ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 812288 全員に公開 山滑走北陸

藪とパウダーの僧ヶ岳 山スキー

日程 2016年02月11日(木) [日帰り]
メンバー fatcreek, その他メンバー2人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間35分
休憩
50分
合計
12時間25分
Sスタート地点02:3503:40尾根取付き06:00829m07:101053m07:30コル08:50三角点1480m09:201551m10:45僧ヶ岳山頂11:2012:30コル12:4513:001053m13:30829m14:45堰堤下15:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
前僧ヶ岳下はクラストしてる部分もあり、スキーアイゼンがあると安心。

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ネックウォーマー バラクラバ 日よけ帽子 ブーツ ザック ビーコン スコップ ゾンデ 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ ビンディング スキー板 シール

写真

ヘッドランプでスタート
2016年02月11日 03:02撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘッドランプでスタート
1
渡渉1回目
2016年02月11日 03:19撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉1回目
1
渡渉2回目
2016年02月11日 03:22撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉2回目
しょっぱなからの急登はツボ足担ぎ
2016年02月11日 03:46撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しょっぱなからの急登はツボ足担ぎ
板を履けても苦労は続きます。
2016年02月11日 04:14撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
板を履けても苦労は続きます。
どこを通るんじゃという状態。
2016年02月11日 04:51撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこを通るんじゃという状態。
2
ようやく雪が増えたけど。
2016年02月11日 05:15撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく雪が増えたけど。
藪はまだまだ続きます。
2016年02月11日 06:30撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪はまだまだ続きます。
トラーバースしようとすると藪が・・・・
2016年02月11日 06:57撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラーバースしようとすると藪が・・・・
1
ようやく良くなってきた。
2016年02月11日 08:17撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく良くなってきた。
日本海もばっちり。
2016年02月11日 08:20撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本海もばっちり。
こうじゃなきゃね。
2016年02月11日 08:21撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こうじゃなきゃね。
朝日が照らします。
2016年02月11日 08:48撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日が照らします。
3
朝日の中を登ります。
2016年02月11日 08:49撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日の中を登ります。
2
先は遠いな。
2016年02月11日 09:01撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先は遠いな。
雪の造形
2016年02月11日 10:46撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の造形
4
山頂着
2016年02月11日 10:50撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂着
5
朝日岳 栂海新道
2016年02月11日 10:53撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳 栂海新道
3
栂海新道 去年行ったのでこの方向から見ると感無量。
2016年02月11日 10:53撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栂海新道 去年行ったのでこの方向から見ると感無量。
2
シュプールを刻みます。
2016年02月11日 11:23撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シュプールを刻みます。
4
たちまち僧ヶ岳から離れ行きます。
2016年02月11日 11:37撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たちまち僧ヶ岳から離れ行きます。
2
明るくなると藪の凄さが、よくわかる。
2016年02月11日 14:07撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るくなると藪の凄さが、よくわかる。
ここを登って、降りました。
2016年02月11日 14:20撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを登って、降りました。
丸木橋
2016年02月11日 14:50撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸木橋
撮影機材:

感想/記録

登山口に23時着。一時間ほどぐっすり寝てあとは2時までうつらうつらしてから準備。
ヘッドランプに照らされる周囲の雪は明らかに少ない。
尾根の取り付きを目指して、堰堤を超えるとやっぱり、渡渉を強いられた。浅い所を探し、4回渡渉。
その先は急登。雪も付いておらず、しょっぱなから担ぎツボ足。蔓に板が絡まり登りづらい。やっと雪があり板を履けるようになっても藪がすごくて枝を掴んで体を上に引き上げて高度をあげた。
途中の林道の法面は、また板を担いでウイペットを法面刺してキックステップで足場を刻んでの氷壁ならぬ法面登攀。心の中では「まだ時間も早いし、行き先を変えればもっと良いところあるよな。」とか思いつつ、200mあまり登って、ようやくまともに歩けるようなった。とはいうもの藪が多くアップダウンを丁寧になめて行かないと進めない。
それでも凄まじい登りが多少楽になったことや富山のきれいな夜景を目にできることでホット一息。
高度が上がるにつれて、尾根も広くなり雪も多くなり傾斜もなだらかになり、藪も少なくなり、景色も明るくなりよく見えてくる。見事な山です。
雄大な山体のため、なかなか近づいきません。少し白鳥山にも似た雰囲気があります。
頂上近辺は風の通り道のため、シュカブラが発達して、クラストしてるところもあり、少々危険を感じた。
ようやく着いた山頂は見事の一言。360度展望。
下りも素晴らしい斜面と雪を味わうことができた。
最後は、藪をツボ足担ぎ。
着いたところが堰堤下。なんと丸木橋がかかってるじゃん。
登りの時に気づいてれば渡渉で苦労しなくても良かったのに!

はやりのBCスキーからは程遠いですが、苦労も山スキーの楽しさの一つ。
山スキーを満喫した12時間でした。
訪問者数:300人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ