ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 824060 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳 赤岳天狗尾根

日程 2016年03月05日(土) 〜 2016年03月06日(日)
メンバー sirius
天候3月5日 くもり
3月6日 くもりのち雪、午前中は晴れ間あり
     午前中は風強し 
アクセス
利用交通機関
車・バイク
【駐車場】
 清里 美し森駐車場(1475m付近)積雪なし
 売店・トイレ・自販機などは冬期閉鎖中
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

3月5日
美し森駐車場12:00 - 13:55出合小屋14:20 - 取付き点14:30 -
幕営地(2150m付近)15:19

行動時間 3時間19分(休憩含む)

3月6日
幕営地6:45 - カニのはさみ7:53 - 大天狗基部8:40 - 縦走路合流点9:08 -
10:34ツルネ14:36 - 権現岳15:45 - 天女山入口ゲート18:16 - 美し森駐車場19:32
※ツルネからツルネ東稜を下降してルートを失い大きく時間をロス

行動時間 12時間47分(休憩含む)
コース状況/
危険箇所等
★美し森駐車場〜出合小屋
 トレースあり。 
 地獄谷の堰堤の先からまともな雪面歩行になる。
 アイゼンは必要なし。
 出合小屋は中でテントが張れる。
 この日は3張りあった。
★天狗尾根
 トレースあり、雪質はよく締まっていて、踏み抜きはなかった。
 赤岳沢を少し登って、ピンクテープのある急斜面を登りきると
 天狗尾根に乗る。
 2130m付近の小岩峰、カニのはさみ、ふたつの岩壁、大天狗、
 小天狗の岩稜帯からなる尾根。主に岩稜は巻いて通過する。
 ポイントは大天狗の通過だろうか。基部を右へトラバースして
 高さ5mくらいの岩登り。バンドに出て右から巻いていく。
 ホールドはあるので難しくはないがアイゼンでの登りには
 少し気を使う。
 ちょっとした岩稜歩きが楽しめる東面を代表するルートです。
 幕営適地は樹林帯に2箇所あり。
★ツルネ東稜
 下山路としてよく使われるルート。
 よく下降時に上ノ権現沢への支尾根に注意するよういわれている。
 明瞭なトレースに惑わされていつのまにかルートを外してしまい
 上ノ権現沢への支尾根に入り込んでしまった。
 気がついて引き返す。結局、地形図を見てもどこでルートを
 外したのかわからなかった。
 トレースが必ずしも正しいとは思わないほうがいいでしょう。
 ここらへん、トレースのないバリエーションルートの下降は
 難しいものがあります。
★一般ルート(ツルネ〜権現岳〜天女山)
 トレースあり、凍結箇所多し
その他周辺情報★温泉
 甲斐大泉パノラマの湯 〜21時半迄
 入浴料820円

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 雨具 ゲイター バラクラバ 毛帽子 予備靴ひも ザック ザックカバー アイゼン ピッケル 行動食 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ ポール テント テントマット シェラフ ヘルメット

写真

美し森駐車場
駐車スペースたくさん
あります
2016年03月05日 11:59撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美し森駐車場
駐車スペースたくさん
あります
では行こうか
行って来るよ
2016年03月05日 11:59撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では行こうか
行って来るよ
1
林道の様子
2016年03月05日 12:06撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の様子
雪はこんなもん
2016年03月05日 12:49撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪はこんなもん
権現岳かな
2016年03月05日 12:51撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳かな
堰堤が見えてきた
いくつかの堰堤を
越えます
2016年03月05日 13:15撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤が見えてきた
いくつかの堰堤を
越えます
部分的に
雪がないところも
2016年03月05日 13:28撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
部分的に
雪がないところも
沢を歩いたり
渡ったりします
2016年03月05日 13:35撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を歩いたり
渡ったりします
トレースは明瞭
やはり人が入って
いるようだね
2016年03月05日 13:47撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースは明瞭
やはり人が入って
いるようだね
アイスクライミングの
まねごとが出来そう
2016年03月05日 13:50撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイスクライミングの
まねごとが出来そう
1
着きました
出合小屋1868m付近
2時間かからなかった
無雪期と変わらない
2016年03月05日 13:55撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着きました
出合小屋1868m付近
2時間かからなかった
無雪期と変わらない
2
なかに
テントが3張り
おふたりいました
明日、旭岳東稜を
登攀するそうです
2016年03月05日 14:20撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかに
テントが3張り
おふたりいました
明日、旭岳東稜を
登攀するそうです
1
赤岳沢分岐
出合小屋からすぐに
分岐して
沢へ入る
2016年03月05日 14:23撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳沢分岐
出合小屋からすぐに
分岐して
沢へ入る
トレースありました
降雪直後でもない限り
トレースはあると思う
2016年03月05日 14:26撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースありました
降雪直後でもない限り
トレースはあると思う
右岸(向かって左側)に
目印のテープあり
ここから取付きます
分岐から10分も
かからないところ
2016年03月05日 14:30撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸(向かって左側)に
目印のテープあり
ここから取付きます
分岐から10分も
かからないところ
急斜面を登って
笹藪のなかを行く
2016年03月05日 14:35撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面を登って
笹藪のなかを行く
天狗尾根に乗った
2016年03月05日 14:40撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗尾根に乗った
1
ちょっとした
痩せ尾根もある
2016年03月05日 15:04撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとした
痩せ尾根もある
1
2130m付近
小岩峰から
展望が開ける
上部岩壁が見える
2016年03月05日 15:09撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2130m付近
小岩峰から
展望が開ける
上部岩壁が見える
1
あれはまだ
大天狗ではない
カニのはさみと
その上部の岩壁だ
2016年03月05日 15:09撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれはまだ
大天狗ではない
カニのはさみと
その上部の岩壁だ
2
時の流れを感じる
いままで
どれほどの人が
歩いたんだろうか
2016年03月05日 15:13撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時の流れを感じる
いままで
どれほどの人が
歩いたんだろうか
2150m付近
お、平坦なところだ
よしここにしよう
今日はここで幕営だ
2016年03月05日 15:18撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2150m付近
お、平坦なところだ
よしここにしよう
今日はここで幕営だ
2
設営完了
もちろん
エアライズ2
2016年03月05日 16:00撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
設営完了
もちろん
エアライズ2
7
晩ご飯
いつものメニュー
肉じゃが、ハンバーグ
ミートボール、スープ
2016年03月05日 18:33撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晩ご飯
いつものメニュー
肉じゃが、ハンバーグ
ミートボール、スープ
8
3月6日
撤収完了
夜中からずっと周囲は
風の音が凄かったけど
ここは平気でした
いい場所でした
2016年03月06日 06:47撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3月6日
撤収完了
夜中からずっと周囲は
風の音が凄かったけど
ここは平気でした
いい場所でした
平坦なところ
ここも幕営できそう
2016年03月06日 07:08撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平坦なところ
ここも幕営できそう
雪は締まっていて
歩きやすかった
2016年03月06日 07:10撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪は締まっていて
歩きやすかった
樹林帯の後半は
急登が待ってる
2016年03月06日 07:41撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯の後半は
急登が待ってる
カニのはさみだ!
2016年03月06日 07:47撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カニのはさみだ!
2
権現岳と旭岳
手前はツルネ東稜
2016年03月06日 07:47撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳と旭岳
手前はツルネ東稜
2
遠くに富士山
2016年03月06日 07:50撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに富士山
2
カニのはさみ
中央から登れそう
今日はおとなしく
左から巻いて通過
2016年03月06日 07:53撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カニのはさみ
中央から登れそう
今日はおとなしく
左から巻いて通過
2
ちょっとした
岩壁を登る
2016年03月06日 07:57撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとした
岩壁を登る
1
カニのはさみを
見下ろして
大天狗・小天狗と
ともに天狗尾根の
象徴でしょう
2016年03月06日 08:01撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カニのはさみを
見下ろして
大天狗・小天狗と
ともに天狗尾根の
象徴でしょう
1
次は30mの岩壁
右へトラバースして
草付きの斜面を
登って抜ける
2016年03月06日 08:04撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は30mの岩壁
右へトラバースして
草付きの斜面を
登って抜ける
1
右へトラバース
ロープが張られているが
若干緊張する場面
2016年03月06日 08:05撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右へトラバース
ロープが張られているが
若干緊張する場面
1
草付きの斜面を登る
2016年03月06日 08:09撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草付きの斜面を登る
1
三ッ頭〜権現岳〜
旭岳〜ツルネ
2016年03月06日 08:22撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ頭〜権現岳〜
旭岳〜ツルネ
2
振り返って
真ん中が天狗尾根
2016年03月06日 08:22撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って
真ん中が天狗尾根
1
この岩稜は
右から容易に
巻いていける
2016年03月06日 08:27撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この岩稜は
右から容易に
巻いていける
1
そして遂に登場!
天狗尾根の象徴
大天狗様だ
2016年03月06日 08:34撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして遂に登場!
天狗尾根の象徴
大天狗様だ
6
とてもじゃないが
直登は出来ない
2016年03月06日 08:40撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とてもじゃないが
直登は出来ない
2
基部を右へトラバース
高さは5mくらいかな
ここを登って
バンドに出る
2016年03月06日 08:42撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
基部を右へトラバース
高さは5mくらいかな
ここを登って
バンドに出る
3
ホールドはあるので
登りそのものは
難しくはないが
アイゼンなので
気をつかう
2016年03月06日 08:45撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホールドはあるので
登りそのものは
難しくはないが
アイゼンなので
気をつかう
2
バンドに出た
あとは右へ回り込んで
大天狗通過
2016年03月06日 08:49撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バンドに出た
あとは右へ回り込んで
大天狗通過
2
お次は小天狗
左から通過する
上部に縦走路が
見えている
2016年03月06日 08:53撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お次は小天狗
左から通過する
上部に縦走路が
見えている
4
小天狗登れるかな?
ちょっと無理かな
2016年03月06日 09:02撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小天狗登れるかな?
ちょっと無理かな
3
最後に
雪稜をひと登り
2016年03月06日 09:03撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に
雪稜をひと登り
2
ここを越えれば
2016年03月06日 09:06撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを越えれば
2
縦走路に合流だ
天狗尾根完登!
2016年03月06日 09:08撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路に合流だ
天狗尾根完登!
3
記念に
大天狗が隠れちゃった
西風が強いので
目出帽使ってます
2016年03月06日 09:11撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念に
大天狗が隠れちゃった
西風が強いので
目出帽使ってます
12
天狗尾根の
象徴です
2016年03月06日 09:16撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗尾根の
象徴です
5
阿弥陀岳
2016年03月06日 09:17撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳
4
ルンゼへ突入
キレットへ下る
2016年03月06日 09:20撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルンゼへ突入
キレットへ下る
1
大天狗・小天狗と
岩稜
2016年03月06日 09:59撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天狗・小天狗と
岩稜
4
ツルネ東稜を下降
トレースばっちり
この時はこのトレースに
何の疑いも持たなかった
2016年03月06日 10:34撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルネ東稜を下降
トレースばっちり
この時はこのトレースに
何の疑いも持たなかった
2
グチャグチャな
トレース
積雪が深いと
こうなってしまう
2016年03月06日 10:39撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
グチャグチャな
トレース
積雪が深いと
こうなってしまう
1
右の支尾根に
明瞭なトレースあり
これは間違っている
ここは左へ
2016年03月06日 10:52撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の支尾根に
明瞭なトレースあり
これは間違っている
ここは左へ
1
痩せ尾根
まだルートを
外してないはず
2016年03月06日 10:54撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
痩せ尾根
まだルートを
外してないはず
2
赤岳と天狗尾根
圧倒的な存在感を誇る
大天狗
2016年03月06日 10:57撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳と天狗尾根
圧倒的な存在感を誇る
大天狗
6
この先で
ふたりのおじさんと
出会った
既にこの時点で
ツルネ東稜のルートを
外している
どこで外したのか
さっぱりわからん
2016年03月06日 11:23撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先で
ふたりのおじさんと
出会った
既にこの時点で
ツルネ東稜のルートを
外している
どこで外したのか
さっぱりわからん
2
結局
大きく時間をロスして
ツルネへ戻ってきた
予報通り雪が舞ってきた
一般ルートで美し森へ
戻る
先は長いな〜
2016年03月06日 14:36撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結局
大きく時間をロスして
ツルネへ戻ってきた
予報通り雪が舞ってきた
一般ルートで美し森へ
戻る
先は長いな〜
1
雪舞う権現岳
2016年03月06日 15:45撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪舞う権現岳
2
天女山入口ゲート
もう真っ暗
まだ終わらないよ
ここから車道を歩く
2016年03月06日 18:16撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天女山入口ゲート
もう真っ暗
まだ終わらないよ
ここから車道を歩く
1
帰還
やっと帰ってきた
1時間以上も車道を歩いた
こんなに遅くなるとは
トホホだよ
早く温泉行こう〜
2016年03月06日 19:33撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰還
やっと帰ってきた
1時間以上も車道を歩いた
こんなに遅くなるとは
トホホだよ
早く温泉行こう〜
3
晩ご飯
竜王食堂
今日は何故か2割引きでした
ラッキー!
ごはん、みそ汁、納豆
鶏とナスの甘辛炒め
わかめ酢、ほうれん草
高野豆腐
2016年03月06日 22:34撮影 by TG-810 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晩ご飯
竜王食堂
今日は何故か2割引きでした
ラッキー!
ごはん、みそ汁、納豆
鶏とナスの甘辛炒め
わかめ酢、ほうれん草
高野豆腐
4

感想/記録
by sirius

念願だった積雪期の赤岳天狗尾根。
八ヶ岳東面を代表するバリエーションルート。
やっとやり終えてホットした。
難しい岩稜の登攀はないけど緊張する場面もあって楽しめた。
前半の樹林帯と後半の岩稜帯。
変化に富んだ歩きが楽しめるいいルートだと思う。
また積雪期に来たいな。

〜下山路について〜
下山は一般的にツルネ東稜を下降します。
明瞭なトレースを下降していくと二人組のおじさんに出会った。
「どうもツルネ東稜のルートを外してしまったようだよ」
「このまま下りると権現沢へ下りちゃうよ」 
そう、いつのまにかルートを外して上ノ権現沢への支尾根に入り
込んでしまったのだ。
確かにこの先、トレースが急な沢を下っている。
明らかにツルネ東稜とは違う。
「前日に三人組のパーティーが権現沢へ下ったんだよ」
「でもロープがないと下りられないよ」
たぶん滝があって、懸垂下降しないと下りられないのでしょう。
おじさん達はロープを持っていたのでそのまま下降していった。
ロープを持たない私にはどうすることも出来なかった。
登り返しながら時には地形図を見ながら正規ルートを探したけど
どこで外したのかさっぱりわからなかった。

明瞭なトレースに何の疑いも持たなかった。
もちろん支尾根に注意すべきことは頭の片隅にあったけど。
早く下に下りたい気持ちがあったのは事実。
そこに落とし穴があったのでしょう。
過去に一度だけ積雪期に下降したことがあります。
あの時は正しくトレースされていた。
それもあって疑いようがなかった。
何れにしろルートファインディングに不安が残る結果と
なってしまった。下降は難しいな。

このままにしておいてはいけない。
雪があるうちにルート検証のため再訪します。
訪問者数:757人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/10/5
投稿数: 2028
2016/3/9 2:30
 無事で良かったー。
積雪季のルートファインディングは難しいです。これを見て、一昨年かな、5月の槍ヶ岳を登り翌日蝶ヶ岳へ。その下降で遭難者と捜索隊のトレースへ入ってしまい、一時間以上のロス。更に上高地で一泊したことを思い出しました。今はGPSを持っていきますがなるべく頼らないようにしてます。左ではなくまっすぐなトレースが正解だったのでしょうか…?しかし、天狗尾根、格好良いです。
登録日: 2009/10/2
投稿数: 1101
2016/3/14 12:54
 格好いいでしょう
トレースあってラッキーと思ったけどね。
どこでルートを外しちゃったんだろう。
まったくわからなかったよ。
登りはいいんだけど下降は注意だね。
このままにしておくわけにはいかないので、
今月中にルート検証に行って来ますよ。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ