ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 816154 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

20160221_八幡谷西巻道ハブ谷右俣横池雄池南北路本庄山南尾根金鳥山南尾根松尾谷西尾根

日程 2016年02月21日(日) [日帰り]
メンバー toshi_a_2014
天候曇り一時雪
アクセス
利用交通機関
徒歩
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間4分
休憩
1分
合計
3時間5分
S岡本梅林公園13:2813:30岡本八幡神社13:35八幡谷入口13:43八幡谷西巻道登り口14:34山の神14:38八幡谷尾根筋分岐14:43鉄塔 5 番目14:49森林管理歩道合流14:56ハブ谷右俣登り口15:04横池雄池南北路南端マーキング群15:16横池雄池南北路北端横池南道合流点15:26横池雄池南北路南端マーキング群15:34風吹岩15:3515:49鉄塔 8 番目15:57鉄塔 9 番目16:01金鳥山旧第二電電金鳥ステーション跡16:19植林事業斜面16:28八幡谷東鉄塔監視道合流16:33鉄塔 1 番目16:33岡本八幡神社G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
八幡谷西巻道登り口と山の神の間を 1 往復半、そのうち、藪漕ぎの区間を 2 往復半しています。
ハブ谷右俣横池雄池南北路を 1 往復しています。
金鳥山南尾根を下る途中の木の写真のあたりで、GPS のログがいったん止まったようで、地図上、スタートとゴールのマークがおかしなことになっています。
コース状況/
危険箇所等
帰路の下山の途中で一時的な降雪。本庄山南尾根の鉄塔 2 基を下るところと、金鳥山南尾根の藪の中を下るルートでは、足許がよく滑る。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 サブザック 非常食 飲料 コンパス 保険証 携帯 時計 タオル ストック

写真

スタートはよい天気で、岡本梅林に寄り道し、今日はここからスタートとします。
2016年02月21日 13:27撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタートはよい天気で、岡本梅林に寄り道し、今日はここからスタートとします。
1
八幡谷西巻道(仮称)の石階段の登り口。分岐の標識には、何か書かれていたものの、消されているようで、過去のレポートにあったような新道、旧道、近道などの書き込みはありませんでした。
山の神の方の標識にも、同じく、書き込みはありませんでした。
2016年02月21日 13:43撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八幡谷西巻道(仮称)の石階段の登り口。分岐の標識には、何か書かれていたものの、消されているようで、過去のレポートにあったような新道、旧道、近道などの書き込みはありませんでした。
山の神の方の標識にも、同じく、書き込みはありませんでした。
八幡谷西巻道(仮称)の西向きの登りから北寄りに方向が変わったところから藪漕ぎをし、藪から出てきたところを振り返って撮影しています。写真向かって右の藪の間から出てきました。
4 日前は、写真左手の斜面の方の藪の中からここへ出ました。この 4 日前の時は、分岐の石階段を登って西向きの途中に右手(北向き)へのルートがあるように思って、そちらから藪を漕いで、斜面を登ってここへ出、帰りもこの斜面を下る側の藪の中を進みました。
このように、ここには、2 ルートあるようです。
このあと、藪漕ぎの区間は合計 2 往復半、山の神の手前までのルートを 1 往復半し、藪を踏んでおきました。最後は、数分で通過できるようになりました。

2016 年 2 月 17 日の記録:20160217_八幡谷西巻道
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-814414.html
2016年02月21日 13:57撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八幡谷西巻道(仮称)の西向きの登りから北寄りに方向が変わったところから藪漕ぎをし、藪から出てきたところを振り返って撮影しています。写真向かって右の藪の間から出てきました。
4 日前は、写真左手の斜面の方の藪の中からここへ出ました。この 4 日前の時は、分岐の石階段を登って西向きの途中に右手(北向き)へのルートがあるように思って、そちらから藪を漕いで、斜面を登ってここへ出、帰りもこの斜面を下る側の藪の中を進みました。
このように、ここには、2 ルートあるようです。
このあと、藪漕ぎの区間は合計 2 往復半、山の神の手前までのルートを 1 往復半し、藪を踏んでおきました。最後は、数分で通過できるようになりました。

2016 年 2 月 17 日の記録:20160217_八幡谷西巻道
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-814414.html
1
山の神を通過し、八幡谷の谷筋のハイキングコースからハブ谷(八幡谷)東尾根に上がって、ツブレ池の横を通り、私が勝手に鉄塔 5 番目と呼んでいる広田西線四八鉄塔を通過して森林管理歩道(水平道)に出て西北へ、ハブ谷右俣に入ります。
写真は、ハブ谷右俣を登り初めて谷筋を歩き始めたあたりです。昨日の降雨もあって、今日は、これでも流れが多めで、靴が濡れます。
2016年02月21日 14:59撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の神を通過し、八幡谷の谷筋のハイキングコースからハブ谷(八幡谷)東尾根に上がって、ツブレ池の横を通り、私が勝手に鉄塔 5 番目と呼んでいる広田西線四八鉄塔を通過して森林管理歩道(水平道)に出て西北へ、ハブ谷右俣に入ります。
写真は、ハブ谷右俣を登り初めて谷筋を歩き始めたあたりです。昨日の降雨もあって、今日は、これでも流れが多めで、靴が濡れます。
ハブ谷右俣を登り、北東から東へ向きが変わるあたりに、横池雄池との南北路の分岐とマーキング群があります。
ハブ谷右俣横池雄池南北路の谷筋、次いで尾根筋を登り、大きな岩と見晴らしが開けるポイントから、北西の六甲山上を眺めています。
ここから南を見れば、大阪湾から神戸港までが見えます。
2016年02月21日 15:14撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハブ谷右俣を登り、北東から東へ向きが変わるあたりに、横池雄池との南北路の分岐とマーキング群があります。
ハブ谷右俣横池雄池南北路の谷筋、次いで尾根筋を登り、大きな岩と見晴らしが開けるポイントから、北西の六甲山上を眺めています。
ここから南を見れば、大阪湾から神戸港までが見えます。
ハブ谷右俣横池雄池南北路を往復して、ハブ谷右俣を東進、風吹岩に。
毎回同じですが、風吹岩から眺める大阪湾。北から雨雲が流れてきましたので帰りを急ぎます。
2016年02月21日 15:35撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハブ谷右俣横池雄池南北路を往復して、ハブ谷右俣を東進、風吹岩に。
毎回同じですが、風吹岩から眺める大阪湾。北から雨雲が流れてきましたので帰りを急ぎます。
1
本庄山の南の鉄塔が 2 基ある尾根(仮称、本庄山南尾根)の、北側の鉄塔、私が勝手に鉄塔 8 番目と呼んでいる仁川連絡線三九鉄塔から西、雪空を眺めています。
このあと、ルートのない尾根筋を下って、私が勝手に鉄塔 9 番目と呼んでいる広田西線四七鉄塔をくぐって、プラスチック階段を降り、森林管理歩道(水平道)に出て、金鳥山の方へ下ります。
2016年02月21日 15:49撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本庄山の南の鉄塔が 2 基ある尾根(仮称、本庄山南尾根)の、北側の鉄塔、私が勝手に鉄塔 8 番目と呼んでいる仁川連絡線三九鉄塔から西、雪空を眺めています。
このあと、ルートのない尾根筋を下って、私が勝手に鉄塔 9 番目と呼んでいる広田西線四七鉄塔をくぐって、プラスチック階段を降り、森林管理歩道(水平道)に出て、金鳥山の方へ下ります。
1
金鳥山からは、南のピークから尾根(金鳥山南尾根)の藪の中を下りました。降雪または降雨の後で、よく滑りました。
下りも終わりに近づくあたりで、周りが刈り込まれている写真右端の木がある直径 3m 程の広場に出ます。
写真左手の暗い藪の間に太い蔓が下がっているところから出てきました。
ここは四方に藪を分けた跡があって、登りでは迷う可能性があります。下りでは蔓の下をくぐって右折、登りでは左折して蔓の下をくぐります。

参考:六甲山系アラカルート 3731 金鳥山南尾根
ここの写真 12 枚目と 13 枚目
http://wanderingrokko.web.fc2.com/3731.html

このあたりで GPS のロギングがいったん止まったらしく、ルート地図のスタートまたはゴールのマークがおかしなことになっています。
2016年02月21日 16:15撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金鳥山からは、南のピークから尾根(金鳥山南尾根)の藪の中を下りました。降雪または降雨の後で、よく滑りました。
下りも終わりに近づくあたりで、周りが刈り込まれている写真右端の木がある直径 3m 程の広場に出ます。
写真左手の暗い藪の間に太い蔓が下がっているところから出てきました。
ここは四方に藪を分けた跡があって、登りでは迷う可能性があります。下りでは蔓の下をくぐって右折、登りでは左折して蔓の下をくぐります。

参考:六甲山系アラカルート 3731 金鳥山南尾根
ここの写真 12 枚目と 13 枚目
http://wanderingrokko.web.fc2.com/3731.html

このあたりで GPS のロギングがいったん止まったらしく、ルート地図のスタートまたはゴールのマークがおかしなことになっています。
植林事業斜面に出て、振り返って撮影しています。写真中央の木の向こう側から出てきました。
このあと、この植林事業斜面の南西の端から、松尾谷西尾根の北斜面を少し下って、八幡谷東鉄塔監視道に出ました。この下りは、木が伐採されて視界が開けるようになっていて、数分です。
八幡谷東鉄塔監視道を下り、私が勝手に鉄塔 1 番目と呼んでいる甲南線四の鉄塔の下をくぐって、岡本八幡神社まで下りました。
2016年02月21日 16:21撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林事業斜面に出て、振り返って撮影しています。写真中央の木の向こう側から出てきました。
このあと、この植林事業斜面の南西の端から、松尾谷西尾根の北斜面を少し下って、八幡谷東鉄塔監視道に出ました。この下りは、木が伐採されて視界が開けるようになっていて、数分です。
八幡谷東鉄塔監視道を下り、私が勝手に鉄塔 1 番目と呼んでいる甲南線四の鉄塔の下をくぐって、岡本八幡神社まで下りました。
訪問者数:135人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

GPS 右俣 藪漕ぎ 近道
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ