ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 835520 全員に公開 山滑走槍・穂高・乗鞍

乗鞍岳で初BC 肩の小屋まで

日程 2016年03月27日(日) [日帰り]
メンバー SK-II
天候晴れ。昼過ぎから曇りへ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
松本ICから1時間ほど。
休暇村乗鞍に駐車。道に雪なし。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
休暇村からリフト3本でツアーコースへ。リフト券1回券400円×3。
下りは休暇村までボードで滑り降りました。
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は特になし。
雪はガリガリ。スキー場はザラザラの下に氷。
その他周辺情報休暇村乗鞍で日帰り入浴可能。600円
少し下ると日帰り温泉湯けむり館。720円。人気の温泉。

写真

車で乗鞍へ。剣ヶ峰が見えた。やや雲が気になる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車で乗鞍へ。剣ヶ峰が見えた。やや雲が気になる。
休暇村からリフトを3本乗りついでツアーコースへ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休暇村からリフトを3本乗りついでツアーコースへ。
三本滝レストハウス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三本滝レストハウス。
かもしかリフト。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かもしかリフト。
かもしかリフト上部。ツアーコース始点。登る人がたくさん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かもしかリフト上部。ツアーコース始点。登る人がたくさん。
アイゼンをつけ、ザックとボードを背負ってスタート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイゼンをつけ、ザックとボードを背負ってスタート。
ツアーコース入口は急登。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツアーコース入口は急登。
ガリガリな急斜面なため、登りはいいけど下りが心配。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガリガリな急斜面なため、登りはいいけど下りが心配。
コースには番号が。1番。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コースには番号が。1番。
早くも朝日岳と剣ヶ峰が見えました。ピーカン!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早くも朝日岳と剣ヶ峰が見えました。ピーカン!
1
高天原と朝日岳。剣ヶ峰が隠れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高天原と朝日岳。剣ヶ峰が隠れました。
ツアーコース終点に到着。皆さんどんどん登っていきます。私の当初の目標はここまで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツアーコース終点に到着。皆さんどんどん登っていきます。私の当初の目標はここまで。
まっすぐ登ると肩の小屋方面。右に進むと位ヶ原山荘。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まっすぐ登ると肩の小屋方面。右に進むと位ヶ原山荘。
振り返って野麦峠方面。いい景色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って野麦峠方面。いい景色。
お腹がなったのでおにぎりを補給。進むか否か考える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お腹がなったのでおにぎりを補給。進むか否か考える。
まだ行けそう。行けるところまで・・・の精神で、休憩中に誰もいなくなった急斜面を登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ行けそう。行けるところまで・・・の精神で、休憩中に誰もいなくなった急斜面を登る。
右手、位ヶ原方面。雪が少なく、乗鞍エコーラインが一部露出しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手、位ヶ原方面。雪が少なく、乗鞍エコーラインが一部露出しています。
左手、高天原。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手、高天原。
急斜面を登り切ってしばらくして振り返る。埋もれた木の間を歩いてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面を登り切ってしばらくして振り返る。埋もれた木の間を歩いてます。
左が朝日岳、右が富士見岳。・・・その間に何か見える!?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左が朝日岳、右が富士見岳。・・・その間に何か見える!?
肩の小屋口と肩の小屋が見えました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋口と肩の小屋が見えました!
大雪渓を歩く。青と白の中をただ登る。最高でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪渓を歩く。青と白の中をただ登る。最高でした。
雪面は凍ってアイゼンがいい感じに刺さりますが、ときどき数センチ埋まる場所もあります。面白いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪面は凍ってアイゼンがいい感じに刺さりますが、ときどき数センチ埋まる場所もあります。面白いです。
肩の小屋口到着!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋口到着!
ここまで来たなら肩の小屋を目指しましょう。という感じで足が先へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来たなら肩の小屋を目指しましょう。という感じで足が先へ。
しかし、この登りが地味にキツイ。風もけっこう強く吹き付けてきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし、この登りが地味にキツイ。風もけっこう強く吹き付けてきます。
1
休みながら写真撮影。右前方にコロナ観測所。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休みながら写真撮影。右前方にコロナ観測所。
左手に剣ヶ峰手前の頂上小屋。人が居ます。眺めが良いのでしょうね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に剣ヶ峰手前の頂上小屋。人が居ます。眺めが良いのでしょうね。
肩の小屋上から滑ってくる方々。気持ちよさそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋上から滑ってくる方々。気持ちよさそう。
やっと着きました。肩の小屋!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと着きました。肩の小屋!
まわりをうろうろ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まわりをうろうろ。
地面が出ています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地面が出ています。
お昼タイム。ちなみにマイナス7℃。寒い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お昼タイム。ちなみにマイナス7℃。寒い。
山行ペースが遅いため休憩後すでに人はおらず。タイマーで記念撮影。うーん、いまいち。でも寒いからもういいや。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山行ペースが遅いため休憩後すでに人はおらず。タイマーで記念撮影。うーん、いまいち。でも寒いからもういいや。
剣ヶ峰方面はすっかり曇ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰方面はすっかり曇ってきました。
まだ晴れている乗鞍高原に向けて、大雪渓を滑走開始!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ晴れている乗鞍高原に向けて、大雪渓を滑走開始!
あっという間にツアーコース終点まで降りてきました。この辺まではそこそこ楽しく滑れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっという間にツアーコース終点まで降りてきました。この辺まではそこそこ楽しく滑れました。
ツアーコース始点に到着。ツアーコースはガリガリで何度も転びました。おしり痛い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツアーコース始点に到着。ツアーコースはガリガリで何度も転びました。おしり痛い。
スキー場はザラザラ。急斜面でまた転ぶ。なおコースの下の方は氷が露出している場所も。ザラザラonガリッガリのようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場はザラザラ。急斜面でまた転ぶ。なおコースの下の方は氷が露出している場所も。ザラザラonガリッガリのようです。
休暇村乗鞍に到着。無事に帰ってこられてよかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休暇村乗鞍に到着。無事に帰ってこられてよかった。

感想/記録
by SK-II

3/13に乗鞍岳ツアーコースでアイゼン講習会に参加しました。
そのとき、ツアーコースなら自分も登って滑れそうだと思い、ごく普通のボードを背負ってBCに挑戦しました。

【登り:ツアーコース〜肩の小屋】
前日はロードバイクでツーリング、翌日は仕事、とハード目な日程?のため、また、今回は初BCということで、ツアーコース終点を目的地として登り始めました。
が、結局は肩の小屋まで登ってしまいました。背負ったボードは重く、ペースもかなりゆっくりでしか歩けませんでしたが、天気もよく、とても楽しい登りでした。
特に、青空と純白の峰に向かって大雪渓を登っている時がかなり楽しかったです。
装備は終始アイゼンとストック。雪がほぼカチカチだったのでアイゼンの効きはよく、おそらく雪山登山の中では楽な登りの部類だったのだと思います。
スノーシュー、クトー、ツボ足、色々な人が居ましたが、クトーは急斜面で滑ってしまっている方も居ました。

【下り:肩の小屋〜ツアーコース】
肩の小屋からスノーボードで滑走下山。
雪がガリガリのため、あまり楽しめませんでした。
肩の小屋から大雪渓を下りるときは、景色がいいこともあり気持よく滑れましたが、ツアーコースなどの少し急なガリガリ斜面では、エッジがスムーズに効かせられず、何度か転んでおしりを打ってしまいました。

【下り:ゲレンデ〜休暇村】
ザラザラのザクザク。ガリガリよりはいいものの、急斜面で一度転びました。
下の方はもう雪が少なく、土や氷が露出している場所もありました。
今シーズンはもう厳しそうです。


今回は下りよりも登りが楽しいBCでした。
下りの苦労は雪面がガリガリだったというのが大きいですが、滑る技術が未熟というのも原因だと思います。
ガリガリでもささっとカッコよく滑る技術があれば・・・。要鍛錬ですね。

しかし、肩の小屋口までの大雪渓登りは本当に気持ちよかったです。
天気も景色も抜群で、雪山やってる感があり、斜面はそれほど急ではなく・・・。

次回の冬の乗鞍では、ぜひ剣ヶ峰まで登りたいです。
訪問者数:234人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ