ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 791043 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走赤城・榛名・荒船

落沢岳〜しれいた山《藪岩魂ルート上級》未踏のルート

日程 2016年01月02日(土) [日帰り]
メンバー pi-ti, その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
下仁田市街より県道45号線を使い大北野に向かう。
詳細は、打田0貉畸 藪岩魂の中の地図を参照。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間1分
休憩
31分
合計
6時間32分
Sスタート地点08:5210:55ド急登を登り上げた地点11:0211:59落沢岳12:0512:13落沢岳の先のピーク12:2413:56看板跡の鉄枠13:5814:32しれいた山東峰14:3715:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・地図には破線ルートも載っていない。GPS必要。
・踏み跡なし・登山者なし
・林業関係のテープあり。
・藪岩魂では4時間10分コースとして紹介されているが、行きのド急登にはかなり
 時間を取られる。
・急斜面、懸垂下降20mとあるが50mロープでもギリギリだった。
 落石多くヘルメットがあった方が安全。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

下調べ無しで来ているため、駐車場・登山口を探す。
車が入れるか見に行った山友。
2016年01月02日 08:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下調べ無しで来ているため、駐車場・登山口を探す。
車が入れるか見に行った山友。
大北野下登山口(看板などは無い)
林道を入り、墓地の手前に控えめに駐車。
2016年01月02日 08:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大北野下登山口(看板などは無い)
林道を入り、墓地の手前に控えめに駐車。
沢沿いの道は荒廃している。
沢床も含め歩ける所を探して進む。
2016年01月02日 08:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いの道は荒廃している。
沢床も含め歩ける所を探して進む。
1
人が歩いた形跡はなく、獣の足跡が目立つ。
2016年01月02日 08:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人が歩いた形跡はなく、獣の足跡が目立つ。
これは熊かな?
2016年01月02日 08:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは熊かな?
イノシシのぬたうち場(山友)
2016年01月02日 09:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イノシシのぬたうち場(山友)
1
かろうじて赤テープ。
2016年01月02日 09:08撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かろうじて赤テープ。
これも印
2016年01月02日 09:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも印
1
分水尾根に出るように登り上げなくてはならない。
2016年01月02日 09:10撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分水尾根に出るように登り上げなくてはならない。
1
山友も初めての薮岩ルート。まして地図に破線すらない。
頻繁に藪岩地図とGPSで確認する。
ここを北西に登って行こう。
2016年01月02日 09:10撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山友も初めての薮岩ルート。まして地図に破線すらない。
頻繁に藪岩地図とGPSで確認する。
ここを北西に登って行こう。
1
かなりの急登。
2016年01月02日 09:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなりの急登。
品塩山を越える超ド急登。
2016年01月02日 09:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
品塩山を越える超ド急登。
1
「初めての藪岩ルートは、byちゃんとじゃないとダメだな」って言われないように私もルーファイと写真・記録係を頑張るぞ!!
2016年01月03日 15:27撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「初めての藪岩ルートは、byちゃんとじゃないとダメだな」って言われないように私もルーファイと写真・記録係を頑張るぞ!!
1
木々が行く手を阻む。
2016年01月02日 09:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々が行く手を阻む。
少し南へ下がろう。
2016年01月02日 09:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し南へ下がろう。
沢床を歩く。
2016年01月02日 09:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢床を歩く。
1
よし ここから上に登るぞ
2016年01月02日 09:51撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よし ここから上に登るぞ
この石がゴロゴロ転がってしまい登りにくい。
2016年01月02日 10:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この石がゴロゴロ転がってしまい登りにくい。
1
林業者のテープがいくつかある。
2016年01月02日 10:06撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林業者のテープがいくつかある。
1
このルートめちゃくちゃ難易度高いじゃないかぁ・・・
2016年01月02日 10:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このルートめちゃくちゃ難易度高いじゃないかぁ・・・
1
振り返るとこんな
2016年01月02日 10:51撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとこんな
この急登は最高ものだね。
2016年01月02日 10:59撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この急登は最高ものだね。
3
あの出合いに登り上げるぞ!!
2016年01月02日 11:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの出合いに登り上げるぞ!!
ここは標石「五七」の少し手前。
少し行き過ぎたところに出ちゃったね。
2016年01月02日 11:12撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは標石「五七」の少し手前。
少し行き過ぎたところに出ちゃったね。
1
このピークを越えて分水尾根に合流する。
2016年01月02日 11:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このピークを越えて分水尾根に合流する。
落石するので間を開けて進む。
2016年01月02日 11:17撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落石するので間を開けて進む。
1
鹿岳と四ッ又山が近い。
分水尾根は鹿岳へ続いている。
2016年01月02日 11:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿岳と四ッ又山が近い。
分水尾根は鹿岳へ続いている。
松の木のP2
2016年01月02日 11:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松の木のP2
南面の岩場を行く。
2016年01月02日 11:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南面の岩場を行く。
北側への矢印が赤ペンキで木に書かれていた。
2016年01月02日 11:51撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側への矢印が赤ペンキで木に書かれていた。
北面をブッシュクライミング。
葉っぱがないぶん登りやすい。
2016年01月02日 11:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北面をブッシュクライミング。
葉っぱがないぶん登りやすい。
ここが落沢岳790mだ〜!!
と思ってなんか食べようと言っていたら・・
「GPSではまだ先だよ〜」
2016年01月03日 13:57撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが落沢岳790mだ〜!!
と思ってなんか食べようと言っていたら・・
「GPSではまだ先だよ〜」
2
先を見てみると確かにピークがある。
「ここより低いし落沢岳は鋭いって書いてあるよ。」と山友。
あれは鋭くないでしょ〜??
2016年01月02日 12:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先を見てみると確かにピークがある。
「ここより低いし落沢岳は鋭いって書いてあるよ。」と山友。
あれは鋭くないでしょ〜??
1
後で後悔するのは嫌だから行こう!!
2016年01月02日 12:08撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後で後悔するのは嫌だから行こう!!
やった〜 到達!!
でもやっぱりあっちの山が落沢岳じゃない??
2016年01月02日 12:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やった〜 到達!!
でもやっぱりあっちの山が落沢岳じゃない??
GPSはここでドンピシャだ・・・
まっ いっかね (・o・)
2016年01月02日 12:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
GPSはここでドンピシャだ・・・
まっ いっかね (・o・)
1
気温は12.1℃
上着は要らない。これでも暑いくらい。
2016年01月02日 12:28撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気温は12.1℃
上着は要らない。これでも暑いくらい。
今日の浅間山は雲が無く、噴煙少し。
今12:30。登ってきた所に着いた時間でピストンするか考えよう。
2016年01月02日 12:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の浅間山は雲が無く、噴煙少し。
今12:30。登ってきた所に着いた時間でピストンするか考えよう。
1
行きは北面ブッシュクライミングしてきた所を、帰りは南面を巻く。
2016年01月02日 12:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きは北面ブッシュクライミングしてきた所を、帰りは南面を巻く。
ここを下りれば、ド急登を上がってきた場所に着く。
2016年01月02日 13:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを下りれば、ド急登を上がってきた場所に着く。
標石「五七」の手前に到着。
山友はピストンせずしれいた方向に進んだ。
やったー!!
2016年01月02日 13:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標石「五七」の手前に到着。
山友はピストンせずしれいた方向に進んだ。
やったー!!
1
藪岩地図では懸垂下降20mの場所がすぐに現れる。
2016年01月03日 13:32撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪岩地図では懸垂下降20mの場所がすぐに現れる。
ここかな?
「どっかに捨て縄あるか見て?」
2016年01月02日 13:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここかな?
「どっかに捨て縄あるか見て?」
でも、俺らならロープ使わなくとも降りられそうだな。
少し行くが落石が半端ない。
足を乗せるごとに岩が崩れ落ちる。
2016年01月02日 13:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、俺らならロープ使わなくとも降りられそうだな。
少し行くが落石が半端ない。
足を乗せるごとに岩が崩れ落ちる。
1
足場を木の根元に置きロープを準備する。
「ハーネスつけといて」
私は落石の為ここで待機。
2016年01月02日 13:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足場を木の根元に置きロープを準備する。
「ハーネスつけといて」
私は落石の為ここで待機。
次行きます。
ロープの場所まで行くにも落石がすごい。大きな岩がゴロゴロ落ちる。山友は大木の陰に避難。「落石させ過ぎだよ」と怒られる。
2016年01月03日 13:17撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次行きます。
ロープの場所まで行くにも落石がすごい。大きな岩がゴロゴロ落ちる。山友は大木の陰に避難。「落石させ過ぎだよ」と怒られる。
ここはロープ無しは無理。
50mロープでもギリギリだった。
今日一番の核心部。
2016年01月02日 13:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはロープ無しは無理。
50mロープでもギリギリだった。
今日一番の核心部。
1
明瞭な尾根を下る。
2016年01月02日 13:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明瞭な尾根を下る。
あー!!看板跡の鉄枠♪
駆け寄って枠を掴んだら・・・
2016年01月02日 13:56撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あー!!看板跡の鉄枠♪
駆け寄って枠を掴んだら・・・
あー!!
ポキッてなっちゃった・・・・
ごめんなさいm(__)m
2016年01月02日 13:57撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あー!!
ポキッてなっちゃった・・・・
ごめんなさいm(__)m
1
綺麗に四つに割れた四ッ又山
2016年01月02日 14:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗に四つに割れた四ッ又山
右側切れ立った絶壁。ここが「しれいた」(白板)
2016年01月02日 14:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側切れ立った絶壁。ここが「しれいた」(白板)
2
しれいた山西峰641m
2016年01月02日 14:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しれいた山西峰641m
1
キレットの固定ロープ。
2016年01月02日 14:28撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレットの固定ロープ。
下降地点は右側に切れ落ちている。
固定ロープ必要箇所だね。
2016年01月02日 14:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下降地点は右側に切れ落ちている。
固定ロープ必要箇所だね。
バッチリ
2016年01月02日 14:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バッチリ
樹林の中の
しれいた山 東峰
2016年01月02日 14:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林の中の
しれいた山 東峰
東峰を越えすぐに無理やり北へ。
(本当はもう少し行ってから北なのに私が間違えた)
2016年01月02日 14:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東峰を越えすぐに無理やり北へ。
(本当はもう少し行ってから北なのに私が間違えた)
尾根を北に行くことになるので、尾根らしきものを見つける。
あれかな。
2016年01月02日 14:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を北に行くことになるので、尾根らしきものを見つける。
あれかな。
こんな斜面を尾根らしきところまで降りる。
2016年01月02日 14:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな斜面を尾根らしきところまで降りる。
尾根
2016年01月02日 14:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根
「時に見失いそうな尾根の最上部を外さず下り続ける」
とあるがもう尾根が消えてしまった。
2016年01月02日 15:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「時に見失いそうな尾根の最上部を外さず下り続ける」
とあるがもう尾根が消えてしまった。
GPSの方角を頼りに野生の感で突き進む山友。
この先崩落地帯。右に回る。
2016年01月02日 15:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
GPSの方角を頼りに野生の感で突き進む山友。
この先崩落地帯。右に回る。
この先、沢に行きあたり沢沿いを進む。
2016年01月02日 15:08撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先、沢に行きあたり沢沿いを進む。
おっと!!車が見えた!!
安心感がどっと押し寄せてくる瞬間。
2016年01月02日 15:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっと!!車が見えた!!
安心感がどっと押し寄せてくる瞬間。
お疲れ様でした。
私、足手まといになって無かったよね(・o・)
二人が初めて行った藪山。すごい達成感でいっぱいです。
2016年01月02日 15:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした。
私、足手まといになって無かったよね(・o・)
二人が初めて行った藪山。すごい達成感でいっぱいです。
5

感想/記録
by pi-ti

今シーズンの藪岩は、品塩山でしめ、雪山にしようと思っていましたが、
12月30日に八ヶ岳の硫黄岳に行ってみたら寒いのなんの。
まだまだ藪岩に登りたくなりました。

藪岩魂ルート上級編も残すところあと3ルート。
山友が事前に下調べしてあるコースはもうありません。
そこで今回のルートを選びました。
地図にも破線がないルートなんて初めてです。
山友は、難関コースの下調べには いつもbyちゃんと一緒に行きます。
今回はよく二人で行ってくれたと感謝しています。
きっと内心は不安だったと思います。
行ってくれてどうもありがとう。
訪問者数:357人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/10
投稿数: 1241
2016/1/4 22:19
 コンパクトながら藪岩が詰まってる!
名前は聞いたことあったけど、こんなにハイグレ感満載のルートなんですね〜(*^^*)
面白そうなので、僕もいつか挑戦してみます!!

それにしても、ド急登や難所のときに見せる、よーこさんの笑顔は完璧ですね( 〃▽〃)
こんなに藪岩を楽しんでるレコが他にありましたでしょうか(笑)
今回はダムちゃんも相当な緊張感があったみたいで、かなり表情が硬く見える気がします(^q^)

安全第一で、今年も藪の未踏ルートのレコを、お願いします!!
登録日: 2014/8/18
投稿数: 192
2016/1/4 23:15
 Re: コンパクトながら藪岩が詰まってる!
byちゃん コメントをありがとうございます。
ここはなかなかでしたよ。
本物の藪岩って感じがプンプンしていました。
懸垂下降地点の落石は半端なかったです!!
穂高で言う落石とは全く違うんです。
石に足を乗せたとたん石が斜面から抜け落ちて真下に落ちていくんですよ。
それもかなり大きな石が
上からダム珍がロープをつけた地点まで降りる短い距離だけでも
大きいのが落ちて足がずりっていきました。
もしよかったら ダム賃と言ってみてくださいね(*^-^*)

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ