ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 858709 全員に公開 ハイキング丹沢

早戸川林道〜早戸大滝〜大滝新道〜丹沢主脈〜蛭ヶ岳〜市原新道〜雷滝

日程 2016年05月01日(日) [日帰り]
メンバー cjirou, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
注意:先月?もしくは先々月に起きた土砂崩れの為マス釣り場から1.5kmのゲードが閉まっています。ゲート近くまで車を乗り入れている方々もいましたが松茸山入口にある駐車スペースに止めました。連休中ということもあり6時の時点でほぼ満車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間17分
休憩
1時間58分
合計
11時間15分
Sスタート地点06:1506:30早戸川国際マス釣場07:35本間橋07:5007:55魚止橋08:07伝道(伝導)09:08雷平09:45早戸大滝10:3811:42箒杉沢ノ頭11:50不動ノ峰休憩所12:0012:40蛭ヶ岳12:5014:30雷滝15:0015:23雷平16:10造林小屋(鳥屋財産区造林小屋)17:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
早戸大滝コース:沢へ下りてからの第一渡渉ポイントに、前回来た時にはなかった木とロープが掛けられていました。水量が多いせいか靴を濡らさずに渡渉できる箇所が以前よりも多く感じられました。目印のテープ等多く、道迷いの心配はあまりありませんが最後の本谷沢との分岐で直進しないよう注意が必要です。

大滝新道:取り付きの大滝の落ち口から急傾斜に長いトラロープが掛けられています。下りに使用する際には要注意です。

市原新道:踏み跡はうっすらありますが、ブナ美林を過ぎて標高が下がっていくあたりから道が荒れて藪漕ぎのようになっていきます。また下り始めで尾根の広い箇所もあるため丹沢のマイナールートに慣れていない人は注意が必要です。

全行程を通してヒルはいませんでした。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 携帯 タオル カメラ

写真

朝靄の裏丹沢
2016年05月01日 06:20撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝靄の裏丹沢
1
国際マス釣り場
2016年05月01日 06:29撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国際マス釣り場
綺麗な風景が広がっています
2016年05月01日 06:29撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗な風景が広がっています
1
なんだかんだで車を止めたところから
15分くらいかかりました
2016年05月01日 06:32撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんだかんだで車を止めたところから
15分くらいかかりました
ここから1.5km先にあるゲートが閉まっています
2016年05月01日 06:33撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから1.5km先にあるゲートが閉まっています
マス釣り場から10分程度でゲートに到着
この近くまで車できているハイカーもいるようで
数台の車をみかけました
2016年05月01日 06:42撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マス釣り場から10分程度でゲートに到着
この近くまで車できているハイカーもいるようで
数台の車をみかけました
土砂崩れの現場に到着
これでは平日は通れなさそうですね
2016年05月01日 07:15撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土砂崩れの現場に到着
これでは平日は通れなさそうですね
1
脇を通り抜けます
2016年05月01日 07:16撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
脇を通り抜けます
土木がごっそり削げ落ちて
岩盤が覗いてしまっています
2016年05月01日 07:16撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土木がごっそり削げ落ちて
岩盤が覗いてしまっています
旧丹沢観光センターに到着
2016年05月01日 07:37撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧丹沢観光センターに到着
魚止橋を渡ります
2016年05月01日 07:54撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚止橋を渡ります
2
新緑が映えます
2016年05月01日 07:55撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑が映えます
伝道へのショートカット
2016年05月01日 07:55撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伝道へのショートカット
毎回この看板を写真に撮ってる気が
2016年05月01日 08:07撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毎回この看板を写真に撮ってる気が
1
早戸大滝へ
まだまだ長い道のりです
2016年05月01日 08:07撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早戸大滝へ
まだまだ長い道のりです
造林小屋が見えてきました
2016年05月01日 08:20撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
造林小屋が見えてきました
雷平まで15分
2016年05月01日 08:21撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷平まで15分
屋内は傾いてますね
2016年05月01日 08:21撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屋内は傾いてますね
あたりを引かないように
2016年05月01日 08:25撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あたりを引かないように
手作り風ですがしっかりした橋
2016年05月01日 08:31撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手作り風ですがしっかりした橋
いつものヌケ
2016年05月01日 08:33撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつものヌケ
沢へ下ります
2016年05月01日 08:36撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢へ下ります
細い丸太橋に
一本の細いロープがかけられてます
2016年05月01日 08:36撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細い丸太橋に
一本の細いロープがかけられてます
Oさんはここで沢シューズに履き替えました
2016年05月01日 08:41撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Oさんはここで沢シューズに履き替えました
時間つぶしに写真撮影
ここの沢がカーブしてる所が好きです
2016年05月01日 08:42撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間つぶしに写真撮影
ここの沢がカーブしてる所が好きです
1
第一渡渉点通過後にある岩場のへつり
2016年05月01日 08:51撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一渡渉点通過後にある岩場のへつり
2
難なく雷平に到着
2016年05月01日 09:08撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
難なく雷平に到着
1
向かって左手側の沢へ進みます
2016年05月01日 09:09撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向かって左手側の沢へ進みます
でっかいヘビに遭遇
2016年05月01日 09:12撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でっかいヘビに遭遇
1
目印のピンクテープの他にケルンも所々あります
2016年05月01日 09:16撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目印のピンクテープの他にケルンも所々あります
ここまでもう何回渡渉したか覚えていません
2016年05月01日 09:27撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでもう何回渡渉したか覚えていません
1
徐々に奥まってきます
2016年05月01日 09:32撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に奥まってきます
大滝までは沢と樹林帯とを交互に進んでいきます
2016年05月01日 09:33撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝までは沢と樹林帯とを交互に進んでいきます
本谷沢との分岐
写真だと分かりづらいのですが
左手方面が大滝です
2016年05月01日 09:39撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本谷沢との分岐
写真だと分かりづらいのですが
左手方面が大滝です
こちらが大滝方面
角度によっては沢が見えづらくなっているので
見落としやすいポイントです
2016年05月01日 09:39撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらが大滝方面
角度によっては沢が見えづらくなっているので
見落としやすいポイントです
1
再び樹林帯へ
2016年05月01日 09:42撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び樹林帯へ
このトラロープをたどっていくと
2016年05月01日 09:42撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このトラロープをたどっていくと
幻の早戸大滝に到着
2016年05月01日 09:45撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幻の早戸大滝に到着
3
滝壺の周辺には綺麗な花が咲いてます
2016年05月01日 09:49撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝壺の周辺には綺麗な花が咲いてます
2
岩に遮られていますが豪快な滝です
2016年05月01日 09:49撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩に遮られていますが豪快な滝です
1
元来た道へ戻り
高巻きしていくと
本日の一皿目をゲット
2016年05月01日 10:05撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元来た道へ戻り
高巻きしていくと
本日の一皿目をゲット
1
大滝の落ち口
水が綺麗です
2016年05月01日 10:06撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝の落ち口
水が綺麗です
1
着替えを済ませスカルパに履き替え
休憩した後大滝新道へ
沢を渡渉すると目の前に
どこかで見たような急斜面にかけられた
トラロープが出現します
2016年05月01日 10:38撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着替えを済ませスカルパに履き替え
休憩した後大滝新道へ
沢を渡渉すると目の前に
どこかで見たような急斜面にかけられた
トラロープが出現します
1
細長いごぼうが3本続きます
2016年05月01日 10:41撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細長いごぼうが3本続きます
久しぶりに丹沢で試練を味わった気分です
2016年05月01日 10:46撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久しぶりに丹沢で試練を味わった気分です
1
ごぼうを過ぎた後も急登は続きます
2016年05月01日 10:46撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ごぼうを過ぎた後も急登は続きます
目印は沢山あります
2016年05月01日 10:54撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目印は沢山あります
踏み跡もうっすらありますが
新しいものではない感じです
2016年05月01日 11:12撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡もうっすらありますが
新しいものではない感じです
鹿柵が出てくると
ひと段落した気持ちに
2016年05月01日 11:18撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿柵が出てくると
ひと段落した気持ちに
稜線が見えてきて
丹沢山から下ってくる人も確認できます
2016年05月01日 11:32撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線が見えてきて
丹沢山から下ってくる人も確認できます
こちらは蛭ヶ岳
2016年05月01日 11:35撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは蛭ヶ岳
ひたすら登りのうえに
気温も上昇して疲労はピークに
2016年05月01日 11:36撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら登りのうえに
気温も上昇して疲労はピークに
お隣の白馬尾根
2016年05月01日 11:38撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お隣の白馬尾根
この鹿柵に沿って歩いていくと
2016年05月01日 11:40撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この鹿柵に沿って歩いていくと
ようやく主稜線に出ました
休日なので沢山のハイカーさんたちがいます
2016年05月01日 11:42撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく主稜線に出ました
休日なので沢山のハイカーさんたちがいます
1
今年初の蛭ヶ岳へ
2016年05月01日 12:18撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年初の蛭ヶ岳へ
ボラ丸に同角、臼ヶ岳もよく見えます
2016年05月01日 12:18撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボラ丸に同角、臼ヶ岳もよく見えます
1
ここからは蛭ヶ岳の南尾根がよく見えます
2016年05月01日 12:24撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは蛭ヶ岳の南尾根がよく見えます
山頂に到着
山小屋に鯉のぼりがついてます
2016年05月01日 12:52撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着
山小屋に鯉のぼりがついてます
1
10分ほど休憩し
市原新道へ
2016年05月01日 13:07撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分ほど休憩し
市原新道へ
米軍操縦士の追悼碑を過ぎ
鹿柵の間へ
2016年05月01日 13:08撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
米軍操縦士の追悼碑を過ぎ
鹿柵の間へ
はじめはなかなかの急傾斜を下っていきます
2016年05月01日 13:11撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はじめはなかなかの急傾斜を下っていきます
目印の御成マットクラブの看板
2016年05月01日 13:19撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目印の御成マットクラブの看板
広くなっていく尾根を
若干左手方面へ進みます
2016年05月01日 13:26撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広くなっていく尾根を
若干左手方面へ進みます
順調に踏み跡を外さずに行くと
宮本正直君の追悼碑があります
2016年05月01日 13:31撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
順調に踏み跡を外さずに行くと
宮本正直君の追悼碑があります
少し尾根が狭くなり
2016年05月01日 13:40撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し尾根が狭くなり
崩落した箇所を抜けると
2016年05月01日 13:41撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落した箇所を抜けると
古い看板があります
2016年05月01日 13:43撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古い看板があります
今度は鹿柵を左手に見ながら進むと
2016年05月01日 13:44撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は鹿柵を左手に見ながら進むと
丹沢三峰がとてもよく見え
2016年05月01日 13:46撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢三峰がとてもよく見え
美しいブナ林へと入っていきます
2016年05月01日 13:47撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しいブナ林へと入っていきます
1
目印のバンダナ
2016年05月01日 13:49撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目印のバンダナ
本日の二皿目は
無字です
2016年05月01日 13:51撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の二皿目は
無字です
1
ブナ林の秘境
2016年05月01日 13:52撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林の秘境
しばらく歩くと樹林の背が低くなり
道が荒れ始めます
2016年05月01日 14:03撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく歩くと樹林の背が低くなり
道が荒れ始めます
三皿目
2016年05月01日 14:17撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三皿目
1
最後まで踏み跡はそれなりにあります
2016年05月01日 14:19撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後まで踏み跡はそれなりにあります
雷滝上部
2016年05月01日 14:25撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷滝上部
落ち口
2016年05月01日 14:28撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち口
沢が見えてきました
2016年05月01日 14:30撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢が見えてきました
振り返って入口
2016年05月01日 14:30撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って入口
雷滝に到着
ここで最後のコーヒータイムです
2016年05月01日 14:31撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷滝に到着
ここで最後のコーヒータイムです
3
再びオンボロランシューズに履き替えました
2016年05月01日 14:59撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再びオンボロランシューズに履き替えました
こちらもアドベンチャーが続きます
2016年05月01日 15:12撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらもアドベンチャーが続きます
雷平に戻ってきました
2016年05月01日 15:23撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷平に戻ってきました
すっかり日も傾いてます
2016年05月01日 15:30撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すっかり日も傾いてます
再び岩をへつり
2016年05月01日 15:40撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び岩をへつり
1
最後の渡渉点を通過した後
また着替えました
2016年05月01日 15:42撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の渡渉点を通過した後
また着替えました
造林小屋まで来たところで
カメラのバッテリーが無くなりました
2016年05月01日 16:10撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
造林小屋まで来たところで
カメラのバッテリーが無くなりました
1
撮影機材:

感想/記録
by cjirou

ここ数年行きそびれて長い間頭の中にあったこのコースを歩くためOさんと久しぶりに初夏の丹沢へ。去年は第一渡渉点で流れがきつすぎたため断念、2年前は単独で宮ヶ瀬から大倉まで縦走しようと意気込み、最後の分岐で本谷沢へと直進してパニックになった思い出があります。
今回はお天気にも恵まれて、ヒルさえいなければと思いきやまさかの林道通行止めに遭遇。この時点で別の山へ行くことも考えましたが片道1時間の林道歩きがプラスされただけと考えて計画を変えずにスタートしました。
沢の中を渡渉するため、オンボロランシューズに半パンスパッツで歩き始め、大滝新道からスカルパに履き替える算段でしたが途中の道が危なっかしい分ひやりとさせられました。
水量は若干多く感じられ、所によっては膝上くらいまで水に浸かりながら渡渉したようにも思います。なんだか毎回来るたびに滝まで行くのが大変になってくるようにも思えなくもありません。
大滝新道からは短い距離で標高を一気に突き上げていかねばならないため、久しぶりに丹沢できつい山行となりおまけに気温も上昇し、稜線に出てからはお約束の光化学スモッグのような症状がでてきて早いところまた沢へと逃げ込みたくなる気分でした。
不動ノ峰休憩所でランチをとり、蛭ヶ岳まで猛進していると鬼が岩の鎖でOさんが足を引っ掛けてしまったらしく、転倒した際に棘に突っ込んでしまって顔に引っ掻かれたような大きな傷ができてしまいました。時間的には余裕だったにもかかわらずムキになって歩いてしまっていたので反省です。
山頂はやはり連休中ということもあり多くの登山者で賑わっていましたが多くの方々は大倉からピストン、もしくは檜洞丸方面へと行くような感じで私達と同じ方向へ行く人も来る人もいないようでした。
山小屋を丹沢山方面から回り込んでジェームス氏の追悼碑を過ぎ、鹿柵と鹿柵の間から歩き始め後は踏み跡を外さぬようヤマップのGPSで確認しながら下って行きました。
それからは雷滝で休憩し、再び着替えをし、第一渡渉点を通過した後また着替え、最後は長い林道歩きで幕を下ろしました。この時期は日が長いのでいいですね。
帰りは渋滞が予測された東名を避け、新道でOさんを送り自宅へ帰ったらビールを飲んでバタンキュー。しかしその日は長い間、沢の近くを歩き続けていたせいか布団に入ると気のせいか沢の音が聞こえてくる気がして、最後までアドベンチャーな1日の余韻に浸りながら微睡んでいったのでした。
訪問者数:396人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ