ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 823292 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

細野山・倉岳山・高畑山

日程 2016年03月06日(日) [日帰り]
メンバー shimikin
天候曇り、時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
大月駅前コインパーキングに駐車。大月駅の上り始発に乗って梁川駅下車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間29分
休憩
1時間47分
合計
7時間16分
S梁川駅05:1705:36倉岳山登山口06:48立野峠06:54細野山07:4807:56立野峠08:26倉岳山08:3609:03穴路峠09:0509:07天神山09:32雛鶴分岐09:3309:40高畑山(楢山)10:1810:36仙人小屋跡地11:33穴路峠分岐12:00小篠貯水池12:0212:33鳥沢駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

梁川駅を降りたのは5時15分。梁川大橋を渡ったところに案内板があった。登山道入り口はあと15分ほど先。
2016年03月06日 05:20撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梁川駅を降りたのは5時15分。梁川大橋を渡ったところに案内板があった。登山道入り口はあと15分ほど先。
ようやく明るくなってきた。沢にそって登っていく。
2016年03月06日 06:25撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく明るくなってきた。沢にそって登っていく。
倉岳山水場。しかし、飲用ではないらしい。ここで沢を離れ、峠に向けて斜面を登る。
2016年03月06日 06:34撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倉岳山水場。しかし、飲用ではないらしい。ここで沢を離れ、峠に向けて斜面を登る。
1
立野峠を東に進み、細野山の山頂看板を過ぎた下り斜面からの眺め。標高838メートルにしては期待以上の眺望だった。
2016年03月06日 07:04撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立野峠を東に進み、細野山の山頂看板を過ぎた下り斜面からの眺め。標高838メートルにしては期待以上の眺望だった。
1
朝日はすでに高く、雲間から顔を出たり隠したり。
2016年03月06日 07:17撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日はすでに高く、雲間から顔を出たり隠したり。
1
山間に雲が流れていた
2016年03月06日 07:28撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山間に雲が流れていた
1
前出の細野山山頂看板。長い時間を過ごしてしまったので、そろそろ倉岳山に向けて出発。
2016年03月06日 07:47撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前出の細野山山頂看板。長い時間を過ごしてしまったので、そろそろ倉岳山に向けて出発。
立野峠から二度ほどアップダウンを繰り返し、三度目の登りで倉岳山山頂。
2016年03月06日 08:30撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立野峠から二度ほどアップダウンを繰り返し、三度目の登りで倉岳山山頂。
1
穴路峠・高畑山に向かう方向。
2016年03月06日 08:36撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穴路峠・高畑山に向かう方向。
穴路峠。里と峰を結ぶ山の交差点
2016年03月06日 08:59撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穴路峠。里と峰を結ぶ山の交差点
こちらは天神山、
2016年03月06日 09:07撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは天神山、
天神山は北面に開けていた。百蔵山と扇山
2016年03月06日 09:08撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神山は北面に開けていた。百蔵山と扇山
1
こちらが高畑山
2016年03月06日 09:40撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらが高畑山
1
高畑山山頂から鳥沢へ下った。沢の向こうに倉岳山
2016年03月06日 10:27撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高畑山山頂から鳥沢へ下った。沢の向こうに倉岳山
北斜面はヒノキの植樹林
2016年03月06日 10:34撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北斜面はヒノキの植樹林
山中ではダンコウバイが花を咲かせていた
2016年03月06日 11:13撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山中ではダンコウバイが花を咲かせていた
里まで降りてきた。民家の庭には梅の花が満開だった。
2016年03月06日 12:15撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
里まで降りてきた。民家の庭には梅の花が満開だった。

感想/記録

梁川駅を降りたのは朝5時15分、ヘッドライトをつけて歩き始めた。梁川大橋を渡り、登山口を目指して一般道を進んだ。民家は立ち並んでいるものの、暗く、静かすぎる。後ろに誰かがいるような雰囲気が漂うなか、勇気を出して振り返るが、誰もいない。こんな時は、「南無妙法蓮華経」と繰り返し口ずさみながら歩き、気持ち悪さを振り払う。
これほど早く出発した訳は、立野峠から東に進んだ細野山から朝日を眺めるため。
低山ではあるが、東側に開けた展望があることから、朝日が見えれば、すばらしい眺望が得られるものと期待していた。
細野山に着いた時はすでに7時近かった。朝日は雲に隠れていたが、雲間から光線が差し込む様子が印象的だった。下界には淡い雲が垂れ込め、その雲はゆっくりと動き山の稜線に覆いかぶさろうしていた。雲の動きや、太陽光の動きを撮影するため1時間余りも居座ってしまった。
その後は、秀麗なる富嶽を仰ぎ見て、稜線を西に進み、倉岳山から高畑山へ。山行中、野鳥の心地よい鳴き声を楽しめた一方で、キジが登山道に飛び出してくることあり、遠くでシカの甲高い鳴き声を聞き、近くでイノシシの唸るような鳴き声が聞こえるなど、なんとも、生き物、獣が多く登場した朝だった。
訪問者数:190人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

水場 イノシシ キジ 山行 ヒノキ 下界
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ