ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 789097 全員に公開 ハイキング丹沢

富士居山・向山・大峰:愛川の里山は意外にタフ、半袖隊長、仏果山は撤退

日程 2016年01月02日(土) [日帰り]
メンバー yamabeeryu
天候 快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
【往路】地元駅10:1310:54本厚木駅11:22bus(470円)11:53半増坊前BS
【復路】半原BS15:20bus(570円)16:06本厚木駅16:13相模大野駅新百合ヶ丘駅16:54地元駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間19分
休憩
4分
合計
3時間23分
S半僧坊前バス停11:5512:16関ふれ道取付き地点12:32三増合戦場12:3612:49富士居山登山口12:58富士居山13:34向山13:45大峰13:59大峰登山口14:10愛川大橋BS14:33愛川ふれあい村BS14:47林道宮沢線起点15:18半原BSG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
12:00 半僧坊前バス停12:04 田代バス停12:49 富士居山登山口12:59 富士居山13:34 向山13:47 大峰13:58 大峰登山口14:32 愛川ふれあいの村野外センター前バス停14:40 愛川ふれあいの村15:09 撚糸組合前15:14 半原バス停

★EK度数:19.065=11.82+(492÷100)+(465÷100÷2)
 →→→判定「●EK16〜24未満 比較的楽」

EK度数=合計距離+(累積標高上り÷100)+(累積標高下り÷100÷2)
(標高グラフ機能の「SRTM標高」値を採用)
Thanks to murrenさん⇒
http://www.yamareco.com/modules/yamanote/detail.php?nid=142
コース状況/
危険箇所等
今回の山道区間は、田代地区から真名倉地区の約3kmのみ
その他は、途中撤退した仏果山への道も含めて道路歩き。

★富士居山(ふじいやま)252.9m→向山(むこうやま)375.2→大峰(おおみね)334.5m
 枯葉の降り積もる尾根道縦走。
 大した標高はないが、麓から受ける印象と異なり、小ピークが連続し、想像以上のアップダウンを繰り返す。
 特に富士居山から向山にかけての急登と大峰からの激下りは印象深い。
 ここに比べると、陣馬高尾縦走路など容易いものだと感じる。

【注意事項】愛川大橋を渡ってすぐの階段を上がると「仏果山・高取山⇒」との道標があり行ってみたが
 (菽呂留にある登山口らしき踏み跡を進んでみたがすぐに倒木(二本)があり荒れている
 更に進むも下草が多く踏み跡がなくなる
 B瑤糧紳仟Δ鮓渡してみるも踏み跡らしきものなし
 ぬ瓩辰栃菽呂留・上部を探索するも踏み跡なし
にて撤退した。今では登山道として利用されていない気配が濃厚。

 その後、野外教育センター前BSから仏果山への道を1kmほど歩いたところで時間切れと判断し、半原BSに戻った。

★水場sweat02:なし
★渡渉箇所wave:なし
★残雪状況snow:なし
★泥濘状況shoe:なし

☆半袖 タイム:最初から最後まで
★半袖 出会い指数:なし
☆半袖 驚かれ指数:なし
★入山者run:出遭いなし
その他周辺情報★登山ポストpostoffice:なし
★トイレtoilet:なし
★駐車場parking:なし
★コンビニ24hours:本厚木駅周辺で調達すべし、半増坊前BS付近になし
★酒屋:半原BSの真ん前
★携帯 :途中、圏外箇所あり

★温泉spa:寄らず
★飲食店restaurant:餃子の王将(本厚木駅前)
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

蕎麦からラーメンに宗旨替え?
本厚木駅前の餃子の王将にて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蕎麦からラーメンに宗旨替え?
本厚木駅前の餃子の王将にて。
8
加奈中バスで半増坊前BSへ。
下車したのは拙者のみ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
加奈中バスで半増坊前BSへ。
下車したのは拙者のみ。
中津川を渡る。
中央奥が目指すし志田三山かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中津川を渡る。
中央奥が目指すし志田三山かな?
左手には経ヶ岳(左)と仏果山(右)か?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手には経ヶ岳(左)と仏果山(右)か?
3
県道54号線から住宅地に入って取付地点へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道54号線から住宅地に入って取付地点へ。
すぐに小さな墓地。
左の登山道ではなく、真っ直ぐ簡易舗装の道を行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに小さな墓地。
左の登山道ではなく、真っ直ぐ簡易舗装の道を行く。
落ち葉が降り積もる道をジグを切って登ると・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉が降り積もる道をジグを切って登ると・・・
田園地帯に飛び出す。
中央奥が志田三山かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田園地帯に飛び出す。
中央奥が志田三山かな?
1
左手には経ヶ岳・高取山が大きい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手には経ヶ岳・高取山が大きい。
5
暫く畑の中を歩くと三増合戦場に。
北条勢と武田勢の激戦の跡地だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫く畑の中を歩くと三増合戦場に。
北条勢と武田勢の激戦の跡地だ。
勾配を上がった先に紅梅。
暖かい三が日だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勾配を上がった先に紅梅。
暖かい三が日だ。
11
首塚を通過。
悲しい歴史があったのか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
首塚を通過。
悲しい歴史があったのか?
1
正面右の白い建物が農村環境改善センター。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面右の白い建物が農村環境改善センター。
センターを少し通り過ぎたら左手に石段。
志田三山への取付地点だ。
その昔は道標があったらしいが、今は道標もテープも何もない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
センターを少し通り過ぎたら左手に石段。
志田三山への取付地点だ。
その昔は道標があったらしいが、今は道標もテープも何もない。
少し上がると左斜面に茶畑が広がる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し上がると左斜面に茶畑が広がる。
5
落ち葉がふんだんに堆積する道を登ると・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉がふんだんに堆積する道を登ると・・・
1
富士居山山頂252.9mにトウチャコ。
冬場でも眺望なし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士居山山頂252.9mにトウチャコ。
冬場でも眺望なし。
1
この後、向山までいくつかの急なアップダウンをこなす。
杉林の中の真っ直ぐな道かと思えば・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この後、向山までいくつかの急なアップダウンをこなす。
杉林の中の真っ直ぐな道かと思えば・・・
1
落ち葉の絨毯が広がる。
左に下れば愛川橋BSにエスケープ出来る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉の絨毯が広がる。
左に下れば愛川橋BSにエスケープ出来る。
2
三叉路は真ん中の道を選択。
心配しないでください、大丈夫です。
道標ありますよ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三叉路は真ん中の道を選択。
心配しないでください、大丈夫です。
道標ありますよ!
1
本日の一番の激坂。
標高はしれているが、陣馬高尾より凹凸は厳しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の一番の激坂。
標高はしれているが、陣馬高尾より凹凸は厳しい。
右に下ると志田峠で関ふれ道となる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右に下ると志田峠で関ふれ道となる。
志田峠分岐から向山山頂375.2mはすぐ。
志田三山の尾根最高峰で電波塔が設置されている。
でもここも眺望なし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
志田峠分岐から向山山頂375.2mはすぐ。
志田三山の尾根最高峰で電波塔が設置されている。
でもここも眺望なし。
2
大峰までは緩やかな起伏の道で・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峰までは緩やかな起伏の道で・・・
杉林と雑木林が断続的に続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉林と雑木林が断続的に続く。
大峰山頂334.5mにトウチャコ。
ここまで誰にも遭遇せず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峰山頂334.5mにトウチャコ。
ここまで誰にも遭遇せず。
1
大峰山頂全景。
やはり眺望なし。
静かな里山だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峰山頂全景。
やはり眺望なし。
静かな里山だ。
1
さあ、半原市街地に向けて下山。
全般的に急坂。
枯れ葉の踏み抜き・スリップに注意。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、半原市街地に向けて下山。
全般的に急坂。
枯れ葉の踏み抜き・スリップに注意。
経験上、竹林が出現すると里は近い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
経験上、竹林が出現すると里は近い。
やはり・・・この橋を渡ると
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり・・・この橋を渡ると
住宅地に出てきた。
お爺さんが日向ぼっこ(左中)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
住宅地に出てきた。
お爺さんが日向ぼっこ(左中)。
仏果山方面を眺めながらダラダラと坂を下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仏果山方面を眺めながらダラダラと坂を下る。
この橋を渡ればすぐに半原バス停だが、中津川に沿って真っ直ぐ進む。
まさかこの後ここに戻って来るなんて・・・考えもしなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この橋を渡ればすぐに半原バス停だが、中津川に沿って真っ直ぐ進む。
まさかこの後ここに戻って来るなんて・・・考えもしなかった。
愛川大橋に達して、二つ目の赤線繋ぎ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛川大橋に達して、二つ目の赤線繋ぎ。
歩いてきた志田三山が大きく見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた志田三山が大きく見える。
2
次に目指すは仏果山。
取付地点はこの辺かと目星を付け階段を上がると・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次に目指すは仏果山。
取付地点はこの辺かと目星を付け階段を上がると・・・
階段を上がった所に道標あり。
山勘バッチリだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段を上がった所に道標あり。
山勘バッチリだ。
先に進んでみると墓地。
奥を左へ入って踏跡を辿るが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先に進んでみると墓地。
奥を左へ入って踏跡を辿るが…
倒木が二本。
まあ、これは越えればいいだけなのだが……
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木が二本。
まあ、これは越えればいいだけなのだが……
しかし踏跡が消滅!
数分粘るも廃道の臭いがぷんぷん。
「撤〜退!」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし踏跡が消滅!
数分粘るも廃道の臭いがぷんぷん。
「撤〜退!」
1
バス道に戻って来たら、一時間に一本のバスが行ったばかり。
ツイてねぇなぁ……と取り敢えず先に進むと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス道に戻って来たら、一時間に一本のバスが行ったばかり。
ツイてねぇなぁ……と取り敢えず先に進むと
愛川ふれあい村BS付近の三叉路で仏果山への道標発見。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛川ふれあい村BS付近の三叉路で仏果山への道標発見。
14:47 暫し歩いて林道宮沢線の起点。
仏果山を越え土山峠BSに出て、15時50分のバスに乗るのは無理だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:47 暫し歩いて林道宮沢線の起点。
仏果山を越え土山峠BSに出て、15時50分のバスに乗るのは無理だ。
再びバス道に向かいながら、足長オッサン。
既に午後の斜光線だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再びバス道に向かいながら、足長オッサン。
既に午後の斜光線だ。
4
あれ?バス道が上空に。
なんと立体交差してるんだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ?バス道が上空に。
なんと立体交差してるんだ。
結局、半原神社を経て
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結局、半原神社を経て
1
半原バスターミナルまでテクテク。
バス発車5分前にトウチャコ。
これで「ローカル路線バスの旅」放映時刻に間に合うぞ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半原バスターミナルまでテクテク。
バス発車5分前にトウチャコ。
これで「ローカル路線バスの旅」放映時刻に間に合うぞ。
2
なぜかバス停の前には酒屋があるもんだ。
お疲れさんどしたm(__)m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なぜかバス停の前には酒屋があるもんだ。
お疲れさんどしたm(__)m
12

感想/記録

【プロローグ】
ホントは奥多摩方面に行こうかと思っていた。
しかし目覚めたら既に7時前・・・こりゃ奥多摩なんて無理だ。
あれこれ考えて、以前から関心のあった仏果山周辺の山域を目指すことにした。
半増坊前BSから志田三山(←拙者が勝手に名付けた=富士居山・向山・大峰)を縦走した後に仏果山へ転進し土山峠BSに下る。
ついでに煤ヶ谷BSまで歩を進めたら・・・フフフ、やったね。

でも、きっと何方からか、こんな声が上がるに違いない。
「安心してください、大丈夫ですよ。バレてますから。」
何がバレるかって、赤線繋ぎの魂胆が丸見えですね。

しかし、今日は大きな制約事項がある。
夕方6時から正月特番「ローカル路線バスの旅」(TV東京)が放映されるのである。
拙宅では絶大なる人気を誇る番組で、その放映開始時刻までには帰らなければならないのだ。
「その前にお風呂にも入るのよ!」と1号隊員から釘を刺される。
すると夕方5時半頃には帰宅しなければ・・・逆算すると、土山峠を午後3時56分に出るバスに乗らないと間に合わない。

【勝手に名付けた志田三山】
北から「大峰・向山・富士居山」と続く山域を総称する名前はないのか?
ググってみたがこれといった総称はないようだ。
ヤマプラ地図を見ても分からない。
そこで、並行して走る関東ふれあいの道の真ん中辺りにある志田峠から拝借して「志田三山」と呼ぶことにした。

最高峰の向山でさえ375.2mしかない。
従って山頂からの展望は、木の葉が落ちて丸坊主になる今の時期でも、全く期待できない。
但し、富士居山から向山にかけては結構な急坂が連続する。
降り積もった落ち葉で足元の踏ん張りが効き難いこともあって、想像以上の運動量が要求される。
アップダウンのきつさは、陣馬高尾異常ではないか・・・と思ったくらいだ。
夏場はおそらく夏草が生い茂るだろうし、気温の高さがネックとなって、あまり歩きたいとは思わないだろう。
歩くなら中秋から早春にかけてがいいのではなかろうか・・・誰でも同じ結論になりそうだが。

【仏果山から途中撤退】
半増坊前BSを歩き始めたのが11時55分。
しかし、なんぼなんでも遅すぎた、持ち時間が約4時間では・・・。
オマケに仏果山への取付き付近でウロウロしてしまったので20分程度のロス。
もちろん、仏果山を越えることは諦め、途中で引き返す結果となった。
あと、30分余計にあったらなぁ・・・。

でも、お蔭さまで、頭から3時間「ローカル路線バスの旅」を楽しむことが出来た(*^^)v

あっ・・・今日は登山ルートでは誰とも遭遇せず。

お疲れさんどしたm(__)m

  隊長
訪問者数:328人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/9/10
投稿数: 1273
2016/1/5 0:12
 志田三山
yamabeeryuさん、こんばんは。

志田三山のなまえ、いいですね。私も使わせていただきます。
この稜線、以前に関ふれを歩いたときにみえたので、気になっていました。
しかし、展望はないのですか...。
確かに、仏果山などとの組あわせがよいのでしょうかね。

さて、1日違いで、愛川ふれあいセンターバス停とか、餃子の王将・本厚木店とか、記憶が新鮮です。
本年もよろしくお願いします。
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7719
2016/1/5 8:03
 sat4さん
志田三山・・・気に入って頂いて何よりです。
一部には志田尾根とか前仏果との表現も見つけましたが、これと言って、決定打は見つかりませんでした。

拙者も関ふれ道にするか、この志田三山にするか迷ったのですが、
「山歩きなら志田三山!」
にしました。

この志田三山、hamburgさんが白山や鳶尾山と合わせて一気に歩かれているので参考になりますよ。

実は…翌日も拙者、この近辺で敗者復活戦をしておりました。
またもやニアミスか・・・
詳しくはWebで
今夜にもレコアップしたいです(←願望の域)

  隊長
登録日: 2013/10/11
投稿数: 762
2016/1/5 10:26
 ホントに
至るところに青山あり、ですねー
山があるから歩くのではない、
隊長が歩くところが山なのだ の精神で
僕もがんばりたいと思います!
それにしても、バス停前に酒屋 、法制化必要ですね(笑)
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7719
2016/1/5 12:17
 cyberdocさん
「人生 歩くところに 青山あり」でしょうか

細かいことなのでレコには記載しませんでしたが、半原バス停の先の橋を渡らないと、赤線繋ぎの観点から言うと後悔するので、バス発車までの5分で渡って戻ってきました。

すると探すまでもなくバス停の真ん前の酒屋 が目に飛び込んで来ました。
発車まで残り2分あることを確認し、突撃した次第です。

「人生 至るところに 酒屋あり」

  隊長
登録日: 2014/3/27
投稿数: 792
2016/1/5 15:10
 志田三山からの赤線…
yamabeeryuさん、こん○×は(^o^)/

志田三山、ネームいただきます。こちらは以前歩いた八菅山・鳶尾山からの赤線として、そろそろ行こうと思っていた箇所なので、分岐等の情報は大変ありがたいです  大峰山からの下りは登りとして使うのはどうでしょうか?関ふれの道との周回を考えているのでどっちを先に歩こうか思案中です

今回断念されたもう一方の赤線、広沢寺温泉から清川CCを抜け、煤ヶ谷BS〜土山峠BSを経て仏果山、そして愛川ふれあい村BSへ降りれば、一気に片付けられますね
ただ車道歩きが長くなりそうですが…ってもしや、すでに実行中だったり

mamepapa dog
登録日: 2010/4/10
投稿数: 537
2016/1/5 17:48
 新年からハイペース!
こんにちわ。
元旦のハイキングに続いて、2日もハイキングに行かれるとは、今年はレコが100越えのハイペースですね。

丹沢の里山に、こんなにいいコースがあることを教えていただきありがとうございます。本厚木から行けるので、交通の便がいいです。

バス旅は、ゴールに到着できなくて残念!蛭子さんも頑張って歩いたのに。北関東には、意外にバス路線が少ないのですね。私も、山に登れなくなったら、バス旅をしてみたいなと思っています。
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7719
2016/1/5 18:23
 mamepapaさん
志田三山、気に入って頂きナニよりです
著作権yenは不要ですので、ご自由にお使い下さいfree

もう少し南東にある八菅山・鳶尾山も、山渓分県ガイドに紹介されているので気になっています。

さて大峰を登りに使うのはokだと思います。
急坂ですが登れないほどではないですし、下りで身体の制御に苦労するより好いと思います

但し向山から富士居山への尾根道の下りが急になります。
でも長さ50mほどですから、ナントかなりますよ

もう一方の未遂に終わった赤線・・・1/3に、南から北上するのではなく、北から南下しました。
また出足が遅くて未遂に終わりそうになりましたが、今回は執念で完遂しました。
詳しくはWeb で。
・・・あっ、まだアップしてなかった

  隊長
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7719
2016/1/5 18:36
 3737さん
最近はバスでトンネルを通過する時に、歩道が設置されているか見るようになってしまいました
もしかして歩くことになったら・・・
因みに宮ヶ瀬周辺の道路では、大半のトンネルに歩道が付いています。

普段は2時間番組で3泊4日ですから、3時間特番と聞くと、4泊5日あるいは5泊6日の過酷な旅かと期待していたのですが、やはり3泊4日でしたね。
ちょっと残念。
歩きの場面が多いのもいいような・・・悪いような・・・。

栃木北部の前日光では、一日の運行3〜4便のバスがざらにありますから、親近感が湧いてしまいます。
その点、少ないと言えども1時間に1本ある宮ヶ瀬や半原へのアクセスは便利だと言えるんでしょうね。

  隊長
登録日: 2012/4/30
投稿数: 3333
2016/1/5 18:45
 愛甲アルプス!
隊長
私の歩いた「愛甲九峰」を覚えて頂いて光栄です。
低山ですが、なかなかのルートだったでしょ
コメントに私の名前が出てきたので宣伝させてください

hamburg

sat4さん
私の「愛甲九峰縦走ハイキング (大峰-向山-富士居山-七尾山-八菅山-鳶尾山-桜山-白山-井出山)」是非参考にしてください
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-590973.html
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7719
2016/1/6 8:56
 hamburg渋描き隊長
低山数珠繋ぎの山行でしたね。
拙者もそのうち鳶尾山付近を探索しようかと……

半袖隊長
登録日: 2010/2/8
投稿数: 2482
2016/1/6 22:13
 正月から気合が違いますね!
隊長、今年もよろしくお願いいたします。

志田三山ですか!
天気も良く快晴の低山歩きを楽しまれましたね。
午後からにしては相変わらずのハイペース恐れ入ります。
しかし、一見普通の低山歩きでも、隊長にかかるとワクワク感百倍で読んでいて飽きないです。
じつはその日私も3時頃ですが本厚木の北口にいてました。
義理の父母が厚木の宮の里なので家族で。バス待ちの間、確か王将の近くにあったマックでコーラ飲んでました。
正月からニアミス?
幸先のいい年になりそうです
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7719
2016/1/7 8:55
 ShuMaeさん
午後3時頃となると、拙者は半原BSに舞い戻った頃ですね。
確かにマクド(⇨関西風に)もありましたね。

一時間ほど前後すれは、バスロータリーでばったり……なんて。
確か当日は、バス車内でも半袖のままだったような⇨バスロータリーでも半袖。

拙者こそ、宜しくお願い致しまするm(_ _)m

半袖隊長

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ