ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 841070 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

三頭山(都民の森〜小菅の湯)

日程 2016年04月06日(水) [日帰り]
メンバー Gonpapa
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路 立川7:38 -(JR)- 8:14武蔵五日市8:22 -(西東京バス)- 都民の森9:30
    JR:388円+西東京バス936円
帰路 小菅の湯17:55 -(西東京バス)- 18:50奥多摩駅18:58 -(JR)- 19:33青梅19:40 - 20:08立川
    西東京:バス977円+JR:712円

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち48%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間44分
休憩
50分
合計
5時間34分
S檜原都民の森駐車場09:3609:42森林館09:51鞘口峠09:5710:26見晴し小屋10:2710:55三頭山10:5611:01三頭山(西峰)11:2011:55神楽入ノ峰(池ノ平)12:0412:30小焼山(笹畑ノ峰)12:3913:36鶴峠13:4115:06小菅の湯15:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
09:36檜原都民の森駐車場
09:55鞘口峠
10:29コマドリの路分岐点
10:55御堂峠
10:58-11:20三頭山西峰
11:53-12:03神楽入ノ峰
12:36笹畑ノ峰
12:45向山への分岐
13:37-42鶴峠BS
15:06小菅の湯
コース状況/
危険箇所等
・檜原都民の森駐車場〜三頭山西峰
  ・緩やかに進んだ後、やや急登して鞘口峠へ。
  ・鞘口峠からは急登した後、緩やかに登る。
  ・三頭山の巻道を平坦に進むとムシカリ峠。
  ・ムシカリ峠から少し登れば三頭山西峰。

・三頭山西峰〜鶴峠
  ・尾根をアップダウンしながら下り、登り返して神楽入ノ峰に至る。
  ・神楽入ノ峰からは緩やか・平坦に下る。
  ・笹畑ノ峰を巻く場合は、そのまま鶴峠まで緩やか/平坦に下る。
  ・笹畑ノ峰への道は不明瞭。尾根筋をキープして登り返す。ピークからは下り道が2方向
   あるが、左側を下る。
その他周辺情報小菅の湯:JAF割引で620円のところを510円
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

都民の森行き急行8:22発(平日ダイヤ) 1番乗場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
都民の森行き急行8:22発(平日ダイヤ) 1番乗場
都民の森より南東方向をを望む。ピークは生藤山、土俵岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
都民の森より南東方向をを望む。ピークは生藤山、土俵岳。
1
09:36檜原都民の森駐車場出発
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09:36檜原都民の森駐車場出発
2
森林館を過ぎて直ぐに、左折。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林館を過ぎて直ぐに、左折。
1
やや急登の始まり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やや急登の始まり。
鞘口峠から、ブナの路(黄色矢印)を進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞘口峠から、ブナの路(黄色矢印)を進む。
鞘口峠からは急登。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞘口峠からは急登。
鷹巣山。木々の愛だから石尾根を眺めながら登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹巣山。木々の愛だから石尾根を眺めながら登る。
1200メートル地点で、急登を小休止。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1200メートル地点で、急登を小休止。
ブナの路(左)と登山道(右)の分岐点。今日は、ブナの路を進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの路(左)と登山道(右)の分岐点。今日は、ブナの路を進む。
1300メートル地点を超えると、緩やかな登りに変わる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1300メートル地点を超えると、緩やかな登りに変わる。
(振り返って)御前山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)御前山
ブナの路(右)と登山道(左)との合流点を振り返って。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの路(右)と登山道(左)との合流点を振り返って。
ブナの路(直進:見晴らし小屋経由でアップダンする)と登山道(右折)の分岐点。ここは、登山道を進む。尾根の踏み跡は見晴らし小屋への直登?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの路(直進:見晴らし小屋経由でアップダンする)と登山道(右折)の分岐点。ここは、登山道を進む。尾根の踏み跡は見晴らし小屋への直登?
再び、ブナの路に合流。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び、ブナの路に合流。
10:29コマドリの路分岐点。三頭山は直進。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:29コマドリの路分岐点。三頭山は直進。
1400メートル地点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1400メートル地点。
ヌカザス尾根。奥の稜線は、飛龍山〜雲取山〜鷹巣山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヌカザス尾根。奥の稜線は、飛龍山〜雲取山〜鷹巣山。
直進:巻道、右折:三頭山頂上。今回は巻道を進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直進:巻道、右折:三頭山頂上。今回は巻道を進む。
登り切れば、三頭山西峰。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切れば、三頭山西峰。
10:58-11:20三頭山西峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:58-11:20三頭山西峰
3
(木々に覆われている左端のピークが)御正体山、富士山、三ッ峠山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(木々に覆われている左端のピークが)御正体山、富士山、三ッ峠山。
2
鷹巣山、七跳山、三ドッケ、六ッ石山。木々の間から、飛龍山〜雲取〜鷹巣山〜六ツ石山の稜線が望めた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹巣山、七跳山、三ドッケ、六ッ石山。木々の間から、飛龍山〜雲取〜鷹巣山〜六ツ石山の稜線が望めた。
1
春はシャープさに欠けますが、仕方ないですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
春はシャープさに欠けますが、仕方ないですね。
鶴峠に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶴峠に向かう。
三頭山西峰山頂を振り返って。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭山西峰山頂を振り返って。
三頭山西峰からの、ダウンアップを振り返って。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭山西峰からの、ダウンアップを振り返って。
(振り返って)ダウン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)ダウン
アップを繰り返す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップを繰り返す。
御正体山〜富士山〜三ッ峠山、雁ヶ原摺山〜大菩薩嶺/奈良倉山〜大マテイの稜線か。左の木々の間からは丹沢が望めた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御正体山〜富士山〜三ッ峠山、雁ヶ原摺山〜大菩薩嶺/奈良倉山〜大マテイの稜線か。左の木々の間からは丹沢が望めた。
(振り返って)ダウン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)ダウン
アップ。神楽入ノの峰はこのピークの奥。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップ。神楽入ノの峰はこのピークの奥。
前の写真のピークより、前方ピークが、神楽入ノ峰。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前の写真のピークより、前方ピークが、神楽入ノ峰。
六ツ石山。その右奥に蕎麦粒山、日向沢ノ峰、川苔山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六ツ石山。その右奥に蕎麦粒山、日向沢ノ峰、川苔山。
1
神楽入ノ峰に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神楽入ノ峰に到着。
11:53神楽入ノ峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:53神楽入ノ峰
ピークが小焼山(笹畑ノ峰)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークが小焼山(笹畑ノ峰)。
飛龍山〜雲取山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛龍山〜雲取山
1
雲取山〜鷹巣山。深山橋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山〜鷹巣山。深山橋。
1
(拡大)深山橋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)深山橋
1
(拡大)大寺山の仏舎利塔
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)大寺山の仏舎利塔
巻道を進む途中でGPSで確認すると、左斜面のピークが、笹畑ノ峰だと気付く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻道を進む途中でGPSで確認すると、左斜面のピークが、笹畑ノ峰だと気付く。
1
少し引き返すと、何とか斜面を登れそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し引き返すと、何とか斜面を登れそう。
巻道から斜面を登り、尾根に出て振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻道から斜面を登り、尾根に出て振り返る。
12:36笹畑ノ峰。山頂標識がないかと探していたら、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:36笹畑ノ峰。山頂標識がないかと探していたら、
山頂標識が見当たらないが、このような残骸があった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識が見当たらないが、このような残骸があった。
山頂からの下りは左右2つの踏み跡があり、左方向を下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの下りは左右2つの踏み跡があり、左方向を下る。
(巻道との合流点を振り返って)笹畑ノ峰への尾根道入口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(巻道との合流点を振り返って)笹畑ノ峰への尾根道入口
1
向山への分岐点。木々の間から、奥秩父主脈縦走路、小菅村望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向山への分岐点。木々の間から、奥秩父主脈縦走路、小菅村望む。
12:45向山への分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:45向山への分岐
(拡大)国師ヶ岳か?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)国師ヶ岳か?
1
左折し、尾根を離れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左折し、尾根を離れる。
県道18号に合流。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道18号に合流。
(振り返って)あれっ!進入禁止となっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)あれっ!進入禁止となっている。
左にバス停。右に、三頭山登山口があった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左にバス停。右に、三頭山登山口があった。
三頭山登山口。どこから、ここに出て来れるのかな〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭山登山口。どこから、ここに出て来れるのかな〜。
13:37鶴峠BSと奈良倉山登山口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:37鶴峠BSと奈良倉山登山口。
小菅村営バス時刻表
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小菅村営バス時刻表
富士急バス時刻表
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士急バス時刻表
(鶴峠より、拡大)唐松尾山か
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(鶴峠より、拡大)唐松尾山か
直進したら、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直進したら、
きつそうな登り返しが見えたので、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きつそうな登り返しが見えたので、
引き返して、先ほどの交差点を右折(引き返して左折)した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
引き返して、先ほどの交差点を右折(引き返して左折)した。
緩やかに下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかに下る。
多摩川源流大学の横を過ぎる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多摩川源流大学の横を過ぎる。
ここで前方を見て、中央にある道路を登り返すものと思い込み、この方向に進んだが、実はこの先で左折してそのまま道なりに進むのが正しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで前方を見て、中央にある道路を登り返すものと思い込み、この方向に進んだが、実はこの先で左折してそのまま道なりに進むのが正しい。
鋭角に左折する。なお、この数メートル先に白沢BSがあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋭角に左折する。なお、この数メートル先に白沢BSがあった。
白沢BSの村営バス時刻表
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白沢BSの村営バス時刻表
(振り返って)黄色い矢印はショートカット。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)黄色い矢印はショートカット。
畑の中にショートカット道があるので、これを進んだが、この先に見える道を登ったら行き止まりとなる、作業道だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畑の中にショートカット道があるので、これを進んだが、この先に見える道を登ったら行き止まりとなる、作業道だった。
畑の中の道より振り返って。 正しくは、矢印のように左折した道をそのまま進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畑の中の道より振り返って。 正しくは、矢印のように左折した道をそのまま進む。
139号に合流し左折。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
139号に合流し左折。
小菅の湯が現れた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小菅の湯が現れた。
西東京バス時刻表(4便/1日)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西東京バス時刻表(4便/1日)
富士急山梨バス。運行時に要注意。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士急山梨バス。運行時に要注意。
村営バス時刻表
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
村営バス時刻表
風呂上がりに、蕎麦と
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風呂上がりに、蕎麦と
3
ヤマメを堪能。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマメを堪能。
3
やっと、来ました。乗車したのは、奥多摩駅まで乗車した私と、奥多摩湖で降りた方の2人のみでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと、来ました。乗車したのは、奥多摩駅まで乗車した私と、奥多摩湖で降りた方の2人のみでした。
1
奥多摩駅に着きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩駅に着きました。
2

感想/記録

・三頭山から大マテイ山まで歩いてみようと計画してたら、都民の森へは始発便でも9時半着だったため、三頭山〜鶴峠〜小菅の湯と小菅の湯〜鶴峠〜大マテイ山と2回に分けて歩くことにし、今回は、前半を歩く。

・・都民の森へ到着する一番バスは、せめて都民の森の駐車場オープン時間の8:00到着便が欲しいですね。

追記)
 後半の山行記録は下記参照下さい。
 http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-845322.html
訪問者数:545人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 GPS 直登 ブナ 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ