ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 786720 全員に公開 トレイルラン丹沢

丹沢三峰・長尾尾根周回

日程 2015年12月30日(水) [日帰り]
メンバー aquody
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間39分
休憩
19分
合計
4時間58分
S塩水橋06:4806:53青宇治橋07:51松小屋ノ頭08:35本間ノ頭08:40無名ノ頭08:50円山木ノ頭09:01太礼ノ頭09:08瀬戸沢ノ頭09:29みやま山荘09:29丹沢山09:3709:39みやま山荘09:46竜ヶ馬場09:54日高10:06尊仏山荘10:12塔ノ岳10:2310:33木ノ又大日10:38新大日茶屋11:11金林ノタル11:39天王寺橋11:46塩水橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

塩水橋には初めて来た。ここからスタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩水橋には初めて来た。ここからスタート
といっても、まずは林道を1kmほど戻って青宇治橋から登山道へ。この付近にも車を止められそうだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
といっても、まずは林道を1kmほど戻って青宇治橋から登山道へ。この付近にも車を止められそうだ
高畑山への登りで尾根に出たところの東側眺望、横浜が見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高畑山への登りで尾根に出たところの東側眺望、横浜が見える
三日前行ったばかりの大山。晴天予報だったのだけどちょっと雲が多い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三日前行ったばかりの大山。晴天予報だったのだけどちょっと雲が多い
ああ、ここが有名なもう一つの金冷シ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ああ、ここが有名なもう一つの金冷シ!
もしやあれば筑波山では? 意外と晴れてる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もしやあれば筑波山では? 意外と晴れてる
登りだけどわりと走れるトレイルが続く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りだけどわりと走れるトレイルが続く
相模湾が美しく輝いていたのだけど、そういう風に写らない…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相模湾が美しく輝いていたのだけど、そういう風に写らない…
三峰のひとつめ、本間ノ頭。後ろの白い丹沢山が写らない…。なんかこのカメラ(IXY 160)液晶に表示されているとおりに写らないんだけど?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三峰のひとつめ、本間ノ頭。後ろの白い丹沢山が写らない…。なんかこのカメラ(IXY 160)液晶に表示されているとおりに写らないんだけど?
ふたつめ、円山木ノ頭
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふたつめ、円山木ノ頭
丹沢山が白い。霧氷だろう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山が白い。霧氷だろう
みっつめ、太礼ノ頭。結局どれも通過点のようなピークだった。外見インパクトあっても実際登ってみたらそんなものか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みっつめ、太礼ノ頭。結局どれも通過点のようなピークだった。外見インパクトあっても実際登ってみたらそんなものか
蛭ヶ岳、こちらも白い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳、こちらも白い
丹沢山のアプローチ、美しく白い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山のアプローチ、美しく白い。
寒いけどね。日差しが薄いお陰で消えずに残っているのだろう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒いけどね。日差しが薄いお陰で消えずに残っているのだろう
丹沢山頂は混んでたので素通りして、蛭側へ100m地点にて塔ノ岳を望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山頂は混んでたので素通りして、蛭側へ100m地点にて塔ノ岳を望む
不動の峰と蛭ヶ岳。見事に初冬の丹沢っぽい風景だ。まるで白い桜が咲き誇っているかのよう。行ってみたくなってしまうけれど今日は自重
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動の峰と蛭ヶ岳。見事に初冬の丹沢っぽい風景だ。まるで白い桜が咲き誇っているかのよう。行ってみたくなってしまうけれど今日は自重
3
富士山は微妙に隠れてるなあ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山は微妙に隠れてるなあ
少しだけ見えてきた。宝永山に雪がないな。御殿場ルートはどうなってるかしら?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しだけ見えてきた。宝永山に雪がないな。御殿場ルートはどうなってるかしら?
丹→塔の道中で一瞬だけ全景が見えた。年の最後に富士山を拝めてありがたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹→塔の道中で一瞬だけ全景が見えた。年の最後に富士山を拝めてありがたい。
塔ノ岳山頂の様子、いつもの休日に比べれば人は少なめか。丹沢山→塔ノ岳27分は自己新かも。気温は‐2℃
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳山頂の様子、いつもの休日に比べれば人は少なめか。丹沢山→塔ノ岳27分は自己新かも。気温は‐2℃
蛭ヶ岳方面。残念ながら富士山はもう見えず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳方面。残念ながら富士山はもう見えず
これが長尾尾根だろう、たぶん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが長尾尾根だろう、たぶん
あてずっぽうで撮ったけどぎりぎりでスカイツリーが写ってた(左端)。東京タワーは視認できないね…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あてずっぽうで撮ったけどぎりぎりでスカイツリーが写ってた(左端)。東京タワーは視認できないね…
さて、新大日から、未踏の札掛方面へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、新大日から、未踏の札掛方面へ
長尾尾根から三峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長尾尾根から三峰
長尾尾根の下りはなかなかいいですね。
ガイド本読んで以来きてみたかったのだけど、走れる率8割くらいか。曇っていたのが幸いして泥濘にはなっていなくて助かった。新大日から下山まで、誰にも会わなかった。静かなのもよい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長尾尾根の下りはなかなかいいですね。
ガイド本読んで以来きてみたかったのだけど、走れる率8割くらいか。曇っていたのが幸いして泥濘にはなっていなくて助かった。新大日から下山まで、誰にも会わなかった。静かなのもよい
上ノ丸の分岐から本谷方面へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上ノ丸の分岐から本谷方面へ
本谷橋までの道は山と高原地図では破線なんだけど、
なだらかなトラバースで、なんで破線なのかよくわからない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本谷橋までの道は山と高原地図では破線なんだけど、
なだらかなトラバースで、なんで破線なのかよくわからない
本谷橋を渡ると林道へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本谷橋を渡ると林道へ
5時間を切るために、塩水橋ゲートまでの林道はちょっと真剣に走った
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5時間を切るために、塩水橋ゲートまでの林道はちょっと真剣に走った
帰りの大棚沢広場から、宮ヶ瀬湖と、たぶん丹沢山
ありがとう>丹沢
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの大棚沢広場から、宮ヶ瀬湖と、たぶん丹沢山
ありがとう>丹沢

感想/記録
by aquody

今年最後の山行は東丹沢。思いのほかの好タイムでよい締めくくりになった。

足首脱臼骨折の治療が先日正式に完了した。抜釘手術の傷口が開いていた件も問題なしとなったのだ。一年で修復できるなんて本当にすごい。病院に感謝。拘縮はもうこれ以上よくならないだろうけどそれは仕方ない。山を走れるほど快復しただけでもうけものだ。

往路は横浜から車で1時間20分、東名って横浜町田から厚木西までたった14kmで650円もするのにびっくりした、NEXCOって本当にぼったくりなんだなあ。帰路はR246で1時間40分くらい。

水分:持参1L/消費700ml。食料消費:おにぎりx1、ソイジョイx1。

丹沢で倍率0.5を切ることができたのは嬉しい。走れる割合の大きいコースだったのでそのおかげだろう。登りはそんなにきつくなくダウンヒルは快適、いいコースだ。

今年は僕にとって大きな変化の年だった。骨折のおかげでトレランに挑戦することを決めて、多くの週末を山を走って過ごした。movescountによれば5月からの山行距離564km(その前を含めれば600kmを越えているはず)、我ながらまあまあだ。僕にとって山は走るのが当たり前になり、今日も走りながら不思議な感慨に浸った。もう歩くだけでは物足りないだろうなあ、でも、山を走ってどうするのだろう? ――まあ、楽しければいいか。
訪問者数:334人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アプローチ 林道 高原 タワ 山行 霧氷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ