ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 845351 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走霊仙・伊吹・藤原

古道はまぼろし[南東尾根‐伊吹山ー上平寺]

日程 2016年04月12日(火) [日帰り]
メンバー yukicchi7
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間57分
休憩
39分
合計
7時間36分
S上平寺07:3508:28林道終点10:00ドライブウェイ12:04日本武尊像(伊吹山)12:2812:41伊吹山八合目12:4913:09伊吹山六合目避難小屋13:1315:00伊吹神社15:0215:04京極氏屋形・庭園跡15:0515:11上平寺G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
先月、伊吹山南東尾根を使い、春日村古屋へと下った。
今度は上平寺から南東尾根を絡めて、伊吹山へ登ろう。

地形図をよく見ると、上平寺から伸びる林道の終点に破線の道がドライブウェイへと伸びている。
さらに拡大してみてみると、途中にはなにやら構造物もある模様。
(上部地図を地形図に切り替えて見てください)
ほんとにあるのかな?

この謎を確かめるために、いってきました。上平寺から伊吹山へ。

写真

上平寺集落より、川戸谷林道を歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上平寺集落より、川戸谷林道を歩く。
2
道中、花を見ながら。
ミヤマハコベ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道中、花を見ながら。
ミヤマハコベ
4
カキドオシ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カキドオシ。
1
林道は、中盤以降崩れ気味に。
見上げれば伊吹山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道は、中盤以降崩れ気味に。
見上げれば伊吹山。
1
林道終点付近より、尾根に取り付く。
尾根上は歩きやすそうなのだが・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点付近より、尾根に取り付く。
尾根上は歩きやすそうなのだが・・・。
2
地形図のトラバースの道を探すが、見つからず。
何もない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形図のトラバースの道を探すが、見つからず。
何もない。
4
地形図の構造物のある地点に行ってみたが、錆びた鉄の棒があるのみだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形図の構造物のある地点に行ってみたが、錆びた鉄の棒があるのみだった。
2
ドライブウェイに出た。
ここから先月歩いた南東尾根で、山頂を目指す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドライブウェイに出た。
ここから先月歩いた南東尾根で、山頂を目指す。
1
ヒトリシズカ。
まさに今日の自分。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒトリシズカ。
まさに今日の自分。
4
フデリンドウが一輪だけ。
今日の自分と同じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フデリンドウが一輪だけ。
今日の自分と同じ。
4
フッキソウ。
これはたくさん咲いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フッキソウ。
これはたくさん咲いていた。
1
セントウソウ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
セントウソウ。
1
落ち着いた森に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち着いた森に。
4
古道を見つける。
ちょっと行って見よう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古道を見つける。
ちょっと行って見よう。
1
カモシカが一頭。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カモシカが一頭。
5
この斜面で落石が。
戻ろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この斜面で落石が。
戻ろう。
コンクリート製の謎の祠。
徳彦霊神の文字と昭和10年8月の日付。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コンクリート製の謎の祠。
徳彦霊神の文字と昭和10年8月の日付。
4
登ってきた南東尾根。
僕にはこれくらいの道がいい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた南東尾根。
僕にはこれくらいの道がいい。
7
東遊歩道へ。
これまた謎の神社。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東遊歩道へ。
これまた謎の神社。
2
東遊歩道から見る伊吹山。
後は楽勝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東遊歩道から見る伊吹山。
後は楽勝。
5
植物の部分が盛り上がってて、坊主の頭のよう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植物の部分が盛り上がってて、坊主の頭のよう。
1
琵琶湖が大きい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琵琶湖が大きい。
1
ヤマトタケルの像。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマトタケルの像。
5
このモノレールで売店まで物を運ぶのか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このモノレールで売店まで物を運ぶのか。
2
今日のランチはサンドイッチ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のランチはサンドイッチ。
2
下山開始。
上野登山道へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山開始。
上野登山道へ。
2
上平寺に戻るため、五合目上よりトラバース。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上平寺に戻るため、五合目上よりトラバース。
1
ピンクリボン多数あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピンクリボン多数あり。
歩いた道をここから振り返り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いた道をここから振り返り。
2
キバナノアマナ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キバナノアマナ。
2
キランソウ。
紫色が濃くて、凛々しい印象。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キランソウ。
紫色が濃くて、凛々しい印象。
1
カタクリ。
一輪だけ咲くのもいい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カタクリ。
一輪だけ咲くのもいい。
5
城跡。
こんな山の上にお城があったのかあ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城跡。
こんな山の上にお城があったのかあ。
2
ヤマルリソウ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマルリソウ。
1
イカリソウ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イカリソウ。
2
もう登山口は近い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう登山口は近い。
2
伊吹神社。
今日もとりあえず無事。
感謝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊吹神社。
今日もとりあえず無事。
感謝。
4
今度はどこから登ろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度はどこから登ろうか。
4

感想/記録

上平寺から伊吹山へ伸びる林道は、川戸谷林道というらしい。
初めのうちは歩きやすい道であったが、奥に行くに従い、ところどころ土砂崩れなどで、荒れてきた。まあ、人が歩くには支障がないが。
途中カモシカの死体を発見。
首から上を引きちぎったかのようで、体はなく、角も一本折れている。
いったいどうしたらこのような姿に・・・?
落ち窪んだ眼窩が恨めしそうにこちらを見ているよう。
鼻を押さえながら死体を飛び越え、先へと進む。

林道終点で尾根に取り付く道はないかと探すが、それらしきものはない。
適当に尾根に取り付く。
木の枝を掴みながら、滑りやすい斜面を登るとようやく尾根に出た。
尾根にはなにやら、古い生活品が落ちている。
飯場か何かあったのか?

尾根伝いに行けば歩き易そうではあるが、地形図にはトラバースする破線も描かれている。さらにその先には構造物の絵も。
道はないかと探しながら、滑りやすい斜面を枝に捕まりながら地図上の構造物を目指し進んでいく。

結果、構造物はなかった。
何もなかった。
あるのは、曲がった鉄の棒が一本。
それはとてもさびしい結果だった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

何とかドライブウェイまで這い上がり、南東尾根に取り付いた。
ここからは何度か歩いた道のりだ。
滑り落ちる危険もなく、道を拾い、花を探し、景色を楽しみ登っていく。

ヌタ場を過ぎ、気持ちのよい樹林の端に古い道跡を見つけた。
またも、好奇心が湧き出した。
ちょっと、道の様子を見に行ってくる。

これは明らかに昔の道だ。
地形図と照らし合わせると、ちょうど標高1150mぐらいで、伊吹山南面をトラバースする破線と一致する。
これを歩けたら面白いかも・・・。

見ると道の先にカモシカが一頭。今度は生きている。
カモシカを見るのなんて何年ぶりだろう。

道はだんだん細くか弱くなり、やがて・・・。
先ほどの経験からして、この急斜面、道はどこかで消えてしまうだろう。
でも、もう少しだけ、もう少しだけ・・・。

コーーン、コーーン、コーーン!

やけに高い音を響かせながら、まるで空から降ってきたように、子供の頭大の石が落ちてきた。それも二つ!
目の前で、ほんの数十m先を、落石が通過した。

いかん! これはやばいパターンだ!
いったい自分はいくつ死亡フラグを立ててきた?
林道で見た死体を思い起こす。
もしかしたら、これにやられたのかも。
では自分の運命は!?

すぐ様、南東尾根に戻りました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山頂で昼食後、すぐに下山。
最初のトラバースが効いたのか、足が攣りそう。いや攣っている。
痛い足をだましながら、上平寺尾根道へと向かう。

上平寺に何とかたどり着き、安堵。
麓の伊吹神社に一礼し(階段を登る気力がなかった)、伊吹山を後にした。

来週はもっと楽な登山道を歩こう。
訪問者数:594人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/24
投稿数: 405
2016/4/14 1:58
 ご無事で何より
yukicchi7さん、こんばんわ。

またもや、私など歩けないルートで、
伊吹山でしたか。
古い道とか、いろいろあるんですね。
道なき道を行くのも良いものなんでしょうね。

落石にカモシカの死体に、
ゾッとする思いです。
生きたカモシカや、様々な花たちの所、
切り取って見させていただきました
登録日: 2014/9/5
投稿数: 105
2016/4/14 23:28
 Re: ご無事で何より
fujimonさん、こんばんは。

「昔の人たちもこの道を歩いたのかな?」
そんな事を思いながら、古道を歩くのが好きなんですが・・・。
今回のルート選びは完全に失敗ですね。道はないし、危険だし。
落石を目撃したときにはわれに返りました。
単独でしかもこんなところで事故にあったら、一生見つからないかも。

カモシカや花々だけが、心の救いでした。
次回はもう少し、癒しの山歩きにしたいです。
登録日: 2013/10/13
投稿数: 138
2016/4/15 3:27
 白龍さんでしょうか
yukicchi7さん、はじめまして、こんばんは
伊吹山バリルートお疲れ様でした。川戸谷の林道を登っていくというのはこんなことになってしまうのですね。勉強になりました。
昔は、いろんなルートがあったとのことですけど、どこもこんな感じなのでしょうね。

写真21番目は、鈴岡神社・白龍さんというらしいです。笹又から登ってきたところの上のほうにも黒龍さんというのがあるようです。私は足踏み入れていないですので、情報だけで、申し訳ないですが・・・
登録日: 2014/9/5
投稿数: 105
2016/4/15 22:49
 Re: 白龍さんでしょうか
yo_yonedaさん、初めまして。コメントありがとうございます。

情報ありがとうございます。そうですか、ここも鈴岡神社と言うのですね。
笹又から登ってきた上の神社といいますと、1206.3m三角点あたりにある神社のことですね。
一度、そこを通ったことがありますが、当時のメモ帳を見ると、
〜名前は「鈴岡神社」
〜石柱には「福徳王龍神、正白龍神、長尾龍神、黒白龍神、黒龍龍神、豆喜龍神」と龍神の名前が書き連ねてある
とあります。
当時(9年前です)、鳥居も灯篭も崩れて荒れておりました。今はどうなっているのでしょうか?

また訪れてみたいですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ