ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 849691 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

残雪の硫黄岳日帰りに挑戦

日程 2016年04月20日(水) [日帰り]
メンバー YogGuit
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
桜平駐車場を利用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間30分
休憩
0分
合計
7時間30分
Sスタート地点07:4015:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
アイゼンなしでは厳しい登山道一面ツルツル凍結の箇所がいくつかありました。(夏沢鉱泉〜オーレン小屋間)

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 ザック サブザック 飲料 地図(地形図) コンパス 携帯 ストック カメラ
備考 アイゼンなしで昇り降りしましたが、この時期だとまだアイゼン必須です。

写真

7:40
桜平に駐車。登山開始です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:40
桜平に駐車。登山開始です。
1
登り始めてすぐにつららを発見。まだまだ寒いんですね〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めてすぐにつららを発見。まだまだ寒いんですね〜。
8:15
夏沢鉱泉に到着!
分かりやすいルート案内があって助かります。
頻繁に立ち止まり写真を撮りながらの登山ですが概ねコースタイム程度で登れていたようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:15
夏沢鉱泉に到着!
分かりやすいルート案内があって助かります。
頻繁に立ち止まり写真を撮りながらの登山ですが概ねコースタイム程度で登れていたようです。
2
森の中につららが生えていて不思議な雰囲気です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森の中につららが生えていて不思議な雰囲気です。
3
9:20
オーレン小屋に到着!
他の登山者の方に追い抜かされながらゆっくり登っていたので
体力的に相当ダメなのでは!?と思いつつ登っていましたが、後で確認したところタイム的には大丈夫そうですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:20
オーレン小屋に到着!
他の登山者の方に追い抜かされながらゆっくり登っていたので
体力的に相当ダメなのでは!?と思いつつ登っていましたが、後で確認したところタイム的には大丈夫そうですね。
1
この看板を見て「ん?」と思いましたが、この先も普通にトレースあるし冬季ここを通って登った記録も沢山あるようなのでどうなんでしょう?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この看板を見て「ん?」と思いましたが、この先も普通にトレースあるし冬季ここを通って登った記録も沢山あるようなのでどうなんでしょう?
オーレン小屋〜赤岩の頭(?)間の登りは、森林限界までは周りがよく見えない中ひたすら登り続けるので心がちょっとつらいです。森林を抜けると素晴らしい景色が見えてきます。こちらは振り返って西の方角。車山や美ヶ原、その向こうには難度の高そうな山々が見えますね!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オーレン小屋〜赤岩の頭(?)間の登りは、森林限界までは周りがよく見えない中ひたすら登り続けるので心がちょっとつらいです。森林を抜けると素晴らしい景色が見えてきます。こちらは振り返って西の方角。車山や美ヶ原、その向こうには難度の高そうな山々が見えますね!
5
左前方に硫黄岳らしき美しい山も見えてきた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左前方に硫黄岳らしき美しい山も見えてきた!
2
11:00
残雪の急登を登りきると、目の前に雄大な横岳、赤岳!
ここまで休憩するには足場が不安定すぎる場所が続いていたため、ここでしばらく休憩しました。
景色としてはこの辺りで大満足だったのですが、せっかくだから硫黄岳山頂まで行かないと心残りになるかな?と登頂チャレンジしに行きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:00
残雪の急登を登りきると、目の前に雄大な横岳、赤岳!
ここまで休憩するには足場が不安定すぎる場所が続いていたため、ここでしばらく休憩しました。
景色としてはこの辺りで大満足だったのですが、せっかくだから硫黄岳山頂まで行かないと心残りになるかな?と登頂チャレンジしに行きました。
6
11:50
硫黄岳頂上付近まで到着!
山頂直前の岩場まで登りましたが、今の自分では最後の岩場を登るには体力的、荷物的に危険かなと判断し、逆側の爆裂火口を拝むことなく帰りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:50
硫黄岳頂上付近まで到着!
山頂直前の岩場まで登りましたが、今の自分では最後の岩場を登るには体力的、荷物的に危険かなと判断し、逆側の爆裂火口を拝むことなく帰りました。
10
(この場所のもう少し先まで行きました。)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(この場所のもう少し先まで行きました。)
2
13:20
オーレン小屋まで戻りました!
この写真はオーレン小屋にある八ヶ岳と富士山の伝承の看板です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:20
オーレン小屋まで戻りました!
この写真はオーレン小屋にある八ヶ岳と富士山の伝承の看板です。
14:20
夏沢鉱泉まで戻りました。ここでしばらく休み、15:05に駐車場に到着。本日の登山は無事終了しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:20
夏沢鉱泉まで戻りました。ここでしばらく休み、15:05に駐車場に到着。本日の登山は無事終了しました。
1

感想/記録

中学の学校行事で硫黄岳に登って以来の八ヶ岳で十数年ぶりになりますが、
とても景色がきれいな所で感動しました。
(当時は景色に興味がなく学校行事の八島湿原への遠足や八ヶ岳登山にも無感動でした…)
体力作りのためにやや重めの荷物を背負って登ってみましたが、
登山に関しては初心者ですので、もう少し安全で楽な山から挑戦した方が良かったかなと思いました。高所恐怖気味なので硫黄岳山頂付近は怖かったです。
訪問者数:531人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 森林限界 急登
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ