ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 884108 全員に公開 ハイキング房総・三浦

二子山から三浦アルプス中尾根:半袖隊長、東逗子駅から三浦半島南下作戦第C董

日程 2016年05月29日(日) [日帰り]
メンバー yamabeeryu
天候 晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
【往路】地元駅08:4709:45藤沢駅09:55大船駅10:1310:32東逗子駅

【復路】大楠登山口BS15:53bus16:03汐入駅横浜駅渋谷駅地元駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間16分
休憩
53分
合計
5時間9分
S東逗子駅10:3811:27阿部倉山取付地点11:3011:48阿部倉山11:5012:17下二子山12:2212:37二子山13:0013:38森戸林道終点13:4614:10六把峠(南中峠)14:33乳頭山14:4115:10畠山15:1415:47大楠山登山口バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
10:37 東逗子駅11:48 阿部倉山12:18 下二子山12:36 二子山13:19 二子山順路入口13:42 森戸林道終点14:02 うなぎ淵14:13 六把峠(南中峠)14:32 乳頭山14:44 三国峠14:50 大沢谷分岐15:10 畠山15:46 大楠山登山口バス停

★EK度数:17.495=10.66+(471÷100)+(425÷100÷2)
 →→→判定「●EK16〜24 比較的楽」・・・そうは思わなんだ^^;

EK度数=合計距離+(累積標高上り÷100)+(累積標高下り÷100÷2)
(標高グラフ機能の「SRTM標高」値を採用)
Thanks to murrenさん⇒
http://www.yamareco.com/modules/yamanote/detail.php?nid=142

【参考文献】なし
コース状況/
危険箇所等
★コース状況
【全般shoefoot
●登山道コースとしての難易度は低い
●しかし樹林帯の中の登山道は粘土質で湿っぽく滑りやすい(全般的)
 ⇒畠山から不動橋(大楠山登山口BS)への下りで、足を滑らせ、側頭部をマテバシイ?の幹にぶつけて、ベラボーに痛かった・・・今でも痛みが残っている。
●季節的に枝葉が道を覆っている箇所もあり足元が見にくい箇所あり(阿部倉山)
●また朝早くて先頭を切って歩く場合、蜘蛛の巣がうるさい(阿部倉山〜下二子山)
●中尾根は数年前まで通行止めだったと聞いたが、当日歩いた中では、格段に歩きやすかった

★渡渉箇所wave:あり(二子山から林道終点の間に沢伝い区間あり)
★残雪状況snow:なし
★泥濘状況shoe:なし

☆半袖 タイム:最初から最後まで
★半袖 出会い指数:あり
☆半袖 驚かれ指数:なし
★入山者run
     阿部倉山:会わず
     二子山:小学生の団体も含め多数
     三浦アルプス中尾根:3組5人
その他周辺情報★登山ポストpostoffice:なし
★トイレtoilet:なし
★駐車場parking:なし
★コンビニ24hours:東逗子駅前にスリーエフ
★温泉spa:寄らず
★飲食店restaurant:寄らず
★酒類調達処:汐入駅前のファミマ
★前泊施設hotel:自宅日帰り
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

おはようございますm(__)m
地元駅前のそば屋にて・・朝そば320円。
暑さが予想される中、塩分補給。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おはようございますm(__)m
地元駅前のそば屋にて・・朝そば320円。
暑さが予想される中、塩分補給。
6
ほぼ一ヶ月ぶりの東逗子駅。
乗継に時間を要して約2時間。
いい天気です晴れ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほぼ一ヶ月ぶりの東逗子駅。
乗継に時間を要して約2時間。
いい天気です晴れ
3
暫く住宅街の坂道歩き。
既に暑い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫く住宅街の坂道歩き。
既に暑い
坂の頂点に来ましたrun
正面に今から歩く阿部倉山、
左奥に二子山、
右奥は前回歩いた仙元山の最高地点かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂の頂点に来ましたrun
正面に今から歩く阿部倉山、
左奥に二子山、
右奥は前回歩いた仙元山の最高地点かな?
3
ここで道を間違えて直進coldsweats02
戻ってお寺さんの墓地の階段を下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで道を間違えて直進coldsweats02
戻ってお寺さんの墓地の階段を下ります。
1
長谷山仙光院でした。
お邪魔しましたm(__)m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長谷山仙光院でした。
お邪魔しましたm(__)m
2
阿部倉山への取付き地点はすぐ。
この民家のお母さんと暫し立ち話。
「一人で行くのか?」とビックリされましたが「え、まぁhappy01
この樹林のお陰で夏も涼しいそうです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿部倉山への取付き地点はすぐ。
この民家のお母さんと暫し立ち話。
「一人で行くのか?」とビックリされましたが「え、まぁhappy01
この樹林のお陰で夏も涼しいそうです
3
道端に咲いていた花々。
コラージュで手抜き
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道端に咲いていた花々。
コラージュで手抜き
3
歩き始めるといきなりの密林地帯。
う〜ん、南国イメージです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き始めるといきなりの密林地帯。
う〜ん、南国イメージです。
4
では行って参ります<(_ _)>
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では行って参ります<(_ _)>
5
道が二手に分かれて・・・さて?
赤線(右)が阿部倉山山頂へ。
青線(左)は二子山への道。
下山時に古びた手書き道標(赤○)に気付きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道が二手に分かれて・・・さて?
赤線(右)が阿部倉山山頂へ。
青線(左)は二子山への道。
下山時に古びた手書き道標(赤○)に気付きました。
1
これですeye
真っ二つに割れており、気付かないかも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これですeye
真っ二つに割れており、気付かないかも。
阿部倉山山頂161m。
ひっそりと山頂表示(赤○)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿部倉山山頂161m。
ひっそりと山頂表示(赤○)。
眺望は皆無。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺望は皆無。
5
分岐点に戻って次に目指すは二子山。
夏草や蜘蛛の巣が五月蝿い季節。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐点に戻って次に目指すは二子山。
夏草や蜘蛛の巣が五月蝿い季節。
1
次第に尾根道らしくなって・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次第に尾根道らしくなって・・・
1
二子山にトウチャコ。
先客の山ガールを驚かせてしまいました_(_^_)_
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二子山にトウチャコ。
先客の山ガールを驚かせてしまいました_(_^_)_
1
名前の通りピークが二つ。
こちらは二子山でも下の山(下二子山)206m。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名前の通りピークが二つ。
こちらは二子山でも下の山(下二子山)206m。
4
樹林が途切れた鞍部。
風が通り涼しいwink
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林が途切れた鞍部。
風が通り涼しいwink
斜に構えている訳ではありません
粘り腰です。
拙者も斯くありたい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜に構えている訳ではありません
粘り腰です。
拙者も斯くありたい
3
二子山209mにトウチャコ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二子山209mにトウチャコ。
3
展望台の上に山頂表示と鳥瞰図。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台の上に山頂表示と鳥瞰図。
2
パノラマで。
横須賀・田浦方面でしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマで。
横須賀・田浦方面でしょうか?
1
反対側は・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側は・・・
2
今から目指す乳頭山方面かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今から目指す乳頭山方面かな?
1
真中奥は大楠山でしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真中奥は大楠山でしょうか?
2
この立派な建物群は・・?
帰宅後調べてみたら湘南国際村?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この立派な建物群は・・?
帰宅後調べてみたら湘南国際村?
1
ここで今日の食料。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで今日の食料。
6
でも気を付けて下さい。
トンビ(赤○)がハイカーの食料を狙って急降下して来るので
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも気を付けて下さい。
トンビ(赤○)がハイカーの食料を狙って急降下して来るので
3
さぁ、次は三浦アルプス中尾根へ。
舗装林道を下って・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ、次は三浦アルプス中尾根へ。
舗装林道を下って・・・
「東逗子駅・森戸川」方面へ。
ここから山道に復帰。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「東逗子駅・森戸川」方面へ。
ここから山道に復帰。
すぐに三差路。
中尾根(森戸川)方面は直進。
東逗子駅へは左折です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに三差路。
中尾根(森戸川)方面は直進。
東逗子駅へは左折です。
1
簡単そうに見える岩場。
湿って滑りやすくロープのお世話に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
簡単そうに見える岩場。
湿って滑りやすくロープのお世話に。
2
あれ?登山道が湿っぽくなってきたぞ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ?登山道が湿っぽくなってきたぞ
1
お〜、川床を歩いているじゃないかwobbly
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お〜、川床を歩いているじゃないかwobbly
5
拙者も下りてみました。
小学生たちが続々やって来ます。
皆さん、おっかなびっくり、でも楽しそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
拙者も下りてみました。
小学生たちが続々やって来ます。
皆さん、おっかなびっくり、でも楽しそう。
2
拙者も暫く川床を歩きます。
水深は浅いので石伝いに行けます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
拙者も暫く川床を歩きます。
水深は浅いので石伝いに行けます。
4
湧水1・・・これは飲料可。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湧水1・・・これは飲料可。
1
湧水2・・・これは泥混じりなので飲用不可。
顔ザブ専用か・・・もちろんしました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湧水2・・・これは泥混じりなので飲用不可。
顔ザブ専用か・・・もちろんしました
4
登山道に復帰します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に復帰します。
1
この出っ張りに出合うと森戸林道終点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この出っ張りに出合うと森戸林道終点。
2
多くのハイカーが休息中。
ベテランの方に中尾根への取付きを教えて頂きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多くのハイカーが休息中。
ベテランの方に中尾根への取付きを教えて頂きました。
3
左の青線からやってきたのですが、真中の赤線へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の青線からやってきたのですが、真中の赤線へ。
1
よ〜く見ると赤○の中に「中尾根」と手書き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よ〜く見ると赤○の中に「中尾根」と手書き。
2
最初は急でしたが、なかなか好い尾根道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は急でしたが、なかなか好い尾根道です。
2
最初の十字路(六把峠)は直進。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の十字路(六把峠)は直進。
1
二つ目の十字路も直進。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二つ目の十字路も直進。
1
マテバシイ並木が続きます。
南国ムードsun
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マテバシイ並木が続きます。
南国ムードsun
1
鉄塔作業道によくある階段。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔作業道によくある階段。
1
やはりありました。
35号を潜って・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはりありました。
35号を潜って・・・
すぐに34号。
目の前が乳頭山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに34号。
目の前が乳頭山。
乳頭山202mにトウチャコ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乳頭山202mにトウチャコ。
3
横須賀方面が見渡せます。
横横道路が走っていますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横須賀方面が見渡せます。
横横道路が走っていますね。
2
畠山に向けて左へ分岐。
直進すれば前回縦走した東尾根。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畠山に向けて左へ分岐。
直進すれば前回縦走した東尾根。
下り一方かと思えば凸凹ありcoldsweats02
でもいい道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り一方かと思えば凸凹ありcoldsweats02
でもいい道です。
1
畠山205m。
平坦な山頂でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畠山205m。
平坦な山頂でした。
1
エイ!
ここが最後のピーク。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エイ!
ここが最後のピーク。
6
眺望は少しだけよlovely
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺望は少しだけよlovely
3
なんとか無事に下山出来そうです_(._.)_
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか無事に下山出来そうです_(._.)_
1
・・・と思ったら、ここでマサカの転倒。
赤○部分で足を滑らせ、無防備のまま右側頭部を赤★にゴツン!
今でもやや痛むweep
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・・・と思ったら、ここでマサカの転倒。
赤○部分で足を滑らせ、無防備のまま右側頭部を赤★にゴツン!
今でもやや痛むweep
4
どっちの橋なのか迷ったが不動橋へ。
正解でした(*^^)v
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どっちの橋なのか迷ったが不動橋へ。
正解でした(*^^)v
1
経験則によれば・・・竹林に出合うと里は近い。
赤○の中には洒落たベンチ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
経験則によれば・・・竹林に出合うと里は近い。
赤○の中には洒落たベンチ。
1
後山地区の集落に下りて来ました。
後は道なりに進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後山地区の集落に下りて来ました。
後は道なりに進みます。
この辺りで見掛けた花々。
これもコラージュで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りで見掛けた花々。
これもコラージュで。
2
バス通りに出てきたらここが不動橋。
横横道路を潜ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス通りに出てきたらここが不動橋。
横横道路を潜ります。
1
振り返ると・・・今日歩いた里山かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると・・・今日歩いた里山かな?
1
大楠登山口バス停。
おっ!あと6分でバスが来るぞ!
今日は清くここで諦めます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大楠登山口バス停。
おっ!あと6分でバスが来るぞ!
今日は清くここで諦めます
2
京急汐入駅まで約15分。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京急汐入駅まで約15分。
初めて利用しますがデカいビルが
ベイスクエア横須賀と知りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めて利用しますがデカいビルが
ベイスクエア横須賀と知りました。
京急車内で飲めるのか?と疑問でしたが、念のため。
空いている各駅停車に乗り続け使命を完遂。
お疲れさんどしたm(__)m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京急車内で飲めるのか?と疑問でしたが、念のため。
空いている各駅停車に乗り続け使命を完遂。
お疲れさんどしたm(__)m
10

感想/記録

【プロローグ】
月3日に鎌倉駅から田浦駅まで歩いて以来の三浦半島縦断(南下)作戦第3弾です。
今回は第1弾(3月16日)の終着点となった東逗子駅が起点。
道路歩きを極力避け、三浦半島らしい山道を歩く・・・そんなこだわりを持って、今回もまたmamepapaさんにコース案を練って頂きました。
二案あったのですが、大筋は同じで約16km。
●三浦アルプス中尾根を辿り大楠山を経て竹川バス停に下る。
武山や三浦富士への第4弾に備えるものです。
異なる点は
^ど倉山や二子山を経てから中尾根に取り付く三浦アルプス堪能コースか?
馬頭観音峰へ取付き北尾根〜東尾根を経る三浦アルプスを舐める程度のコースか?
貴方な〜らどうする🎵、貴方な〜らどうする♪
拙者はもちろん、中尾根堪能upwardrightdownwardright凸凹コース△鯀択します。
でも但し書きが付いていました。
「ゆっくりスタートの時は、大楠登山口BSで切り上げた方が無難です。」


東逗子駅に着いたら既に10時半でした。
もちろんゆっくりスタートですから、目的地は竹川バス停ではなく大楠登山口バス停(約11km)です。
最初は住宅街の舗装道路歩きが3km弱・・・もう既に暑い!!!
おまけに早々に道を間違えました('_')
早めに気付いたので元に戻って出直します。
阿部倉山への取付き地点では、偶々、傍にお住まいのお母さん(拙者の母より少しお若いか?)と立ち話。
「一人で行くのか?」と驚いておられましたが、三浦アルプスではソロ・ハイカーは少ないのでしょうか?

房総半島の植生に似て常緑樹に囲まれた道を行きます。
夏草や枝葉、そして蜘蛛の巣が五月蝿い部分もあります。
そして粘土質の登山道は滑りやすい。
低山でも心して歩かねば危ないぞ!と思いました(→後半、コケルとは思ってもいませんでしたが)。

★阿部倉山・・・地味な山頂でした。
★下二子山・・・ここも地味な山頂でしたが、川崎さん(若き山ガール)と暫し談笑。
★二子山・・・最初は一人でしたが、次々とハイカーが到着。東逗子駅から簡単に登るコースがあるためか人気があるようです。でも食事時にはトンビに要注意。
★森戸川?・・・川床コースは爽快でした。夏向き?
★中尾根・・・三浦のベテラン女性ハイカーに取付き地点を尋ねたら、ホントに行くのか?と脅されました。数年前まで通行止めだったのだと。おっかなびっくりで行きましたが、立派な尾根道で危険個所はありませんでした。
★畠山・・・下りの楽チンコースかと思っていたら、意外に凹凸が・・・。滑って転んでシイの木に頭をぶつけて火花が散りました。

【三浦アルプス】
これで南尾根と中尾根を歩いたことになるのでしょうか?
いずれも標高は300m満たないのに、小刻みなアップダウン凸凹がるため、事前に思っているより疲労感を感じるのが早い気がします。
すると残るは東尾根と北尾根(西尾根も?)でしょうか?

山中のハイカーが手にしていた案内図、これだったのですね。
http://www.geocities.jp/yokohama94bvs/bs/2014/miuraalpsmap.pdf
拙者も次回からお世話になります。

その前に、やはり武山・三浦富士を越えて京急久里浜へ。

お疲れさんどした<m(__)m>

  隊長
訪問者数:386人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/4/30
投稿数: 3333
2016/6/2 13:00
 あれまた連荘(@_@
mtkenさん、one番コメントはいただきました
前回のコメント、気にしないでくださいね。
隊長のレコで遊ばせていただいているだけですから
隊長は寛大な方ですから、大丈夫です。
ねっ 隊長

隊長
尾瀬の次の日は、三浦アルプスですか
このバイタリティは、どこから来るのかオゼぇてください。
私の百レコ/年記録を超えられてしまいそうです。
よし!出勤前高尾山でレコ作成し、 隊長に対抗するか

三浦アルプス面白いですね。
まだ歩いていない道がかなりあるので、来冬にまた遊んでもらう予定です。
低山でもヘルメット着用しましょう!

hamburg
登録日: 2012/10/27
投稿数: 1469
2016/6/2 13:15
 い
いっつも歩いているの「い」

すいません m(_ _)m hamburgさんに「あ」を入れられてしまったので。

前日夜遅くに帰宅なさったのに、やっぱり歩いてしまうんですね
さすがに1号隊員様はご一緒ではないのですね

地味にアップダウンが沢山あってきつそうですが、滑って側頭部をぶつけたのも疲れてしまったからですかね?
大事にならなくて良かったです!(低山でもヘルメット着用推進本部)

私はトンビにハムサンドを取られた事があります。
音も無く耳のすぐ横を通過していきハムサンドだけ掴んで飛んでいきました
もうビックリ!

yamabeeryuさんもお気をつけ下さいね
登録日: 2014/3/27
投稿数: 793
2016/6/2 13:25
 うっ、痛そう…(゚o゚)
yamabeeryuさん、こん○×は(^o^)/

三浦半島縦断作戦第3弾、お疲れ様でした。やはり第2案を行かれたんですね
どうしても移動だとスタートが10時近くなってしまうので、ロングは厳しくなりますね。距離的にはyamabeeryuさんにとっては物足りないものになってしまったかも
それでも累積標高は450m越えになるんですね

分岐点で注意すべき所をお教えしようと思っていた矢先に行かれたようですが、地元の方やハイカーがいてよかったです  中尾根の登り口は意外な盲点ですので、間違えると南沢沿いに行ってしまいますから。(実は40の横からも登れます。)

62の分岐はどちらでも大楠登山口バス停へ行き着きますが、不動橋への方が道は確かですので、okでしたね。

それよりもゴッツンした所は大丈夫ですか  やはり低山といえども油断大敵ですね (油断というよりは滑ったのでしょうが

次は久里浜ゴールを目指すのですが、なるべく舗装道を使わないパターン、あるいはおもしろみのあるルートを考えてみますね

mamepapa dogleo

中尾根が通行止めだったのは、滑落死亡者が出たためです。低山ですが侮れません
また、南中峠(六把峠)や二つ目の十字路(斜め十字路)から中沢や南沢に行く際は、時期を間違うと遭難の可能性ありです
登録日: 2013/10/11
投稿数: 763
2016/6/2 14:05
 第一弾の最終駅から
第二弾をクロスしたのですねー
で、今回はバス停止まりということは・・・
第四弾は、逆方向から北上してバス停までかな?(笑)
で、念のための最後 、この時期 必須ですね
登録日: 2010/4/10
投稿数: 537
2016/6/2 16:27
 昨日に引き続き!
こんにちわ
前日に尾瀬日帰りで、23時に帰宅なさり、翌日に三浦ですか!!
多少、出発時間が遅いとはいえ、睡眠時間は、何時間ですか?
食料には、手作りおにぎりもありますが、1号隊員さんが作ってくださったのですか。1号隊員さんも、すごい体力。
お疲れ様です〜
登録日: 2013/8/29
投稿数: 934
2016/6/2 20:55
 ようこそ三浦半島、逗子・葉山へ!!
 半袖隊長様、ようこそ三浦半島へ。もうこの時期は山に向かう人が少ないイメージがあります。藪、蜘蛛の巣だらけ、職場の前がある山に向かう登山口なのですが、最近は登山客が減ってきたように思います。
 前日の尾瀬のレコをまだチェックしておりませんので、これからチェックしますがコメントなどを見ると、相当パワフルに動き回っていたようですね。本当に、素晴らしいです。
 また、次回、いつ三浦半島を訪れるのか楽しみにしております。
 aideieiでした。
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7724
2016/6/3 8:58
 hamburg渋描き隊長
ようこそ1番コメへ

恐らく、この先、失速することになります
5月に新しい職場に移ったのち、今までは借りてきた猫のように座っているだけでしたが、6月に入るとそうも行きません。
すると週末に影響する・・・でしょう

三浦半島の道・・・この先は藪(夏草)と蜘蛛の巣に注意。
この次は秋以降かとも思いますが、久里浜まではさっさと行っちゃおうかなぁ

  隊長
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7724
2016/6/3 8:58
 makoto1959さん
足を滑らせた箇所は、特に何もないところで・・・。
あっと思ったら、目の前に気が・・・顔を背けて側頭部をゴツン!
避ける余裕がありませんでした。

トンビ、海の近くに多いですよね。
房総の鋸山にも多いのですよ。
弁当を食べていた外国人家族が犠牲になりまして、サンドウィッチをかっさらって行きました。
「Oh、No!!!」
と悲鳴を上げた奥さまの声を今でも覚えています。

  隊長
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7724
2016/6/3 12:53
 mamepapaさん
始発電車に乗ると東逗子駅には6時47分に到着するのですが、最近は前日の疲れがなかなか抜けずに、目覚めが遅くなります。
三浦半島でももし20km前後を歩く場合は、早出を心掛けないと・・・。

中尾根への取付きはよく分かりませんでした。
ここかな・・・あそこかな・・・???
やはり地元ハイカーに聞くのが一番だと思って教えて頂きました。

阿部倉山への登りの時点から、滑りやすそうな地質だな と思っていました。
阿部倉から二子への下りなどは、へっぴリ腰でしたよ。
滑る時は・・・あ〜っと思ったらもう滑ってますね
ゴツンとする時は、スローモーションでしたよ

  隊長
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7724
2016/6/3 12:57
 cyberdocさん
今回は「縦断=南下」と位置付けておりますので、次はバス停からか?もしくはJR/京急の駅から大楠山へ向かいます。

汐入駅は普通電車しか止まらないのですが、快速や急行乗り換え駅でも座ったまま・・・。
最後尾車両で頑張りました

  隊長
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7724
2016/6/3 12:57
 3737さん
安心して下さい。
睡眠時間は・・・確か6時頃に目が覚めたと思います。
やはり身体に倦怠感が・・・
でも・・・天気が 好過ぎました

あれ?なんで自家製おにぎりがあるのだろう???
・・・不思議だなぁ・・・。
そうだった・・・前日(尾瀬で)持って行ってそのまま持ち帰った が二つ。
そのまま冷蔵して、またそのまま持って行ったのでした

1号隊員はsleepysleepysleepyでしたよ

  隊長
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7724
2016/6/3 12:58
 aideieiさん
確かに夏草や蜘蛛の巣が五月蝿い季節になって来ました。
三浦半島に限らず、房総や奥武蔵、高尾、中央沿線の山々でも入山者は減る季節です。

風がなければ身体が解けるような熱風を感じることもあります。
また照り返しの暑さは、車道歩きではことさらです。

とは言え、行かねばなるまい、久里浜までは
6月中に行けるかなぁ

  隊長
登録日: 2011/1/29
投稿数: 1625
2016/6/4 7:11
 どちらまで・・・
半袖隊長、おはようございます。

先日私も江の島に届きましたので、今後のルート検討に
おおいに参考にさせていただきます。

半島の中心部歩きでは、海がほとんど見えないのですね。
また雑木林の中を歩く道は、半島であることを忘れさせる
ような山深さですね

次回のゴールは久里浜ですか
横須賀入り、「これっきり」ではないですね
さていよいよ6月入り。
本格的な暑さ 対策が必要ですね。
くれぐれも熱中症に注意です(←自分の事も言ってます)
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7724
2016/6/4 7:44
 s4redsさん
江の島まで激歩・・・そして 激飲されていましたね
拙者も江の島の中を歩いた時は、観光客の多さに驚いたものです。

三浦半島の山は、とにかく標高が低いですから、普通は樹林に囲まれ眺望はありません。
時々、チラチラッと見える程度です。

久里浜をとりあえずのゴールとしているのは、そこから東京湾フェリーで渡った浜金谷から房総半島の先っぽ(南端)まで既に赤線が伸びているからなんです。
すなわち久里浜と浜金谷をつなげるのが当面の目標です。

その後は海岸線歩きが楽しそうだなと思っています。
fish もありそうですし・・・

  隊長

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ