ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 852545 全員に公開 ハイキング東海

アイゼン付けて御在所岳本谷+少しだけ藤内

日程 2016年04月24日(日) [日帰り]
メンバー RIVERROCK
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち30%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

GPSログがメチャクチャになったのとアイゼンを付けたり外したり、藤内に寄り道したりで、コースタイムが参考にならないので省略。
コース状況/
危険箇所等
バリエーション→一般路→バリエーション(ちょっとだけね)→一般路
その他周辺情報本谷は歩く度に状況が変化してるな〜という感想。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

R477は工事中で片側通行。駐車場からここに来るにはちょっと注意が必要。
2016年04月24日 10:59撮影 by GR DIGITAL 2 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
R477は工事中で片側通行。駐車場からここに来るにはちょっと注意が必要。
砂防ダム上の河原からスタート
2016年04月24日 11:04撮影 by GR DIGITAL 2 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂防ダム上の河原からスタート
今まで無かった青いペイントの印。青って珍しくないですか?
2016年04月24日 11:08撮影 by GR DIGITAL 2 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今まで無かった青いペイントの印。青って珍しくないですか?
不動滝は水量多し。
2016年04月24日 11:38撮影 by GR DIGITAL 2 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動滝は水量多し。
所々に花が咲いていて、彩りも楽しめますよ。
2016年04月24日 11:55撮影 by GR DIGITAL 2 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々に花が咲いていて、彩りも楽しめますよ。
不動滝を巻き道で越えた所でアイゼン装着。あっ、花は踏んでないよ。
2016年04月24日 11:59撮影 by GR DIGITAL 2 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動滝を巻き道で越えた所でアイゼン装着。あっ、花は踏んでないよ。
ルンゼを横切って左側(右岸)からよじ登ります。分かりにくいですが、中央の岩の上に先行者の姿あり。
2016年04月24日 11:59撮影 by GR DIGITAL 2 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルンゼを横切って左側(右岸)からよじ登ります。分かりにくいですが、中央の岩の上に先行者の姿あり。
1
赤マークも塗り直されているようでした。
2016年04月24日 12:17撮影 by GR DIGITAL 2 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤マークも塗り直されているようでした。
1
この壁(知ってる人にしか分からない表現だな…)の手前で再度アイゼンを装着。
2016年04月24日 12:24撮影 by GR DIGITAL 2 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この壁(知ってる人にしか分からない表現だな…)の手前で再度アイゼンを装着。
1
壁の途中にはアイゼンのひっかき傷が無数にありました。登るのに苦労したんでしょうか。
2016年04月24日 12:26撮影 by GR DIGITAL 2 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
壁の途中にはアイゼンのひっかき傷が無数にありました。登るのに苦労したんでしょうか。
1
カメラを構えるどころじゃない体勢で撮った一枚でございます。
2016年04月24日 12:36撮影 by GR DIGITAL 2 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カメラを構えるどころじゃない体勢で撮った一枚でございます。
1
大黒滝は水しぶきが飛び散るくらいの水量でした。
2016年04月24日 12:38撮影 by GR DIGITAL 2 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大黒滝は水しぶきが飛び散るくらいの水量でした。
大黒滝を右岸から巻く道です。水が流れてちょっとした滝のようでありました。
2016年04月24日 12:46撮影 by GR DIGITAL 2 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大黒滝を右岸から巻く道です。水が流れてちょっとした滝のようでありました。
アカヤシオは今が満開
2016年04月24日 13:01撮影 by GR DIGITAL 2 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカヤシオは今が満開
通称ジョーズ岩。お決まりなのでパチリ
2016年04月24日 13:04撮影 by GR DIGITAL 2 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通称ジョーズ岩。お決まりなのでパチリ
1
この眺めもお決まりでしょう。
2016年04月24日 13:12撮影 by GR DIGITAL 2 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この眺めもお決まりでしょう。
この滑車もお決まり?
2016年04月24日 13:19撮影 by GR DIGITAL 2 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この滑車もお決まり?
大黒岩への急坂はドロの壁。
2016年04月24日 13:25撮影 by GR DIGITAL 2 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大黒岩への急坂はドロの壁。
大黒岩は手前から見るだけ。先を急ぎます。
2016年04月24日 13:28撮影 by GR DIGITAL 2 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大黒岩は手前から見るだけ。先を急ぎます。
一ノ谷新道(右)と大黒岩方面(左)の分岐点。以前はこのあたりに標識があったように思うが何もない。大黒岩に行きたい人が分からずに直進してしまいそう。
2016年04月24日 13:35撮影 by GR DIGITAL 2 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ谷新道(右)と大黒岩方面(左)の分岐点。以前はこのあたりに標識があったように思うが何もない。大黒岩に行きたい人が分からずに直進してしまいそう。
下山途中、藤内壁周辺は花が綺麗。
2016年04月24日 14:20撮影 by GR DIGITAL 2 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中、藤内壁周辺は花が綺麗。
1
藤内沢出会いでアイゼンを付け、沢を上がる。
2016年04月24日 14:34撮影 by GR DIGITAL 2 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤内沢出会いでアイゼンを付け、沢を上がる。
一人なので壁は登れないから、テスト岩でお遊びしました。
2016年04月24日 15:03撮影 by GR DIGITAL 2 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一人なので壁は登れないから、テスト岩でお遊びしました。
この看板が立つ数年前まで、藤内は行きつけの場所でした。やっぱり藤内はいい所だなあ、と思いましたね。
2016年04月24日 15:15撮影 by GR DIGITAL 2 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この看板が立つ数年前まで、藤内は行きつけの場所でした。やっぱり藤内はいい所だなあ、と思いましたね。
撮影機材:

感想/記録

 GWの山行を考えて、アイゼンのトレーニングのため行ってきました。
 アイゼン装着は不動滝の上から。途中、巻き道を歩く箇所で、木の根を傷つけるのを防ぐために外しています。ちゃんと木に気を遣っているんですよ。その後、自分で「核心部」と呼んでいる壁の手前で装着し、通称「ジョーズ岩」を潜る手前で外しました。
 実は、アイゼンで岩場を歩くのは気色悪くて好きじゃないんですわ。アイゼンと岩が擦れあう音や感触が、ガラスや金属を引っ掻く感じのようで、歩いている最中、背中がゾクゾクしっぱなしになるので。でも、今年はアイゼンをあんまり使っていないから、岩稜のトレーニングはしておかないと心配ですから。

 下山は、途中で藤内に寄るために裏道を使いました。藤内といっても、テスト岩までしか行ってないんですがね。現在のテスト岩に登るのは今回が初めて。先代のテスト岩もそうだったけれど、あのドリルの穴はクライミングシューズよりアイゼンの方が断然登りやすいです。前爪が穴にカチット決まって安定して登れます。実のところは、2回登ったらふくらはぎがパンパンになって早々と終了でしたが、本当に久しぶりに藤内の空気を味わえて良い山行になりました。
 さて、ぼちぼちGWの準備を進めないと。 
訪問者数:187人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ