ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 884754 全員に公開 ハイキング奥秩父

三条の湯、飛龍山(初テント泊)

日程 2016年05月28日(土) 〜 2016年05月29日(日)
メンバー azkuma
天候1日目 曇り後晴れ 2日目 晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路 
奥多摩駅バス停

お祭バス停

復路
鴨沢西バス停

奥多摩駅バス停

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

【1日目】
9:20 お祭バス停
↓2時間25分(3時間)林道
11:45 青岩谷橋
↓30分(30分)
12:15 三条の湯

【2日目】
5:15 出発
↓1時間10分(1時間25分)
6:25 カンバ谷
↓55分(55分)ザレ場
7:20 北天のタル
↓31分(約25分)岩場、木橋
7:51 飛龍山分岐
↓10分(約15分)
8:01 飛竜山
↓22分(約20分)道迷い
8:23 飛龍権現
↓6分(約5分)笠取山方面へ進む
8:29 禿岩
8:38 出発
↓4分(5分)
8:42 飛龍権現
↓32分(40分)
9:14 北天のタル
↓28分(35分)
9:42 カンバ谷
↓51分(50分)
10:35 三条の湯
11:15 出発
↓26分(25分)
11:41 青岩谷橋
↓59分(1時間)林道
12:40 塩沢橋
↓1時間33分(1時間20分)林道
14:13 お祭バス停
14:25 出発
↓13分(20分)舗装路
14:38 鴨沢西バス停

GPSは帰路の林道途中で電池切れ。
コース状況/
危険箇所等
,祭バス停〜三条の湯
 全体的に危険個所なし
∋鮎鬚療髻組龍山 
 3〜4か所ザレあり。しっかりした木橋が7本あり。岩っぽい個所ありますがストック使える範囲でした。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

お祭バス停。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お祭バス停。
バス停から少し道なりに降ると、後山林道の入口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停から少し道なりに降ると、後山林道の入口。
今日のお花。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のお花。
今日のお花。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のお花。
1
後山林道ゲート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後山林道ゲート。
1
水が豊富なのか、沢の流れに勢いがあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水が豊富なのか、沢の流れに勢いがあります。
4
林道終点。ここから登山道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点。ここから登山道。
山梨百名木だそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山梨百名木だそう。
3
三条の湯。まずは受付。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三条の湯。まずは受付。
2
助言を頂いた場所で、なんとか張れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
助言を頂いた場所で、なんとか張れました。
6
温泉に入るため、テン場から山小屋まで登ります。お湯はぬるっとして、すごく良かったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉に入るため、テン場から山小屋まで登ります。お湯はぬるっとして、すごく良かったです。
1
おにぎり(おやつ)を食べながら夕食の支度。ビールは小屋で買いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おにぎり(おやつ)を食べながら夕食の支度。ビールは小屋で買いました。
2
本日の夕食はお雑炊。フリーズドライのほうれん草スープに、お湯で戻したアルファ白米を半量と、やきとりたれ味を投下。ビールはあっという間になくなりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の夕食はお雑炊。フリーズドライのほうれん草スープに、お湯で戻したアルファ白米を半量と、やきとりたれ味を投下。ビールはあっという間になくなりました。
5
2日目。三条の湯小屋から登山道へ。しばらく急登が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目。三条の湯小屋から登山道へ。しばらく急登が続きます。
1
本日のお花。ギョリンソウ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のお花。ギョリンソウ。
2
新緑とヤマツツジ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑とヤマツツジ。
本日のお花。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のお花。
本日のお花。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のお花。
樹の間から富士山。禿岩の展望に期待です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹の間から富士山。禿岩の展望に期待です。
3
ところどころ、登山道が崩れかかっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころ、登山道が崩れかかっています。
1
北天のタル。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北天のタル。
シャクナゲ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲ。
1
シャクナゲ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲ。
3
イワカガミ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミ。
3
木橋が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木橋が続きます。
東方面。大岳山が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東方面。大岳山が見えました。
1
飛龍山への近道分岐。標識の文字が見えません。踏み跡は細いけど、しっかりついていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛龍山への近道分岐。標識の文字が見えません。踏み跡は細いけど、しっかりついていました。
飛龍山山頂。展望なし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛龍山山頂。展望なし。
4
飛龍山から降る途中、シャクナゲの森。ここで少し道迷い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛龍山から降る途中、シャクナゲの森。ここで少し道迷い。
1
飛龍権現に降りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛龍権現に降りました。
禿岩から。富士山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
禿岩から。富士山。
3
南アルプス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス。
南アルプス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス。
1
南アルプス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス。
2
来た道を戻りました。登山道の崩れ方がよくわかります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道を戻りました。登山道の崩れ方がよくわかります。
テン場まで戻りました。撤収して下山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場まで戻りました。撤収して下山。
1
林道終点。ここから2時間半、長かったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点。ここから2時間半、長かったです。
1
お祭バス停。鴨沢西バス停まで20分ほど歩きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お祭バス停。鴨沢西バス停まで20分ほど歩きました。
1

感想/記録
by azkuma

初テント泊に挑戦してきました。

今回の目的は、テント泊山行の流れを経験すること。
お楽しみは満開のシャクナゲと有名な温泉です。

三条の湯は、ご主人始め親切な方達ばかりで、とても良い雰囲気でした。
目当てのお湯は熱めでヌルッとした肌触り。
湯の花が浮いていて、とても良かったです。

夜は、テント脇を通る人達のヘッドライトの明かりが何度もテントに当たり、その都度起こされてツラかったです。
手拭いで目隠ししましたが、効果はほどほど。
自分も歩くときは気をつけようと思いました。

テント内は真夜中でも14℃。
厚手フリースとフリースパンツでシュラフ#2に入ると、ちょっと暑いくらい。
今回はウェアを持ちすぎたので、次はもう少し減らします。

バーナーで料理を作るのも初めてだったんですが、なんとかできました。
出来ればもう少し美味しいごはんを作れるようになりたいかも。

2日目は、サブザックで行動開始。
朝一で山を歩けるなんて素晴らしい。

北天のタルから待望のシャクナゲが始まり、飛龍山から飛龍権現への道は、ほぼ満開でした。

ところが、お花に見とれて歩いていたら、いつの間にか登山道を外れていたらしく、気づいたときには来た道が分からないという事態に…。

地形図を読んで尾根に上がったら、登山道に出られました。
本当に良かった。
現在地の把握は常にするよう、改めて気をつけなくちゃと思いました。

禿岩からの展望は抜群に素晴らしく、また来たい場所です。

北天のタルから降る途中、やはりというか、腰が痛くなってしまいました。
ゆっくり歩いてみましたが、違和感が残ったまま。

テント撤収後のザックを背負ったときは、このまま歩き通せるか不安でした。
が、とにかく歩くしかないので、1歩ずつゆっくり慎重に進みました。

帰路の林道脇では、害獣駆除の人達がシカを解体していました。
リーダーらしい方にお話を聞いたところ、

シカが増えて下草を食べる

土砂が流れやすくなる

山(登山道)が崩れやすくなる

とのこと。

そういえば、林道には落石が多かったし、山もザレているところがありました。
シカの食害は思っていたより大きいのですね…。

腰は、何とか自宅まで持ちました。

初心者の私がこうやって無事に山行を終えることができたのは、山小屋の人達はもちろん、出会った人達のご親切や、楽しい会話のおかげだと思います。
本当にありがとうございました。

また単独で歩くなら、小屋泊を経験してみたいです。

1日目
距離 9.59km
累積標高差(+)1,068m
累積標高差(−)488m
ザック重量 13kg

2日目 林道途中でGPSが切れました。
距離 27.3km +α
累積標高差(+)1,503m +α
累積標高差(−)2,035m +α
ザック重量 11.5kg
訪問者数:370人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/4/20
投稿数: 20
2016/5/31 7:24
 飛龍山→飛龍権現迷いやすいですね
こんにちは。飛龍山から飛龍権現への道、たしかにわかりにくいですね。シャクナゲに見とれて歩いていて道をロストしました。藪をこいで回復しましたが。北天のタルから飛龍山への破線ルートのほうがよく踏まれていて、分岐さえ間違わなければずっとわかりやすい。
登録日: 2014/1/22
投稿数: 18
2016/5/31 13:41
 Re: 飛龍山→飛龍権現迷いやすいですね
こんにちは。

parsleycandyさん達も同じようなところでロストされていたんですね。あのシャクナゲは人を惹き付けますよね〜。しかし藪こぎして復帰とはスゴすぎです!

ところでレコ拝見しましたが、山ごはんがとっても美味しそうですね♪いつかそこまで出来るようになりたいものです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

フリーズドライ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ