少し歩き様子を見るが、やはりトレース無し。  1800m辺りで先行者の方にあう、女性を含む5人パーティー、「当たってた」とひそかに喜ぶ。 また新雪を踏める喜びをかみしめ先に進む、2000m辺りまで雪はかなり少ない、 この分だとラッセルは無し、蝶槍を超えて草地辺りまで進めるかなと期待を膨らませる。 2100m辺りから足首辺りまでの積雪。 この程度は全く問題なしで有ったが、2200m辺りからくるぶし、膝、深いところは腿辺りまでの深さと成り、ルート上のマーキングも不明瞭な個所もあり、ルートロストし何度か迷い足を踏む。 2400m辺りからきつくなる、浅いラッセルと言われるかもしれないが、新雪は踏み込んだ後、体重がかかるとさらにもぐりこみ、バランスを失う・・・体勢保持と次のステップの為にかなり筋力を使ってしまう。 2500mでマーキングを失う・・・ 最近地図読みの勉強中で1/25000地図で道程表を作ってきていたが、いまいち自信が持てない、またラッセルも深くなってきており、「間違えた・・・引き返そう」も少し辛い。  何とか頑張って沢を直登するか、おそらく正解であるトラバースするか?もしくは日が落ちる前にビバークでもしようかなと思案していると先の5人パーティーがやってくる。 助けに船で、ラッセル交代してもらい後を追わせてもらう。 (堅実で力のあるパーティーに出会え感謝しています、単独だったら敗退でした・・・) 彼らは沢沿いの急登直登コースを取る、両船近くにでると大滝山からの登山道に合流、本来の登山道では無いが雪山ルートとしては正解だったようです。 ホント助かりました。 蝶が岳ヒュッテに付いたのは18時頃・・・2200mの時点では15時には着くと思ったが、考えが甘かった。       雪は止んで雲もはれたようだが、気温は-12度程、寒い・・・ 6B+GVでは指先が少し冷たい。 テント泊は止め、蝶ヶ岳ヒュッテの避難小屋を利用させて頂く。内部は清潔で非常に快適、トイレもあり最高!! 気温は低いが、雪の上にマットを敷いて寝るのとは大違い、寝袋に入ると暑いくらい・・・快適な睡眠を得る。  翌日5時半起床、食事とパッキングを済ませ7時に出発し蝶が岳山頂へ、御来光は07:17、槍穂方面はモルゲンロート。 最高の景色を望むことが出来た。来てよかった、こんなん見るために山に登ってるんだと感じる。   改めて世話になったパーティーの方に感謝。    色々と反省点の多い山行、やはり雪は単独ではキツイ・・・ パーティー探すか、もう少し入山者の多い山にするか?
訪問者数:1215人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/12/24
投稿数: 1
2015/12/24 17:43
 お礼
ご一緒させていただいたパーティーの者です。雪が深くて大変な山行でしたね。。。我々も当初は15:00か16:00には到着できるかなと考えていたのですが、頂上に近づく程に雪が深く、思うように進めませんでした。その際、先行でトレースをつけていただいていたので、こちらこそ大変助かりました。翌朝は最高の展望が望め、Hide-Gさんのおかげだね、、、と皆で話ながら下山しましたよ。本当にありがとうございました。
登録日: 2015/3/2
投稿数: 6
2015/12/24 19:05
 お世話に成りました
ありがとうございます。こちらこそ助かりました。
良いチームワーク、非常にうらやましく、
またパーティー登山の重要性を非常に強く感じました。

本当に最高の天気でしたね。

今週末はドカ雪予報。
また悲しい事故も続いております。
お互い、益々の安全登山を心掛けて行きましょう。
ありがとうございました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ