ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 861851 全員に公開 ハイキング関東

瑞牆山、金峰山 テント泊

日程 2016年04月29日(金) 〜 2016年04月30日(土)
メンバー hat, その他メンバー6人
天候晴れ 風は強い
アクセス
利用交通機関
車・バイク
八王子に18:30集合で、瑞牆山荘に09:15くらいに着しました。
GWでしたが、ラッキーなことに高速は混んでなかったです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間10分
休憩
2時間10分
合計
6時間20分
S瑞牆山荘09:4010:20富士見平小屋11:2013:10瑞牆山14:2016:00富士見平小屋
2日目
山行
7時間30分
休憩
1時間15分
合計
8時間45分
富士見平小屋06:4508:15大日岩10:50金峰山11:0011:20金峰山小屋11:2513:50富士見平小屋14:5015:30瑞牆山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
富士見平小屋でテント組はテントを張ったり、片づけたりしましたので、時間がかかってます。
そして、水牆山、金峰山はアタックザックでトライです。
コース状況/
危険箇所等
<瑞牆山>
富士見小屋からのスタート時から桃太郎岩くらいまでは少しの下りです。
桃太郎岩から本格的な岩場です。岩場は様々なルートで登っていけるので、すごく楽しいです。
ロープ箇所もありますが、基本的には危険箇所ではありません。
しっかりとルートを辿れば問題無しです。
最後に頂上に上がる手前の日陰に氷道がありましたが、軽アイゼンとかなくても大丈夫でした。

<金峰山>
スタートからひたすら登りです。
登って登ります。。。
ある程度まで登りきると稜線沿いに行き、登り下りを繰り返して山頂に向かいます。
途中、カチカチの氷道があったので、軽アイゼンやチェーンが必要でした。
必要箇所はほんの一部分だけです。
その他周辺情報テント泊は、富士見小屋で一泊。
メンバーの一部は小屋泊でした。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 シュラフ ダウン(夜はマイナス気温でしたので絶対必要でした) お酒 テント類
備考 冬用の靴下、パンツのダウン。さらなる防寒着。 

写真

日本の海外ビールっぽい感じでした。
日本のピルスナーもありましたよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本の海外ビールっぽい感じでした。
日本のピルスナーもありましたよ。
1
金峰山の山頂が見えます。
この道が楽しかった〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峰山の山頂が見えます。
この道が楽しかった〜
1
来た道を見返す〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道を見返す〜
1
富士見平山荘です。 すごく風情があってよかったです。
夜はここで宴会しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平山荘です。 すごく風情があってよかったです。
夜はここで宴会しました。
金峰山の看板
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峰山の看板
1

感想/記録
by hat

初めての山でのテント泊でした。
事前の天気情報でも気温はマイナスでした。
購入したダウンの対応気温はクリアしてませんでしたが、宴会で飲んだことと、かなり着こんで寝たので何とか寒さはしのげました。

瑞牆は相変わらずの楽しい岩場で、金峰山は同じような登りがっかりでしたので、途中は精神的につらーい感じになりましたが、山頂近くのカラマツ地帯は視界が開けて楽しかったです。

スタートからベースを張るまでが短時間で行けるので、テントデビューにはもってこいの山だと思いました。
訪問者数:125人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ