ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 804399 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

Tさんに誘われて赤岳へ!!・・・結果は途中敗退でした(^_^;)

日程 2016年01月30日(土) [日帰り]
メンバー yama_pound, その他メンバー1人
天候みぞれ雪→くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車は八ヶ岳山荘の駐車場に止めました。(500円/1日)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間39分
休憩
2時間13分
合計
9時間52分
S八ヶ岳山荘06:4007:25赤岳山荘07:31美濃戸山荘08:19堰堤広場09:00赤岳鉱泉09:0809:46行者小屋10:1511:47撤退地点より少し下った広場12:1012:28撤退地点12:41撤退地点より少し下った広場12:5013:17行者小屋14:0814:29赤岳鉱泉14:4215:10堰堤広場15:42美濃戸山荘15:47赤岳山荘16:32八ヶ岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・登山ポストは八ヶ岳山荘前にあります。
 (赤岳山荘前にもあります。)
 登山届は提出しましょう!
 
・トイレは各小屋にあります。
 
・水場は各小屋で飲み物が売ってます。
 当然この時期は雪で水を作れます。

・八ヶ岳山荘〜行者小屋までは樹林帯の中を歩きます。
 今回は登りも下りもツボ足で歩きました。
 (下山時はバランス保持のためストックも使用しました。)
   
・行者小屋から文三郎尾根へはノートレースで膝下ラッセルでした。
 コースを外れなければ膝下より下の雪は締まっていて踏み抜く感じはありませんでした。
 (コースを外れたところや斜度が急なところ、吹き溜まり箇所は腰まで潜ることもありました。)

・ラッセルをする状況になったときにまず下山開始時間を決めてから登りました。
 だましだまし下山開始時間を遅らせて登ってましたが、その先の雪の状況や登るスピードを考慮して途中撤退を決めました。

・マムートの階段直前の広場まではストック&ツボ足でラッセルでした。
 マムートの階段直前の広場からはピッケル&アイゼンで登りましたが、モナカ雪でアイゼンが効きにくく滑りやすかったので下山時の危険性も考慮してすぐに途中撤退を決めました。

・南沢は途中に何箇所か深い水たまりがあり歩きにくかったとMさんが言ってました。

・今季初めての赤岳でしたが、積雪の量は少なかったです。
 

▶今回の核心部分はラッセルです。

・登り始めがそんなに早くなかった(行者小屋10:15スタート)ので文三郎尾根にはトレースがあると思ってましたが、行者小屋からラッセルでした(^_^;)
 
・赤岳でラッセルできるなんてラッキーな出来事でしたが、私とTさん、後から追いついてきたソロのMさんの3人ともワカンやスノーシューは車の中に置いてきてました(-_-;)
 (誰も登ってなければラッセルがあるのは当たり前のことなんですが、いつも誰かしら人がいてトレースがある印象が強かったので3人とも油断してました・・)
 結果、時間切れとなり赤岳登頂はできませんでしたが、3人とも赤岳登頂には執着がなく撤退は即決できました。
 (ワカンやスノーシューがあったとしてもスタートが早くなかったので時間的には厳しかったと思います。)

・改めてラッセル時間を考慮した余裕のある登山計画を立てることが大事だなーと痛感しました!!
 

▶雪山でのいつものことですが・・・

・雪の状況は日々変化するので自己責任で情報収集しましょう。

・雪山は『登頂できたら儲けもの♪』『途中撤退は当たり前!!』という考えで登りましょう(>_<)
 
・トレースが無ければラッセルとなります(-_-;)
 ラッセル時間を考慮した余裕のある登山計画を立てましょう!

・ホワイトアウトによる道迷い、遭難に注意しましょう(>_<)
 (地図やコンパスはもちろんGPSロガーも携行しましょう!)

・雪崩そうな場所は注意しながら速やかに通過しましょう!

・風雪で低体温症にならないよう防寒防風対策を確実に!
その他周辺情報帰りに『 もみの湯 』で汗を流しました(^_^)
http://www.vill.hara.nagano.jp/www/info/detail2.jsp?id=3807
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

八ヶ岳山荘前にある登山ポストに登山届を提出して登山開始!!
2016年01月30日 06:41撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳山荘前にある登山ポストに登山届を提出して登山開始!!
5
天気はみぞれ雪(-_-)
2016年01月30日 06:41撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気はみぞれ雪(-_-)
4
赤岳山荘を通過
2016年01月30日 07:25撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳山荘を通過
2
美濃戸山荘を通過
2016年01月30日 07:31撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘を通過
2
今回は北沢を歩きました
2016年01月30日 07:32撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は北沢を歩きました
1
堰堤広場を通過
2016年01月30日 08:19撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤広場を通過
2
おぉーー、アイスキャンディーが見えた!!
2016年01月30日 09:00撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おぉーー、アイスキャンディーが見えた!!
5
うん、ソーダ味なのは間違いない!!(笑)
2016年01月30日 09:02撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うん、ソーダ味なのは間違いない!!(笑)
13
赤岳鉱泉を通過
2016年01月30日 09:02撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉を通過
2
赤岳鉱泉から行者小屋へ向かう途中の道にデブリがあったので撮ってみた(>_<)
2016年01月30日 09:24撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉から行者小屋へ向かう途中の道にデブリがあったので撮ってみた(>_<)
3
行者小屋に到着
2016年01月30日 09:47撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋に到着
1
しばらく休憩&準備して出発!!
2016年01月30日 10:15撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく休憩&準備して出発!!
1
あれ?
文三郎尾根への道はノートレース・・・
2016年01月30日 10:31撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ?
文三郎尾根への道はノートレース・・・
2
ラッセル中のTさん!!
2016年01月30日 10:57撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラッセル中のTさん!!
12
後から追いついてきたMさんも加わり3人交代でラッセル!!
2016年01月30日 11:03撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後から追いついてきたMさんも加わり3人交代でラッセル!!
11
ラッセルラッセル(笑)
2016年01月30日 11:16撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラッセルラッセル(笑)
13
斜度が急になり思うように進まない(=_=)
2016年01月30日 11:17撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜度が急になり思うように進まない(=_=)
9
こんな斜度(笑)
2016年01月30日 11:17撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな斜度(笑)
8
ガスが晴れはじめ赤岳が姿を現す!!
2016年01月30日 11:47撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが晴れはじめ赤岳が姿を現す!!
3
当初の下山開始時間12:00に近づいていたが、とりあえず文三郎尾根分岐の標識まで登ってみて、もし、そこまで行くのに時間がかかっているようであれば赤岳への登頂は諦めて下山しようと意見がまとまり、ここからアイゼン&ピッケル装備で登る!!
2016年01月30日 11:47撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当初の下山開始時間12:00に近づいていたが、とりあえず文三郎尾根分岐の標識まで登ってみて、もし、そこまで行くのに時間がかかっているようであれば赤岳への登頂は諦めて下山しようと意見がまとまり、ここからアイゼン&ピッケル装備で登る!!
8
ここが今回のMAX。
アイゼン&ピッケル装備で登り始めてすぐのところ(マムートの階段を少し登ったところ)で撤退を決める。
2016年01月30日 12:28撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが今回のMAX。
アイゼン&ピッケル装備で登り始めてすぐのところ(マムートの階段を少し登ったところ)で撤退を決める。
14
【撤退地点より少し下った広場からの眺め】
中岳と阿弥陀岳
2016年01月30日 12:41撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【撤退地点より少し下った広場からの眺め】
中岳と阿弥陀岳
10
【撤退地点より少し下った広場からの眺め】
北稜が良く見える♪
2016年01月30日 12:42撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【撤退地点より少し下った広場からの眺め】
北稜が良く見える♪
10
【撤退地点より少し下った広場からの眺め】
近いようで遠い文三郎尾根分岐(-_-)
2016年01月30日 12:42撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【撤退地点より少し下った広場からの眺め】
近いようで遠い文三郎尾根分岐(-_-)
2
【撤退地点より少し下った広場からの眺め】
赤岳
2016年01月30日 12:42撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【撤退地点より少し下った広場からの眺め】
赤岳
2
【撤退地点より少し下った広場からの眺め】
横岳と硫黄岳
2016年01月30日 12:42撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【撤退地点より少し下った広場からの眺め】
横岳と硫黄岳
5
【撤退地点より少し下った広場からの眺め】
行者小屋
2016年01月30日 12:42撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【撤退地点より少し下った広場からの眺め】
行者小屋
5
【撤退地点より少し下った広場からの眺め】
少しの時間でしたが真っ白な北アルプスが見えました!!
2016年01月30日 12:43撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【撤退地点より少し下った広場からの眺め】
少しの時間でしたが真っ白な北アルプスが見えました!!
4
【撤退地点より少し下った広場で】
私とMさんのツーショット記念撮影♪
(Tさんはカメラマンなので写ってませんww)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【撤退地点より少し下った広場で】
私とMさんのツーショット記念撮影♪
(Tさんはカメラマンなので写ってませんww)
22
【撤退地点より少し下った広場で】
青い2人が阿弥陀岳を見ている図
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【撤退地点より少し下った広場で】
青い2人が阿弥陀岳を見ている図
12
【撤退地点より少し下った広場で】
阿弥陀岳を見ながら『今日は阿弥陀北稜へのトレースないね。』と言っている図
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【撤退地点より少し下った広場で】
阿弥陀岳を見ながら『今日は阿弥陀北稜へのトレースないね。』と言っている図
8
【撤退地点より少し下った広場で】
ガッツポーズでやりきった感満載のTさん!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【撤退地点より少し下った広場で】
ガッツポーズでやりきった感満載のTさん!!
11
下山はサクサク(^_^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山はサクサク(^_^)
4
行者小屋に到着!!
ここからアイゼン&ピッケルを外してストック&ツボ足に!!
南沢を歩いてきたMさん情報で南沢は途中に何箇所か水たまりがあり歩きづらいという事を聞いたので帰りも北沢を歩くことにしました。
2016年01月30日 13:17撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋に到着!!
ここからアイゼン&ピッケルを外してストック&ツボ足に!!
南沢を歩いてきたMさん情報で南沢は途中に何箇所か水たまりがあり歩きづらいという事を聞いたので帰りも北沢を歩くことにしました。
1
赤岳鉱泉で3ショットを撮ってもらう・・・
タイトルは『赤岳敗退でうなだれる3人(笑)』
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉で3ショットを撮ってもらう・・・
タイトルは『赤岳敗退でうなだれる3人(笑)』
18
赤岳鉱泉ではアイスキャンディーのイベントをやっており、人・人・人で賑わっていた(笑)
2016年01月30日 14:42撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉ではアイスキャンディーのイベントをやっており、人・人・人で賑わっていた(笑)
10
北沢を黙々と歩くyama_pound
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北沢を黙々と歩くyama_pound
7
堰堤広場を通過
2016年01月30日 15:10撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤広場を通過
1
美濃戸山荘を通過
2016年01月30日 15:42撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘を通過
1
赤岳山荘を通過
2016年01月30日 15:47撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳山荘を通過
1
八ヶ岳山荘に到着!!
明るいうちに下山完了できました。
2016年01月30日 16:30撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳山荘に到着!!
明るいうちに下山完了できました。
3
帰りに立ち寄った『もみの湯』
17:00以降は300円!!
2016年01月30日 17:07撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに立ち寄った『もみの湯』
17:00以降は300円!!
5

感想/記録

金曜日に北岳で知り合ったTさんから赤岳日帰り登山のお誘いを受け土曜日は赤岳に行くことに!!
八ヶ岳山荘の駐車場でTさんと合流、天気予報は雪だったが雨が降っていた・・・
スタート予定だった5:00になっても雨は雪に変わることはなく、どうしようかと相談した結果6:00まで様子見することに・・・
(雪ならまだしも歩き始めから雨で濡れるのは嫌だったので!!)
6:00になると雨からみぞれ雪になったので準備を始めて登山開始!!

登山開始予定時刻より1時間40分遅れでのスタートとなってしまったが、はたして赤岳まで辿り着けるのだろうか?
いざ、クライム・オン!!


ヾ響

・八ヶ岳山荘から行者小屋までのアプローチは相変わらず退屈でした(-_-)
 (今回はTさんと話しながら歩けたので少しはマシでしたが・・・)

・文三郎尾根はトレースがあると思ってましたが、行者小屋からノートレースでした(>_<)
 結果、赤岳登頂はできませんでしたが、まさかの文三郎尾根でラッセルを楽しめました♪
 
・風が強いイメージの八ヶ岳ですが、この日は森林限界を越えても風は弱くて快適でした♪

・先週の西穂と同じく今回も途中撤退でしたが、雪山は甘くないと再認識できたので良かったです♪

・今回の登山に誘って下さったTさん、ありがとうございました。
 楽しい時間を過ごせました♪
 また何処かに登りましょう!!

・途中からラッセルに加わって頂いたMさん、その後の工程を共にして頂きありがとうございました。
 日帰り温泉で聞かせて頂いた山の話や山友の話がとても興味深く楽しかったです♪
 また何処かでラッセル隊を組みましょう!!(笑)


反省

・昨年2月の唐松岳でワカンを携行せずにラッセルで苦労した経験があったのに、赤岳ならトレースがあるだろうと甘くみてワカンを車に置いて登ったのは失敗でした・・
 今回はワカンがあっても登頂は厳しかったと思いますが、雪山を甘く見ている傾向は良くない事だと反省してます(-_-)

・先週の西穂と同じく今回も途中撤退を即決できたことはよかったと思います。
 時間や雪の状況をしっかり見極めて判断できたことは良かったと思います(^_^)
訪問者数:584人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/8/16
投稿数: 535
2016/2/1 23:35
 お疲れ様でした。
yama_poundさん こんにちは

 生憎な天気だったようでラッセルお疲れ様でした、赤岳メインルート確かに常にトレースがありそうに感じてしまいますけど当然最初に歩かれている方いるんですよね
 今年は微妙な気温のせいで重い雪や氷が樹木について倒木が多いそうで雪解けの頃に特に苦労しそうですね

 ラッセルお疲れ様でした
ゲスト
登録日:
投稿数: 0
2016/2/2 5:05
 ハードモード!
連荘でハードモードな山登り、お疲れ様でした。
『途中で帰るのが雪山』という名言を思い出しました(´_`)

アイスキャンディーはどう見てもガリガリ君にしか見えませんね。
ホントにガリガリ君でできていたら絶対行くのに。
八ヶ岳、遠いんですよねぇ。。。
登録日: 2013/5/6
投稿数: 920
2016/2/2 8:22
 モンスター!!!
アイスキャンディーはモンスターの様ですね
阿弥陀をバックにツーショット!
いいですね〜(^^)v

それにしてもハードなラッセルお疲れ様でございました(^^ゞ
登録日: 2012/12/12
投稿数: 1259
2016/2/2 17:37
 Re: お疲れ様でした。
masatさん、こんにちは

日曜日は天気が良くなる予報だったので、何処かで車中泊して他の山へ!!
と考えましたが、いい歳なので無理せずに帰りました

灰色の空は新潟で嫌というほど見てるので青色の空が見たかった〜(笑)
登録日: 2012/12/12
投稿数: 1259
2016/2/2 17:42
 Re: ハードモード!
SM100Cさん、こんにちは

体力的にはそれほどハードではなかったのですが、思っている以上に時間がかかりました
ここ2回の山行は途中で帰ってばかりなので、次回の山行はなんとか登頂できるよう頑張ります!!
(いや、二度あることは三度あるか?ww)

赤岳鉱泉に行くことがあったらアイスキャンディーの味見してみて下さい!!
もしかしたらもしかするかもしれませんよー(笑)
登録日: 2012/12/12
投稿数: 1259
2016/2/2 17:43
 Re: モンスター!!!
bamosuさん、こんにちは

阿弥陀岳いいですよねー
また北稜や南稜から登りたくなりました
でも今年は行く機会があるかなー?
登録日: 2011/4/28
投稿数: 2325
2016/2/2 22:42
 うなだれながら笑ってる
ヤマパンさん
こんばんは。(^-^)/

ヤマパンさんの名言
雪山は『登頂できたら儲けもの♪』
『途中撤退は当たり前!!』

最近、そのお言葉が身に染みて
わかるようになりました。
登録日: 2012/12/12
投稿数: 1259
2016/2/3 8:30
 Re: うなだれながら笑ってる
sionさん、こんにちは

雪山は『登れたらラッキー 』ぐらいに思ってないとモヤモヤしますから(笑)
悪天の撤退はまぁ良しとして、晴れてても強風で徹退とかラッセルで時間切れ撤退とか敗退の要素満載ですからねー(笑)

暖冬で積雪が少ないし雪のコンディションも良くないですが、安全に雪山登山を楽しみましょう

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ