ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 794029 全員に公開 ハイキング大台ケ原・大杉谷・高見山

出会いと霧氷の高見山で平成28年の山歩き始動!

日程 2016年01月10日(日) [日帰り]
メンバー sukanpo
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
桃俣登山口駐車場
R369の掛の交差点(信号あり)を右折。(真っすぐ行くと曽爾高原)
御杖村内に入って採石場?を過ぎて少し走ると、橋の手前の桃俣口バス停
(待合所・トイレあり)のところを右折。
桃俣川に沿って上がって行くと8〜10台程停められる駐車場に着きますが
途中ちょっとわかりにくいかもしれません。

トイレもありますが、チョット気味悪いです。
個室のベニヤ板がはがれてて、以前より荒れてました。

登山ポストはありませんでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間4分
休憩
23分
合計
3時間27分
S桃俣登山口09:1410:01天狗山10:0310:22台高尾根分岐10:54高見山11:0111:36台高尾根分岐11:4711:56天狗山巻道分岐11:5912:41桃俣登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口⇒天狗山
登山口上の高角神社横から、すぐ植林の中の急登が続きます。
一旦緩やかになり、尾根の南側を巻いて左よりに曲りながら少し行くと
天狗山からの支尾根に乗ります。
支尾根を登って行くと左にフェンスが現われ、右側には木の間越しに
「チラッ!」と大天狗岩やその先で天狗山が見えるところがあります。
天狗山の登りにかかると少しだけ尾根の南側を巻いたその先で、数回
小刻みにジグザグするとまた尾根に乗り、雰囲気のいい自然林を登り
しばらくすると巻道分岐の標識に出ます。
ここを直登すれば天狗山で左へ進むと巻道です。
天狗山の巻道は大変狭く傾斜も急なので要注意です。
もう少ししてからの積雪期は、雪が深くなると巻道は使わず天狗山に
上がってから台高尾根分岐に向かう方が安全と思います。

天狗山⇒高見山
天狗山から台高尾根分岐まで北尾根を上がって行きます。
台高尾根分岐手前で東側の展望が開け、高見山〜三峰山への主稜線と
振り返り気味に大洞山や曽爾の山々が眺められます。
そして、しばらく登ると高見山〜三峰山主稜線と北尾根との合流点の
台高尾根分岐に出ます。
ここを右折して主稜線を高見山へ上がって行きます。
途中の崩壊地の上部を通る時、崖際に寄りすぎないよう注意です!

高見山山頂のすぐ東にあるコブ手前あたりから痩せ尾根となり、木々も
低く吹きさらしになるので強風時や降雨時は注意が必要です。
この小ピークから高見山方向に下りるところは急でロープがあります。
雪が着いてる時や、凍結してる時は要注意です。
その他周辺情報帰り道、掛の信号を右折して曽爾高原の方に行くと『お亀の湯』と
『曽爾ファームガーデン』があります。

お亀の湯
通常営業時間4月1日〜11月末日
朝11時→21時【最終受付20時】
12月1日⇒3月31日は冬時間になります
朝11時→20時30分【最終受付19時30分】
定休日 水曜日 水曜日が祝日の場合は営業 翌日が休み
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 グローブ 防寒着 雨具 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 GPS(スマホ) コンパス ヘッドランプ ツェルト

写真

桃俣登山口
右が登山道で左の建物が
怪しげ!?なトイレで、
その向こうが駐車場
今日、私は5台目でした
2016年01月10日 09:14撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桃俣登山口
右が登山道で左の建物が
怪しげ!?なトイレで、
その向こうが駐車場
今日、私は5台目でした
9
登山口からすぐに
溝状の急登ですが
15分ほどの辛抱です
2016年01月10日 09:19撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口からすぐに
溝状の急登ですが
15分ほどの辛抱です
3
急登が一段落すると
緩やかな細尾根になり
右に大天狗岩の横顔が
見えます でも今日は
行きません
2016年01月10日 09:35撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登が一段落すると
緩やかな細尾根になり
右に大天狗岩の横顔が
見えます でも今日は
行きません
6
そして天狗山もチラッと
見えます
で、今日の天狗山は
白くないので高見山も
霧氷は無いのかな?と
ちょっと不安になる
2016年01月10日 09:44撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして天狗山もチラッと
見えます
で、今日の天狗山は
白くないので高見山も
霧氷は無いのかな?と
ちょっと不安になる
5
天狗山へ、気持ちイイ
自然林を登ります
このあたり霧氷が着くと
とても綺麗です!
2016年01月10日 09:51撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗山へ、気持ちイイ
自然林を登ります
このあたり霧氷が着くと
とても綺麗です!
6
真っすぐが天狗山
左が巻道です
行きは天狗山に登って
帰りは巻道で下ります
2016年01月10日 09:59撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っすぐが天狗山
左が巻道です
行きは天狗山に登って
帰りは巻道で下ります
3
天狗山にとうちゃ〜く
今日は、ひこにゃんに
お供してもらってます
2016年01月10日 10:03撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗山にとうちゃ〜く
今日は、ひこにゃんに
お供してもらってます
9
天狗山をあとにして
登って行くと「あ〜っ!
karchiさんお久しぶり
です〜!」と、少し
お話しさせていただいた
あと、後ろ姿を撮り合い
っこしてお別れしました
karchiさんは北尾根周回
されるとのことでした
2016年01月10日 10:11撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗山をあとにして
登って行くと「あ〜っ!
karchiさんお久しぶり
です〜!」と、少し
お話しさせていただいた
あと、後ろ姿を撮り合い
っこしてお別れしました
karchiさんは北尾根周回
されるとのことでした
9
台高尾根分岐の手前で
東側の展望が拡がり
高見山〜トクマ山〜
三峰山の主稜線や…
2016年01月10日 10:16撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
台高尾根分岐の手前で
東側の展望が拡がり
高見山〜トクマ山〜
三峰山の主稜線や…
6
大洞山や倶留尊山
そしてここには写って
無いけど鎧岳・兜岳が
眺められます
2016年01月10日 10:17撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大洞山や倶留尊山
そしてここには写って
無いけど鎧岳・兜岳が
眺められます
7
で、“ よろ・かぶ ” を
ズームアップ!
やっぱりこのふたつの
お山は眼を引きます
2016年01月10日 10:18撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、“ よろ・かぶ ” を
ズームアップ!
やっぱりこのふたつの
お山は眼を引きます
18
台高尾根分岐に到着
お〜っ!山頂は白く
なってるやん!!
2016年01月10日 10:22撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
台高尾根分岐に到着
お〜っ!山頂は白く
なってるやん!!
6
でも、まだ霧氷は現れず
雪の上に霧氷がいっぱい
落下してる〜 (>_<)
2016年01月10日 10:30撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、まだ霧氷は現れず
雪の上に霧氷がいっぱい
落下してる〜 (>_<)
4
こ〜んな感じです〜!
早よ行かなドンドン
落ちてしまう〜!?
2016年01月10日 10:30撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こ〜んな感じです〜!
早よ行かなドンドン
落ちてしまう〜!?
11
崩壊地の手前のピーク
から、ほんとに綺麗な
三角の山頂が見えます
2016年01月10日 10:34撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊地の手前のピーク
から、ほんとに綺麗な
三角の山頂が見えます
10
崩壊地で、いつもと
おんなじ写真です
雪が積もればもっと
イイ雰囲気になります
2016年01月10日 10:36撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊地で、いつもと
おんなじ写真です
雪が積もればもっと
イイ雰囲気になります
14
そして、やったー!
待望の霧氷出現!!
と、思ったら、ほんの
少し登っただけで…
2016年01月10日 10:39撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、やったー!
待望の霧氷出現!!
と、思ったら、ほんの
少し登っただけで…
5
突然眼の前が真っ白な
世界になり、ここから
素晴らしい霧氷ワールド
のはじまりはじまり〜!
2016年01月10日 10:40撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突然眼の前が真っ白な
世界になり、ここから
素晴らしい霧氷ワールド
のはじまりはじまり〜!
14
陽の光にキラキラ輝き
メッチャ綺麗!!
2016年01月10日 10:41撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽の光にキラキラ輝き
メッチャ綺麗!!
10
なかなかの大きさに
成長してます
2016年01月10日 10:42撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかの大きさに
成長してます
18
お〜っ!素晴らしい
霧氷ワールド!!
こんなんが山頂直下まで
ず〜っと続きました
2016年01月10日 10:43撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お〜っ!素晴らしい
霧氷ワールド!!
こんなんが山頂直下まで
ず〜っと続きました
23
霧氷の向こうには、
大洞山、尼ヶ岳、古光山
倶留尊山、よろ・かぶが
一望です
2016年01月10日 10:46撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷の向こうには、
大洞山、尼ヶ岳、古光山
倶留尊山、よろ・かぶが
一望です
11
東のコブあたりは風が
強く、霧氷はパラパラと
吹き飛ばされてました
2016年01月10日 10:47撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東のコブあたりは風が
強く、霧氷はパラパラと
吹き飛ばされてました
13
東のコブの手前から
山頂を望む
2016年01月10日 10:47撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東のコブの手前から
山頂を望む
7
東のコブに到着
呼んだら聞こえる!?
くらい近いです
2016年01月10日 10:48撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東のコブに到着
呼んだら聞こえる!?
くらい近いです
15
振り返って高見〜三峰の
主稜線方向を眺める
2016年01月10日 10:49撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って高見〜三峰の
主稜線方向を眺める
6
山頂とコブの間の鞍部
からのこのルートは
雪がいっぱい着くと
ちょっと怖いです
2016年01月10日 10:50撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂とコブの間の鞍部
からのこのルートは
雪がいっぱい着くと
ちょっと怖いです
11
イイね〜!イイね〜!!
2016年01月10日 10:52撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イイね〜!イイね〜!!
10
あそこが大峠からの
登山道との合流点です
2016年01月10日 10:52撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あそこが大峠からの
登山道との合流点です
10
高見山山頂に到着!
でも、なんかもの足らん
ような気がする!?
2016年01月10日 10:54撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高見山山頂に到着!
でも、なんかもの足らん
ような気がする!?
16
ひこにゃんときんとと
(うしろ向いてる)と
三角点で記念撮影
2016年01月10日 10:55撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひこにゃんときんとと
(うしろ向いてる)と
三角点で記念撮影
20
高見山〜三峰山の主稜線
方向ですが、やっぱり
もの足らん気が…
2016年01月10日 10:55撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高見山〜三峰山の主稜線
方向ですが、やっぱり
もの足らん気が…
6
高見山山頂での
お約束の一枚ですが
「おねーさん、勝手に
うしろ姿を撮って、
ゴメンなさい!」
2016年01月10日 10:56撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高見山山頂での
お約束の一枚ですが
「おねーさん、勝手に
うしろ姿を撮って、
ゴメンなさい!」
14
台高縦走路と
国見山・水無山・明神岳
そして右奥には薊岳
2016年01月10日 10:57撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
台高縦走路と
国見山・水無山・明神岳
そして右奥には薊岳
7
山頂避難小屋の上から
山頂の高角神社を眺める
2016年01月10日 10:58撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂避難小屋の上から
山頂の高角神社を眺める
6
避難小屋前の霧氷は
かなり落ちてました
この時の避難小屋は
立ち席を含め8割くらい
の混み具合だった
2016年01月10日 10:59撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋前の霧氷は
かなり落ちてました
この時の避難小屋は
立ち席を含め8割くらい
の混み具合だった
6
杉谷・平野方面への
稜線も霧氷が飛ばされて
もの足らんというか
淋しい雰囲気でした
2016年01月10日 11:00撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉谷・平野方面への
稜線も霧氷が飛ばされて
もの足らんというか
淋しい雰囲気でした
7
人いっぱいやし霧氷は
淋しいし、寒いし…
来た道を戻ります
こっちのおねーさんにも
「勝手にうしろ姿撮って
ゴメンなさい!」
2016年01月10日 11:01撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人いっぱいやし霧氷は
淋しいし、寒いし…
来た道を戻ります
こっちのおねーさんにも
「勝手にうしろ姿撮って
ゴメンなさい!」
7
風にあおられて
霧氷がパラパラと
飛び去って行く
2016年01月10日 11:04撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風にあおられて
霧氷がパラパラと
飛び去って行く
17
東のコブから
山頂をズームア〜ップ!
青空だったらもっと
いいのになぁ!
2016年01月10日 11:06撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東のコブから
山頂をズームア〜ップ!
青空だったらもっと
いいのになぁ!
10
コブの手前からまた、
真っ白な世界が拡がり
しばらく続きます
2016年01月10日 11:12撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コブの手前からまた、
真っ白な世界が拡がり
しばらく続きます
10
う〜ん!素晴らしいん
ですが、贅沢を言えば
もう少し青空が欲しい〜
2016年01月10日 11:18撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
う〜ん!素晴らしいん
ですが、贅沢を言えば
もう少し青空が欲しい〜
10
豪勢な霧氷の間から
“ よろ・かぶ ” が見える
2016年01月10日 11:18撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
豪勢な霧氷の間から
“ よろ・かぶ ” が見える
15
崩壊地まで下りて
来ました
もう霧氷はありません
2016年01月10日 11:23撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊地まで下りて
来ました
もう霧氷はありません
7
落ちそで落ちない
コンクリ構造物
これ落ちたら・・・
2016年01月10日 11:24撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ちそで落ちない
コンクリ構造物
これ落ちたら・・・
11
どこまで転がって
行くんやろ!?
と、いつも気になる
2016年01月10日 11:25撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこまで転がって
行くんやろ!?
と、いつも気になる
13
風が弱い台高尾根分岐で
ちょっと休憩
2016年01月10日 11:39撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が弱い台高尾根分岐で
ちょっと休憩
9
桧塚奥峰に“天使の梯子”
angel's ladder がかかる
2016年01月10日 11:42撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桧塚奥峰に“天使の梯子”
angel's ladder がかかる
13
天狗山巻道(右)の分岐
帰りは巻道を行きます
2016年01月10日 11:56撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗山巻道(右)の分岐
帰りは巻道を行きます
3
巻道はこんな感じの
トラバースが続くので
雪が積ってる時は怖い
から、往復ともいつも
天狗山山頂に上がります
2016年01月10日 12:04撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻道はこんな感じの
トラバースが続くので
雪が積ってる時は怖い
から、往復ともいつも
天狗山山頂に上がります
4
枝を大きく広げた
形のいい立派なブナ
2016年01月10日 12:07撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枝を大きく広げた
形のいい立派なブナ
3
木の間越しに大天狗岩
3時迄に帰らなアカン
ので今日は行けません
2016年01月10日 12:12撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の間越しに大天狗岩
3時迄に帰らなアカン
ので今日は行けません
5
一気に下りてきて、
登山口の高角神社です
行きも帰りもお参り
させていただきました
2016年01月10日 12:40撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一気に下りてきて、
登山口の高角神社です
行きも帰りもお参り
させていただきました
6
登山口に無事下山
今日もなかなかの霧氷が
見られて満足でした!
で、このあと車での帰路
遭難者?2名救助…!?
2016年01月10日 12:41撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に無事下山
今日もなかなかの霧氷が
見られて満足でした!
で、このあと車での帰路
遭難者?2名救助…!?
14

感想/記録

遅まきながらも、平成28年の山歩きを始動しようと思って、“雪”と“霧氷”が
楽しめる近場の山を探してみても、やっぱり暖冬の影響で明神平方面は霧氷は
あっても雪不足やし、年末に行ってるし。でも、高見山は霧氷もビミョーで、
三峰山に至っては、霧氷すら無いような感じだったのでどこへ行くか思案して
いたら、ikajyuさんの 土曜日の高見山速報レコ上がってきたので拝見させて
いただくと、そこそこ霧氷はあるようなので、今年の山初めは “高見山” に決定!
ikajyuさん、速報をありがとうございました!

日曜日朝、ちょっと遅めの時間に桃俣登山口から登り始め、途中で天狗山を
眺めるもまったく白くなっておらず「これでは高見山も霧氷はアカンかなぁ?」
とちょっと不安になりながらも歩を進め、天狗山から北尾根を台高尾根分岐に向け
登っていると、何故か昨冬の karchiさんの北尾根周回のレコを思い出してました。
すると前方から、「あ〜っ、sukanpoさんお久しぶり!」との声が!
な、な、なんと!今まさに思いだしていた karchiさんが上から下りて来られ
これにはちょっとビックリ!!
11月の金剛山での『第2回山で逢えたら』以来の再会でした。
ご挨拶のあと、山頂付近の霧氷の状況や東のコブの登下降でのアイゼンの要否
などの情報をお聞きして、お互いのうしろ姿を撮り合いっこして別れました。
karchiさんは、今回もまた北尾根周回されるということで、その ご健脚ぶりには
いつも感心させられてます!

で、霧氷の方はというと、台高尾根分岐から眺めると山頂付近は白くなってる
のがわかったので、落ちる前に行かなアカン!と足を速め、崩壊地を過ぎた
あたりでやっとほんの少し霧氷が現われはじめたかと思うとスグに、目の前が
“パッ!”と明るくなったような “真っ白な霧氷ワールド” に変わりました。
今まで見てきた霧氷は、下から徐々に大きくなってくるのがフツーだったので
この突然の霧氷ワールドへの突入は、かなり感動ものでした。
それから山頂直下まで真っ白で素晴らしい霧氷ワールドが続きましたが、
山頂では強風で吹き飛ばされたのか、霧氷が少し淋しい状態になってたので、
なんか物足らなさを感じながら来た道を戻ると、東のコブの手前からは また、
しばらくの間 真っ白な霧氷ワールドが続いたので今回も十分に霧氷を堪能する
ことができました。
ただ、ひとつ贅沢を言えば、もう少し青空が欲しかったわ〜!


今回は夕方3時頃までには帰宅しなければならない事情もあって、大天狗岩にも
行かずサッサと下りましたが、クルマでの帰路、桃俣の集落を走っていると
前方に男女2名の登山者が桃俣口バス停の方へ歩いておられたので、
私:「バス停まで行かれるんやったら送って行きますよ。」と声をお掛けすると、
男性:「イヤイヤ、スグそこの温泉までですから!」との返事。
私: スグそこの温泉?どこの??ここからやったら三季館?でも三季館は温泉
  ちゃうと思うし??、まさか “おかめの湯” では遠すぎるし!と頭の中で
  状況を整理しながら、
私:「温泉てどこの温泉のことですか?」とお聞きすると、
男性:「たかすみ温泉まで…。」

この言葉で、お二人が “遭難?” されてることに気付き、2年前の冬の三峰山
月出集落で同様の単独女性遭難者?を救出をしたことや、昨冬の台高尾根分岐
でのスマホの救出を思い出してました。

で、お二人には、今いる場所とここからたかすみ温泉までの経路がなかなか
大変なことを説明しました。
この時、時計を見ると13時前だったので、たかすみ温泉までお送りしても
15時過ぎには家に帰ることができると判断 (ていうか、遭難?してる人を
眼の前にして、自分の帰宅を優先できんへんわなぁ。ほんでちゃんと、15時
過ぎには家に着きましたですよ〜。)

私:「たかすみ温泉までお送りしますわ!」っと、半分ムリやり?にクルマに
 乗ってもらい、たかすみ温泉までお送りさせていただきました。
そして、たかすみ温泉までの短い間でしたが、このご夫婦さんといろんな山の
お話しをさせていただき、大変楽しかったです。

karchiさんや、このご夫婦さんだけでなく、登山口でお話しさせていただいた
愛知の男性や、同じく桃俣から高見山を登られてて、行きと帰りで少しお話し
させていただいたご夫婦さん、ほか、お話しはしなかったけど「コンニチハ!」
と挨拶させていただいたたくさんの方々との出会いに感謝で、私の平成28年
山歩きが始動しました!
訪問者数:759人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/1/19
投稿数: 211
2016/1/11 14:36
 遭難者のお気楽夫婦です
sukanpoさん、昨日はありがとうございました。

山に行くのに地図もGPSも持ってない。

下山口名も知らない、あの道は下山口は一か所と勝手に決めて
いた馬鹿者です。
穴が有ったら入りたい心境です。
重ね重ね有難う御座いました。
登録日: 2012/2/6
投稿数: 2046
2016/1/11 16:44
 sukanpoさん こんにちは!
今年の登り初め成功、おめでとうございます
完全なお天気ではなかったようですが、これだけ楽しめたら
十分でしょう
このコースで積雪が多ければ、「コブ」辺りは危なそうですね。
その点から見れば、かえって歩きやすかったのではないでしょうか。
お疲れさまでした
私も早く行きたいのですが、風邪気味で不調でもう少しガマンです。

☆先のコメンターのdanpeiさんはフォローさせていただいている方なんですよ。
(山や畑のブログもアップされています)
 経験豊かな方で、こういう間違いはジョークのように思いました。
 昨年針ノ木岳を回っておられるので、
 コースを参考に今年は実践みたいと思っていますが・・・、体力と相談です
登録日: 2013/5/7
投稿数: 832
2016/1/11 18:35
 こんばんは
sukanpoさん お疲れ様でした。
「今日は、人気のある高見山で誰か知っている人に会えるかも」と思っていたのですが、天狗山付近で出会ったときは本当に嬉しかったです。山頂では、霧氷も見られて本当に良かったですね。
それにしても 山での声かけは 本当に大切だなぁと感じた温かいレコでした。
sukanpoさんのような行動ができるように見習いたいです。
登録日: 2014/5/11
投稿数: 709
2016/1/11 19:17
 Re: 遭難者のお気楽夫婦です
danpeiさん、こんばんは。

昨日は、小さな親切ができたかな!? と 独り勝手に思ってます。
でも、danpeiさんのブログを拝見させていただき、いろんな山に行かれてる
のを知って、ベテランさんを“遭難者?” 呼ばわりして申し訳なく思って
おります。すみません!

お礼を言っていただくようなことではないので、こちらこそ恐縮です。
山の中でも街でも、困ってる(“遭難?”してる)人を見かけたら、協力するのは
お互いさまなので、これからも声掛けをしていこう! と、
そして、私にも声掛けてね〜! と、また勝手なことを思ってしまいました。

またどこかの山でお会いすることがあれば、ぜひ声を掛けてくださいね!
よろしくお願いしま〜す。
登録日: 2014/5/11
投稿数: 709
2016/1/11 20:02
 Re: sukanpoさん こんにちは!
s_fujiwaraさん、こんばんは。

このコース、昨年の1月11日に歩いた時と比べると、雪の量がまったく
違うので、「本当に暖冬なんや!」と改めて思いました。
昨年は、雪が多くコブの手前の鞍部に下りるトラバースとコブの登下降が
ちょっと怖かったですが、もうひとつ、崩壊地付近からコブの手前の樹林帯
が切れるあたりまで案外雪が深く、途中までトレースが無くてラッセルが
しんどかったです。(途中からはtogataさんが山頂から下りて来られた)
大雪のあとの一番乗りの時は厳しいかもしれませんが、それでも行く価値は
十分にあると思います
しっかり養生しながらも、早く風邪を治されて、このコースの雪と霧氷を
楽しんでくださいね

danpeiさんというハンドルネームはお聞きしていたので、帰ってから
ブログを拝見させていただいて、ベテランの方に失礼なことを… と、
恐縮してます。(と言いながら“遭難者?”呼ばわりしてさらに恐縮です )
でも、ちょっとの間だけでも楽しいお話しができて良かったです

これからの雪山本シーズンとそのあとの針ノ木やその他の山々に向け、
体調を整えられお元気で楽しまれることを祈ってます。
登録日: 2014/5/11
投稿数: 709
2016/1/11 20:27
 Re: こんばんは
karchiさん、こんばんは。
そして、北尾根周回、お疲れさまでした。

昨日の高見山、北尾根を登ってる時に何故か不思議と昨年の karchiさんの
北尾根周回のレコを思い出してましたが、そんな時に karchiさんが現れた
のでちょっとビックリ、そしてとても嬉しかったです!
あの時に霧氷の状況とアイゼンの要否をお聞きして助かりました。
ありがとうございました!
おかげで、豪華絢爛な霧氷が落ちてしまう前に見ることができ良かったです。

山での声掛けは、ほとんどが独りで歩いているのに寂しがり屋?のためか、
出会った人には、声を掛けられる前に私の方から何かしら話しかけてる
ことが多いです。
今回は、そんなことのひとつだっただけなのですが、ちょっとでもお役に
立てたなら嬉しい限りです!
街では見知らぬ人に声をかけると「なんやコイツ!」 と思われがちですが、
そんなことができる山の世界はやっぱりイイもんです。
これからも、声掛けをしていこう!と改めて思いました。
私、視力が悪いので近くにならないと誰だかわからないのですが、
またどっかでお見かけした時は、今度は私の方から声を掛けさせていただけ
るよう、すれ違う人ごとに眼を凝らしてわかるように頑張ります!?
登録日: 2015/1/9
投稿数: 826
2016/1/11 22:32
 やっぱり雪は…
sukanpoさん、こんばんは。
この週末は少し冷え込むとの予報だったので、もしや台高方面は積雪が!?と思っていたのですが、やはり積雪はなかったんですね〜。その分、エビの尻尾はかなり育っていたようで、できれば私も行きたかったです
しかし雪はいつになったら降るのでしょうか?昼のニュースで2週間後やったか3週間後に寒波がくるようなことを言っていたので、そのタイミングでは行けるようにスケジュール調整しておきます!やはり一年に一度は霧氷の稜線を歩きたいですから
登録日: 2014/5/11
投稿数: 709
2016/1/11 23:03
 Re: やっぱり雪は…
Hacchyさん、こんばんは。

私もこの週末に雪が降ると期待していたのですが、残念だったです
この冬は、スノーシューどころかアイゼンすら出番が無くて、靴もいまだに
ハイキングシューズで登ってます。
早くスノーシューで歩きまわりたいです〜!
まあ、このまま春になってしまうことは無いと思うので、今後に期待ですが
例年よりチャンスが少ないとすれば、チャンスが来たら仕事休んででも
行かなければ、モフモフの雪の上を歩けないかも!?

これから(いつから?)の降雪に期待して、もし、ご迷惑でなくご都合が合う
ようでしたら、どっかの山をご一緒しましょうか!?
って、言っても、私は雪のある山は高見山と三峰山と明神平周辺しか
行けませんが…
登録日: 2014/9/10
投稿数: 594
2016/1/11 23:36
 はじめまして
sukanpoさん、はじめましてこんばんは。
私も9日に初めてこの桃俣登山口から登ったのですが
実はsukanpoさんのレコを朝印刷して持っていったんですよ。
大変参考にさせて頂きありがとうございました。
また暖かくなったときには大天狗岩にも行きたいなと思っております。
私のレコにも拍手頂いている、あのdanpeiさんが道迷いとは驚きました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
登録日: 2015/2/11
投稿数: 1107
2016/1/12 0:24
 北尾根ルート
sukanpoさん、こんばんは!
高見山には未だ、たかすみ温泉ルートしか通ったことがないので、是非とも今回の北尾根ルートも行ってみたいと思います、やっぱり階段続きだと勿体ないですね〜。
にしても、『当り』を良く引いておいでで、青空霧氷レコ良かったです!
登録日: 2014/5/11
投稿数: 709
2016/1/12 8:09
 Re: はじめまして
shi9056さん、おはようございます。
コメント、ありがとうございました。

ヤマレコデビュー前には、ほかの方々のレコを参考にさせてもらってたので
お返しというわけではないですが、いろんな方々の参考になれば…。
と、思ってるのですが、私のレコで参考になったでしょうか?

このコースを登られるんでしたら、次回はぜひ大天狗岩に行ってくださいね。
私は、ここから見る高見山の幾重にも重なった山ひだがお気に入りです。
そして、向かって右側のフェースは無理ですが、左側の岩場の直登も
チャレンジしてみてくださいね!

レコを楽しみにしときます。
登録日: 2012/1/19
投稿数: 211
2016/1/12 9:58
 おはようございます
この記事、戒めのため私の拙いブログにリンク
させてください。

改めて他の記事を拝見しましたが。
素晴らしい健脚ですねぇ。
腰痛持ちのヨレヨレは羨ましく思います。
登録日: 2013/9/1
投稿数: 1319
2016/1/12 16:45
 高見山の樹氷
sukanpoさん こんにちは〜
ここしばらく、高見山には登ってないのですが
こんなに、崩落していたのですね、全然知らなかったです。
異常気象で山もいじめられてますね!
sukanpoさんのレコはわかりやすくて、助かります!
昨日も明神岳にsukanpoさんのレコを印刷して持って行って正解でした
とっても綺麗な明神平、ありがとうございました。
登録日: 2014/5/11
投稿数: 709
2016/1/12 21:44
 Re: 北尾根ルート
akirasさん、こんばんは。

おめでとうございま〜す!
akirasさんが、私のページの訪問者の10,000人目となりました〜 shine
でも、なんにも出〜へんよ

高見山の桃俣コースは、絶対におススメですよ!
下りてきてスグに温泉に入るのであれば、たかすみ温泉ですが、
純粋に?(なにが純粋なのかわからん )山歩きを楽しむのであれば
桃俣コースの方が変化と展望とちょっとだけDangerousなところがあって
それに大天狗岩をプラスすれば、そこそこ満足できると思いますよ
人が少ないから、ツルツルテカテカにならないし、運良ければ新雪ラッセルも
できるし!
ほんで、階段は登山口のすぐ上にある高角神社の階段だけですわ〜
絶対にこの冬、一度は行って下さいね
また、都合が合えば一緒にのぼりましょか

『当り』は、天気予報を見て悪そうやったら行かないから、そこそこ
当ってるだけで、akirasさんの “ 10,000人目 ” の『当り』の方が
スゴイですわ  でも、やっぱりなんにも出ませんわ!!
登録日: 2014/5/11
投稿数: 709
2016/1/12 22:20
 Re: おはようございます
danpeiさん、こんばんは。

リンクしていただくのは、特に問題はありませんが、
どちらかといえば、私のレコの “遭難?” についての文章の方が
実績や人望を傷つけるのではないか!と思いこっちの方が問題が
あるのでは!? と、少し気がかりです。
削除なり修正なりしますので、ご指摘をお願いします。

私の山歩きは、健脚というほどのものではないですが、1日しか時間が
取れないため、少ない時間で「あっちこっち行きたい!」というのと、
年齢的に前の山歩きの時より負担をかけないと体力が維持できないと
思ってるので、少なくとも維持するためにちょっとでも長い距離や
早い時間を意識してますが、時々、「もう維持の限界では!?」なんて
思ったりします。
必死のパッチ!がむしゃらに登る!という歩き方はもう卒業なのかな?
もっとゆっくり、景色や花やいろんなものに興味を持つような山歩きも
いいですね! 
まあ、ボチボチやって行きます!
登録日: 2014/5/11
投稿数: 709
2016/1/12 22:41
 Re: 高見山の樹氷
chasseさん、こんばんは。

高見山の崩落、って写真の崩壊地のことですか?
この崩壊地は、いつからかは知りませんがず〜っと昔、私が若かりし
20代の頃にはもう崩れてましたが、今よりはマシだったと思います。
ここ何十年も毎年のように “異常気象” と言われ続けてるので、崩壊の
進み具合は早まってるでしょうね。
あの崩壊地の上に立ってると、いつも「カラカラッ!」という音がして
少しずつ崩れているのが見えます
そのうち、コンクリ構造物も落ちる時が来るんでしょうね!?
まあ、その前に何らかの対策はするでしょうが…!?

で、昨日私のレコを持って明神岳に行かれてたんですか?
よく遭難しなかったですね!?
私のレコ、あんまり信用しない方が安全だったりするかも!?
でも、少しでもお役に立てたのであれば嬉しいです (^_^)v
励みになります! それでは、これからも信用できないレコの
乱造に頑張りま〜す

次は、桃俣から高見山を狙って下さいね!
登録日: 2013/12/14
投稿数: 211
2016/1/12 22:51
 こんばんは
supanpoさん、ご無沙汰しております
去年高見山でお会いしたときはお互い雪まみれだったのに
今年の暖かさにびっくりしてしまします。
あまりの雪のなさになかなか足が向きませんが
今週末の寒波に期待して久々にsupannpoさんおすすめルートで
高見山に行きたいなあと妄想が膨らんでいます
またどこかでお会いできるのを楽しみにしております
登録日: 2015/2/11
投稿数: 1107
2016/1/12 22:51
 Re[2]: 北尾根ルート
sukanpoさん、こんばんは!
2回も言ってくれたからにはやっぱり何かでるのを期待しちゃいます!こないだの草餅が良いな〜
このルートは正直めちゃ行ってみたい!でも車での道のりが心配です、どうやって行って良いのか・・・?できたら一緒に行って欲しいところです。どこかの土曜日空いてますか〜?
登録日: 2015/1/9
投稿数: 826
2016/1/13 0:54
 Re[2]: やっぱり雪は…
sukanpoさん、こんばんは。
お誘いありがとうございます!!ぜひご一緒させてください。足手まといにならないといいのですが
ご一緒させていただくのであれば台高のどこかがいいです!やはり明神平方面がいいかな?
月末くらいであれば少しは雪が積もってますかね〜。
登録日: 2014/5/11
投稿数: 709
2016/1/13 7:43
 Re: こんばんは
togataさん、おはようございます。

1年前の1月11日に、崩壊地の近くで初めてお会いしましたね。
それ以来はまったくで、カスリもしなかったですね
あの時も桃俣から上がっていて、台高尾根分岐から急激に積雪量が増えて、
なお、ドンドン深くなっていくので「このままラッセルが続くと山頂まで
よう行かんかも!?」なんて思ってましたが、前方の雪のブッシュから
togataさんが突然現れて、「ホッ!」としたのを覚えています。
それからは、togataさんがつけてくれたトレースで山頂までたどりつけて
ほんとに助かりました。
同じ時期で1年前と今年と、こんなに違うのにはビックリです

これから、もっと雪が積もることを期待して、また雪まみれでお会いできたら
嬉しいですね。
そんな再会ができることを、楽しみにしときま〜す
登録日: 2014/5/11
投稿数: 709
2016/1/13 7:57
 Re[3]: 北尾根ルート
akirasさん、おはようございます。

こないだの草餅、なかなかイケたでしょ
スーパーで売ってる、安もんですが山で食べると味が格段に違いますね !?
となると、また高見山桃俣コースに持って行かな
積雪量と天気と用事と相談して、突然連絡すると思いますが、またどこかの
土曜日に行きましょ〜!

連絡、待っといてくださいね
登録日: 2014/5/11
投稿数: 709
2016/1/13 8:11
 Re[3]: やっぱり雪は…
Hacchyさん、おはようございます。

足手まといなんてそんなことないですよ!
私の方こそ、お荷物になるかも
タップリ、モフモフの雪を楽しむのであれば、やっぱり明神平ですね!
桧塚奥峰やヒキウス平…と、タップリの雪でもスノーシューがあれば、
行動範囲が大きくなるので、なお良し!です。
これからしばらく天気予報に注意しといて、用事と相談しながらも
チャンスが来たらGo!しましょか
また連絡しますので、その時はよろしくお願いしま〜す
登録日: 2014/2/2
投稿数: 1881
2016/1/13 22:50
 時間差…
sukanpoさん、こんばんは〜。

天狗山の方から登られていたんですね。
たかすみ温泉でkarchiさんにお会いした時に、sukanpoさんと
お会いしたことをお聞きしました。
山頂の時間を見てみると、あと10分早く山頂に到着していたら
sukanpoさんにお会い出来たのにと、ちょっと悔やまれました。

また、どこかのお山でお会い出来ると嬉しいです(*'ω'*)
登録日: 2014/5/11
投稿数: 709
2016/1/14 7:53
 Re: 時間差…
furufuru314さん、おはようございます。

この時期の高見山やったら、だれか知ってる人に会うんでは!?
と、思いながら歩いてましたが、天狗山近くで早速 karchiさんとお会い
して、霧氷に出会うのと同じくらい期待して山頂まで…。
でも、山頂では霧氷が少し落ちてしまっていたのと、風が強く寒かったので
テキトーに写真を撮ってさっさと下りてしまいました。
もっと霧氷が着いていれば山頂付近をウロウロしてたと思います。
で、桃俣でクルマに乗っていただいたお二人さんをたかすみ温泉にお送り
した時間が13時20分頃と思うので、おそらくここでもニアミスだった!?
と思うと、ヤスさん、フルフルさんにお会いできなくてほんとに残念です!

また、高見山か三峰山か、明神平あたりでお会いできるかも!?
楽しみにしときま〜す (^_^)v
登録日: 2015/10/7
投稿数: 35
2016/1/19 19:49
 sukanpoさん、こんばんは!そして...
今更ですがあけましておめでとうございます

高見山の山頂向こう?からのルートってこんななんですね!参考にさせてもらって今度行ってみよ〜っと!
昨日からの冬型でもう山はめっちゃ積もってそうですね!
初乗りは済ませてきたので、もしかしたら今週末辺り嫁さんと三峰山初登り行ってこようかな....って思ってます。
またその内ご一緒させてくださいねぇ
登録日: 2014/5/11
投稿数: 709
2016/1/20 8:05
 Re: sukanpoさん、こんばんは!そして...
yamasurfさん、おはようございます。
おくればせながら、あけましておめでとうございます!

高見山の桃俣コースは、表のたかすみ温泉の方からよりオモロイで!
でも、雪が深くなるとラッセルしなきゃならんこともあるし、トレース
無ければルーファイも必要になるし、いつも人が少ないのでこんな時は
特に迷いやすいしで、晴天・微風でも表より難易度は上がるよっ
ガスったり、吹雪になったりしたら遭難するで〜
だから、初めての雪のコースは、雪の無い時に一度歩いてからの方がエエで!

この寒波で、奈良の山もそこそこ積もったと思うので、この週末に奥さんと
三峰山に行くのは雪&霧氷があって楽しめると思うわ
ただ、週末に次の南岸低気圧が通過するって言うてるんで、天気はあんまり
良くなく、風もキツイかも…
お気をつけて〜!!

んで、都合が合えばまた一緒に行きましょか

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ