ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 813162 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

赤岳

日程 2016年02月12日(金) 〜 2016年02月13日(土)
メンバー palito
天候
アクセス
利用交通機関
電車バス
JR中央線茅野駅から美濃戸口までバス利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間30分
休憩
10分
合計
3時間40分
S八ヶ岳山荘11:2012:30美濃戸山荘12:4015:00赤岳鉱泉
2日目
山行
7時間10分
休憩
1時間0分
合計
8時間10分
赤岳鉱泉07:0007:50行者小屋08:0009:50地蔵の頭10:00赤岳天望荘10:1011:10赤岳頂上山荘11:2011:20赤岳12:30行者小屋12:5014:10美濃戸山荘14:2014:20赤岳山荘15:10八ヶ岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター バラクラバ 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー アイゼン ピッケル スコップ 行動食 非常食 調理用食材 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ テント テントマット シェラフ
備考 ワカンとスコップは不要だった。
行者小屋〜地蔵尾根〜赤岳〜文三郎尾根〜行者小屋と周回ルートにすると決めた時点で、大半の装備をデポして登ってもよかった。まあ結果論ですが。

写真

美濃戸口八ヶ岳山荘。平日なので茅野駅からここまで来るバスは11:03着が最も早い便。
2016年02月12日 11:23撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸口八ヶ岳山荘。平日なので茅野駅からここまで来るバスは11:03着が最も早い便。
1
美濃戸口から美濃戸山荘までの林道。雪少ない。
2016年02月12日 12:24撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸口から美濃戸山荘までの林道。雪少ない。
赤岳鉱泉までの北沢の登山道。雪は多くなったけど、アイゼンが必要なほどではない。
2016年02月12日 14:27撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉までの北沢の登山道。雪は多くなったけど、アイゼンが必要なほどではない。
赤岳鉱泉のアイスキャンディ。
ここ赤岳鉱泉でも、翌日の稜線上でもアジア人がとても多かった。中国、韓国、台湾、香港あたりから。見た目ではわからないが、近くのテントから日本語以外の言語が聞こえてきたり、登山道ですれ違って挨拶しないのも日本語が喋れないからかな?
数年前から外国人登山者はじわじわと増えてきたのを実感していたが、今回この山域にいた人の半分くらいは外国人だったような印象。
2016年02月12日 15:03撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉のアイスキャンディ。
ここ赤岳鉱泉でも、翌日の稜線上でもアジア人がとても多かった。中国、韓国、台湾、香港あたりから。見た目ではわからないが、近くのテントから日本語以外の言語が聞こえてきたり、登山道ですれ違って挨拶しないのも日本語が喋れないからかな?
数年前から外国人登山者はじわじわと増えてきたのを実感していたが、今回この山域にいた人の半分くらいは外国人だったような印象。
1
風避けを考慮して小屋のすぐ隣にテントを張った。赤岳鉱泉でテント泊するのは初めてだけど、1泊1000円もする。高い!
最低気温でやっと0℃を下回るくらい。正月山行に続いて今回もグランドシートを忘れてしまった。気温の高さもあいまってマットの下は結露の水分でびしょ濡れになった。
2016年02月12日 15:33撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風避けを考慮して小屋のすぐ隣にテントを張った。赤岳鉱泉でテント泊するのは初めてだけど、1泊1000円もする。高い!
最低気温でやっと0℃を下回るくらい。正月山行に続いて今回もグランドシートを忘れてしまった。気温の高さもあいまってマットの下は結露の水分でびしょ濡れになった。
1
2日目。6時には出発するつもりだったけど、ダラダラしてしまい結局7時出発。稜線上は完全にガスの中。
2016年02月13日 07:05撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目。6時には出発するつもりだったけど、ダラダラしてしまい結局7時出発。稜線上は完全にガスの中。
赤岳鉱泉からアイゼン装着。
正月に中央アルプスの下山時寸前でグリベルの片方をなくした。同じのを買うのも癪なので、ちょうど安売りしてたBDのアルミ製を新調した。軽いのはとてもいいのだけど、摩耗が早いのが不安。そしてアルミのせいなのかわからないけど、下りのグリップが効かない気がした。
2016年02月13日 07:08撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉からアイゼン装着。
正月に中央アルプスの下山時寸前でグリベルの片方をなくした。同じのを買うのも癪なので、ちょうど安売りしてたBDのアルミ製を新調した。軽いのはとてもいいのだけど、摩耗が早いのが不安。そしてアルミのせいなのかわからないけど、下りのグリップが効かない気がした。
1
行者小屋から地蔵尾根を詰める。トレースはしっかりと踏み固められている。へとへとに疲れた。
2016年02月13日 09:02撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋から地蔵尾根を詰める。トレースはしっかりと踏み固められている。へとへとに疲れた。
地蔵の頭。風が強いが、まあまあ想定の範囲内。
2016年02月13日 09:52撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵の頭。風が強いが、まあまあ想定の範囲内。
地蔵の頭〜天望荘の稜線。
2016年02月13日 09:56撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵の頭〜天望荘の稜線。
1
天望荘。この週末が最終営業日らしい。アイゼン脱ぐのは面倒なので、小屋の風下側で休憩。
2016年02月13日 10:03撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天望荘。この週末が最終営業日らしい。アイゼン脱ぐのは面倒なので、小屋の風下側で休憩。
1
赤岳山頂。写真だけ撮って早々に下山。
「赤岳」の表示がリニューアルされたよね?色を塗り替えただけかな?前は「赤」の点々が薄くて「青岳」と書いてあるように見えた。
2016年02月13日 11:25撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳山頂。写真だけ撮って早々に下山。
「赤岳」の表示がリニューアルされたよね?色を塗り替えただけかな?前は「赤」の点々が薄くて「青岳」と書いてあるように見えた。
6
なかなかのエビの尻尾。
2016年02月13日 11:25撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかのエビの尻尾。
1
文三郎尾根を後半はシリセードも交えながら、1時間で行者小屋まで下りてきた。
2016年02月13日 12:28撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文三郎尾根を後半はシリセードも交えながら、1時間で行者小屋まで下りてきた。
1
行者小屋でアイゼンとピッケルを撤収。
2016年02月13日 12:33撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋でアイゼンとピッケルを撤収。
完全に凍結した南沢。
2016年02月13日 13:30撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
完全に凍結した南沢。
カモシカがいた。
2016年02月13日 13:57撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カモシカがいた。
6
美濃戸口からのバス車内から八ヶ岳を振り返る。やっぱり稜線はガスの中。
2016年02月13日 16:38撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸口からのバス車内から八ヶ岳を振り返る。やっぱり稜線はガスの中。

感想/記録
by palito

11日建国記念日が仕事で、翌12日が振休の3連休となったので、どこか雪山に行こうと思いついた。といっても車無しで3日間では行けるところは限られるので、無難に八ヶ岳に行くことにした。南八ヶ岳はこれで5回目だけど、随分久しぶりだ。
とりあえず電車とバスで美濃戸口まで向かい、当初の計画では赤岳鉱泉〜硫黄岳〜黒百合平〜渋の湯と縦走したかった。渋の湯の温泉が良いらしいので、2日目でそこまで行けたらいいなあと考えていた。美濃戸口で登山計画書を書く時点ではそう考えていたが、念のため第2案として「天候・体力次第では赤岳ピストン」と書いておいた。
どっちにしてもとりあえず1日目は赤岳鉱泉までの計画なので、歩きながら2日目をどうしようか考えた。渋の湯を目指すとすると赤岳鉱泉を未明に出るか、もしくは1日目で赤岳鉱泉よりも先を目指さなければ辿り着くことはできないだろう。2日目で黒百合平まで行って、最終日の下山前に温泉に入ればいいかもと思ったが、渋の湯は泊り客専用の温泉が良いとのことなので、せっかく行くなら渋の湯で泊まりたい。
てなことを考えながらも、赤岳鉱泉まででへとへとに疲れてしまい、今日中にさらに先を目指すことはありえず、稜線は天候が悪そうだし、気合いの早起きもできそうにない。ということで赤岳ピストンに方針転換した。
山で2泊の予定だったけど、赤岳ピストンだけなら2日目の早い時間には下山できる。そのまま帰京するのはつまらないので、茅野から下諏訪まで移動して当日予約でホテル山王閣に泊まった。
訪問者数:2011人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/12/26
投稿数: 2
2016/2/19 8:36
 筋肉痛
今回の下山後の筋肉痛は特にひどかった。下山翌日の日曜朝からじわじわ始まって、火曜水曜は歩くのも困難なピークの状態。特に階段を下るのが辛い。金曜の朝、ようやく治まりつつある。
1泊2日と短い行程で、今までの山行に比べて特にバードだったというわけでもないのに。やっぱり日常的な運動不足がその理由かな。そういえばテントの中にいた1日目夕方、人生で初めて膝の内側の筋肉がつった。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ