ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 891109 全員に公開 ハイキング大山・蒜山

大山 ユートピア方面

日程 2016年06月04日(土) [日帰り]
メンバー shun0136s, その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ユートピア小屋までは特にありません。
・三鈷峰直前に一部ガレ場あり。
・ユートピア小屋〜剣ヶ峰方面は崩落が激しいため危険です。
その他周辺情報温泉:豪円湯院
http://www.goenyuin.com/
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 日よけ帽子 サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

下山キャンプ場スタート!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山キャンプ場スタート!
1
大神山神社へと続く日本一長い石畳の参道
2016年06月04日 09:41撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大神山神社へと続く日本一長い石畳の参道
1
大神山神社
2016年06月04日 09:49撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大神山神社
1
下宝珠、ユートピア小屋方面分岐
2016年06月04日 09:55撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下宝珠、ユートピア小屋方面分岐
下宝珠入口、道路出会い。
ここで外人さんの集団に遭遇。
この後、抜きつ抜かれつで進みます。
2016年06月04日 10:02撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下宝珠入口、道路出会い。
ここで外人さんの集団に遭遇。
この後、抜きつ抜かれつで進みます。
下宝珠越。稜線に出ました。
ここまでは風が抜けず、蒸し暑かったー。(~~;
2016年06月04日 10:16撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下宝珠越。稜線に出ました。
ここまでは風が抜けず、蒸し暑かったー。(~~;
ここまで来ると北壁が見え出します。
2016年06月04日 10:32撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来ると北壁が見え出します。
2
中宝珠越。
ここから一旦鞍部へ急降下。
木の根やガレ場があり、ちょっと注意が必要です。
2016年06月04日 10:36撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中宝珠越。
ここから一旦鞍部へ急降下。
木の根やガレ場があり、ちょっと注意が必要です。
1
このコース最初の崩落地ですが、問題なくスルー。
2016年06月04日 10:36撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このコース最初の崩落地ですが、問題なくスルー。
2
遮るものが無くなって北壁がはっきりと見え出しました。
うーん、けっこう崩落してますなー。。
2016年06月04日 10:49撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遮るものが無くなって北壁がはっきりと見え出しました。
うーん、けっこう崩落してますなー。。
もう一枚。
2016年06月04日 10:49撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一枚。
ガシガシ登るよ!
2016年06月04日 11:00撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガシガシ登るよ!
1
ユートピア小屋まであと少し♪
2016年06月04日 11:02撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユートピア小屋まであと少し♪
上宝珠越え
砂滑りへの入口になっていますがスルー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上宝珠越え
砂滑りへの入口になっていますがスルー。
1
あの三角形は何だ??
2016年06月04日 11:14撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの三角形は何だ??
三鈷峰、ユートピア小屋分岐
2016年06月04日 11:23撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三鈷峰、ユートピア小屋分岐
1
三鈷峰へ。
山頂に何人か人影が。
2016年06月04日 11:23撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三鈷峰へ。
山頂に何人か人影が。
2
片側が崩落してます。
2016年06月04日 11:28撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
片側が崩落してます。
2
団体さんが下りてきていました。
通過のためしばし待ちます。
2016年06月04日 11:29撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
団体さんが下りてきていました。
通過のためしばし待ちます。
2
三鈷峰初山頂!
2016年06月04日 11:37撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三鈷峰初山頂!
4
弓ヶ浜がはっきりと見えました!
2016年06月04日 11:38撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弓ヶ浜がはっきりと見えました!
2
ヤマネチ!
S氏、頂きました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマネチ!
S氏、頂きました!
2
北壁全景、剣ヶ峰までいけるんだろうか??
2016年06月04日 11:42撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北壁全景、剣ヶ峰までいけるんだろうか??
3
この日は風が強い!
じっとしていると結構寒かったです。
2016年06月04日 11:42撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日は風が強い!
じっとしていると結構寒かったです。
1
米子市方面
2016年06月04日 11:46撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
米子市方面
右が切れてます。
下りも注意が必要ですね。
2016年06月04日 11:51撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右が切れてます。
下りも注意が必要ですね。
1
S氏、ヤマネチ!
2016年06月04日 11:52撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
S氏、ヤマネチ!
1
ユートピア小屋から三鈷峰。
そういえば小屋の写真撮り忘れた。
2016年06月04日 12:37撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユートピア小屋から三鈷峰。
そういえば小屋の写真撮り忘れた。
ユートピア小屋までの予定でしたが、
気になって行ける所まで行って見ました。
2016年06月04日 12:43撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユートピア小屋までの予定でしたが、
気になって行ける所まで行って見ました。
夏山登山道と違って
いたる所で崩落が進んでいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏山登山道と違って
いたる所で崩落が進んでいます。
1
おおう、左が無い。。(@_@;
道幅が30cmほどしかありません。
半分ほど進みましたが、
強風もあってヘタレ組はここで引き返しました。
2016年06月04日 12:58撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おおう、左が無い。。(@_@;
道幅が30cmほどしかありません。
半分ほど進みましたが、
強風もあってヘタレ組はここで引き返しました。
1
ナイフのエッジのように崩落が進んでいます。
来年はこのコースも様変わりしていそう。。。
崩壊が進んでいるとは聞いていましたが、
ようやく実感が湧きました。
2016年06月04日 13:06撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナイフのエッジのように崩落が進んでいます。
来年はこのコースも様変わりしていそう。。。
崩壊が進んでいるとは聞いていましたが、
ようやく実感が湧きました。
上宝珠越えからの砂滑りへの下り。
かなり急です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上宝珠越えからの砂滑りへの下り。
かなり急です。
砂滑り上部。
オレンジザックの方の足元も崩落が進み、
ロープを頼りに降りていきます。
2016年06月04日 13:45撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂滑り上部。
オレンジザックの方の足元も崩落が進み、
ロープを頼りに降りていきます。
2
初砂滑り!
2016年06月04日 13:49撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初砂滑り!
跳ねるように、あっという間に下っていきました!
2016年06月04日 13:52撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
跳ねるように、あっという間に下っていきました!
2
上方も確認し、落石に注意しながら下りました。
2016年06月04日 13:52撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上方も確認し、落石に注意しながら下りました。
1
下部は崩落した大きな岩が。
2016年06月04日 13:59撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下部は崩落した大きな岩が。
1
北壁を見上げる。
まるで壁がせり出してくるような大迫力でしたが、
私の腕ではそこまで伝わらない。。。(-_-;
2016年06月04日 14:06撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北壁を見上げる。
まるで壁がせり出してくるような大迫力でしたが、
私の腕ではそこまで伝わらない。。。(-_-;
1
大堰堤の大神山神社奥宮方面入口
2016年06月04日 14:26撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大堰堤の大神山神社奥宮方面入口
2

感想/記録

大山へは何度も来ていましたが、
ユートピア小屋方面は初でした。

全体を通して、
一般向けの夏山登山道とは違ってそこまで整備されてはおらず、
道幅が狭い上に木の根や急登、小さな崩落地が結構あります。

下宝珠越までは樹林帯と谷筋の急登のため風が抜けず、
結構蒸し暑かったです。下宝珠越を過ぎてからは稜線に出るため、
快適に歩けました。

三鈷峰へは、山頂直前に切れたガレ場がありますが、
気をつけて通過すれば問題ありませんでした。

剣ヶ峰方面は崩落が激しく、そのすぐ脇を通ることになるため危険です。

砂滑りは初体験でしたが、跳ねるように一気に下りとても楽しかったです。
ただ、落石を誘発するので前後の距離を取ること、
上側からの落石にも意識を向けること、
下部では突然目の前が崖になっていることがあるので落ちないようにすることと、
結構危険なコースであることが分かりました。
それから風化の影響で土砂が流失しているとはいえ、
それを助長しているようでちょっと心にひっかるものも。。。(--;

いままで知らなかった大山の別の側面を発見した登山となりました。
最後は豪円湯院の温泉で汗を流しました。お疲れ様でした!
訪問者数:237人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ