ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 849841 全員に公開 ハイキング奥秩父

大仏伝説の寺平へ再び…長久保川分水嶺を周回して父不見山

日程 2016年04月19日(火) [日帰り]
メンバー yasuhiro
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
倉尾ふるさと館に駐車。
駐車場無料。トイレ在り。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間40分
休憩
2時間9分
合計
9時間49分
Sスタート地点06:5107:07毘沙門水07:45池原峠07:4608:05展望岩08:2009:46山ノ神峠10:0110:52鐘撞峠11:12摩利支天11:2811:50長久保の頭12:05父不見山13:0613:22杉ノ峠14:01大久保山14:1215:31三角点15:4116:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●右岸尾根(往路)
前回レコでは藪漕ぎが無い様な事を書いていたが、二日経ってから書いたため記憶が曖昧になっていた様だ。幾つかの小ピークで藪漕ぎはある。ただしそれは、余り歩かれない為に藪化した感じで、地面には踏み跡が認められる。TVアンテナが二箇所設置されていたりして、左岸尾根に比べると頻繁に人が入り人里に近い印象。また、父不見山フラワーラインから長久保の頭まで長々とブル道が続き、気分はどうあれ迷う心配はない。

●左岸尾根(復路)
こちらも昨年歩いているが、その時の記憶と現物を目にした印象の乖離が激しい。もっと明るい陽質な尾根と感じていた。踏み跡はあるにはあるが、はっきりした所とそうでない所の差が大きい。特にP720手前鞍部への下りと、三角点からの下り。支尾根の方がなだらかなんで間違ってるのではと不安になる。620mまで下ると巻き道が現れ、以降はガンガン巻いて行ける。

その他周辺情報・風呂
 吉田元気村 料金3時間まで500円。
 千鹿谷鉱泉 料金700円

・食事
 駐車地の倉尾ふるさと館で食事が出来る。(当日は開いてなかった。休日のみの営業かも。)

写真

毘沙門山の時ここに駐車した。その時から目を付けていた道。これが峠道にちがいない。
2016年04月19日 07:17撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毘沙門山の時ここに駐車した。その時から目を付けていた道。これが峠道にちがいない。
2
要トンネルの尾根上部が畑になっており、そこまでは良い道だった。しかし、その先は細い踏み跡。
2016年04月19日 07:24撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
要トンネルの尾根上部が畑になっており、そこまでは良い道だった。しかし、その先は細い踏み跡。
2
小尾根を直登する踏み跡と、トラバースする踏み跡に分かれた。トラバースを選ぶ。
2016年04月19日 07:29撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小尾根を直登する踏み跡と、トラバースする踏み跡に分かれた。トラバースを選ぶ。
2
時に消え入りそうな、頼りない踏み跡を長々と辿って行くと、少し高い所から下ってくる峠道に合流。こりゃあ、さっきの選択を間違えたな。
2016年04月19日 07:44撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時に消え入りそうな、頼りない踏み跡を長々と辿って行くと、少し高い所から下ってくる峠道に合流。こりゃあ、さっきの選択を間違えたな。
4
合流して直ぐに池原峠へ到着。
2016年04月19日 07:45撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合流して直ぐに池原峠へ到着。
2
右・尾根道。左・池原へ下ると思われる峠道。こっちを使った方が確実かも。
2016年04月19日 07:46撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右・尾根道。左・池原へ下ると思われる峠道。こっちを使った方が確実かも。
2
今回も展望岩で休憩。眼下に池原集落。
2016年04月19日 08:06撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回も展望岩で休憩。眼下に池原集落。
7
山桜が咲いてる。
2016年04月19日 08:39撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山桜が咲いてる。
7
この前咲いていたアカヤシオやヒカゲツツジ、イワウチワは全て散っていた。先日の台風の様な強風が原因かな。
2016年04月19日 09:02撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この前咲いていたアカヤシオやヒカゲツツジ、イワウチワは全て散っていた。先日の台風の様な強風が原因かな。
5
だがイワウチワが咲いていた辺りを隈なく調べると…ありました!
2016年04月19日 09:05撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だがイワウチワが咲いていた辺りを隈なく調べると…ありました!
23
結構いっぱい咲いてるじゃないの。良い所見付けたー!
2016年04月19日 09:15撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構いっぱい咲いてるじゃないの。良い所見付けたー!
6
山ノ神峠の石祠と潰れたトタン小屋。
2016年04月19日 09:47撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山ノ神峠の石祠と潰れたトタン小屋。
2
この尾根の山桜は白。
2016年04月19日 09:49撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この尾根の山桜は白。
4
今回は峠道で寺平へ向かう。
2016年04月19日 09:49撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は峠道で寺平へ向かう。
1
峠道から建物が見えたんで行ってみると廃屋だった。付近にはもう2〜3軒家が建ちそうな平坦地が在る。
2016年04月19日 10:07撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠道から建物が見えたんで行ってみると廃屋だった。付近にはもう2〜3軒家が建ちそうな平坦地が在る。
5
花坂へ下る時に屋根だけ見えていた建物。小さいから素通りした。今になって気になり来てみたがただの物置か。でも石垣の上には何か在ったかも知れない。
2016年04月19日 10:22撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花坂へ下る時に屋根だけ見えていた建物。小さいから素通りした。今になって気になり来てみたがただの物置か。でも石垣の上には何か在ったかも知れない。
3
例のワンコのお宅に通じてそうだと思い探らなかった道。予想通りだった。早速気配を察したワンコが騒ぎ始めた。
2016年04月19日 10:31撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
例のワンコのお宅に通じてそうだと思い探らなかった道。予想通りだった。早速気配を察したワンコが騒ぎ始めた。
1
この辺なら建物が在ったとしてもおかしくないな。さて、寺平はここまでにして先へ進む。
2016年04月19日 10:33撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺なら建物が在ったとしてもおかしくないな。さて、寺平はここまでにして先へ進む。
1
鐘撞峠から長久保の頭に向かう。窪んだ道型あり。
2016年04月19日 10:54撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鐘撞峠から長久保の頭に向かう。窪んだ道型あり。
2
暫く登るとブル道にぶつかる。まあこれについては、yamadanukiさんのレコで知っていたからショックは無い。
2016年04月19日 11:04撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫く登るとブル道にぶつかる。まあこれについては、yamadanukiさんのレコで知っていたからショックは無い。
1
独標を過ぎ少し行くと、小ピークが見えて来る、あれが摩利支天。
2016年04月19日 11:10撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標を過ぎ少し行くと、小ピークが見えて来る、あれが摩利支天。
1
到着うー。
2016年04月19日 11:12撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着うー。
9
「奉納摩利支天神社」は、もう殆んど読めない。そう書かれてると分かっているから何とか読める程度。
2016年04月19日 11:28撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「奉納摩利支天神社」は、もう殆んど読めない。そう書かれてると分かっているから何とか読める程度。
5
西面が伐採されて眺めが良い。
2016年04月19日 11:13撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西面が伐採されて眺めが良い。
6
ちょいと下ればこの通り。二子山、両神山が見える。
2016年04月19日 11:30撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょいと下ればこの通り。二子山、両神山が見える。
17
疲れたからブル道で行く。
2016年04月19日 11:40撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疲れたからブル道で行く。
3
こっちも伐採地。父不見山が目の前。
2016年04月19日 11:43撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちも伐採地。父不見山が目の前。
4
うー、嫌だなー。
2016年04月19日 11:49撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うー、嫌だなー。
3
実に6年振りとなる長久保の頭。檜が成長して眺望の利かない山に変わってた。
2016年04月19日 11:50撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
実に6年振りとなる長久保の頭。檜が成長して眺望の利かない山に変わってた。
7
父不見山で昼メシ。
2016年04月19日 12:05撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
父不見山で昼メシ。
5
三角天て何だろ?
2016年04月19日 12:06撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角天て何だろ?
7
杉ノ峠。
2016年04月19日 13:22撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉ノ峠。
1
アカヤシオが沢山咲いてる。そう言えば、前回ここを歩いたのも今頃の時期だったな。あの時は全部散ってしまっていた。
2016年04月19日 13:31撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカヤシオが沢山咲いてる。そう言えば、前回ここを歩いたのも今頃の時期だったな。あの時は全部散ってしまっていた。
22
ヒカゲツツジも大漁。僅かなタイミングのずれでこんなに違うのか。
2016年04月19日 13:37撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒカゲツツジも大漁。僅かなタイミングのずれでこんなに違うのか。
8
ピンクとライトイエローの競演。
2016年04月19日 13:41撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピンクとライトイエローの競演。
6
こりゃあ秘密の花園だー。
2016年04月19日 13:44撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こりゃあ秘密の花園だー。
20
満足満足。
2016年04月19日 13:47撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
満足満足。
2
大久保山の山頂近くで、シカかカモシカの白骨死体がネットに引っ掛かってた。グロいからアップしないけど。
2016年04月19日 14:02撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大久保山の山頂近くで、シカかカモシカの白骨死体がネットに引っ掛かってた。グロいからアップしないけど。
5
ネットに沿って下る。
2016年04月19日 14:12撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネットに沿って下る。
1
これから下る尾根と、奥に観音山。その奥は伊豆沢を囲む山々かな?
2016年04月19日 14:17撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから下る尾根と、奥に観音山。その奥は伊豆沢を囲む山々かな?
8
ここ緊張したー。赤杭の所から岩のへりを抜けて行く。
2016年04月19日 14:19撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここ緊張したー。赤杭の所から岩のへりを抜けて行く。
3
ピークに登らず、そのままネット沿いを東に下る。写真で見るより急下りで、躓いたら顔面ダイブ必至。
2016年04月19日 14:25撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークに登らず、そのままネット沿いを東に下る。写真で見るより急下りで、躓いたら顔面ダイブ必至。
2
おっ!? こんな所に林道が在った。しめしめ。
2016年04月19日 14:27撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっ!? こんな所に林道が在った。しめしめ。
1
難なくフラワーラインに降り立つ。
2016年04月19日 14:34撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
難なくフラワーラインに降り立つ。
1
左の看板の所から再び尾根に乗る。真っ直ぐピーク越えしていたら、この右斜面を下りるハメになってた。こっちへ来ないで良かったー。
2016年04月19日 14:36撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の看板の所から再び尾根に乗る。真っ直ぐピーク越えしていたら、この右斜面を下りるハメになってた。こっちへ来ないで良かったー。
2
緩い所だと踏み跡は比較的はっきりしているが、急斜面だとこんな。
2016年04月19日 15:00撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩い所だと踏み跡は比較的はっきりしているが、急斜面だとこんな。
2
捻転木。
2016年04月19日 15:11撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
捻転木。
9
三角点715.6。奥の切り株で一休み。
2016年04月19日 15:31撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点715.6。奥の切り株で一休み。
4
三角点ピークからの下りもこんなだったかー? 記憶がだいぶ美化されてるー。
2016年04月19日 15:44撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点ピークからの下りもこんなだったかー? 記憶がだいぶ美化されてるー。
1
巻き道の始まり始まりー。この先は一切ピーク越えしない。
2016年04月19日 15:50撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻き道の始まり始まりー。この先は一切ピーク越えしない。
1
あれ、これ前回気付かなかった。
2016年04月19日 15:54撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ、これ前回気付かなかった。
7
前回のルートから離れて巻き道へ。やっぱり去年より確実に荒れている。ここはもっと綺麗ではっきりした道だった。
2016年04月19日 16:04撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回のルートから離れて巻き道へ。やっぱり去年より確実に荒れている。ここはもっと綺麗ではっきりした道だった。
1
一瞬だけこんな良い道になった。
2016年04月19日 16:13撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬だけこんな良い道になった。
1
窪んだ道にゴミが溜まって歩けないから、道外を歩く。
2016年04月19日 16:23撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
窪んだ道にゴミが溜まって歩けないから、道外を歩く。
1
やがて獣道程度の踏み跡になり、どうなる事かと思ったが、ようやく出口が見えてきた。
2016年04月19日 16:30撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて獣道程度の踏み跡になり、どうなる事かと思ったが、ようやく出口が見えてきた。
1
神社が道の終点。この道は使わない方が無難。神社裏に巡視路がある様なので、それで下った方が良さそう。
2016年04月19日 16:32撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社が道の終点。この道は使わない方が無難。神社裏に巡視路がある様なので、それで下った方が良さそう。
5
撮影機材:

感想/記録

図書館に「秩父の伝説」という本が有ったので読んでみた。寺平の伝説は要約すると以下の様になる。

昔、弘法大師がこの地を訪れ、高野山と同じ様な寺を建立しようとした。七堂伽藍を建て、高野山から七十五人の僧侶を呼び寄せて寺を守ったが、ある時大変な嵐がこの地を襲い、裏山が崩れて寺が埋まってしまった。僧侶たちは復興しようとしたが、再建は出来なかった。仕方なく高野山へ帰る事にしたが、後片付けに時間がかかって冬になってしまい、上州の峠で大雪に見舞われて皆凍え死んでしまった。

この本では大仏が埋まったという具体的な話は出て来ない。しかし、岨道峠道さんの山ノ神峠の頁をみると、「大仏伝説の寺平から鐘撞堂へトラバースしてゆき、どんどん場から少しで峠」と書かれている。また、yamadanukiさんの書かれた父不見山の基本情報にも、「寺平地区には大仏が埋っていると言われている」との一文が見られる。やはり地元ではその様な言い伝えがあるのだろう。

それにしても気になるのは、「寺平から鐘撞堂へトラバース」の部分だ。これは建物の鐘撞堂を言っているのだろうか。今回、峠から寺平へ逆に辿り、建物と仮定の基に探してみたが、その様な物は無かった。2006年の時点では存在したのだろうか。それとも、寺平と同じく地名を指しているのか。あの廃屋の在った所が鐘撞堂なら合点がいくけど。それともう一つ、どんどん場が何なのかも気になるなあ。

訪問者数:542人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ