ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 801472 全員に公開 雪山ハイキング霊仙・伊吹・藤原

伊吹山-上平寺発中尾根ルート-

日程 2016年01月23日(土) [日帰り]
メンバー st_aichi
天候晴れのちくもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口付近のPに停めました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち45%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間41分
休憩
16分
合計
8時間57分
S京極氏屋形・庭園跡07:0307:06伊吹神社12:38日本武尊像(伊吹山)12:5012:56山頂周回道分岐・合流点12:5713:05伊吹山八合目13:0613:11伊吹山七合目13:1313:21伊吹山六合目避難小屋15:42伊吹神社16:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・登山口から中尾根・5合目ルート分岐まで
雪はありますがラッセルするほどじゃないです。道を知ってる人が歩いてたみたいで、ところどころ直登のトレースができてました。

・中尾根ルート
分岐から先はほとんどトレースが無く、稜線に出てからは雪で体が沈み直登できないためトラバースを繰り返しながら少しずつ登っていきました。
本来の予定では下りもこのルートを使うつもりでしたが、枝でふさがれた道を再び降りるのが辛かったのと、8,9合目付近で自分のトレースを振り返った時のあまりの角度に怖気づいてしまい断念することに。
正直この時期に登るルートじゃなかったと思ってます。
ピッケルを持ってなかったら登り切れなかったと思います。

・5合目ルート
メインルート避難小屋手前辺りから上平寺方面に向かって雪の上をショートカットしてルートに入りました。
こちらもトレースがかなり薄く、自分でルートを作っていく必要があるため初見だと辛いです。
ただ多少ルートを外しても雪でリカバーが容易なこともあり、中尾根ルートよりは楽でした。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 携帯 時計 ツェルト ストック カメラ

写真

ここからスタートです
階段の手前を左に行きます
2016年01月23日 07:03撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからスタートです
階段の手前を左に行きます
3
登山ポストあり
2016年01月23日 07:03撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山ポストあり
1
入口からずっと雪があり、テンションが上がる
2016年01月23日 07:14撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入口からずっと雪があり、テンションが上がる
城跡へのトレースが無いのと、余計な体力を使いたくなかったのでスルー
帰りには足跡があったので、登った方がいるようです
2016年01月23日 07:50撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城跡へのトレースが無いのと、余計な体力を使いたくなかったのでスルー
帰りには足跡があったので、登った方がいるようです
弥高尾根の方を見る
余裕があればあっちも回りたかったですが…
2016年01月23日 07:51撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥高尾根の方を見る
余裕があればあっちも回りたかったですが…
1
落石ならぬ落雪
2016年01月23日 08:14撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落石ならぬ落雪
伊吹山の上の方が見えてきた
雪少な目だなぁ
2016年01月23日 08:20撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊吹山の上の方が見えてきた
雪少な目だなぁ
4
笹が寝ているため遠くまでよく見える
2016年01月23日 08:27撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹が寝ているため遠くまでよく見える
3
前回来たときは必死で漕いだところが歩きやすくなってる
2016年01月23日 08:29撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回来たときは必死で漕いだところが歩きやすくなってる
1
先日登った笹又ルート
2016年01月23日 08:32撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先日登った笹又ルート
2
ここで5合目方面と中尾根方面に分岐します
それぞれの方向に赤テープあり
ここからどちらの方面もトレースが薄くなります
2016年01月23日 09:05撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで5合目方面と中尾根方面に分岐します
それぞれの方向に赤テープあり
ここからどちらの方面もトレースが薄くなります
1
やはり雪がまだ少ないようで、本来の道が雪で埋もれ、行く先々で枝に引っかかり進むのに苦労しました
2016年01月23日 09:25撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり雪がまだ少ないようで、本来の道が雪で埋もれ、行く先々で枝に引っかかり進むのに苦労しました
琵琶湖を眺める
2016年01月23日 09:29撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琵琶湖を眺める
3
ここまでツボ足で十分行けましたが、ここから徐々に足が埋まるようになる
軽量化のためワカンを置いていったのを後悔し始める
2016年01月23日 09:31撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでツボ足で十分行けましたが、ここから徐々に足が埋まるようになる
軽量化のためワカンを置いていったのを後悔し始める
4
新雪をなめてました
見た目以上にきつい^^;
2016年01月23日 09:54撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新雪をなめてました
見た目以上にきつい^^;
5
振り返った先に霊仙山
あそこも近いうちに登りたい
2016年01月23日 09:56撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返った先に霊仙山
あそこも近いうちに登りたい
5
養老山の雪はどんなものなのかな?
2016年01月23日 09:56撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
養老山の雪はどんなものなのかな?
3
予想より距離が長くて焦る
2016年01月23日 10:42撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予想より距離が長くて焦る
3
上野の登山道方面を眺める
ちょこちょこ登ってくる方の姿も見えました
2016年01月23日 10:49撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上野の登山道方面を眺める
ちょこちょこ登ってくる方の姿も見えました
5
一方登ってきた道を振り返っても誰もいない…
2016年01月23日 10:56撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一方登ってきた道を振り返っても誰もいない…
2
2番目のピークが頂上
ラッセルが続き体力、精神ともに限界が近い状況でした
2016年01月23日 10:56撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2番目のピークが頂上
ラッセルが続き体力、精神ともに限界が近い状況でした
3
ようやくメインルートの9〜10合目付近に合流
ほっと一息
2016年01月23日 12:27撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやくメインルートの9〜10合目付近に合流
ほっと一息
1
いつものタケルさん
2016年01月23日 12:37撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつものタケルさん
6
天気のわりに奥が見えてますね
2016年01月23日 12:52撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気のわりに奥が見えてますね
6
白山かな? いい感じ
御嶽方面はよく見えず
2016年01月23日 12:52撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白山かな? いい感じ
御嶽方面はよく見えず
3
琵琶湖方面の景色もいい感じ
2016年01月23日 12:53撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琵琶湖方面の景色もいい感じ
3
霊仙方面
2016年01月23日 12:56撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霊仙方面
5
夏道がまだ残ってて、雪の少なさがわかる
6合目避難小屋手前辺りから上平寺方面へ雪の上をトラバース
上から見られたら思いっきり道を外して迷ったように見えるんだろうか
2016年01月23日 13:12撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道がまだ残ってて、雪の少なさがわかる
6合目避難小屋手前辺りから上平寺方面へ雪の上をトラバース
上から見られたら思いっきり道を外して迷ったように見えるんだろうか
2
ロープ場をラッセルにて通過
前は岩場で慎重に下りてたのに、今回は雪の上をあっさり下れる、この変化がたまらない感じ
2016年01月23日 13:56撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープ場をラッセルにて通過
前は岩場で慎重に下りてたのに、今回は雪の上をあっさり下れる、この変化がたまらない感じ
隙間からスキー場跡を見る
2016年01月23日 13:58撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
隙間からスキー場跡を見る
2
無事に帰れて安堵&感謝です
2016年01月23日 15:44撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に帰れて安堵&感謝です
3
撮影機材:

感想/記録

笹の多い秋より雪のある時期の方が楽なんじゃないかと思い中尾根を歩いてみました。

5時間くらいで登れるかなと思ってたんですが、少し予定より遅れての到着でした。ですが思ったより上の方の雪が深くふかふかしており、疲労感は数字以上にあった印象です。
おかげで頂上でゆっくりする精神的余裕もなく、タケルさんをタッチするだけでいそいそと下山したので、ちょっと寂しい感じの登頂となりました。

すぐ上に頂上が見えていて、さらに西の方を見ると結構な人がメインルートをしっかり登っている横で、まともに登れずジグザグを繰り返していくしかないというのは、本当に精神的に辛かったです。
ある意味大失敗の山行となりました。

正直新雪の時期に行くべきルートじゃなかったです。登り応えはあってよかったとは思ってますが、今のところこの時期にリベンジしようという気力は起きないです。あそこは残雪の時期か、せめてある程度雪が固まった後に行くのよかったかもしれません。
それでも、達成感はすごかったですし、とても悔しかったのもあり、いつかレベルを上げてリベンジしたいものです。

もうちょっと雪が増えたら、今度はメインルートをじっくり登りに行きたいなと思ってます。
訪問者数:322人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/7/17
投稿数: 1150
2016/1/24 11:24
 大変参考になりました
st_aichiさん はじめまして

上平寺ルート〜中尾根直登は私も雪の時期に登ってみたいと思っていました。
今年は雪が少なくてまだ挑戦できてないんですがまだ結構藪出てるんですね〜  完全に埋もれる程じゃないと私にはとてもムリそうです
それに新雪でズボズボラッセルもかなりの体力を消耗しそう  単独でそれだけの量のラッセルはさぞ大変でしたでしょう  お疲れさまでした

今日から明日にかけての寒気による積雪も期待するほどじゃないような気がして・・・ いつになったら伊吹山の冬本番が来るんでしょうか

貴重なレコ、大変参考になりました。ありがとうございましたm(_ _)m
登録日: 2013/2/10
投稿数: 51
2016/1/24 12:13
 Re: 大変参考になりました
はじめまして! 書きこみありがとうございます!

いつもより雪が少なく、早くしないと冬のピークが終わってしまう、と焦って新雪のタイミングで強行したのが間違いでした^^;
雪の量が中途半端だったこと、上の方の雪がふかふかだったことでかなりきついことになってて、あれはもう一度経験したいとは思わないですね^^;

ほかに行きたいと思っている山も軒並み雪が少なめみたいで、雪山選びに苦労しそうです。


積雪期中尾根ルートの情報は自分ももっと知りたいので、実行、成功されることを願ってます!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ