ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 802326 全員に公開 ハイキング京都・北摂

愛宕山【表参道から】

日程 2016年01月23日(土) [日帰り]
メンバー tentyosamoazakki, その他メンバー4人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口駐車場に駐車(1000円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間36分
休憩
7分
合計
4時間43分
S嵯峨清滝公衆トイレ09:1410:34水尾分かれ10:3611:01黒門11:0211:07愛宕神社社務所11:0911:33愛宕山11:46愛宕神社社務所11:50黒門11:5112:36ケーブル愛宕駅跡12:3712:48水尾分かれ13:57嵯峨清滝公衆トイレ13:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

駐車場からわらわらと出発
2016年01月23日 09:13撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場からわらわらと出発
3
今回は表参道
2016年01月23日 09:15撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は表参道
2
100mごとに言葉を投げかけてくれる
2016年01月23日 09:17撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
100mごとに言葉を投げかけてくれる
2
前回、前々回の軌道跡はこちら
2016年01月23日 09:17撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回、前々回の軌道跡はこちら
1
最初は雪皆無・・・
2016年01月23日 09:23撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は雪皆無・・・
1
ちょこっとだけ・・・
2016年01月23日 09:44撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょこっとだけ・・・
1
いつもの京都愛宕研究会の案内板
勉強になります
2016年01月23日 09:47撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの京都愛宕研究会の案内板
勉強になります
1
なんと瓢箪を水筒に持ってきてる人がパーティに!
かっこいい!
2016年01月23日 09:49撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんと瓢箪を水筒に持ってきてる人がパーティに!
かっこいい!
雪が増えきた
2016年01月23日 10:01撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が増えきた
1
市街がよく見える
2016年01月23日 10:12撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
市街がよく見える
3
ようやくべっとり雪がつく 10~20cmくらい?
2016年01月23日 10:17撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやくべっとり雪がつく 10~20cmくらい?
1
だいぶ進みました
2016年01月23日 10:30撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ進みました
1
水尾分かれ
2016年01月23日 10:33撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水尾分かれ
1
美しい並木
2016年01月23日 10:42撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい並木
2
黒門
2016年01月23日 10:58撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒門
3
黒門の門松
2016年01月23日 11:00撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒門の門松
1
霧氷が美しい
2016年01月23日 11:04撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷が美しい
2
青空!
2016年01月23日 11:05撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空!
3
灯籠がならぶ
2016年01月23日 11:08撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
灯籠がならぶ
1
白化粧した神社に迎えられる
2016年01月23日 11:13撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白化粧した神社に迎えられる
3
愛宕神社
2016年01月23日 11:14撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛宕神社
2
竹に描かれた猿
2016年01月23日 11:15撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竹に描かれた猿
3
お参りのあとは寄り道していつものホテル跡へ
2016年01月23日 12:12撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お参りのあとは寄り道していつものホテル跡へ
1
雪の廃墟はまた趣が違う
2016年01月23日 12:16撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の廃墟はまた趣が違う
1
フロント? 相変わらずおしゃれなタイル
2016年01月23日 12:13撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フロント? 相変わらずおしゃれなタイル
1
ケーブルカー愛宕駅
2016年01月23日 12:27撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケーブルカー愛宕駅
2
軌道を見下ろす
2016年01月23日 12:30撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軌道を見下ろす
2
亀岡方面が見える
2016年01月23日 13:08撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
亀岡方面が見える
3
下山はあっという間 夏にかき氷食べたい
2016年01月23日 13:51撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山はあっという間 夏にかき氷食べたい
1
下山後は宴会!
山形の秘蔵のお酒!美味!
2016年01月23日 15:59撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後は宴会!
山形の秘蔵のお酒!美味!
1
すき焼き!
SUKIYAKI!!
2016年01月23日 19:37撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すき焼き!
SUKIYAKI!!
1

感想/記録
by samoa

今週は愛宕参りからの宴会!
生まれ変わって清らかに、そして再びGESU!へという素晴らしいコンセプト。

前回2回は愛宕鉄道の軌道跡を辿っての愛宕山だったので、実は表参道から登るのは今回がはじめて。

嵯峨嵐山駅に集合し、いったん会場に宴会グッズをデポし、清滝へ車で向かう。
そういえば、ここに車で来るのもはじめてだ。

ちゃちゃっと準備して出発。ちなみに登山口には雪は皆無だ。
いつも登っていく軌道跡を横目に階段を登っていく。
山頂まで約4kmの登山道沿いには〇〇/40と100m置きに看板が立っており、さまざまな言葉を投げかけてくれる。

最初の方はかつての集落をたどっていく。
小学校分教所や茶屋の跡、綺麗に残っている石垣などを京都愛宕研究会の案内板を読みながら登っていく。

週末には今年1番の寒気が入ると天気予報が息巻いていたが、まだそんな寒くもなくむしろ暑いくらい。
休憩がてら着衣調整をしていると、メンバーのSさんがおもむろに瓢箪を取り出して水を飲み始める。
瓢箪を水筒にするのが素敵だが、瓢箪を持つ姿が絵になるのがさらに素敵だ。

少し標高をあげると道にも雪がついており凍結気味。
まぁ、なれていれば軽アイゼンもいらない程度。下りで持ってると安心でしょうくらい。
結局下山まで軽アイゼン等の出番はなし。
途中裸足に草鞋のお坊さんが上からゴミを捨てに降りてきた。足が冷たそう。

のんびり登ってかわらけ投げ景色がよく望めるくらいまで登るとしっかり雪道歩きといったかんじになり、ほどなく水尾分かれへ。

ここから山頂まではひと登り。
廃墟めぐりは下りにとっておくことにして、まずはお参り。

雪に彩られたスギが林立する参道を登り、門松が飾られた黒門を通り過ぎる。
あれこんなに水尾分かれからあったかなと思い始めたくらいに山頂へ。

清められたおかげか、青空が広がり、霧氷のついた木々が輝いてとても綺麗だ。
階段をひと登りして神社へお参りして日頃の安全登山のお礼を言う。

休憩所の横の社務所に福笹くじというのをやっているがあえなく外れ。
ササをいただく。なるほどこれでみんなササをザックにつけていたわけだ。
ちなみに当たるとイノシシのなにかが貰えるとか。

そんなこんなでピークを満喫し下りに入る。
そして下りにとっておいた愛宕山上ホテルの廃墟めぐりへ。
道を外れトレースが無いところに入ると積雪は15~20cmくらいだろうか。
適当に歩いていつもの廃墟へ。

回転遊具の基礎は雪に埋まって見れなかったが、ホテル跡のほうは夏とはまた違った趣でいい感じだ。
相変わらずフロントの辺りのタイル張りはおしゃれだ。

ホテルを満喫したら今度はケーブルカー愛宕駅へ。
前回発見した屋上へ続くハシゴで屋上へ出る。
屋上の積雪は誰にも踏み荒らされていなくて踏み出すのは気分がいい。
京都市街と亀岡方面が望むことが出来る。Oさんがここでテント張りたいといっていたが確かに、夜景なんぞも見えていいかもしれない。(酔っての滑落が怖い)

そんなこんなで廃墟廻りを楽しいだ後は登山道に戻ってきた道を下る。
スリップ注意だが思ったほど滑らなかった。

ささっと下りて、車に辿り着いた後は買い出しにいって宴会開始!
みんなとっておきのお酒やつまみが出てきてロケットスタート。
そしてメインはSUKIYAKI! もはやこの上はなし!
その後も次々と出てくるお酒に呑んだり呑まれたりして楽しい夜は更けていった。

訪問者数:340人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ