ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 895568 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

大菩薩嶺 日向沢登山口から

日程 2016年06月11日(土) [日帰り]
メンバー whitefire
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
マイナーな日向沢登山道から登りました。
駐車場には立派なトイレがあります。
ただし、ここに来るまでは狭いダートの林道を走らなければなりません。
ところどころ舗装されてるので、そのうち全部舗装されるのでしょうか。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間55分
休憩
17分
合計
6時間12分
S雄滝駐車場06:4106:50大菩薩峠入口06:5308:34フルコンバ09:07大菩薩峠09:18親不知ノ頭09:1909:24賽ノ河原09:36神部岩09:3709:44雷岩09:4509:51大菩薩嶺09:5410:01雷岩10:0210:14神部岩10:1510:28賽ノ河原10:35親不知ノ頭10:3610:46大菩薩峠10:4911:16フルコンバ11:1712:28雄滝駐車場12:39雄滝12:51雄滝駐車場12:5212:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道と作業道が混在しています。
道標の無い分岐もあります。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

奥多摩湖で日の出。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩湖で日の出。
3
トイレのある駐車場から出発します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレのある駐車場から出発します。
1
林道をしばらく歩いて、ここから登山道になります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道をしばらく歩いて、ここから登山道になります。
ここで道を間違えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで道を間違えました。
1
どうやら作業道に入ってしまった模様。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうやら作業道に入ってしまった模様。。
仕方ないのでここから上を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仕方ないのでここから上を目指します。
尾根に乗りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に乗りました。
尾根の上は獣道がしっかりありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の上は獣道がしっかりありました。
1
登山道に合流。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に合流。
フルコンバに到着。
ところで「フルコンバ」って何?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フルコンバに到着。
ところで「フルコンバ」って何?
山頂方面はガスが掛かっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂方面はガスが掛かっています。
地図には無い分岐。
ここは右の道を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図には無い分岐。
ここは右の道を進みます。
山道なのか山道という地名の方に行くのかは分かりません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山道なのか山道という地名の方に行くのかは分かりません。
1
大菩薩峠に到着。
ガスってます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩峠に到着。
ガスってます。
4
徐々にガスが取れつつあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々にガスが取れつつあります。
山頂方面が見え始めました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂方面が見え始めました。
3
賽ノ河原に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賽ノ河原に到着。
1
こんな岩場もあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな岩場もあります。
湖?ダム?が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湖?ダム?が見えました。
山直下の樹林帯に入ると再びガスが掛かり始めました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山直下の樹林帯に入ると再びガスが掛かり始めました。
大菩薩嶺に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺に到着。
1
木々に囲まれて景色は見られません。
皆さん写真だけ取って下山していきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々に囲まれて景色は見られません。
皆さん写真だけ取って下山していきます。
休憩はこんな景色のいいところで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩はこんな景色のいいところで。
1
ツツジが鮮やか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジが鮮やか。
2
賽ノ河原に戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賽ノ河原に戻ってきました。
1
多少雲が多いけど、いい景色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多少雲が多いけど、いい景色。
西側の展望台。
見える街並みは甲州市かな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側の展望台。
見える街並みは甲州市かな。
たくさんの人達が登ってきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たくさんの人達が登ってきます。
2
青空をバックに大菩薩峠。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空をバックに大菩薩峠。
3
急に静かな登山道になります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急に静かな登山道になります。
フルコンバに到着。
来るときは間違えて左側からでしたが、帰りは右から。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フルコンバに到着。
来るときは間違えて左側からでしたが、帰りは右から。
整備されてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
整備されてます。
ときどきツツジ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ときどきツツジ。
道標の無い分岐。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標の無い分岐。
正規の登山道を行くと遠回りなので、GPSで確認していけそうな尾根を下ってみます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正規の登山道を行くと遠回りなので、GPSで確認していけそうな尾根を下ってみます。
予定通りショートカットして林道に出られました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予定通りショートカットして林道に出られました。
雄滝に行ってみます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄滝に行ってみます。
橋を渡ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ります。
1
たぶんこれが雄滝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たぶんこれが雄滝。
1
右側にも滝がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側にも滝がありました。
1
車でちょっと下って白糸の滝にも行ってみます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車でちょっと下って白糸の滝にも行ってみます。
こっちはかなりの落差がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちはかなりの落差がありました。
3

感想/記録

梅雨に入ったけど雨は降らなそうなので山梨県の大菩薩嶺に行ってきました。
今年は百名山を集中的に登ってます(笑)
普通に上日川峠から登ってもつまらないので、反対側の日向沢登山口から登ってみました。
駐車場に向かう林道は途中からダートに変わります。
そんなに轍も深くないので普通の車高の車でも大丈夫でしょう。
ただし狭いところがあるのでめったに車は通らないとはいえ、スピードは控えめに。

駐車場からはしばらく舗装された林道を歩きます。
登山道を少し登ると大菩薩峠登山口との道と合流します。
ここでまさかの道間違い。
丹波山村方面に向かう作業道に入ってしまいました。
そのうち登山道と合流するだろうと思い進みましたが、巻いてばかりでなかなか登らないのでGPSで確認して登りやすそうな尾根に取り付きました。
尾根に乗るまでが急登だったけど、尾根に乗っちゃえは獣道がありちょっとした登山道のようでした。
ところどころ笹がうるさいところがありましたが、葉っぱが出たなかったので助かりました。
そんなこんなで登山道に合流し、大菩薩峠に到着。
ここまで誰にも会わずに来ましたが、一気に登山者が増えました。
ガスも取れつつあり、西風も気持ちよく歩けます。
大菩薩嶺は地図にも書いてありますが、木々に遮られて周りの景色は見られません。
写真だけ撮って下山し、景色のいいところで休憩しました。
大菩薩峠まで下ってくるとさらに登山者が増えてました。
帰りは4人とすれ違っただけでした。
なかなか静かな登山道でした。
訪問者数:240人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 急登 林道 GPS 道標 梅雨
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ