ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 786084 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

登り納め第二弾 高尾山口→藤野 朝の光とシモバシラを愛でる

日程 2015年12月29日(火) [日帰り]
メンバー tentomori
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間2分
休憩
54分
合計
6時間56分
S高尾山口駅06:3207:09稲荷山07:1007:44高尾山07:50もみじ台08:11一丁平08:25城山08:2708:43小仏峠09:04景信山09:1109:54堂所山10:08底沢峠10:15明王峠10:21奈良子峠10:48陣馬山11:3011:57奈良子峠11:5912:32奈良子尾根登山口12:41イタドリ沢ノ頭登山口12:45栃谷13:02陣馬山登山口13:28藤野駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
−12程すると正しい時刻です。
コース状況/
危険箇所等
稲荷山登山口〜陣馬山:目立った泥濘はなく、歩きやすかったです。水たまりが凍っているところがありましたが、歩行に際し特に支障はありませんでした。
景信山山頂直下(陣馬方面)と、陣馬山山頂直下(高尾方面)で、シモバシラの氷花が見られました。
奈良子尾根:登り返しは少なく下り基調の道です。下るにつれて落ち葉が積もり道が見えにくくなります(杉林の辺りを除く)。下には石が隠れています。
唐突にガードレールが現れ幅の狭い階段を下ると、林道と出合います。少し離れた所に藤野駅方面の道標が立っていますので、そこから再び山道に復帰します。
再び林道に出合うと山道終了です。きれいに掃除されたトイレがあり(男女別、ペーパー無し)、姫谷温泉のすぐ隣に出ました。
以降は藤野駅まで単調な舗装路歩きが続きます。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

稲荷山展望台より、スカイツリー。
2015年12月29日 07:09撮影 by Canon PowerShot A480, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲荷山展望台より、スカイツリー。
2
同じく、筑波山。
2015年12月29日 07:10撮影 by Canon PowerShot A480, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく、筑波山。
1
落ち葉に朝日が差して、まばゆく輝いています。
2015年12月29日 07:15撮影 by Canon PowerShot A480, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉に朝日が差して、まばゆく輝いています。
1
光り輝くテントのように見えました。想像力が逞しすぎるかもしれませんが。
2015年12月29日 07:15撮影 by Canon PowerShot A480, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光り輝くテントのように見えました。想像力が逞しすぎるかもしれませんが。
2
後姿。印象的なひとときでした。
2015年12月29日 07:16撮影 by Canon PowerShot A480, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後姿。印象的なひとときでした。
2
うっすら筑波山。
2015年12月29日 08:25撮影 by Canon PowerShot A480, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うっすら筑波山。
堂所山のピークを踏んでおきました。
2015年12月29日 09:54撮影 by Canon PowerShot A480, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂所山のピークを踏んでおきました。
ヘ音記号を鏡に映したような形。素敵です。
2015年12月29日 10:41撮影 by Canon PowerShot A480, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘ音記号を鏡に映したような形。素敵です。
3
飴のような形。
2015年12月29日 10:43撮影 by Canon PowerShot A480, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飴のような形。
2
もう一回撮りました。
2015年12月29日 11:38撮影 by Canon PowerShot A480, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一回撮りました。
2
これは勾玉のように見えます。
2015年12月29日 11:42撮影 by Canon PowerShot A480, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは勾玉のように見えます。
5
奈良子尾根を下ります。
2015年12月29日 11:59撮影 by Canon PowerShot A480, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奈良子尾根を下ります。
ガードレールが見えてくると、
2015年12月29日 12:18撮影 by Canon PowerShot A480, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガードレールが見えてくると、
程なく林道に出合う。
2015年12月29日 12:19撮影 by Canon PowerShot A480, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
程なく林道に出合う。
林道の少し先を見つめると、
2015年12月29日 12:20撮影 by Canon PowerShot A480, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の少し先を見つめると、
温泉の立て看板と道標がある。
2015年12月29日 12:20撮影 by Canon PowerShot A480, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉の立て看板と道標がある。
山道に復帰。
2015年12月29日 12:20撮影 by Canon PowerShot A480, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山道に復帰。
トイレが見えてくると山道の終わり。
2015年12月29日 12:31撮影 by Canon PowerShot A480, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレが見えてくると山道の終わり。
林道から奈良子尾根入口を見た様子。
2015年12月29日 12:33撮影 by Canon PowerShot A480, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道から奈良子尾根入口を見た様子。
今日は登り返しません。
2015年12月29日 12:41撮影 by Canon PowerShot A480, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は登り返しません。
舗装路歩きが長い。
2015年12月29日 13:01撮影 by Canon PowerShot A480, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装路歩きが長い。
咲いていた梅の花。
2015年12月29日 13:12撮影 by Canon PowerShot A480, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
咲いていた梅の花。
1
今年はたくさん訪れた藤野。来年も行きます。
2015年12月29日 13:28撮影 by Canon PowerShot A480, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年はたくさん訪れた藤野。来年も行きます。
撮影機材:

感想/記録

前回の雲取山ピストンで山納め…と決めていたが、年末の仕事でちょっと体力の余裕ができたため、出かけることにした。
高尾山の方でシモバシラの氷花を眺めてみたいと思い、まだ暗いうちに高尾山口へ到着。夜が明けてくるところで、ヘッドライトは使用せず歩き始めた。

稲荷山展望台が近づいてくる辺りで、突如として鮮やかな橙色の光が差し込み、風景をあかるく染めた。日の出の太陽が眩しい。木の間から漏れる光が、登山道の上をまだらに彩る。ふと目を遣ると、一枚の枯葉にスポットライトが当たっていた。湾曲して土の上に覆いかぶさる格好が、あたかもドーム型テントのように、神々しく赤く燃えている。その姿を目の当たりにして、自分の持っているプロモンテのテントの赤い色のことを、少し好きに思えるようになった。

さて、富士山は終日よく見えていた。巻き道の方がシモバシラに出会える確率が高そうだが、富士の絶景に誘われて、進んでピークを踏んでゆく。城山、小仏峠、と進み、景信山で靴ひもを締め直す。陣馬方面へ下り始めると、カメラを手にシャッターを切る方がいる。氷の花を間近で楽しみ、順調に先を急ぐ。
陣馬直下で再び氷の花を見つけ、まずは昼食とする。

下りはまだ歩いていない奈良子尾根に決め、先ほど通り過ぎた氷の花をしばし愛でる。落ち葉の多い尾根を淡々と下り、舗装路に飽きるころ駅に到着した。
これで年内の休日は終了。新年の山始めは、その気になったときに出掛けたい。足の具合が復調傾向にあるようなので、少しずつザックの重さも戻していきたい所だが、焦らずゆっくりと進めようと思う。

来年もよい山歩き、そして素敵な出会いがありますように。
皆様もよいお年をお迎えください。
訪問者数:176人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ