ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 850818 全員に公開 雪山ハイキング槍・穂高・乗鞍

登山シーズン開始 燕岳・北燕岳ピストン

日程 2016年04月23日(土) [日帰り]
メンバー y-urano
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
第一駐車場 6時過ぎ6割程、その後満車 第二は余裕でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間13分
休憩
1時間45分
合計
6時間58分
Sスタート地点 第一駐車場06:0406:13中房温泉06:1406:38第1ベンチ06:4006:53第2ベンチ06:5707:21第3ベンチ07:2407:45富士見ベンチ07:5008:11合戦小屋08:2008:32合戦山(合戦沢ノ頭)09:05燕山荘09:2009:25いるか岩09:40めがね岩09:47燕岳09:4810:00北燕岳10:1710:29燕岳10:33めがね岩10:43いるか岩10:50燕山荘11:3211:47合戦山(合戦沢ノ頭)11:56合戦小屋12:06富士見ベンチ12:0812:19第3ベンチ12:31第2ベンチ12:3512:43第1ベンチ12:56中房温泉登山口13:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
第二ベンチから先残雪あり 第三ベンチから上踏み抜き多し
雪が緩んでいればチェーンアイゼン、ストックでOKです。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

6時過ぎの第一駐車場、半分少し位うまっています。
2016年04月23日 06:04撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6時過ぎの第一駐車場、半分少し位うまっています。
登山届けを出して、6時15分出発です。
2016年04月23日 06:12撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山届けを出して、6時15分出発です。
1
1800m付近後ろに有明山が見えてきました。
雪は1700m付近から出てきました。
2016年04月23日 06:52撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1800m付近後ろに有明山が見えてきました。
雪は1700m付近から出てきました。
合戦小屋のあるのはあの辺かな?
2016年04月23日 06:54撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋のあるのはあの辺かな?
1950mの見晴らしポイントから大天井岳方面
2016年04月23日 07:13撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1950mの見晴らしポイントから大天井岳方面
1
第三ベンチ上からは結構な残雪ですがまだつぼ足で行きます。
2016年04月23日 07:19撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第三ベンチ上からは結構な残雪ですがまだつぼ足で行きます。
帰りは踏み抜きが多そう・・
2016年04月23日 07:22撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは踏み抜きが多そう・・
富士見ベンチ到着、2200m位登ってきました。
2016年04月23日 07:45撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見ベンチ到着、2200m位登ってきました。
1
富士山がはっきり見えました。
今日は最近になく眺望がいいかも?
2016年04月23日 07:45撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山がはっきり見えました。
今日は最近になく眺望がいいかも?
大天井岳かな
2016年04月23日 07:55撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳かな
1
空が青くて雪がまぶしくなってきました。
2016年04月23日 07:55撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空が青くて雪がまぶしくなってきました。
2
八ヶ岳に富士山、南アルプスと見えています。
2016年04月23日 07:59撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳に富士山、南アルプスと見えています。
2
そろそろ合戦小屋かな・・
2016年04月23日 08:06撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そろそろ合戦小屋かな・・
1
登山口から2時間弱で合戦小屋に到着。
休憩後ここからとりあえずチェーンスパイクとピッケルで登ることにしました。気温が高くアウターなしでも大丈夫でした。
2016年04月23日 08:10撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から2時間弱で合戦小屋に到着。
休憩後ここからとりあえずチェーンスパイクとピッケルで登ることにしました。気温が高くアウターなしでも大丈夫でした。
3
合戦小屋を出てすぐに始まる急な雪面
ここでお槍様がのぞきます。テンションアップです!
2016年04月23日 08:30撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋を出てすぐに始まる急な雪面
ここでお槍様がのぞきます。テンションアップです!
3
大天井岳方面
2016年04月23日 08:31撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳方面
1
雪の丘を登っていきます
2016年04月23日 08:31撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の丘を登っていきます
1
尾根に出ました、先行者が登っていきます。
2016年04月23日 08:33撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に出ました、先行者が登っていきます。
1
右手に針ノ木岳
2016年04月23日 08:33撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手に針ノ木岳
1
燕岳-北燕岳
2016年04月23日 08:33撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳-北燕岳
燕山荘が直ぐそこなのですが・・
2016年04月23日 08:42撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘が直ぐそこなのですが・・
2
そこから20分も掛かってやっと燕山荘横、一気に眺望が開けます。真っ先に槍ヶ岳ですね。
2016年04月23日 09:04撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこから20分も掛かってやっと燕山荘横、一気に眺望が開けます。真っ先に槍ヶ岳ですね。
5
稜線上大天井岳が大きい、その先には常念岳
2016年04月23日 09:04撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上大天井岳が大きい、その先には常念岳
5
小屋裏から燕岳
2016年04月23日 09:06撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋裏から燕岳
5
本日オープンですがまだひっそりとした燕山荘、まだ時間が早いようです。
2016年04月23日 09:07撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日オープンですがまだひっそりとした燕山荘、まだ時間が早いようです。
燕山荘から東方面
2016年04月23日 09:07撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘から東方面
有明山の稜線の向こうは浅間山
2016年04月23日 09:07撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有明山の稜線の向こうは浅間山
西側は北アルプス深部 左から双六、三股蓮華、水晶、野口五郎
2016年04月23日 09:09撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側は北アルプス深部 左から双六、三股蓮華、水晶、野口五郎
2
野口五郎からさらに三岳、烏帽子、南沢かな
2016年04月23日 09:09撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野口五郎からさらに三岳、烏帽子、南沢かな
1
こっちは奥に蓮華爺ヶ岳、鹿島槍、遠くに白馬
2016年04月23日 09:09撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちは奥に蓮華爺ヶ岳、鹿島槍、遠くに白馬
2
槍ヶ岳方面
2016年04月23日 09:36撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳方面
2
少し休んでから燕岳に向かいました。
2016年04月23日 09:36撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し休んでから燕岳に向かいました。
山頂には山荘から30分弱で到着
2016年04月23日 09:47撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には山荘から30分弱で到着
1
山頂から見る常念岳方面
2016年04月23日 09:47撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から見る常念岳方面
2
ここから見ると槍ヶ岳・前槍から穂高まではっきりわかります
2016年04月23日 09:47撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから見ると槍ヶ岳・前槍から穂高まではっきりわかります
4
時間があるのでさらに北燕岳まで足を伸ばしました。
2016年04月23日 09:48撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間があるのでさらに北燕岳まで足を伸ばしました。
2
山頂への最後がトレースの無い急な雪壁になっていました。
手前でソロの方と話しましたが危険なので引き返したとのこと。(これは帰りの写真です)
2016年04月23日 10:20撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂への最後がトレースの無い急な雪壁になっていました。
手前でソロの方と話しましたが危険なので引き返したとのこと。(これは帰りの写真です)
2
ここから雪壁に取り付きました、滑落したらどこまでも落ちていきそうです。
でも雪が腐っていたので蹴り込んでしっかりトレースを作って行けば行けそうです。
2016年04月23日 10:01撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから雪壁に取り付きました、滑落したらどこまでも落ちていきそうです。
でも雪が腐っていたので蹴り込んでしっかりトレースを作って行けば行けそうです。
4
今回初めてピッケルが活躍してくれました。
やり出せば意外と簡単に登れました。
2016年04月23日 10:01撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回初めてピッケルが活躍してくれました。
やり出せば意外と簡単に登れました。
4
北燕山頂から燕岳
2016年04月23日 10:04撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北燕山頂から燕岳
7
ここからは立山・剱方面がしっかり見えました。
2016年04月23日 10:04撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは立山・剱方面がしっかり見えました。
5
東沢乗越に続く稜線、ここも歩いてみたい!
2016年04月23日 10:04撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東沢乗越に続く稜線、ここも歩いてみたい!
2
ガスが掛かっていた笠岳が見えました。
2016年04月23日 10:05撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが掛かっていた笠岳が見えました。
1
山頂東斜面は一気に落ちています。
2016年04月23日 10:10撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂東斜面は一気に落ちています。
1
帰りは慎重に下ります。
2016年04月23日 10:18撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは慎重に下ります。
2
山荘前で昼食後、11時半には下り始めました。
2016年04月23日 10:42撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘前で昼食後、11時半には下り始めました。
3
帰りは山荘から一気に登山口に下ってきました。
天気も晴れている内に戻ってこれました。
有明荘の温泉では一人だけ、贅沢に使わせて頂きました。
2016年04月23日 12:54撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは山荘から一気に登山口に下ってきました。
天気も晴れている内に戻ってこれました。
有明荘の温泉では一人だけ、贅沢に使わせて頂きました。
2
撮影機材:

感想/記録

中房温泉までの林道の冬期閉鎖が解除され、燕山荘もこの日から営業を始めると聞いていました。冬の間は北アルプスは登山道がほとんど使えなかったので、今年初めての北アルプスへの登山と言うことで、まさに旬な燕岳に行ってきました。

久しぶりの好天と眺望に恵まれて迫力ある雪の北アルプスの山々の全景を見ることができて満足でした。
それに最近まだ誰も登っていそうもない北燕岳には、雪壁をドキドキしながら登ることができ一人静かに山頂を独り占めできて良かったです。

駐車場もオープンで混み合っているかなと思っていましたが、以外と空いていました。6時15分の出発とあって遅いかなとも思っていましたが、手前の登山道もふくめ合戦小屋の休憩場所でも人は少なかったです、そこから先でも先行者は少なかった様です。それに小屋前の広場は数人いるだけでひっそりとしていました。
この日は昼頃から混んできたようです。

小屋前でのんびりした昼食も終え、11時半には下り始めました。
下りではたくさんの登山者と会いました。この日は昼近くになると眺望もすこし霞んで富士山などは見えませんでした。また昼近くになるにつれ汗ばむような陽気になり、登ってくる登山者も大変そうでした。
ちょうど良い時間に行って下ってくることができたと思っています。

やっぱり北アルプスの眺望は最高です、気分爽快で帰ってきました。
訪問者数:570人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ