ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 827619 全員に公開 ハイキング東海

幸せを招くと言われる「福寿草」

日程 2016年03月13日(日) [日帰り]
メンバー dedeppo5, その他メンバー2人
天候午前:晴、午後:曇
アクセス
利用交通機関
車・バイク
藤原簡易パーキング
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道は、残雪皆無で殆どドライ。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

花粉症が気になるが,登りは、杉林の、中電鉄塔巡視路。下りは白瀬峠への正規登山道を歩きました。
2016年03月13日 08:26撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花粉症が気になるが,登りは、杉林の、中電鉄塔巡視路。下りは白瀬峠への正規登山道を歩きました。
1
子向井山までの急登も、昨日に続く晴天で、道は乾き、出した足の重心もずれず、楽に登って来れました。
2016年03月13日 09:02撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子向井山までの急登も、昨日に続く晴天で、道は乾き、出した足の重心もずれず、楽に登って来れました。
アセビの花を探しながら日陰で、少休止。
2016年03月13日 09:02撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アセビの花を探しながら日陰で、少休止。
尾根から南東斜面に下りて見ます。
今日も天気良く、眩しい程の日差しを浴びて、幸せを招く花は、開いて呉れてます。
2016年03月13日 09:44撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根から南東斜面に下りて見ます。
今日も天気良く、眩しい程の日差しを浴びて、幸せを招く花は、開いて呉れてます。
4
でも、今年は裏年でしょうか、ここでも花株は少ないですねー。
2016年03月13日 09:45撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、今年は裏年でしょうか、ここでも花株は少ないですねー。
7
左岸から坂本谷へ下りて、遡上してみるが、時折、斜面で、落石が跳ね返る衝突の音がしたり、谷の両縁には、今にも落ちそうな不安定な石が在ったり、庇が出来たりして居ます。
2016年03月13日 09:58撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸から坂本谷へ下りて、遡上してみるが、時折、斜面で、落石が跳ね返る衝突の音がしたり、谷の両縁には、今にも落ちそうな不安定な石が在ったり、庇が出来たりして居ます。
1
今日は風も無いので、ここを通過するが、猿や鹿の鳴き声でも有ろうものなら、この谷の危険度は一気に増します。坂本谷の上流ですら、こんな荒れ状態ですから、とてもじゃないが、登山道の復帰など、全く、考えられません。
2016年03月13日 10:03撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は風も無いので、ここを通過するが、猿や鹿の鳴き声でも有ろうものなら、この谷の危険度は一気に増します。坂本谷の上流ですら、こんな荒れ状態ですから、とてもじゃないが、登山道の復帰など、全く、考えられません。
北斜面に渡ると、日差しが弱い分だけ成長も遅いが
2016年03月13日 10:12撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北斜面に渡ると、日差しが弱い分だけ成長も遅いが
1
鮮やかな色で咲いているのもあります。
2016年03月13日 10:14撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鮮やかな色で咲いているのもあります。
5
沢から更に高度を上げると、幸せを招く花の開花時期も未だ先になりますね。
2016年03月13日 10:32撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢から更に高度を上げると、幸せを招く花の開花時期も未だ先になりますね。
4
落石させないよう、緊張する斜面を更に登ると、間もなく県境尾根。
2016年03月13日 10:46撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落石させないよう、緊張する斜面を更に登ると、間もなく県境尾根。
8
落石の心配もない、平らな場所を探し、張り詰めた心を癒しながら、昼食とします。
2016年03月13日 12:15撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落石の心配もない、平らな場所を探し、張り詰めた心を癒しながら、昼食とします。
食べて・飲んで・眺めて。ゆったりした気分を取り戻し、さて、県境尾根に出て帰路としましょうか。
2016年03月13日 12:15撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食べて・飲んで・眺めて。ゆったりした気分を取り戻し、さて、県境尾根に出て帰路としましょうか。
3
幸せを招く花が開花しており:どうも有り難う!
頭蛇ヶ平へ出て、坂本谷分岐へ向かいます。
2016年03月13日 13:20撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幸せを招く花が開花しており:どうも有り難う!
頭蛇ヶ平へ出て、坂本谷分岐へ向かいます。
4
進入禁止の表示のある坂本谷分岐を経て、白瀬峠登山口へと下山しました。
2016年03月13日 13:52撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進入禁止の表示のある坂本谷分岐を経て、白瀬峠登山口へと下山しました。
撮影機材:

感想/記録

鈴鹿の山は石灰石が隆起し、福寿草の群生地も多いが、今回、坂本谷の上流に下りて見た。豪雨に依る浸食崩落で、谷は掘れ、登山道は流失し、以前のように歩ける状況ではない。

登山者ブームと共に、ネット情報等から、花の愛好者の木和田尾訪問も増えて居ります。

幸せを招く花と言われる福寿草に惹かれて、急峻な斜面に踏み入るのは、とても危険な行為である。

坂本谷は、下流に行く行けば行く程、谷は深く、急峻になります。

この写真に出て来る女性は、ドMな捜索隊員でもあるが、山慣れた彼女らですら、ここは鈴鹿でも、とても危険なエーリアと言ってるので、ここに載せた沢の写真から、その危険性を汲み取って欲しい。

花の山ブームでもあるが、福寿草の探索観賞は、近場では、藤原岳・入道ヶ岳。少し離れて、霊仙山等を、私は推奨します。
訪問者数:273人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/11/5
投稿数: 37
2016/3/14 22:03
 福寿草を探しに〜
木の枝で頭を打ち、思いっきりのけ反ってしまい、バランスを崩し、ごろ石の上を転げてしまいました。
幸い、左腕の擦り傷だけで終わりました。ヘルメットをしていたので頭は守れました。ヘルメット大切ですね。
木和田尾から見た、眼下に広がる景色が良かったです(*^^*) 
登りはサバイバルで、急坂で木をつかみましたが、太い木にも拘わらず、根元から折れてしまいました。
福寿草を見つけた時は高揚し、足場の悪さに不安を感じながら必死に登った今回の山行は、学ぶことがたくさんありました。
そんな中、芽吹きの季節、吹く風も穏やかで、心地よい春の陽気を感じながら歩けたことも確かなことで、次の山行に胸躍らせています(*^^*) いつもありがとうございますm(__)m4月からもっと楽しくなりそうです〜
登録日: 2013/12/29
投稿数: 259
2016/3/14 22:27
 Re: 福寿草を探しに〜
同行下さり、私も心強いです。
今後もどうぞ、老眼・難聴のフォローを宜しくお願いします。
登録日: 2015/11/5
投稿数: 37
2016/3/15 7:26
 Re[2]: 福寿草を探しに〜
いつもCLさん、ありがとうございます(*^^*) もっと山の知識を増やしていきたいです。もちろん感覚も大切ですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ