ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 834730 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

穏やかな天狗岳(渋の湯から天狗岳、高見石周回;アイゼン、ピッケル実践)

日程 2016年03月25日(金) [日帰り]
メンバー nino33
天候快晴後曇り 風:稜線上はそこそこあり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
行き:中央道諏訪南ICから渋の湯、渋御殿湯の駐車場へ(¥1000)
帰り:駐車場から車で帰宅

渋の湯近くで、少し凍結がありました。
前日からの車数台と当日到着した車は私が3台目でした。

レコの情報通り、渋御殿湯に行って駐車したいとお願いすると、おか
みさんがサンダル履きで走って案内、ロープを外してくれました。

トイレはすぐ脇に綺麗な公衆トイレがあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間49分
休憩
1時間19分
合計
9時間8分
S渋御殿湯07:0508:01八方台方面・渋の湯方面分岐08:0308:25渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐08:2609:37黒百合ヒュッテ09:4309:51中山峠09:5410:56天狗の鼻10:5711:09東天狗岳11:1611:40天狗岳11:4512:39中山峠12:58見晴らし台13:26中山13:4713:51中山展望台14:0914:34高見石小屋14:4214:44高見石14:4914:57高見石小屋14:5815:14賽ノ河原地蔵16:10渋御殿湯16:1116:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
迷う所や、装備さえきちんとすれば危険な所はありません。

さすがに人気のルート。道は踏み固められて迷う所もなく、私のよう
な雪山初級者にはアイゼン、ピッケルワークの絶好な練習場でした。

ポストは登山口に入る橋の手前にあります。
その他周辺情報渋の湯は¥1000。私は、いつもの八峰の湯(¥500)
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター 毛帽子 ザック サブザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯(GPSソフト付) 時計 タオル ピッケル ストック バラクラバ カメラ

写真

渋の湯の駐車場。渋御殿湯に行くと手前のロープを外し、停める場所を案内してくれました。前日から停めているいる車は凍結対策でワイパーを上げてあります。
2016年03月25日 06:47撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渋の湯の駐車場。渋御殿湯に行くと手前のロープを外し、停める場所を案内してくれました。前日から停めているいる車は凍結対策でワイパーを上げてあります。
2
登山口手前のポスト。この橋を渡るとすぐに雪道。アイゼンを着けます。
2016年03月25日 07:15撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口手前のポスト。この橋を渡るとすぐに雪道。アイゼンを着けます。
1
高見石方面との分岐。一応、高見石方面のトレースを確認しておきます。
2016年03月25日 07:34撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高見石方面との分岐。一応、高見石方面のトレースを確認しておきます。
1
登山道は踏み固められ、締まっていて歩き易いです。
2016年03月25日 08:15撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は踏み固められ、締まっていて歩き易いです。
1
唐松鉱泉からの道と合流。
2016年03月25日 08:25撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松鉱泉からの道と合流。
暫く緩い斜面を歩くと、見晴の良い所にでました。すぐに黒百合ヒュッテ。青空で最高です。
2016年03月25日 09:10撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫く緩い斜面を歩くと、見晴の良い所にでました。すぐに黒百合ヒュッテ。青空で最高です。
3
黒百合ヒュッテ到着。前に出た方が準備をされています。
2016年03月25日 09:14撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテ到着。前に出た方が準備をされています。
2
小屋の温度計は+3℃。実感はもう少し寒い気がしましたが。
2016年03月25日 09:14撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の温度計は+3℃。実感はもう少し寒い気がしましたが。
足の指が冷たかったので、コーヒーを注文(¥500)。待つ間に、靴紐を緩く締めなおします。
2016年03月25日 09:30撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足の指が冷たかったので、コーヒーを注文(¥500)。待つ間に、靴紐を緩く締めなおします。
2
黒百合ヒュッテ前で、ストックからピッケルに替えて中山峠に向かいます。雪は多いですが、道は踏み固められています。
2016年03月25日 09:49撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテ前で、ストックからピッケルに替えて中山峠に向かいます。雪は多いですが、道は踏み固められています。
2
中山峠。昨年4月に来た時よりは、さすがに雪は多いです。でも乾いた雪です。
2016年03月25日 09:51撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山峠。昨年4月に来た時よりは、さすがに雪は多いです。でも乾いた雪です。
天狗岳が綺麗に見えてきました。
2016年03月25日 10:04撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳が綺麗に見えてきました。
6
天狗岳手前の岩が見えています。ここまで風も弱く快適。
2016年03月25日 10:11撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳手前の岩が見えています。ここまで風も弱く快適。
樹林帯の道。
2016年03月25日 10:13撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯の道。
3年前の夏に通りましたが、岩場も雪で、却って歩き易いです。
2016年03月25日 10:15撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3年前の夏に通りましたが、岩場も雪で、却って歩き易いです。
1
トレースは断崖から少し離れて、しっかりついています。
2016年03月25日 10:19撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースは断崖から少し離れて、しっかりついています。
1
振返った稲子岳。テン泊の合宿と思われるパーティーとすれ違いました。皆さん礼儀がいいです。
2016年03月25日 10:34撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振返った稲子岳。テン泊の合宿と思われるパーティーとすれ違いました。皆さん礼儀がいいです。
2
天狗の奥庭(スリバチ池)との分岐点
2016年03月25日 10:41撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の奥庭(スリバチ池)との分岐点
トラバース路もしっかりしています。右は西天狗岳。
2016年03月25日 10:45撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース路もしっかりしています。右は西天狗岳。
2
断崖上の大岩
2016年03月25日 10:49撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
断崖上の大岩
1
道はその横を巻いて行きます。
2016年03月25日 10:54撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道はその横を巻いて行きます。
東天狗岳の山頂が見えてきました。
2016年03月25日 11:02撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳の山頂が見えてきました。
3
山頂到着。後ろは蓼科山と通って来た方面です。誰もいない独り占めです。
2016年03月25日 11:05撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着。後ろは蓼科山と通って来た方面です。誰もいない独り占めです。
4
頂上からの赤岳から阿弥陀岳。
2016年03月25日 11:06撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上からの赤岳から阿弥陀岳。
2
西天狗岳。山頂に人が見えます。
2016年03月25日 11:08撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗岳。山頂に人が見えます。
3
硫黄岳の爆裂火口壁。
2016年03月25日 11:13撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳の爆裂火口壁。
硫黄岳に向かう最初の痩せ尾根。今回は行きません。
2016年03月25日 11:19撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳に向かう最初の痩せ尾根。今回は行きません。
3
西天狗岳との鞍部から見た東天狗岳。
2016年03月25日 11:24撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗岳との鞍部から見た東天狗岳。
同じく、西天狗岳。
2016年03月25日 11:25撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく、西天狗岳。
3名の方がまだいらっしゃって、撮って頂きました。
2016年03月25日 11:41撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3名の方がまだいらっしゃって、撮って頂きました。
10
南アルプス(右から千丈、甲斐駒、北岳)
2016年03月25日 11:44撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス(右から千丈、甲斐駒、北岳)
1
中央アルプスも良く見えます。手前は入笠山のスキー場。
2016年03月25日 11:44撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプスも良く見えます。手前は入笠山のスキー場。
霧ヶ峰方面。残念ながら北アルプスは見えません。
2016年03月25日 11:44撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧ヶ峰方面。残念ながら北アルプスは見えません。
横岳と赤岳
2016年03月25日 11:48撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳と赤岳
山頂からの東天狗岳。
2016年03月25日 11:50撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの東天狗岳。
1
帰りは、東天狗岳の横をトラバースします。こちらも道がはっきりついていて、注意すれば問題ありません。
2016年03月25日 12:02撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは、東天狗岳の横をトラバースします。こちらも道がはっきりついていて、注意すれば問題ありません。
1
天狗の奥庭から蓼科山方面。黒百合ヒュッテも小さく見えています。
2016年03月25日 12:14撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の奥庭から蓼科山方面。黒百合ヒュッテも小さく見えています。
1
中山峠に戻ります。少し雲がかかってきました。
2016年03月25日 12:19撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山峠に戻ります。少し雲がかかってきました。
中山への道。
2016年03月25日 12:32撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山への道。
1
中山峠に到着。峠からシラビソ小屋に向かう急坂を確認します。きちんとトレースがあります。もう少し下ると去年4月に下りた急坂でしょうか。今回は行きません。
2016年03月25日 12:39撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山峠に到着。峠からシラビソ小屋に向かう急坂を確認します。きちんとトレースがあります。もう少し下ると去年4月に下りた急坂でしょうか。今回は行きません。
中山に向かいます。
2016年03月25日 12:55撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山に向かいます。
見晴台からの東西天狗岳。少し雲がかかってきましたが、青空でとても綺麗です。
2016年03月25日 13:03撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴台からの東西天狗岳。少し雲がかかってきましたが、青空でとても綺麗です。
5
こちらも道が踏み固められています。
2016年03月25日 13:10撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらも道が踏み固められています。
中山山頂。白い標識で見落とし、少し探しました。
2016年03月25日 13:46撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山山頂。白い標識で見落とし、少し探しました。
1
スマホのGPSだと、展望台を過ぎて見えます。少し道を外れて歩いてみましたが。最後は腿までつかる踏抜きで、戻りました。あまりGPSを過信するのは駄目です。
2016年03月25日 13:49撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スマホのGPSだと、展望台を過ぎて見えます。少し道を外れて歩いてみましたが。最後は腿までつかる踏抜きで、戻りました。あまりGPSを過信するのは駄目です。
ちょっと先に行ったら広い展望台に着きました。
2016年03月25日 13:51撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと先に行ったら広い展望台に着きました。
この辺は風のせいで積雪はあまり多くありません。本当は岩でゴロゴロしている筈ですが、歩き易いです。
2016年03月25日 13:55撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺は風のせいで積雪はあまり多くありません。本当は岩でゴロゴロしている筈ですが、歩き易いです。
広場の先端まで行き、自分のトレースを振返りました。
2016年03月25日 13:59撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広場の先端まで行き、自分のトレースを振返りました。
最後の東西天狗岳。
2016年03月25日 14:00撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の東西天狗岳。
展望台のケルン横。蓼科山をバックに。誰もいないのでセルフで。もうピッケルからストックに替えています。
2016年03月25日 14:07撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台のケルン横。蓼科山をバックに。誰もいないのでセルフで。もうピッケルからストックに替えています。
6
高見石への道。積雪は多いですが、ここも踏み固めれていて歩き易いです。
2016年03月25日 14:12撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高見石への道。積雪は多いですが、ここも踏み固めれていて歩き易いです。
高見石小屋到着。
2016年03月25日 14:34撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高見石小屋到着。
アイゼンも脱いで、高見石に登ります。
2016年03月25日 14:42撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイゼンも脱いで、高見石に登ります。
白駒池が真っ白。
2016年03月25日 14:44撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白駒池が真っ白。
2
向こうは丸山かな。ここも積雪のせいで歩き易い。
2016年03月25日 14:49撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向こうは丸山かな。ここも積雪のせいで歩き易い。
2
丸山に向かう途中、すぐに渋の湯への分岐があります。
2016年03月25日 14:58撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山に向かう途中、すぐに渋の湯への分岐があります。
賽ノ河原です。
2016年03月25日 15:14撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賽ノ河原です。
1
お地蔵様が鎮座されています。後ろに説明が書いてあります。取り敢えず、ここまでの無事を感謝。
2016年03月25日 15:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お地蔵様が鎮座されています。後ろに説明が書いてあります。取り敢えず、ここまでの無事を感謝。
この道はシャクナゲが多いですね。
2016年03月25日 15:26撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道はシャクナゲが多いですね。
1
沢を渡渉する橋。増水時は迂回路を通るようですが、今は水が流れていません。
2016年03月25日 15:34撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を渡渉する橋。増水時は迂回路を通るようですが、今は水が流れていません。
振返ると青空がまだ綺麗。
2016年03月25日 15:38撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振返ると青空がまだ綺麗。
3
堰堤前の水が緑色でとっても綺麗。
2016年03月25日 15:55撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤前の水が緑色でとっても綺麗。
2
朝通った登山口の橋から見た堰堤。時間によって、こんなに綺麗に見えます。下は温泉のせいでしょうか。白く濁っています。
2016年03月25日 16:08撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝通った登山口の橋から見た堰堤。時間によって、こんなに綺麗に見えます。下は温泉のせいでしょうか。白く濁っています。
渋御殿湯に着きました。今日も無事下山できて有難うございました。
2016年03月25日 16:10撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渋御殿湯に着きました。今日も無事下山できて有難うございました。
1

感想/記録
by nino33

事前の天気予報だと、天気の崩れはないにしても、予想気温は−10℃
位、風速も10mを覚悟という条件でしたが、冬タイヤで行けるのも今
回が最後という事で、遠征する事にしました。

でも、早い時間は気温が低かったものの、黒百合ヒュッテの温度計は
+3℃。風もそれ程でもなく、快適で最高の雪山を楽しめました。

2週間前に、トレースがなく、道迷いとラッセルに苦労した同じ八ヶ岳
とは思えない程です。何しろ、道が踏み固められて迷う所もなく、午
前中は締まった雪で、アイゼンも良く効き、天狗岳への登りは3年前の
夏に岩場を登った時より歩き易かった程です。
先人たちの努力の賜物です。

昨年末にピッケル、アイゼンワークの講習会を受けただけなので、少し
不安でしたが、事前に復習して、引っ掛けないように足の間隔10cmを
念仏のように唱えながら一歩一歩踏みしめながら歩きました。

歩き易く、時間に余裕があったので、黒百合ヒュッテ前の斜面で、滑落
停止の練習をやるか、行った事のないルートを歩くか迷いましたが、好
奇心の方が勝り、高見石まで行って賽ノ河原を下りる事にしました。

こちらも、少し腐った残雪期特有の雪をストックとチェーンスパイクに
履き替えて、違った道と景色を楽しめました。

反省点は、黒百合ヒュッテまでの登りで、足の指が冷えた事。恐らく靴
の紐をきつく締めすぎた為でしょうか。黒百合ヒュッテで暖かいコーヒ
ーを飲み、靴紐を少し緩く締め直したら、嘘のように治りました。

富士山や北アルプスこそ見られませんでしたが、最高の雪山と青空を見
る事ができ、良い山行でした。

少し写真が多くなりましたが、ご容赦下さい。

これからは、残雪期の雪山と新緑と花の山。
計画を立てるのが楽しみです。
訪問者数:316人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ