ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 847026 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

マイナールート探検@川苔山(真名井北稜〜川苔山〜鳩ノ巣駅)

日程 2016年04月16日(土) [日帰り]
メンバー polaris625
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間30分
休憩
1時間50分
合計
8時間20分
S上日向バス停07:4007:50真名井北稜登山口08:2009:00惣岳山(青木山)10:35新蔵指ノ丸11:20雁掛ノ峰10:3512:00川苔山13:2015:15鳩ノ巣駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
「真名井北稜」。ちょっとかっこいい響き。
エアリアには「真名井北稜」と記載されているだけで、コース記載はないルートだ。
元々確保した連休で秩父に縦走するつもりだったが、日曜は雨ということで前々から気になっていたこのルートに行くことにした。


■上日向BS〜惣岳山〜新蔵指ノ丸

7:25、川井駅着。バスの出発が7:29。
バス停は駅から少し離れているためダッシュで向かう。
7、8人ほど登山者が並んでいた。

上日向バス停で下車。他におじちゃん1人が降りたが、先に行ってもらう。
しばらく林道をバスの進行方向に進むと、真名井橋があるので渡って、右へ。
林道をしばらく歩くと、右手に「新秩父線No.38に至る」の黄色い標柱。
右手に送電線巡視路が伸びている。
とりあえず、朝食でエネルギーチャージして出発。

初っ端から結構急。20分ほど登ると尾根に乗った。
送電鉄塔40号、41号、42号と、その真下を通っていく。
何度か開けた場所、鉄塔、樹林帯を繰り返す。
惣岳山(P710)、42号鉄塔を過ぎると、伐採地があり展望が開ける。
伐採地からは赤杭尾根、高水三山を一望することができる。
明るくて広い。とても気持ちいい。こういった感じのところ好き。

鉄塔43号からは送電線が巡視路から離れていく。
また踏み跡も薄くなる。

新蔵指ノ丸(P1002)へは迷いやすい。
落ち葉たんまりな上に踏み跡不明瞭。
黒いプラ階段の先のルートがよくわからず、右にそのままトラバースすればいいのかな?とか思ったが、何だか不安定そうな場所だったし、現在地もわかっていたので、沢地形の急斜面を直登して尾根へ。
これがなかなか大変だった。
潅木に掴まりながらの這い上がったが、グズグズの急斜面な上、掴まりたいのに木々は腐っていたり、ポキッていきそうだったりで、ちょっと緊張した・・・。
どうやら右手にトラバースする踏み跡はやっぱり間違ったらしいが、ほんと踏み跡わかりずらい。
素直に尾根上を行くのがよい。


■新蔵指ノ丸〜雁掛ノ峰〜川苔山

明るい平坦地を進み雁掛ノ峰(P1168)へ向かう。
尾根上に大きな岩があるところは右に巻く。

雁掛ノ峰への斜面の踏み跡かなり怪しい。あるようなないような。
ところどころ滑りやすいため、足を滑らせないよう注意しながら、ところどころ立木の助けを借りながら適当に尾根を進む。

雁掛ノ峰の先に痩せ尾根なんかもあったが丹沢の急斜面の痩せ尾根に比べたらかわいいもん。
他の峰もそうだが、雁掛ノ峰にも標識は見当たらなかった。

尾根に忠実に進むと、ぴょこっと薄くなった赤杭尾根との合流点に飛び出した。
幅広の防火帯の尾根歩きは気持ちいい。

全然人いないなとか思ったが、山頂は大変にぎわっていた。
日清のカップヌードルのラクサ味なんてのをチャレンジしてみたが、わりと美味しかった。
隣のおじちゃん二人組がヘルメットを持っていたので、何だか気になってしまった。
ザイル持ってきているみたいだし、沢登ってきたんだろうか。
寝転がっていたら、暖かい日差しと風が気持ちよく、うとうとし始めてしまった・・・。
はっと起きて、下山開始。


■川苔山〜鳩ノ巣駅

赤杭尾根から川井駅へは歩いたことがあるので、今日は鳩ノ巣駅に。
暗い単調な道だろうと思ったが、思ったよりは明るく快適だった。
ちょうど2時間で鳩ノ巣駅。
駅前にいっぱいやれるところがあっていい。

コース状況/
危険箇所等
■真名井北稜〜川苔山
・新蔵指ノ丸付近より先、踏み跡不明瞭なところあり。
・要地形図&コンパス&読図力。
・人気がないので、要熊鈴。
・下りで使うと支尾根に迷い込みやすい&急斜面でスリップすると事故になる可能性が高いため下山には不向き。

■川苔山〜鳩ノ巣駅
・危険箇所等なし。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

上日向BS.
2016年04月16日 07:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上日向BS.
真名井橋。
渡って右へ。
2016年04月16日 07:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真名井橋。
渡って右へ。
林道真名井沢線。注意の看板。
2016年04月16日 07:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道真名井沢線。注意の看板。
1
ここから巡視路へ。
2016年04月16日 07:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから巡視路へ。
気持ちいい。
2016年04月16日 09:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちいい。
つつじが咲いていました。
2016年04月16日 09:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つつじが咲いていました。
1
新倉指ノ丸への登り。
写真では伝わらないが、グズグズな急斜面。
2016年04月16日 10:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新倉指ノ丸への登り。
写真では伝わらないが、グズグズな急斜面。
桜も咲いていた。
2016年04月16日 10:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜も咲いていた。
1
岩は右から巻く。
2016年04月16日 11:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩は右から巻く。
1
一般登山道と合流。
2016年04月16日 11:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一般登山道と合流。
1

感想/記録

真名井北稜は、静かな尾根歩きが楽しめるところだった。
特に伐採地からの展望は気持ちよい。
ただ、踏み跡が不明瞭でグズグズな斜面を登る場面もあり、思ったよりも少し緊張した山行になった。
訪問者数:283人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

コンパス 熊鈴 林道 山行 支尾根
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ