ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 862066 全員に公開 山滑走積丹・ニセコ・羊蹄山

羊蹄山滑走。北の大地で最高のザラメに出会った!

日程 2016年05月03日(火) [日帰り]
メンバー dopaminetia, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新千歳バジェットにて車をレンタル。2日で22220円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち30%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間10分
休憩
1時間7分
合計
7時間17分
Sスタート地点07:4412:01真狩岳12:5312:57羊蹄山13:0113:06真狩岳13:1715:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
1合目からシールハイクできるほど十分な雪。全面良質なザラメでした。

8合目以降は斜度が上がりますが、雪が十分緩んでいたので板をはずし、つぼ足で上がれました。
その他周辺情報前泊:ナチュラルリゾート ニセコワイスホテル  http://www.niseko-weiss.com/
下山後泊:海鮮の宿みはらし荘  http://www.miharashiso.com/index.html
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

ワイスホテルより。あそこを目指す。
2016年05月03日 06:39撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワイスホテルより。あそこを目指す。
シールを張り準備完了
2016年05月03日 07:46撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シールを張り準備完了
1
京極より入山。
2016年05月03日 07:46撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京極より入山。
まずは雪が付くところまで。
2016年05月03日 07:50撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは雪が付くところまで。
1
すぐ雪がでる。3合目付近
2016年05月03日 08:44撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ雪がでる。3合目付近
樹林もすぐに薄く。さすが北海道
2016年05月03日 09:27撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林もすぐに薄く。さすが北海道
ガンガンつめる。帰りが楽しみだ。
2016年05月03日 09:33撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガンガンつめる。帰りが楽しみだ。
山頂が見えるけれども。
2016年05月03日 09:52撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が見えるけれども。
2
日揮。雨が降らないといいが。
2016年05月03日 11:06撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日揮。雨が降らないといいが。
1
振り返る。たまらない。
2016年05月03日 12:00撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返る。たまらない。
1
おはちへのりあげ分岐へ。
2016年05月03日 12:07撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おはちへのりあげ分岐へ。
1
おはち滑走は時間の都合でお預け。
2016年05月03日 12:07撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おはち滑走は時間の都合でお預け。
4
三角点へ。
2016年05月03日 12:09撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点へ。
1
山頂付近からはこの展望
2016年05月03日 12:23撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近からはこの展望
4
山頂着。
2016年05月03日 13:02撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂着。
4
遠く洞爺湖が見える。
2016年05月03日 13:02撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠く洞爺湖が見える。
1
下る。最高のザラメ。

雪質、板の選定、天候、体調、道具の具合すべて○
最高の滑走。
2016年05月03日 13:19撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下る。最高のザラメ。

雪質、板の選定、天候、体調、道具の具合すべて○
最高の滑走。
6
滑ってきた斜面を振り返る。
2016年05月03日 14:30撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑ってきた斜面を振り返る。
5
羊蹄山、いい雪をありがとう。
2016年05月03日 14:56撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羊蹄山、いい雪をありがとう。
5
最後に、このツアーに合わせて導入した
dynafit se7en summits
dynafit CHUGACH 32

と羊蹄山
2016年05月03日 15:01撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に、このツアーに合わせて導入した
dynafit se7en summits
dynafit CHUGACH 32

と羊蹄山
3
また来るよ!
2016年05月03日 15:01撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また来るよ!
撮影機材:

感想/記録

今回はツイッターで仲良くさせてもらってるみんみんさんと羊蹄山へ。
雪質、板の選定、天候、等々を鑑みて、今シーズン最高の山滑走山行となった。

今回は私としては初の遠征滑走記録となる。

板を北海道へ送る算段についてはいろいろと思案したが、結局宅急便で新千歳空港へ送った。

みんみんさんとは現地で合流、その後レンタカーと板を受け取って初日の泊地へ。

途中で支笏湖へ寄った。北海道の道は広く、運転しやすかった。みんみんさんにも運転を変わってもらえたので、疲労度は少なくてすんだ。

夜にホテルからは星を取りに出かけたが天気も悪くいまいちだった。

2日目は6時半起床7時チェックアウト、8時登頂開始となった。

登山口へ移動中に"とまれ"の線が消えている道路があり、危なく事故りかけた。北海道の道路は整備が整ってない場所が多く、運転には注意が必要だと感じた。


登山口は京極を選択した。
登山口に付くとわれわれ以外に1台しか車は停まっていなかった。

天気は晴れ。羊蹄山が綺麗に見えテンションが上がる。
準備をして上り始めると1合目から雪が付き、すぐにシールハイクとなった。

4合目までは森の中をつめていく。森の中は目印となる赤テープがしっかり巻かれているのでほとんど地図を出さずに進むことができた。

5合目あたりから樹林の感覚がだんだんまばらになり、日差しが強くなる。

ここで先行者1名を発見する。

続いて我々も上っていく。樹林はだんだんとなくなり、その分テンションも滑走への期待値も上がっていく。雪はまだザラメであり、下りは快適な滑走が期待できる。

8合目付近から斜度が上がり、板をAパックで担ぐ。

ステップが付いており、それをたどる。先行者がどうやらつぼ足で登っているようだ、ありがたい。みんみんさんは登山のため、このトレースは非常にありがたいようだった。感謝、感謝。

火口へ乗り上げると山頂を目指す。山頂と三角点は違うので注意が必要ある。山頂の標識は折れていた。

山頂でお昼を取った後お待ちかねの滑走。





今回、この羊蹄山のために dynafit se7en summitsを買ってよかった。
センター82の軽板は今回の山行にドンピシャの板だった。
雪質は予想通り最高のザラメ。
実は前週に北海道降雪の予報があったとき、ファットを送るかse7en summitsを送るかで悩んだが、こちらで大正解だった。

羊蹄山山頂からザラメ、樹林は無く、さえぎるものは何もない幅70mほどの大斜面。

思わず声が出る。自らの足で歩き担ぎ上げた板で最高の斜面を下る。山スキーをやっててよかったと実感する瞬間である。


滑走も1合目まで滑っておりることができた。山頂から下部まで全部ザラメ、しかもほとんど滑って降りてこれる。こんな斜面にはなかなか出会うことができない。


羊蹄山、北海道、いい雪をありがとう!



下山後は板等を自宅に発想し、積丹の宿に泊まり、極上の海鮮をいただいた。
宿の選定はみんみんさん、さすがである。

3日目は余市、小樽を観光して帰路についた。
訪問者数:614人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/9/26
投稿数: 148
2016/5/9 12:34
 いいね♪
直った道具の調子は良さそうだったね
この北海道に間に合って良かった良かった
おはち滑走は気持ちよさそうよね
羊蹄山・・・いつか行ってみたいわ
良い写真みせてくれてありがと
登録日: 2013/3/27
投稿数: 82
2016/5/9 12:59
 Re: いいね♪
道具がとりあえず元に戻ってホットしてます(*´•ω•`* )

お鉢は時間の都合でドロップ出来なかったので次回行けた時にはやりたいですね~
GW北海道、いいですよ!オススメですw

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ