ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 803309 全員に公開 アルパインクライミング日光・那須・筑波

那須 朝日岳東南稜 冬期 単独

日程 2016年01月26日(火) [日帰り]
メンバー AIKEN
天候快晴
稜線:気温(−10〜−7℃程) 風(10m/s程)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
【駐車場】
大丸園地駐車場

【路面状況】
那須湯本温泉(殺生石や鹿の湯より上)から 圧雪路

【登山ポスト】
大丸園地駐車場 トイレ入口。冬期はこちらに提出か、事前に警察へ届けるのが良いかと。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

休憩込み 各ピークやポイントで休憩

07:55 大丸園地駐車場
08:30 峠の茶屋
09:05 「こんなところに高山植物が?」看板(準備)
09:30 東南稜 取り付き
09:55 門
10:50 朝日岳(大休憩)
11:10 朝日の肩
11:35 剣が峰
11:50 峰の茶屋跡 避難小屋(大休憩)
12:20 茶臼岳
12:45 峰の茶屋跡 避難小屋
13:10 峠の茶屋
13:35 大丸園地駐車場

コース状況/
危険箇所等
「こんな所に高山植物が?」の看板付近より 下に見える 明礬(ミョウバン)沢 堰堤に向けて下降。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

大丸園地駐車場から すっかり昇ってしまった太陽。良い天気
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大丸園地駐車場から すっかり昇ってしまった太陽。良い天気
4
大丸園地駐車場より朝日岳東南稜へ登山開始。トイレ入口に登山ポスト有り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大丸園地駐車場より朝日岳東南稜へ登山開始。トイレ入口に登山ポスト有り
2
新雪無垢の遊歩道に足跡を。無駄に体力使うので除雪されてれば塗装路歩いたほうがよいかも
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新雪無垢の遊歩道に足跡を。無駄に体力使うので除雪されてれば塗装路歩いたほうがよいかも
2
峠の茶屋に到着。満を持して朝日岳の登場!団体さんがスノーシュー準備していた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠の茶屋に到着。満を持して朝日岳の登場!団体さんがスノーシュー準備していた
3
『山の神』の鳥居をくぐり登山道へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
『山の神』の鳥居をくぐり登山道へ
5
左の狛犬さんが埋まってしまいました。チラッと赤頭巾が見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の狛犬さんが埋まってしまいました。チラッと赤頭巾が見えます
5
先行者さんに追いつきます。トレースありがとうございました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行者さんに追いつきます。トレースありがとうございました!
2
森林限界まであと僅かですが(膝下程度だけど)ラッセル交代 頑張ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界まであと僅かですが(膝下程度だけど)ラッセル交代 頑張ります
7
樹林帯を抜ければ聳え立つ茶臼岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜ければ聳え立つ茶臼岳
5
剣が峰も真っ白に。直登あるのみだね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣が峰も真っ白に。直登あるのみだね
6
そして本日の主役『朝日岳』
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして本日の主役『朝日岳』
9
「こんなところに高山植物が?」の前で装備を整え
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「こんなところに高山植物が?」の前で装備を整え
2
目指す『朝日岳東南稜』と対峙!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す『朝日岳東南稜』と対峙!
13
明礬(ミョウバン)沢 堰堤に向けて下降
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明礬(ミョウバン)沢 堰堤に向けて下降
5
朝日岳東南稜 取り付きでは新雪ラッセルにやや難儀
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳東南稜 取り付きでは新雪ラッセルにやや難儀
5
稜線を登り始める。遠望から分かったように雪は少ない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線を登り始める。遠望から分かったように雪は少ない
1
東南稜のランドマーク『門』に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東南稜のランドマーク『門』に到着
8
手も使い登っていく。雪 全然なし。アイゼンはいている意味はあるのだろうか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手も使い登っていく。雪 全然なし。アイゼンはいている意味はあるのだろうか
4
先ほどの『門』の右門を見おろす。『門』はハサミのようだが遠近法で少し離れた場所にある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどの『門』の右門を見おろす。『門』はハサミのようだが遠近法で少し離れた場所にある
5
左門を 右から回り込むと 懸垂支点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左門を 右から回り込むと 懸垂支点
9
ギャップを見下ろす。7m〜8mくらいでしょうか。過信しないで安全第一 ここはロープ出しました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギャップを見下ろす。7m〜8mくらいでしょうか。過信しないで安全第一 ここはロープ出しました
8
下りる前に 登り返す壁にルートを描いておきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りる前に 登り返す壁にルートを描いておきます
2
ギャップからの登り返しの岩場を見上げる。オーバーグローブの中での指のズレが気になり素手にて速攻に切りかえた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギャップからの登り返しの岩場を見上げる。オーバーグローブの中での指のズレが気になり素手にて速攻に切りかえた
3
岩場を登り支点のあった岩峰(左門)をふり返る。かじかむ指を 即 温め治す。やっぱ冬はグローブはずしちゃダメね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場を登り支点のあった岩峰(左門)をふり返る。かじかむ指を 即 温め治す。やっぱ冬はグローブはずしちゃダメね
7
やや細めの稜線。左に落ちると痛いじゃすまないので稜線右寄りの登りやすいところを登っていく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やや細めの稜線。左に落ちると痛いじゃすまないので稜線右寄りの登りやすいところを登っていく
6
慎重に登る。ガチガチを期待したけどガレガレ。冬期メリット感じられず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慎重に登る。ガチガチを期待したけどガレガレ。冬期メリット感じられず
5
しかし標高を稼ぐと冬ならではの景色に一喜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし標高を稼ぐと冬ならではの景色に一喜
8
霧氷の灌木に迎えられ 足が進まず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷の灌木に迎えられ 足が進まず
10
東南稜も終盤に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東南稜も終盤に
5
歩いてきた稜線と ドンと茶臼岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線と ドンと茶臼岳
21
吹き溜まりをこえ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吹き溜まりをこえ
2
東側には霧氷越しに鬼面山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側には霧氷越しに鬼面山
3
成長を続けるエビのしっぽ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
成長を続けるエビのしっぽ
4
アイゼンの刃を効かせ 頂上直下のスラブを越える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイゼンの刃を効かせ 頂上直下のスラブを越える
6
朝日岳東南稜より朝日岳登頂おめでとう!念願叶い感無量!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳東南稜より朝日岳登頂おめでとう!念願叶い感無量!
25
朝日岳 山頂より 東南稜と茶臼岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳 山頂より 東南稜と茶臼岳
16
山頂より 剣が峰の先に男鹿山塊(大佐飛山地)・高原・日光連山・尾瀬・会津
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂より 剣が峰の先に男鹿山塊(大佐飛山地)・高原・日光連山・尾瀬・会津
8
山頂より 流石から三倉 ひときわ白く美しい裏那須の稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂より 流石から三倉 ひときわ白く美しい裏那須の稜線
19
那須 最高峰 三本槍岳も真っ白。本日のコンディションでは厳しいラッセルになったのでは
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
那須 最高峰 三本槍岳も真っ白。本日のコンディションでは厳しいラッセルになったのでは
6
東に鬼面山。栃木と福島をわける黒川も
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東に鬼面山。栃木と福島をわける黒川も
3
朝日岳をあとにします。夏に息子と登りたいな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳をあとにします。夏に息子と登りたいな
16
朝日岳 やはり良い山頂でした!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳 やはり良い山頂でした!
9
朝日の肩から剣が峰 方面へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日の肩から剣が峰 方面へ
1
朝日のトラバース。核心部を越え こうゆうところで やっちまわないよう油断禁物です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日のトラバース。核心部を越え こうゆうところで やっちまわないよう油断禁物です
8
朝日岳山頂と東南稜 上部
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳山頂と東南稜 上部
4
輪っかにエビのしっぽが かわいい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
輪っかにエビのしっぽが かわいい
12
横から東南稜。ギャップ 分かりやすい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横から東南稜。ギャップ 分かりやすい
5
恵比寿大黒から剣が峰へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恵比寿大黒から剣が峰へ
1
剣が峰 登頂!赤ちゃんお地蔵さま雪で窒息しそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣が峰 登頂!赤ちゃんお地蔵さま雪で窒息しそう
13
剣が峰より 男鹿山塊(大佐飛山地)。積雪期の天国『天空回廊』と地獄『塩那スカイライン』が ちょっぴり見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣が峰より 男鹿山塊(大佐飛山地)。積雪期の天国『天空回廊』と地獄『塩那スカイライン』が ちょっぴり見えた
7
剣が峰より 峰の茶屋跡 避難小屋 と 茶臼岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣が峰より 峰の茶屋跡 避難小屋 と 茶臼岳
7
峰の茶屋跡 避難小屋にて休憩の後、茶臼岳にも今年初めの ご挨拶にうかがうことに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峰の茶屋跡 避難小屋にて休憩の後、茶臼岳にも今年初めの ご挨拶にうかがうことに
1
写真撮影控えると早い。山頂直下から南月山・白笹山。奥に黒滝への稜線・高原・日光連山。登った山も増えてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真撮影控えると早い。山頂直下から南月山・白笹山。奥に黒滝への稜線・高原・日光連山。登った山も増えてきた
3
鳥居をくぐれば山頂です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居をくぐれば山頂です
9
茶臼岳 登頂!無事これました。今年もよろしくお願いいたします!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶臼岳 登頂!無事これました。今年もよろしくお願いいたします!
25
茶臼岳 山頂より 裏那須稜線と東北の峰々
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶臼岳 山頂より 裏那須稜線と東北の峰々
11
茶臼岳 山頂より 旧火口と 奥に三本槍岳・朝日岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶臼岳 山頂より 旧火口と 奥に三本槍岳・朝日岳
4
山頂をあとにします。また気のむくまま おじゃまします
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂をあとにします。また気のむくまま おじゃまします
6
本日の主役『那須 朝日岳東南稜』
好天で迎えてくれた山と 家族に感謝し、反省点など見えた課題は次への糧として活かしたい。おつかれさま
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の主役『那須 朝日岳東南稜』
好天で迎えてくれた山と 家族に感謝し、反省点など見えた課題は次への糧として活かしたい。おつかれさま
12

感想/記録
by AIKEN

2016年01月26日
那須 朝日岳東南稜 冬期 単独


那須 朝日岳 に初登頂した 2013年04月 から、憧れ抱いていた 那須 朝日岳東南稜 に数年を経て ようやく歩くことができ嬉しく思う。その反面 課題もできた。この経験を次への糧に活かしたい。

《目標》
『 1st ステージ 』(登山開始〜1年に立てた目標)
◎富士山頂剣ヶ峰(日帰り)
◎皇海山 鋸十一峰経由(単独 日帰り)
◎甲斐駒ケ岳 黒戸尾根(日帰り)
◎剱岳 早月尾根(単独 日帰り)
◎表 裏 妙義縦走(単独 日帰り)
◎大佐飛山(単独 日帰り)
◎男鹿岳(単独 日帰り)光徳寺起点
◎日光連山縦走(単独 日帰り)
◎谷川連峰馬蹄形縦走(単独 日帰り)
◎槍 穂高連峰縦走(単独 1泊 )
◎白峰三山縦走(単独 日帰り)
◎八ヶ岳連峰主脈全山縦走(単独 日帰り)

『 2nd ステージ 』(2年目 槍穂縦走後に立てた これからの目標)
◎那須 朝日岳東南稜 積雪期(単独 日帰り)
◎阿弥陀岳 南稜 北稜 中央稜 積雪期(単独 日帰り)
◎日向八丁 鋸岳縦走 甲斐駒 黒戸尾根(単独 日帰り)※未完登
◎奥穂高岳南稜 奥穂西穂縦走(日帰り)※SPECIAL COLLABORATION
◎山域(北ア南部) 無雪期(単独 1泊 or 日帰り)
◎山域(北ア北部) 無雪期(単独 1泊)
◎山域(栃木県北) 無or積雪期(単独 1泊 or 日帰り)
◎山域(北ア南部) 無雪期(単独 1泊 or 日帰り)
◎山域(北ア南部) 無雪期(単独 1泊 or 日帰り)※連泊可なら まとめたいよ
◎山域(北ア中部) 無雪期(単独 日帰り)※日帰り最難関?
◎山域(静岡山梨) 厳冬期(単独 日帰り)
◎山域(南ア北部) 厳冬期(単独 1泊)
◎山域(北ア南部) 厳冬期(単独 1泊)
◎栃木百名山 完登 ※栃木起点(終了点は隣県でも可)

『 3rd ステージ 』
憧れあるが、2nd ステージが叶うころ 目標をまとめたい。


『家庭』『仕事』を第一に。自分の『山』のために ここを疎かにしない。
『仕事』も これから数年の頑張りが、その後の人生を大きく変えると思われるので集中したい。

『 2nd ステージ 』目標 に関しては(岩稜などもあるが)、原則 “単独” とする( 栃百 は原則 外)。自分より著しく技量のある方(ベテランやガイドなど)に登らせてもらう山を、“自分で登った『山』” とカウントしない。
※確かな技術 経験 を習得するための 講習 や 教えて頂く山行 も、自分で登った山にはならないが 今後は必要とも感じる。

『 2nd ステージ 』目標 に対しての 交通手段 は(登山口までと縦走後の車回収)、マイカー・公共交通機関・チャリなどを利用する。タクシーは微妙だが単独では ある意味 痛手なので不測の事態はアリとするかも。
※なぜかブレてパーティー山行になった場合は、山行も車回収も難度は著しく下がるが車デポを利用(達成感はどうだろ?)。ただし 同じ山域で別行程をゆく仲間や、その他の者をはじめから当てにして送迎してもらう行為は原則 論外。

『 2nd ステージ 』目標 の 期限 は問わない。誰 競うことはない。自分の目標。『 2nd ステージ 』は通常2泊3日以上を要するものが多く、それをほとんど連休のない自分が 1泊 or 日帰り で達成するためには 体力 技術 知識 経験 だけでなく 体調や天候に恵まれることが大きな要因と考えられる。もちろん技術習得にも時間が必要であり焦る必要はない。でも ある年齢に達するまでには叶えたいと思っていたりする。

『 3rd ステージ 』は甘くはない。より 畏れをもって 単独山行の限界を感じる日が来るのでは。単独で登るための技術を確立させたい。そして良き仲間や師に巡りあえたら幸せだろう。こればっかりは『出会い』を大切に。


その他 大きな目標に限らず、訪れたい場所はたくさんある。家族 や 仲間 ときには ひとりでも、心から感動するような絶景に会えることを願って『山』を楽しみたい。

訪問者数:1285人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ