ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 888097 全員に公開 ハイキング中央アルプス

期待通りの大展望!木曽駒ケ岳

日程 2016年06月03日(金) [日帰り]
メンバー mizutani824
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
管ノ台バスセンター前の大駐車場は一日600円です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間32分
休憩
33分
合計
3時間5分
Sスタート地点千畳敷駅09:2009:58乗越浄土10:00宝剣山荘10:0110:17(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘10:1810:38木曽駒ヶ岳10:5011:00(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘11:10中岳11:2811:35天狗荘11:39乗越浄土11:4012:24千畳敷駅12:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ログをスタートするのが遅れたので地図上ではスタート地点がずれています。
コース状況/
危険箇所等
カールの縁の急斜面に雪が残っているのでアイゼン必要です。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

さていよいよロープウエイに乗って千畳敷に上がります。青空でワクワク。
2016年06月03日 09:37撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さていよいよロープウエイに乗って千畳敷に上がります。青空でワクワク。
雲一つない空なので展望が楽しみです。
2016年06月03日 09:42撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲一つない空なので展望が楽しみです。
雪渓と空の色とのコントラストがいいですね。
2016年06月03日 09:42撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓と空の色とのコントラストがいいですね。
2
背後には南アルプスの全景です。
2016年06月03日 09:43撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
背後には南アルプスの全景です。
3
仙塩尾根の向こう側には富士山ものぞきます。
2016年06月03日 09:50撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙塩尾根の向こう側には富士山ものぞきます。
5
やってきました。久々の千畳敷カール。
2016年06月03日 09:51撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やってきました。久々の千畳敷カール。
5
ルート上にかなりの雪が見えるので少し不安になります。(アイゼンを忘れたのでした)
2016年06月03日 09:53撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルート上にかなりの雪が見えるので少し不安になります。(アイゼンを忘れたのでした)
3
中央のかっこいい山は甲斐駒ですね。向こうからもこっちが見えてるんでしょうね。
2016年06月03日 09:55撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央のかっこいい山は甲斐駒ですね。向こうからもこっちが見えてるんでしょうね。
1
左から甲斐駒、仙丈、北岳!!!
2016年06月03日 09:56撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から甲斐駒、仙丈、北岳!!!
1
富士山の右側に塩見岳です。
2016年06月03日 09:57撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山の右側に塩見岳です。
2
ルートは赤い線なんですけど、一番上の急なところが雪渓なんですよね。アイゼンを忘れてきたことをすこし後悔するも、ま行けるところまで行ってみようということで・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルートは赤い線なんですけど、一番上の急なところが雪渓なんですよね。アイゼンを忘れてきたことをすこし後悔するも、ま行けるところまで行ってみようということで・・・
3
その前に大展望を楽しみます。
2016年06月03日 10:01撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その前に大展望を楽しみます。
2
塩見岳
2016年06月03日 10:34撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩見岳
1
カールの縁の急斜面の雪渓も、階段状に踏み跡があり、なんとか通過。宝剣の横まで登ってきました。
2016年06月03日 10:39撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カールの縁の急斜面の雪渓も、階段状に踏み跡があり、なんとか通過。宝剣の横まで登ってきました。
1
いつ見てもこの岩が面白いです。巨大なカラス天狗かな? 三の沢岳もまた行きたい〜
2016年06月03日 10:41撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつ見てもこの岩が面白いです。巨大なカラス天狗かな? 三の沢岳もまた行きたい〜
宝剣の反対側も結構雪が着いているようなので、今日は怖いところはやめて、木曽駒に登ります。
2016年06月03日 11:08撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝剣の反対側も結構雪が着いているようなので、今日は怖いところはやめて、木曽駒に登ります。
1
頂上小屋の上を歩いて。
2016年06月03日 11:14撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上小屋の上を歩いて。
1
木曽駒ヶ岳、最高峰2956m。
2016年06月03日 11:15撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽駒ヶ岳、最高峰2956m。
3
一等三角点、点名「信駒ケ岳」。ちなみに甲斐駒にも一等三角点があります。こちらの点名は「甲駒ヶ嶽」です。
2016年06月03日 11:17撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一等三角点、点名「信駒ケ岳」。ちなみに甲斐駒にも一等三角点があります。こちらの点名は「甲駒ヶ嶽」です。
2
頂上の社にしっかりとお参りしました。
2016年06月03日 11:18撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上の社にしっかりとお参りしました。
ガスがかかってきましたが、北アルプス(乗鞍岳)もくっきりと見えました。
2016年06月03日 11:21撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスがかかってきましたが、北アルプス(乗鞍岳)もくっきりと見えました。
宝剣の雄姿です。
2016年06月03日 11:22撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝剣の雄姿です。
4
今日は中岳でランチタイム。ちょうどいいベンチのような岩に座って。
2016年06月03日 11:53撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は中岳でランチタイム。ちょうどいいベンチのような岩に座って。
1
青空が目に染みる。
2016年06月03日 11:54撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空が目に染みる。
宝剣山荘が小さく見えます。
2016年06月03日 11:55撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝剣山荘が小さく見えます。
伊那前岳が隠れないうちにパチリ。
2016年06月03日 11:59撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊那前岳が隠れないうちにパチリ。
1
と言っている間にガスが上がってきました。
2016年06月03日 11:59撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と言っている間にガスが上がってきました。
極楽平の下のカールの雪渓が怖いので今日は無理せず、宝剣はまた今度。
2016年06月03日 12:16撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
極楽平の下のカールの雪渓が怖いので今日は無理せず、宝剣はまた今度。
さあ、雪渓を降ります。登りよりもはるかに緊張します。やっぱりアイゼン忘れたらだめですね。
2016年06月03日 12:20撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、雪渓を降ります。登りよりもはるかに緊張します。やっぱりアイゼン忘れたらだめですね。
2
下まで降りたら、ショウジョウバカマが出迎えてくれました。
2016年06月03日 12:52撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下まで降りたら、ショウジョウバカマが出迎えてくれました。
4
剣が池に映る山がきれいです。
2016年06月03日 12:53撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣が池に映る山がきれいです。
1
木曽駒と言えばやはりこの一枚でしょう。
2016年06月03日 12:54撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽駒と言えばやはりこの一枚でしょう。
7
やっぱり書いてあった。アイゼン必携です。
2016年06月03日 12:59撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり書いてあった。アイゼン必携です。
千畳敷駅の気温は9度。
2016年06月03日 13:02撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千畳敷駅の気温は9度。
道には猿が多いです。特に子ザルが多いです。ベビーブームかも。
2016年06月03日 13:38撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道には猿が多いです。特に子ザルが多いです。ベビーブームかも。
1
バスの前に大きな群れが。
2016年06月03日 13:41撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスの前に大きな群れが。
4
近づくとちゃんと避けます。笑 どっかの猿とは大違い。
2016年06月03日 13:41撮影 by Canon EOS Kiss X2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近づくとちゃんと避けます。笑 どっかの猿とは大違い。
1
撮影機材:

感想/記録

いよいよ今年の梅雨も間近。晴れているうちにアルプスに行きたい。と思って千畳敷へ。名古屋を6時に出て千畳敷に9時に到着。やっぱり東海地区は便利です。
久々の木曽駒は以前のままの姿で迎えてくれました。ただし、この季節は本来もっと雪が多いはず。今年は積雪も少なかったのか、アイゼンを忘れた私ですが、なんとか稜線に行けそうです。
本当は極楽平に上がって宝剣を越えて、と思っていたのですが、下から見ると極楽平の縁のほうが雪が多そうなので皆が行く木曽駒方面コースへ。
浄土乗越の手前の急斜面の雪渓が少しありましたが、なんとか稜線へ。ここからは涼しい風と展望に励まされて木曽駒頂上へ。
ガスが出てきたのですが、北アルプスの展望もギリギリ楽しめて、帰りは中岳でランチ。
一番の緊張は浄土乗越の直下の雪渓。雪の階段が凍っていなかったのでなんとか慎重に下ってほっと一息。やはりこの時期、3000m級にはアイゼン必携でした。反省です。
帰りのバス道の途中、桧尾岳から降りてきた方が乗ってこられました。ロープウエイで登って、稜線を桧尾避難小屋一泊、桧の尾根を下って、バス停でバスを拾うって、このコースいいですね。今度チャレンジしたいです。
さて今年の山シーズンにはどんな山が待っているか、梅雨明けが楽しみです。
訪問者数:1018人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ